« 「私たち、自然保護しています。」 | メイン | 土田麦僊(ばくせん)―生誕130周年を迎えて- »

June 30, 2017

身近なものを額に入れること、のおすすめ。


『美術趣味』をご覧いただきありがとうございます。
本日は、身近なものを額に入れること、のおすすめです。


先日私は、ペルー・シピポ族の泥染めの布を額装いたしました。
額選びプロセスはやってみるととても楽しいです。
当社では各作品に合った額装を何度も検討し選りすぐったものでご提供しておりますが、
お手元の「彩美版®」も新しくお気に入りの額に入れ替えてみるのも楽しいかもしれません...笑


まず額選びには、既成額とカスタムメイド額があります。
もちろんご予算次第でいちからデザインを決める完全オーダーメードも良いですよね。
今回はお手軽に、かつコーディネートに幅があり作品にぴったりあった仕上がりになる
カスタムメードの額で選んでいきます。


カスタムメイドは各メーカーのものを合わせると1000種類以上あるコーナーサンプルの中から
自由に大きさを決めることができ、必要なパーツの組み合わせで額を作ることができます。
今回は布ですがお皿やボールなどの立体物も自由に額装できます。


まず作品に合い、自分のイメージする雰囲気の額を選びます。
セットの方法や、額の深さなどの構造部分も考えながら選びます。


nuno.png


素材や色、形など色々とあります。
すっきりしたデザインよりも今回はボリュームのある額を選びます。
あえて素朴すぎないものを合わせてみます。


sp2.png


それからマットをつけるのかつけないのか、またマットの幅を考え全体の大きさを
どのくらいにするのか、UVカットのアクリルを使用するのかなど作品にとって保存状態が
良く見栄えがよい方法で各パーツを選んでいきます。


matt.pngside.png


今回はマットを被せず、作品の下にベースマットを敷いて、そこに糸で布を固定する方法で額装します。
接着しないので後から取り外ししやすく、布の辺部分まで見せることで手仕事の風合いが際立ちます。
さらにアクリルを直接のせずに布の柔らかさを楽しみたいため、額内側のサイドに立ち上がりをつくり深さを出します。
マットを加工し2センチほどの空間を作ります。
立体感がでるのと質感が強調され、額のボリュームと布とのバランスも合ってきます。


こんな感じで出来上がりました!


finish.png

プリミティヴな幾何学模様がモダンなインテリアともマッチするような額装になりました。


【作品提供ご協力】
世界の染織や日本の民芸、北欧家具のショップ

ROUND ROBIN

RR3.pngRR2.png

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2118

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   July 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
ページの先頭に戻る