« 待ち遠しいどころじゃない ピカソ | メイン | 『たいせつな風景』 »

May 22, 2008

鈴木其一【藤花図】

こんにちは、今年初・半袖で出社した営業のクロです!
 
汗ばむ程の五月晴れ、窓から入る風が気持ち良いです。
皆様の所はいかがでしょうか?
 
本日は爽やかな5月にぴったりの、藤の花をご紹介します。

鈴木其一 「藤花図」 (京都・細見美術館蔵)
 
鈴木其一 藤花図江戸後期の代表作家、鈴木其一の鮮やかな名品。
藤色と葉の緑の調和が美しく、色の濃淡によって渋さの中にも眩しさを感じる作品です。
 
其一は染め職人の家の生まれ!
小さい頃からカラフルな世界に接していたと考えると、
色に関しては英才教育と言える環境だったのでしょうね。
 
現代の私たちが見ても斬新な色彩感覚は、同時代の画家を圧倒しています。
 
また、花弁を輪郭線で囲まずに描くことで、幾重にも重なる花を軽快に表しています。
色彩はもちろん、斬新な手法を操る力強さを味わってください。
ご注文はアマゾンから!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1121

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ページの先頭に戻る