まえだ せいそん
前田 青邨
1885-1977

まえだ せいそん
Seison Maeda

年譜Biography

前田 青邨
1885-1977

まえだ せいそん
Seison Maeda

明治18年(1885) 岐阜県中津川町に生まれる。本名廉造。
明治30年(1897) 中津川尋常高等小学校卒業。
明治34年(1901) 上京し、尾崎紅葉の紹介で梶田半古の塾に入る。
明治35年(1902) 日本絵画協会・日本美術院連合絵画共進会に入選。
明治40年(1907) 紅児会に入る。
大正3年(1914) 日本美術院同人に推挙される。
大正9年(1920) 延暦寺より伝教大師絵伝のうち、「根本中堂落慶供養図」を依嘱される。
昭和5年(1930) 「洞窟の頼朝」で第一回朝日賞受賞。
昭和12年(1937) 帝国芸術院会員となる。
昭和19年(1944)帝室技芸員となる。
昭和26年(1951) 東京芸術大学教授となる。
昭和30年(1955) 文化勲章受章。中津川市名誉市民となる。
昭和39年(1964) 日光二荒山神社宝物館壁画「山霊感應」を完成、奉納する。
昭和41年(1966) 郷里に中津川市青邨記念館が開設される。
昭和49年(1974) ローマ法皇庁からの依頼で「細川ガラシャ夫人像」を完成、バチカン宮殿に納める。
昭和52年(1977) 逝去。享年92。