« 秋の国際映画祭 | メイン | 北鎌倉の名刹・浄智寺 ~過去・現在・未来の仏さま~ »

November 1, 2013

秋の谷津田とコスモス畑


みなさま、いつも当ブログをご訪問いただきありがとうございます。
今日から11月ですね。朝晩肌寒く会社の前の街路樹も少しづつ色づき始めています。

tonegawa.JPG
ところで私事で恐縮ですが十代の頃からサイクリングを趣味としており、週末は雨の日を除き100kmほどの距離を走っています。いつも走る千葉県北部の北総地方には自然豊かな里山と谷津田が広がっております。谷津田というのは丘陵に挟まれた湿地帯である谷津(やつ)を開拓して稲田としたものです。

yatsuda2.JPG
北総の谷津田の大部分は利根川下流一帯に広がっていますが、そこにはかつて広大な内海「香取海(かとりのうみ)」がありました。霞ヶ浦や印旛沼はそのなごりです。面積は東京湾ほどもあったといわれています。北総の谷津田の多くは江戸時代に香取海を干拓し新田開発したものです。

yatsuda4.JPG
谷津田に沿い曲がりくねりながら続く狭い谷津道を美しい風景を眺め自然を満喫しながら、またかつての香取海に想いを馳せながらのんびりと走る時間は、何ものにも代えがたい至福のひと時です。毎週出かけるたびに谷津田や里山の姿が変化し、いつも新鮮な驚きと発見があります。

cosmos.JPG
千葉県では概ね9月上旬に稲の収穫を終えるのですが、一部では二期作が行われています。先週末走った谷津田でも水が張られ青々とした苗が風にそよいでいました。休耕田には澄んだ青空に映える色とりどりのコスモスが満開に咲いていました。

「秋桜」とも呼ばれるコスモスの原産地はメキシコです。わが国には明治時代にヨーロッパ経由で伝えられたといいます。田畑は使わないでおくと荒れるため収穫を終えた畑や田んぼにコスモスが植えられるようです。今の時期は北総の田園のあちこちでコスモス畑を見ることができます。




当社では当代随一の人気を誇る日本画家、中島千波画伯が描いたコスモスの作品を販売しております。場所を選ばず飾りやすいコンパクトサイズで価格もリーズナブル。
中島先生から「まるで本画のようだね」とお褒めいただいた彩美版を材料や仕上げにこだわった手仕上げの特製額(国産)で念入りに装丁しました。作品には画伯ご自身による解説が添えられております。
この作品はこちらでお求めになれます。

中島千波 《秋櫻花(コスモス)》 (「四季の花がたり」特装版より)
販売価格 70,000円+税



中島千波《秋櫻花》


<仕様体裁>
監修 中島千波
限定 300部
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手摺り
用紙 版画用紙
証明 作者承認印、限定番号入り証書を額裏に貼付
額縁 金泥仕上げ特製木製額(国産・ハンドメイド)
画寸 20.5×25.0cm(2号)
額寸 39.5×44.0cm
重量 約2.0kg
発行 美術趣味(共同印刷株式会社)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1316

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ページの先頭に戻る