« シジュウカラの目 | メイン | 勝手に仙厓  1 »

November 19, 2007

伊藤若冲「日出鳳凰図」

営業のクロです。今日は…寒いですね!
ペンよりも、カイロを握り締めるのに忙しくなりそうな一日です…
 
伊藤若冲 日出鳳凰図さて、伊藤若冲の「日出鳳凰図」は毎年この時期からよく売れ始めます。
アメリカ・ボストン美術館の正式な許可をいただき、当社で制作いたしました。
 
真っ赤な太陽を背に鳳凰が舞う吉祥の絵柄。
新年のご自宅を飾るのにぴったりな画題ですよね。
 
若冲がこの「日出鳳凰図」を描いたのは、およそ30歳半ばごろと推定されています。
細密な描写のいっぽうで、どことなく鳳凰の表現が「硬い」かもしれません。
 
この絵を描いてから50年も経つと、画風はこんな風に変わります…

伊藤若冲 鼠婚礼図「鼠婚礼図」
若冲、79歳の作品とされています。
肩の力が抜けたような画風、でも表現はより巧みです。
見る者の想像力を刺激する、という点では、描線少なに描かれた鼠といい、大胆で広大な余白といい、
30歳、まだ実家の青物問屋を営みながら絵画に取り組んでいた若い頃の若冲には、描けなかったのかもしれません。
 
一方の「日出鳳凰図」には、若さゆえの一生懸命さ、解説文をいただいた河野元昭・東京大学文学部助教授(肩書きは発売当時)の表現を借りれば、「やがて花開く若冲の美的特質」があります。
 
両者を見比べるものよし。
また、その間の「花開いた」画業を飾る数々のエキセントリックな若冲をさらに見比べるのもよし。
もちろん、作品一つだけでも充分にお楽しみいただけるはずです。どうぞお買い求めください!




◆関連記事   伊藤若冲【日出鳳凰図】    おすすめ若チュウ!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1054

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
ページの先頭に戻る