• 金太郎
  • 金太郎
  • 金太郎
  • 金太郎
  • 金太郎
  • 金太郎


仕様体裁
技 法 彩美版®プレミアム
東山魁夷 マスターピース コレクション™
限 定 500部
用 紙 -
装 丁 特注木製額ハンドメイド浮き出し加工
画面寸法 天地 33.0cm × 左右 30.0cm
装丁寸法 天地 48.5cm × 左右 45.0cm × 厚さ4.0cm
重 量 約2.6kg
監 修 東山すみ
解 説 松本猛(美術評論家、長野県信濃美術館 東山魁夷館前館長)
原画所蔵 長野県信濃美術館 東山魁夷館
証 明 監修者の承認印が額裏貼付の奥付に押印され、
ATELIER KAII HIGASHIYAMAの
認証が画面左下部に入ります。
本体価格 180,000円(税別)

東山魁夷が描く童心の世界

魁夷は戦後間もない1947年、39歳にして「残照」を描き、日展の特選を受賞します。ようやく画壇で認められ、翌年には日展無監査にもなります。この「金太郎」は1949年の作です。精神的にも少し余裕を持てたとき、若いころに心をこめて描いた童画を思い起こしながら筆を執ったのではないでしょうか。あたたかな子どもへの愛情とともに、おおらかなゆとりが感じられます。魁夷は優れた風景画家でしたが、同時にロマンチストで、童心の世界に遊ぶことを知っていた画家でした。(作品解説より抜粋)

ここがPOINT!

  • 東山芸術の魅力を存分に引き出すために開発された特別な技法
    「彩美版®プレミアム」は、作品に透明感と奥行きを与える、新感覚の技法です。
  • 額の裏に貼られる奥付には通し番号が入り、著作権者の承認印が押されます。
    東山家監修の証として、画面左下部にATELIER KAII HIGASHIYAMAの認証が入ります。
  • 解説は「金太郎」を所蔵する長野県信濃美術館 東山魁夷館前館長の書き下ろし。
    東山作品を知悉する松本猛前館長が作品の魅力をわかりやすく解説。松本氏は安曇野ちひろ美術館の前館長も歴任される等、多方面にわたり活躍中です。
  • 熟練した職人が丁寧に仕上げたハンドメイド額を採用。作品本体が浮き出して見える優美なデザイン額で、これまでにない臨場感をお楽しみいただけます。
  • 奥付シールにはセキュリティシールが貼付されます。お手持ちのスマートフォンなどでフラッシュをたいて撮影すると、作品が共同印刷(KP)の発行する真正な複製画であることを判定することができます。

・監修・解説者の肩書き等は初版発行当時の記載のままのものもございます。
・天然材料を使用し、1点ずつ手作りのため、寸法・重量等は、表記と異なる場合があります。
・作品の色彩等、画面上と現品で多少異なる場合がありますが、ご了承願います。
・額装の生地などが万一品切れになった場合、同一品質・似ている模様の生地を使用することがございますのでご了承願います。
・本サイト上の掲載写真・文章等の無断転写、複製、転載およびインターネットでの無断使用を禁じます。

お問い合わせ
Contact

下記よりお問い合わせください

共同印刷株式会社 プロモーションメディア事業部 アート&カルチャー事業
 TEL:03-3817-2290(受付時間:平日10:00 - 17:00)
 FAX:03-3817-2288
共同印刷株式会社
プロモーションメディア事業部
アート&カルチャー事業
TEL:03-3817-2290
(受付時間:平日10:00 - 17:00)
FAX:03-3817-2288

お問い合せフォームからのお問合せはこちら