« 残暑お見舞い申し上げます | メイン | 坐ることを拒否する椅子に拒否された話 »

September 9, 2016

山から海へ~鎌倉アルプス


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

 先日、アルプスを登ってきました。と言っても、標高3,000mを超える日本アルプスではく、鎌倉アルプスへ行ってきました。鎌倉にアルプス?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、都内近郊の日帰りハイキングコースとして人気で、雑誌などで取りあげられることも多いのです。

 スタートは北鎌倉駅より徒歩約15分「建長寺」となります。「建長寺」は北条時頼が創建したお寺で、鎌倉五山第一位と日本では最も古い禅寺です。見所が多いお寺ではありますが、今回は境内を足早に突き進むことにします。すると、人気も無くなり半増坊への参道が現れます。ここから始まる、急な階段を一気に登りきると見晴台に到着です。(写真1)

20160909_kenchoji.JPG
写真1 建長寺 半僧坊への参道


 見晴台からは、先ほどいた建長寺が小さく見えます。奥には鎌倉の街並みと、さらに相模湾が見渡せます。こうして眺めると、鎌倉の街が三方を山に囲まれ、さらに前方は海という特徴的な地形を確認することができます。まさに天然の要害です。源頼朝が鎌倉に幕府を開いた理由が分かります。(写真2)

20160909_landscape.JPG
写真2 見晴台からの眺望


 この見晴台を抜けると、いよいよ本格的な山道が始まります。結構な急斜面や岩場もありますので、基本的には登山靴で臨みたい所です。足元に気をつけながら、しばらく進んでいくと鎌倉アルプスの最高峰、標高159mの太平山山頂に辿り着きます。

 ハイキングコースのゴールは瑞泉寺となっていましたが、余力があったので、このまま八幡宮を抜けて由比ヶ浜まで向かうことにしました。八幡宮前から伸びる若宮大路は、改修されてから初めて歩きます。(写真3)

20160909_wakamiya_ooji.JPG
写真3 若宮大路


 由比ヶ浜に到着して海水に触れると、山の上から海まで歩いてきたという達成感に浸ることができました。山から海へ鎌倉を縦走する今回のコース。思いのほかハードですが、自然と鎌倉の街並みを存分に楽しむことのできる贅沢なコースです。動きやすい格好で出かけてみてはいかがでしょうか。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1886

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
ページの先頭に戻る