« 日本の美的 | メイン | 緑の不忍池 »

August 9, 2007

上野の森へ

こんにちは、営業のクロです。

熱帯夜で眠れない日が続き、お昼休みは
のびきっていました。

気合がたりなーい、ということで午後は上野へ。
「金刀比羅宮 書院の美」を見に、東京藝術大学美術館へ
行ってきました。


 この夏は 上野の森へ シュラシュシュシュ

の、広告が目を引きますので、行かれた方も多いのでは?
書院の襖絵が展示のメインとは面白いですよね。

私は岸岱の「群蝶図」と、若冲の「花丸図」が印象的でした。

岸岱は蝶がデザイン的で素敵、若冲は花の描写がさすがに
緻密で見入ってしまいます。
濃密な切花が整然と並んでいて、ちょっと植物図鑑みたいだと
思いました。

花や蝶に埋め尽くされた襖の部屋にいたら・・・
お姫様気分ですかね。

応挙の虎さんは丸々して可愛らしかったです!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1002

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページの先頭に戻る