« 正統を極め、異端に戯れる | メイン | 色褪せない芸術『岩田ガラス』とおすすめ展覧会『生誕100年 長沢節展』 »

April 12, 2017

桜に思う、いろいろ。


寒暖の差が激しい今年の春ですが、桜の季節もそろそろ満開から葉桜に移りつつあります。
共同印刷の近くの名所と言えば、間違いなく播磨坂の桜並木でしょう。
登り下りの道路を挟んで3本ある歩行者用道路に沿って坂の上から下まで植えられた桜は、満開になると本当に見応えがあります。

image3.JPG

入社してはや十数年。それでも毎年この季節の桜並木を通るときは新入社員と同じように新しい季節の空気を感じ、前向きな気分になれます。
そして若い葉が混ざり始めた桜の木は何となく美味しそうな色合いで、桜餅を思い出してしまうのは私だけでしょうか。

image1.JPG

自転車で外堀通りの桜を観に行きました。こちらも満開で見ごろを迎えています。
先日見たときはどんより空の中で、一緒にいた3才の子供の目には暗い桜の木々がお化けのように写るようで「黒い、怖い。」と終始言われ続けました。


画家の目に写る桜はどんな風でしょうか。
現代日本画家で桜花図の第一人者でもある中島千波先生の桜はというと...
千歳桜.jpg
中島千波「千歳櫻」

樹齢700年を超える福島県の名樹「千歳櫻」を描いた作品です。柔らかな花びら一枚一枚が重なり合いながら画面いっぱいに咲き誇る姿には、華やかながらも堂々とした名樹の風格が漂います。

近代日本画の巨匠、小倉遊亀の桜は...
爛漫.jpg
小倉遊亀「爛漫」

力強い幹と満開の桜の優しい色合いに、女性らしい柔らかさと同時に芯の強さののようなものを感じます。遊亀はこの作品を母校の奈良女子大学に集う学生の前途を思い、大学講堂の緞帳原画として制作しました。


ちなみに暖かい日を狙って播磨坂でお花見ランチの帰り、先輩が道沿いのケーキ屋さんでプチケーキを買ってくれました。「花より団子」を地でいく今年の春でもあります。
image4.JPG

※掲載画像の中島千波「千歳櫻」、小倉遊亀「爛漫」はいずれも当社商品です。
 作品に関するお問い合わせは、共同印刷アート&カルチャー部(TEL:03-3817-2290)まで

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2054

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る