« 新作≪月華厳島≫のご案内 | メイン | 新年のごあいさつ »

December 20, 2018

浅草・羽子板市



本年最後の記事更新となります。
いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。
今年もあっという間に残すところ10日となりました。
皆さま、年越しの準備は進んでいますでしょうか。


年の瀬の風物詩として、浅草・浅草寺では「歳の市」が行われました。同時に開かれている「羽子板市」が有名なので、初めて足を運んでみました。境内には大小さまざまな羽子板を売るお店が並んでいて、平日にも関わらず大勢の人で賑わっていました。毎年12月17日~19日の3日間のみの開催なので、休日と重なった場合の人出は凄まじいものと想像がつきます。


s_髮キ髢€.jpg
羽根突きはお正月の遊びとして誰しもがご存知だと思います。同時に、それに用いる羽子板も新春の縁起物として日本人に親しまれてきました。羽子板は先端に向けて広がる「すえひろがり」の形と、羽が厄災を「はねのける」に通じることから、室町時代以前より長らく日本人に親しまれてきました。


店頭に飾られている見ているだけで楽しい装飾された羽子板は「押絵羽子板」といいます。江戸時代になると、歌舞伎役者の人気を背景に、浮世絵師の描く役者絵を押絵細工として羽子板に取り付けたのが始まりです。特に女性の人気を集め、徐々に『歳の市』から『羽子板の市』に重点が移り、明治時代以降、年末の風物詩「羽子板市」という名前が定着したそうです。開催期間が3日間とは短いと感じましたが、年の瀬を十分に味わうことができました。


s_鄒ス蟄先攸蟶・jpg (3).jpg
さて、当社でも新年を迎えるにあたり、慶祝の日にふさわしい吉祥画をご用意しております。近年注目度の高い、伊藤若冲が描いた「日出鳳凰図」です。
若き若冲の気概あふれる傑作です。旭日と鳳凰に焦点を絞った大胆な構図が青年期の若冲の比類なき才能を感じさせ、その定評ある細密な描写が作品の完成度の高さを証明します

彩美版®
伊藤若冲 《日出鳳凰図》
販売価格 110,000円+税


20161222jakuchu_hinodehouou.jpg


<仕様体裁>
原画 米国・ボストン美術館所蔵
解説 河野元昭(美術史家、東京大学名誉教授)
技法 彩美版®
用紙 特製絹本
表装 三段表装(本表装)
画寸 94.0×33.0㎝
軸寸 183.0×52.5㎝
箱  柾目桐箱、タトウ付
※ご希望により額装のご注文も承ります。
※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3356

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   January 2019   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る