« 東京の地下鉄 | メイン | 「平山郁夫と大いなるシルクロード第1集・西から東へ」分売開始のお知らせ »

January 17, 2013

御雛祭りに寄せて 上村松園「御ひな之図」

松園_御ひな之図(軸)650×300pix.jpg『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。大変寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。1月の三連休には東京都内でも雪が積もりました。

暦の上では大寒の時期ですが、いま美術商品部にお問い合わせが多い商品は、梅や桃、桜といった春の絵柄です。外は雪景色でもお部屋の中は春を先取りして、やがて来る季節を楽しみにする文化があるのでしょうね。

春先の行事はいろいろございますが、女の子のいるご家庭で特に楽しみにしておられるのは、ひな祭りではないでしょうか。雛人形を飾っていられるのは3月3日まで、その日を過ぎると直ぐに片づけなければなりません。ですので、早めにお買い求めになるお客様が多いようです。
当社では例年1月末から2月にかけて、こちらの商品が大人気です。

題名は「御ひな之図」。描いたのは女流日本画家の第一人者、上村松園です。雛の着物は、赤地に麻の葉模様の金泥が美しく、気品ある細い描線で見事に描かれています。すくすく伸びる麻は、子供の健やかな成長を願う縁起物のモチーフです。女流画家ならではの、子供に対する優しい眼差しが感じられる温もりある作品です。可愛らしい裂地を使用した軸装が人気ですが、現代のお部屋に飾りやすい額装もご用意しております。

お雛人形にしても、七段の立派な雛壇をはじめ、ケースに入ったおしゃれなお雛人形、ぬいぐるみに着物を着せてお雛様とお内裏様にしたものなど様々で、どれも素敵ですね。女の子がいるご家庭では、きっと桃の季節に向けてお部屋が華やぐことでしょう。



御ひな之図(部分拡大).jpg上村松園 《御ひな之図》
価格:94,500円(税込)

技法: 彩美版(R)
画寸: 天地69.5×左右34.5センチ
軸寸: 天地156×左右52センチ
用紙: 特製絹本
表装: 本表装、柾目桐箱付
証明: 原画所蔵者検印証紙を桐箱に貼付

※こちらの作品は額装仕様もございます。
※この作品はこちらでお求めになれます。
※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1212

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
ページの先頭に戻る