クロード・モネ
モネ
1840-1926

クロード・モネ
Claude Monet

年譜Biography

モネ
1840-1926

クロード・モネ
Claude Monet

1840年 11月14日、パリで生まれる。
1845年 このころ、一家はノルマンディー地方海岸のル・アーヴルに移る。
1857年 カリカチュア(戯画)の肖像を描き人気となる。
1859年 パリに出る。以後、ピサロ、ルノワール、シスレーらとの交流が始まる。
1865年 『草上の昼食』を制作。野外の人物像を主要なテーマとする。
1874年 第1回印象派展開催。印象派という名の由来はモネの出品作『印象・日の出』に因む。
1876年 第2回印象派展に妻のカミーユをモデルとした『ラ・ジャポネーズ』出品。
1878年 パリ郊外のヴェトゥイユ村に移る。
1883年 ノルマンディー地方、ジヴェルニーに転居。
1888年 『積み藁』の連作に着手。(-1891年)
1890年 ジヴェルニーの家と土地を購入し、「花の庭」と呼ばれる庭園を造り始める。
1892年 『ルーアン大聖堂』の連作を開始。(-1894年)
1893年 「水の庭」と呼ばれる第2の庭の造園に着手。
1899年 ジヴェルニーの「水の庭」で睡蓮を主題にした作品の制作が始まる。(-1900年)『睡蓮の池』を制作。
1900年 デュラン・リュエル画廊にて「水の庭」を主題とした連作12作品を発表。
1920年 『睡蓮』大装飾画の制作を開始。(-1926年)
1922年 フランス国家と『睡蓮』大装飾画寄贈の正式契約を結ぶ。
    作品は5年後、オランジュリー美術館にて展示、公開。
1926年 12月5日、86歳で逝去。