なかじま ちなみ
中島 千波
1945-

なかじま ちなみ
Chinami Nakajima

年譜Biography

中島 千波
1945-

なかじま ちなみ
Chinami Nakajima

1945年 昭和20年 10月21日、日本画家中島清之の三男として疎開先の長野県上高井郡の小布施村に生まれる。
1969年 昭和44年 東京藝術大学日本画科卒業。再興五十四回院展に「窓」を初出品、初入選する。
1979年 昭和54年 第五回山種美術館賞展、優秀賞受賞。
1984年 昭和59年 横の会結成に参加する。
1987年 昭和62年 NHK「今日の料理」テキストの表紙絵を担当する(三年間)。
1990年 平成2年 横浜・三渓園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完成。
1992年 平成4年 長野県小布施町に「おぶせミュージアム・中島千波館」がオープン。
1994年 平成6年 東京藝術大学美術学部助教授に就任する。鎌倉・鶴岡八幡宮の斎館壁画「日和麗麗孔雀の図」完成披露。
1995年 平成7年 パリ・三越エトワールにて「中島千波の世界」展開催。
1996年 平成8年 日本橋三越本店にてパリ展帰国記念展開催。
1999年 平成11年 銀座松坂屋にて「花と富士」中島千波屏風絵展開催。
2001年 平成13年 「千歳櫻」制作。
2004年 平成16年 深川不動尊天井画「大日如来蓮池図」を完成。
2005年 平成17年 日本橋髙島屋を皮切りに全国各地で「還暦記念 中島千波の世界展」開催。
2013年 平成25年 東京藝術大学を退任。個展をはじめ精力的に活動中。
現在 東京藝術大学名誉教授、日本美術家連盟理事