« 永井荷風と木村伊兵衛 -二人の芸術家の邂逅- | メイン | 【商品紹介】横山大観《霊峰春色(れいほうしゅんしょく)》 »

January 26, 2018

蕾 ~春を待ちわびて~ 小石川植物園より


 蕾(つぼみ);まだ開いていない状態の花のこと。転じて、前途有望(な若者)を指すことも。


 大寒を迎え、先日は都内でも雪が舞い積もりました。寒さ身に染みる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 さて、このような寒い季節において、いったい植物はどんな表情をしているのでしょうか?当ブログを通じて皆さまと共有するため、私は先日、会社の近くにある「小石川植物園」を散策してきました。

 案の定、植物園にあるほとんどの植物は、葉のない枝ぶりが寒さと合いまって物憂げに佇んでいました。しかし、近づいて枝の先を凝視してみると、植物ごとに形の異なる「蕾」がしっかりと膨らんでいました。実のところ私自身も「蕾」を撮影したいと思って散策したのですが、まさかここまで面白い写真が撮影できるとは思いませんでした。以下の写真は、植物ごとにその形が異なる「蕾」の、小石川植物園コレクションです。1点ずつ膨らむ蕾、連なる蕾、丸い蕾...。それぞれの植物が、それぞれ春に花を咲かせるために独自の容姿をした蕾を膨らませており、蕾散策が楽しくなってきました。


ケヤキ.JPG
サンシュユ.JPG
シナミズキ.JPG
ソメイヨシノ.JPG
ヤクシマツバキ.JPG
写真:上から、ケヤキ(欅)、サンシュユ(山茱萸)、シナミズキ(支那水木)、ソメイヨシノ(染井吉野)、ヤクシマツバキ(屋久島椿)


 私が小学生だったとき、いまだに記憶に残っている担任の先生の印象的な言葉があります。「一月は行っちゃう、二月は逃げちゃう、三月は去っちゃう。つまり一月から三月の三学期はいつの間にか時間が過ぎてしまうので、一日一日を大事に過ごしましょう。」

 暦はもう一月末。つい先日過ごしたお正月からすでに一ヵ月が経過しようとしています。そんな中、植物たちは蕾の状態で養分を蓄え、冬の寒さに耐えながら日に日に春へ向けた準備をしています。私たちも蕾が花を咲かせるまでの季節の移ろいを肌で感じながら、一日一日を大切に過ごしたいものです。

 それでは、お身体ご自愛ください。




【小石川植物園のご紹介】

■所在地
 東京都文京区白山3-7-1
■開園(入園)時間
 9:00~16:30(入園は16:00まで)
■休園日
 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
■入園料
 一般400円/小・中学生100円/大学生・短大生・高校生250円/幼稚園児・保育園児は無料/その他、団体割引あり。
■アクセス
 都営バス  上60系統(池袋東口~上野公園間)「白山2丁目」下車 徒歩約3分
 都営地下鉄 三田線「白山」下車、徒歩約10分
 東京メトロ 丸ノ内線「茗荷谷」下車、徒歩約15分


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2212

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   June 2018   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
ページの先頭に戻る