July 26, 2018

港町、横浜の美術館のモネ展。



美術趣味をご覧いただきまして、ありがとうございます。
連日、酷暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は横浜美術館で9月24日まで開催されている「モネそれからの100年」を見に行ってまいりました。印象派の画家モネが「睡蓮」大装飾画の制作を着手してから約100年の時が過ぎましたが、モネは今でも様々なアーティストに影響を与えています。この展覧会ではモネの作品25点と、後世代の26人の作家のアート作品が展示されています。後世代の作品と、モネを紐づけて見るというテーマから改めてモネの魅力を読み取ることができます。


IMG_0618.JPG
横浜美術館は日本を代表する建築家の丹下健三の設計による、シンメトリーが美しい石造りの建物です。


本展覧会では、なじみ深い一連の「睡蓮」の他にも、日本初公開の「バラの小道の家」も展示されています。現代作家の作品ではないかと思うほどの色使いで、鮮やかでインパクトのあるバラの赤に特徴がある作品です。この作品を見ていると改めてモネが光や色彩表現の探求に情熱を傾けて挑戦していたかを感じます。
現代作家は、ロスコやリキテンスタイン、ゲルハルト・リヒターなど実に様々な作家の作品が並びます。日本の現代美術家で木版画を制作する湯浅克俊氏は、この展覧会のために制作した新作4点を展示しています。湯浅氏の作品は、モネの庭にある池を黒1色で表現した日本と西洋の両面を持つような不思議な作品でした。この展覧会では、モネを通じて新しくお気に入りの作家を見つける楽しみもあります。


IMG_0619.JPG
美術館に併設されているカフェ小倉山では「モネそれからの100年」限定メニューが楽しめます。モネの睡蓮をイメージした「睡蓮フロート」はとてもカラフルで涼し気。アイスのったグリーンのソーダの中に、赤、青、黄色などのナタデココが浮かんでいます。

皆様もモネの世界を堪能されてはいかがでしょうか。



さて、私どもの商品ラインナップにもモネがございますので、ご紹介をいたします。


「睡蓮の池」
1900年の末、デュラン=リュエル画廊でモネの「水の庭」の連作12点が展示されました。これは1899年と1900年の夏に描かれたモネの水の庭を描いた最初の連作です。好評を博したこの連作はいずれも睡蓮の池に掛かる橋を描いたもので、全体として統一感がありつつも、作品ごとの個性が際立つ作品群です。特にメトロポリタン美術館所蔵の「睡蓮の池」は、あふれる光と自然の息吹に満ち、深い緑が印象的です。本作品は連作の中では珍しい縦型の構図により、睡蓮とその池の反射の描写がより際立つ作品となっています。これらの連作は、モネの集大成である大装飾画の前触れとなる作品群です。
私どもの「睡蓮の池」は、メトロポリタン美術館より正式に提供された画像を使用し、卓越した絵画複製技術を駆使して再現をしました。


「睡蓮」大装飾画、「睡蓮、水のエチュード - 雲」
オランジュリー美術館にある「睡蓮」大装飾画は、モネ芸術の集大成として描かれた記念碑的作品です。これらはモネの友人で元首相のクレマンソーの働きかけにより、第一次世界大戦の終結を記念して、フランス国家に寄贈されました。「印象派の殿堂」と呼ばれるオランジュリー美術館は、「睡蓮」大装飾画を収蔵するため、ナポレオン3世のオレンジ植物園を改造し1927年に創設されました。
私どのもの「睡蓮、水のエチュード - 雲 」はオランジュリー美術館の睡蓮の間の第一室に飾られている「雲」の全画面より作品のハイライト部を、フランス国立美術館連合・グランパレ(RMN-GP)の画像協力を得て制作しました。




睡蓮の池 .jpg

ⓒ The Metoropolitan Museum of Art
Image source:Art Resource,NY/PPS通信社

クロード・モネ「睡蓮の池」
本体価格:115,000円(消費税等は別途)
限定:200部
画面寸法:天地53.0cm×左右42.1cm
額寸法:天地66.0cm×左右55.1cm×厚み3.0cm
技法:彩美版(R)シルクスクリーン手刷り
用紙:キャンバス
額装:木製デコレーション金箔額(国産ハンドメイド)、アクリル付き
重量:4.0kg
監修:高橋明也(美術史家/三菱一号館美術館館長)
原画所蔵:メトロポリタン美術館 H.O.ハヴメイヤー・コレクション
発行:共同印刷株式会社


モネ「睡蓮、雲」商品画像900pix.jpg
Photo ⓒ RMN-Grand Palais (musée de l'Orangerie) /
Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom

クロード・モネ「睡蓮、水のエチュード - 雲」
本体価格:128,000円(消費税等は別途)
限定:200部
画面寸法:天地28.3cm×左右91cm
額寸法:天地38.2cm×左右100.8cm
技法:彩美版(R)シルクスクリーン手刷り
用紙:キャンバス
額装:木製デコレーション金箔額(国産ハンドメイド)、アクリル付き
重量:3.3kg
監修:千足伸行(成城大学名誉教授/広島県立美術館館長)
原画所蔵:オランジュリー美術館
発行:共同印刷株式会社


寸法・重量等は、天然材料を使用し、一点ずつ手作りのため、表記と異なる場合がございます。
作品の色彩等、画面と現品で多少異なる場合がありますが、ご了承願います。
彩美版(R)は共同印刷株式会社の登録商標です。


お問い合わせ先。
共同印刷株式会社 アート&カルチャー事業
お電話03-3817-2290(土日祝は除く平日10:00~17:00)

July 6, 2018

夏の到来



いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
今年は観測史上最も早く梅雨が明けてしまい、長い夏となりそうですね。

夏のお花と言って多くの方が思い浮かべるのは、「朝顔」だと思います。小学生の頃は誰しもが、観察日記などをつけられた記憶があると思います。そんな馴染み深い朝顔ですが、今年も7月上旬に東京下町の夏の風物詩として全国的にも名高い「入谷の朝顔まつり」が開催されました。朝顔まつりというだけあって、開始時間はなんと朝5時です。
この朝顔まつりは、入谷鬼子母神を中心として言問通りに60軒の朝顔業者と80軒の露店が並び、毎年40万人の人が訪れるそうです。私が行ったのは、お昼過ぎだったのですが、それでも所狭しと連なる露店に多くの人々で賑わっていました。残念ながら花は閉じているものが多く、やはり早朝に行かねばと痛感しました。

36692361_1001002686724766_4036328355459497984_n.jpg



そして、7月下旬には当社からほど近い徳川家ゆかりの伝通院や源覚寺(こんにゃく閻魔)境内で、「文京朝顔・ほおずき市」が行われます。夏の到来を告げる素敵な催しです。皆さまも是非、足を運ばれて季節を感じて頂ければ幸いです。


【当社商品のご紹介】
さて今回ご紹介するのは、奥村土牛「朝顔」です。



togyu_asagao_gaku400pix.jpg


奥村土牛 《朝顔》
販売価格 99,750円(税込)


<仕様体裁>
技法 彩美版、本金泥手彩色
原画 華禽大塚美術館所蔵
画寸 天地38.2cm×左右52.8cm
額寸 天地57.5cm×左右71.5cm
重量 約4kg
用紙 版画用和紙(鳥の子)
額縁 特製木製額、アクリル付(国産、ハンドメイド)


※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です。
※本作品は軸装仕様もございます。


プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   August 2018   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
ページの先頭に戻る