ひがしやま かいい
東山 魁夷
1908-1999

ひがしやま かいい
Kaii Higashiyama

年譜Biography

東山 魁夷
1908-1999

ひがしやま かいい
Kaii Higashiyama

1908年 明治41年 横浜に生まれる。
1926年 大正15年 東京美術学校日本画科に入学、同級生に橋本明治、加藤栄三、山田申吾らがいた。在学中を通じ特待生に選ばれる。
1931年 昭和6年 東京美術学校日本画科を卒業、結城素明に師事し雅号を魁夷とする。
1933年 昭和8年 ドイツ留学。ベルリン大学で美術史を学ぶ。
1947年 昭和22年 「残照」を描いて以来、風景画家として立つことを決意する。
1950年 昭和25年 はじめて日展審査員となる。「道」によって画壇及び社会的に認められるようになる。
1956年 昭和31年 第11回日展出品作「光昏」により、日本芸術院賞を受賞する。
1965年 昭和40年 日本芸術院会員に任命される。日展理事に就任する。
1968年 昭和43年 皇居新宮殿の大壁画「朝明けの潮」完成。
1969年 昭和44年 文化勲章受章、文化功労者として顕彰される。
1972年 昭和47年 「白馬の森」制作。
1976年 昭和51年 ドイツ連邦共和国功労大十字勲章受賞。
1980年 昭和55年 唐招提寺壁画を完成。
1990,年 平成2年 長野に東山魁夷館開館。
1999年 平成11年 逝去。享年90。従三位勲一等瑞宝章を追贈される。パリで東山魁夷展開催。
2005年 平成17年 香川県坂出市に東山魁夷せとうち美術館開館。永年居住の地であった千葉県市川市に東山魁夷記念館開館。