« 展覧会情報: 安田靫彦展 | メイン | かがやく秋の野月 »

September 4, 2008

缶ビールを10倍美味しく飲む方法

ビール(琉球ガラス)企画のツネです。
 
暑い季節です。
アートと同じくらい、ビールが好きです。
 
最近家で飲むときは、瓶のビールはもちろん、缶ビールでも、コップに注いでから飲んでいます。
缶そのままで飲むよりも、断然美味しい!
 
登場回数が多いのは海の色をした琉球ガラスのコップ。
まあるい形をしているから、コップを口に近づけるとふわっと香って、たまらない。
 
同じビールでも、飲み方一つでこんなに味が変わるものかとつくづく思い知った次第です。
 
また、缶ビールもなかなか奥が深く、コップに注いで味わうことで、各銘柄の味・香り・製法の違いが感じられるようになりました。
だからますますやめられません。

さて、今度は美術を10倍楽しむ方法。
 
同じ作品でも、鑑賞する環境によってまるで見え方が変わります。
 
飾られる美術館(あるいは画廊、ギャラリー)の壁の色や質感、照明の当たり方、他の作品との並べられ方、等々により、作品の存在感は違ってきます。
 
だから、展示は難しいなあと思います。
 
だから、展示はおもしろいなあと思います。
 
自分ならどんな風に作品を並べるだろう?
他のどの作品と並べて、どんなキャプション(解説)を書いて、どのような展示空間をつくるか。
 
つまり、
数ある作品という多彩なビールを、それぞれどのコップに注いでお客さんに出すのか。
 
どのコップなら、ビールが美味しそうに見えて、より美味しく飲むことができるのか。
また、お店の雰囲気や、客層に合っているのはどんなコップなのか―
 
そんなことを(たまには)考えながらの美術鑑賞は、いっそう味わい深いものになるのではないでしょうか・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1162

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
ページの先頭に戻る