March 30, 2018

【商品紹介】横山大観《雲中富士(うんちゅうふじ)

播磨坂の桜20180329.jpeg
いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

 ここ最近暖かい陽気が続き、関東では桜の見ごろを迎えています。弊社界隈の文京区・小石川播磨坂の桜並木も今見ごろを迎えています。咲き誇る桜を見上げると、ほんのりと上品な薄い絹のような霞がかっているような空気に包まれ、遠目には淡いピンクの雲が現れた様に見えます。春の訪れを身近に感じられる季節になりました。


 今回は、今年生誕百五十年の記念年を迎え、東京・京都で大規模な回顧展が開催される横山大観の富士をご紹介します。大観は近代日本画の礎を築き、明治・大正・昭和の三代において常に画壇を代表する存在でありつづけた巨匠です。

 ご紹介の《雲中富士》は、大観の生誕百五十年、没後六十年を記念し、大観「富士」の原点ともいえる名作を限定150部にて当社が誇る彩美版の技法にて再現いたしました。雲海に昂然と姿を現す孤高の富士の佇まい。琳派の系譜を受け継ぐ装飾性と、シンプルな構図によって、雄大で特別な神々しさを感じさせます。大観が理想とした富士の姿、「雲煙に包まれた富士」の代表作といえます。是非お手元でお楽しみください。。




彩美版®
横山大観 《雲中富士》 
販売価格 150,000円+税
限定150部発行


雲中富士商品画像.jpg
Image:TNM Image Archives



<仕様体裁>
監修 横山 隆(横山大観記念館 理事長兼館長)
原画所蔵 東京国立博物館
解説 佐藤 志乃(横山大観記念館 主任学芸員)
技法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り
用紙 版画用紙
額縁 特注木製額金泥仕上げ、アクリル付(日本製)
画寸 天地31.0cm×左右69.0cm
額寸 天地44.0cm×左右82.0cm×厚み2.5cm
重量 約3.1kg
証明 額裏に監修者の承認印・限定番号入り証紙を貼付
   (画面左下部にも、承認印・限定番号が入ります。)
発行 共同印刷株式会社


※本複製画は、原画《雲中富士図屏風》の左隻部分を複製したものです。
※寸法・重量は天然材料を使用しており手作りのため、表記と若干異なる場合があります。
※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。
※本ブログ掲載記事及び画像等の無断転載を禁じます。

February 14, 2018

生誕150周年記念 横山大観

~時代を超越し語り継がれる巨匠が今年は熱い~


 今年2018年は、横山大観が生まれてから、ちょうど150年を迎える記念すべき年です。大観は明治元年(1868年)に茨城県で水戸藩士の長男として誕生。東京美術学校(現東京芸術大学美術学部の前身)の第1回生として入学、日本美術院の創立、第1回文化勲章受章など、明治から昭和を駆け抜けて活躍しました。
 今年は日本各地で、大観にちなんだ展覧会が開催されます。私は先日、東京は文京区の地下鉄江戸川橋駅から歩いて10分ほどにある、講談社野間記念館で開催されている「近代日本の風景画」展〜横山大観と富士を中心に〜(開催中〜3月4日(日)まで)を見に行きました。こちらの記念館は講談社の創業者である野間清治が収集した美術品と、出版文化資料、そして画家の村上豊の作品群の3つに大別される作品を所蔵しています。この度の企画展では、近代日本における風景画の創造と制作の取り組みに触れることができます。中でも印象に残ったのは、横山大観「富士・三保図」です。六曲一双の大きな画面に、富士が鮮やかな青と白い雪で、きりっと立ち上がった姿で描かれている迫力の名品です。また「富士百趣」という作品群は、いろいろな作家が富士の絵を描いたもので、それぞれの個性が出ていて大変興味深いです。川端龍子の富士はドンと存在感があり、山口蓬春の富士は繊細な青や緑色、中村岳陵は中でも一番とんがって上に伸びていました。こちらの記念館は鑑賞して疲れることもないちょうどよい大きさです。
 記念館を出たすぐ隣には「野菜倶楽部 oto no ha Café(オトノハカフェ)」があります。カフェは白い壁と三角屋根がかわいらしい建物。こちらでは静岡県にある直営農場で栽培した野菜やフルーツを使った料理を提供しています。そのためか野菜が種類も量も盛りだくさんに使われています。見た目にも美しく、味も美味しい。テラス席もあるので陽気の良い日には外で食事したくなります(今は寒いのでちょっとつらいですが)。
260_20180216.jpg


 更に、今年の4月13日(金)から「生誕150年 横山大観展」が東京国立近代美術館で開催されます(5月27日(日)まで)。代表作を網羅した10年ぶりの大回顧展となれば見に行くしかありません。その後6月8日(金)〜7月22日(日)の期間、京都国立近代美術館で開催。今年は横山大観が注目を集めそうです!

 当社ではこの横山大観の生誕150周年を記念して、「横山大観 生誕150周年記念 傑作選」のカタログを制作しました。初期の「無我」、朦朧体による代表作「曳船」、富士と旭日のパノラマ「神州第一峰(右隻・左隻)」、山桜の薄紅も美しい「霊峰春色」、瑞光を背景に白く輝く富士と飛翔する鶴の吉祥画で国際観光年記念切手にもなった「霊峰飛鶴」。これら大観芸術の名作を取りそろえています。カタログのご用命がございましたら下記にご連絡をください。


440taikan_katarogu.jpg
(カタログの画像は表紙と裏表紙です。)
TEL:03-3817-2290(受付時間:土日祝日を抜かす平日の10:00~17:00) 
FAX:03-3817-2288(FAXは24時間受付)
番号はおかけ間違えのないようにご確認ください。 
個人情報のお取扱について:当社ホームページをご覧ください。
https://www.kyodoprinting.co.jp/privacy/use.html

February 2, 2018

【商品紹介】横山大観《霊峰春色(れいほうしゅんしょく)


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

 稀にみる冬の厳しい寒波を受け、各地で零下や大雪に見舞われたりと影響が出ています。気温の低い状態も続く様で、2月4日の立春をすぎても、春の訪れはまだまだ先となりそうです。そんな寒い中ではありますが、2月3日に節分を迎えます。

節分のイメージ.jpeg
 昔は『季節を分ける』『せち分かれ』という意味合いがあり、立春、立夏、立秋、立冬の季節の始まりの日の前日を節分と言ったそうです。現在では冬から春になる立春の前日、2月3日だけが春の節分の行事として残りました。

 季節の変わり目には鬼が出ると言われ、節分に豆をまいて鬼を払うのは室町時代から続いているそうです。豆は悪い物を追い払う意味合いもあり(「魔目※ま(鬼)の目」⇒まめ、「魔滅」など)、炒った豆を必ず使うのは豆(魔目)を炒る(射る)ことで鬼をやっつけることに通ずるそうです。そして豆を食べることで、鬼退治が完了したことになるそうで併せて数え年の数だけ食べると、病気にならず健康でいられると言われています。
 風邪やインフルエンザも流行る季節ではありますが、皆様どうかお体をご自愛くださいませ。

 今回は、今年生誕百五十年の記念年を迎え、東京・京都で大規模な回顧展が開催される横山大観の富士をご紹介します。大観は近代日本画の礎を築き、明治・大正・昭和の三代において常に画壇を代表する存在でありつづけた巨匠です。

 ご紹介の《霊峰春色》は、古希を超えてなお画技も気力も高揚した時期の名作です。雲煙は幽玄な雰囲気を醸し出し、富士と桜を配することで戦時下における国威発揚を示す時代背景に加え、大観独特の気品や情緒といった精神的な象徴性がうかがえます。白く頂く霊峰は胡粉と墨彩でくっきり描かれ、富士の白肌が雲煙の中で静かに輝きを放っています。山桜の薄紅色が華やかさを添える、気品に満ちた名作を当社が誇る彩美版の技法にて再現いたしました。是非お手元でお楽しみください。




彩美版®
横山大観 《霊峰春色》 
販売価格 250,000円+税
限定200部発行


大観「霊峰春色」460pix.jpg




<仕様体裁>
監修 横山 隆(横山大観記念館代表理事兼館長)
原画所蔵と解説 桑山美術館(名古屋市)
技法 彩美版®、シルクスクリーン併用
用紙 特製絹本
額縁 特製木製額金泥仕上げ(アクリル付)
    クロス貼りタトウ入り、黄布袋、吊金具、紐付き
画寸 天地50.0×左右65.0cm
額寸 天地71.0×左右86.0cm
重量 約6.6kg
証明 額裏に監修者の承認印・限定番号入り証紙を貼付
発行 共同印刷株式会社


※寸法・重量は天然材料を使用しており手作りのため、表記と若干異なる場合があります。
※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。
※本ブログ掲載記事及び画像等の無断転載を禁じます。

December 9, 2016

横山大観旧宅及び庭園が国史跡・名勝へ


 当部では半世紀以上も複製画事業に取り組んでおりますが、その初期の頃から長きにわたり大変お世話になっております『横山大観記念館』につきまして、此度の喜ばしいお知らせをこの場を借りて改めてご連絡させて頂きます。


 東京都は上野池之端に佇む『横山大観記念館』。横山大観画伯のご自宅兼画室及び庭園は、貴重な文化財であることから、今年2016年11月に「横山大観旧宅及び庭園」として国の史跡・名勝の両方に指定される運びとなりました。


20161209Yokoyama_Taikan_Memorialhall1.JPG
画像提供:横山大観記念館


木造二階建ての数寄屋風日本家屋。文化庁文化審議会による指定答申では、
① 横山大観画伯が自ら指示して造営(デザイン)している点。
② 横山大観画伯の思想・感性が大きく反映されている点。
③ 実際に創作が行われた場であり、その素材となったものも多くあると考えられる点。
などが評価されたそうです。


20161209Yokoyama_Taikan_Memorialhall2.JPG
画像提供:横山大観記念館


これもひとえに、この旧宅及び庭園を「記念館」として一般公開し、保存・維持に努められた『横山大観記念館』理事長である横山隆様をはじめ、関係者の皆さまのご尽力による、近代美術界への多大なる賜物と存じます。


【横山大観記念館のご紹介】

kinenkan_maingate.jpg住 所 東京都台東区池之端1-4-24
電 話 03-3821-1017

休館日 毎週月~水
長期休館 夏期休館、冬期休館あり
開館時間 10:00~16:00(入館は閉館30分前まで)
入館料 大人 550円
    団体割引(20名様以上)450円
    小学生 200円
    障がい者料金 大人450円、子人100円
    年間パスポート 1,500円

最寄駅 東京メトロ千代田線「湯島」から徒歩7分
     東京メトロ銀座線「上野広小路」、都営大江戸線「上野御徒町」から徒歩12分
     JR「上野」「御徒町駅」から徒歩15分
     京成線「京成上野」から徒歩15分

ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/taikan/




 当部商品・横山大観画伯「霊峰飛鶴」をご紹介いたします。我々も微力ながら、この貴重な文化財産の益々の発展を祈念し、今後も事業展開に努めてまいる所存です。




彩美版®
彩美版 横山大観 《霊峰飛鶴》
販売価格 120,000円+税


 昭和28年(1953年)に横山大観画伯の澄み切った境地が描かれた吉祥作品。金泥で刷かれた瑞光を背景に、富士の前に鶴が群れをなし飛翔しています。


<仕様体裁>
◆共通仕様
監修 公益財団法人横山大観記念館
原画 公益財団法人横山大観記念館所蔵
技法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り(本金泥使用)
用紙 特製絹本
限定 950部(軸装、額装の合計)
証明 監修者検印入り証書を貼付

◆軸装仕様
画寸 天地39.5cm×左右52.5cm
軸寸 天地135cm×左右72.1cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付
 
◆額装仕様
画寸 天地39.2cm×左右52.8cm
額寸 天地58.7cm×左右72cm
重量 約3.6kg
額縁 特製木製金泥仕上げ、アクリル付(国産、ハンドメイド)


※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です。


横山大観《霊峰飛鶴》(軸装)


横山大観《霊峰飛鶴》(額装)


<関連記事> 横山大観記念館にて

February 28, 2014

必見!特別展「世紀の日本画」


いつもブログ「美術趣味」をご覧いただき、まことにありがとうございます。
現在、上野の東京都美術館では「日本美術院再興100年 特別展「世紀の日本画」が開催されております。

2ヶ月の会期中、前期は2月25日(火)を以って終了いたしました。3月1日(土)よりいよいよ後期展の開始となります(会期4月1日まで)。

日本美術院の130年の歴史を、近代日本画の巨匠たちの代表作でたどる記念展は、前期と後期ですべての作品が入れ替わる趣向となっておりますので、前期をご覧になった方もぜひ通期でご覧になることをお薦めいたします。

日本美術院は明治31年(1898年)、岡倉天心の指導の下、橋本雅邦を主幹に、横山大観、菱田春草、下村観山らの若き弟子たちにより創設され、近代日本画の成立と発展に大きな役割を果たしました。その後、師の岡倉天心を失い、一時休眠状態となりましたが、大正3年(1914年)に師の意志を継ぎ、横山大観、下村観山らが中心となり日本美術院は再興されました。以後、多数の重要な作家を輩出し、再興日本美術院の歩みとともに日本美術の歴史が築き上げられてきました。

後期展には日本画の精華ともいうべき60点の多彩な作品が展示されます。
中でも重要文化財の2作、狩野芳崖『悲母観音』と橋本雅邦『龍虎図屏風』は見逃せません。また日本美術院で常に中心的役割を果たした横山大観の『無我』の展示にも注目です。新たな日本画の創造を目指した若き日の大観が、日本美術院創立の前年、明治30年(1897年)に描いた初期の傑作です。

近代日本画の巨匠たちが一堂に会する貴重な展覧会に、皆様ぜひ足をお運び下さい。
tobikan.jpg














■展覧会出口の2階売り場では出品作家の弊社謹製複製画が多数展示されております。作家や著作権者の方々に特別に監修していただいた作品は、どれも原画を忠実に再現した最高品質の工芸品として、高い評価をいただいております。
上記『無我』につきましても以下の通り、お取り扱いしております。


横山大観 《無我》 掛軸
販売価格 本体123,000円+税


<仕様体裁>
技法 特殊美術印刷
表装 三段表装(国産)
画寸 74×43センチ
額寸 184×63センチ
監修 横山大観記念館
原画 東京国立博物館蔵

taikan_muga680x400pix.jpg

August 21, 2013

【新作のご紹介】 彩美版 横山大観 《霊峰飛鶴》


いつもブログ「美術趣味」をご覧いただきありがとうございます。
お盆明けから朝晩ほんの少しですが涼しくなってきましたね。
日中の暑さはあいかわらずですが吹く風や虫の音に秋の気配を感じます。

さて富士山が世界文化遺産に登録されて間もなく二月となります。
今月環境省の関東環境事務所が発表した資料によれば7月(7月1日~21日)の登山者数は昨年比35%も増え、調査開始以来最多の7万9千人余りを記録したそうです。この夏は国内はもちろん海外からも大勢の方々が富士登山にチャレンジされたようですね。

ところで富士山はいにしえより絵画に描かれてきましたが近代の画家で最も多くの富士を描いたのは日本画家・横山大観(1868~1958)に間違いないでしょう。大観は「富士は、いつ、いかなる時でも美しい。それは、いわば無窮(むきゅう)の姿だからだ。私の芸術もその無窮を追う。私はなおこれからも富士を描きつづけるだろう。」と語り、89年の生涯を通じ1200点を超える富士を描きました。(※無窮:無限、永遠の意)

当社では富士山の世界文化遺産登録記念として晩年の代表作「霊峰飛鶴」を彩美版(R)で再現し8月末から販売を開始します。「霊峰飛鶴」は昭和28年(1957)に描かれ晩年の大観の澄み渡った境地を如実に示しています。瑞光を背に雲中から頂を現す神々しい富士はまさに無窮の姿であり、世界に誇る美しき我が国土の象徴とも言えるでしょう。

製作にあたり横山大観記念館様より多大のご支援をいただきました。この場をお借りし厚く御礼申し上げます。



富士山ユネスコ世界文化遺産登録記念
彩美版 横山大観 《霊峰飛鶴》

販売価格 126,000円(税込)
監修 横山大観記念館 限定 950部


<仕様体裁>
◆共通仕様
監修 公益財団法人横山大観記念館
原画 公益財団法人横山大観記念館所蔵
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手摺り(本金泥使用)
用紙 特製絹本
限定 950部(軸装、額装の合計)
証明 監修者検印入り証書を貼付

◆軸装仕様
画寸 天地39.5cm×左右52.5cm
軸寸 天地135cm×左右72.1cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付
 
◆額装仕様
画寸 天地39.2cm×左右52.8cm
額寸 天地58.7cm×左右72cm
重量 約3.6kg
額縁 特製木製金泥仕上げ、アクリル付(国産、ハンドメイド)


※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です。


横山大観《霊峰飛鶴》(軸装)


横山大観《霊峰飛鶴》(額装)


【横山大観記念館のご紹介】

kinenkan_maingate.jpg住 所 東京都台東区池之端1-4-24
電 話 03-3821-1017

休館日 毎週月~水
長期休館 夏期休館、冬期休館あり
開館時間 10:00~16:00(入館は閉館30分前まで)
入館料 大人 550円
    団体割引(20名様以上)450円
    小学生 200円
    障がい者料金 大人450円、子人100円
    年間パスポート 1,500円

最寄駅 東京メトロ千代田線「湯島」から徒歩7分
     東京メトロ銀座線「上野広小路」、都営大江戸線「上野御徒町」から徒歩12分
     JR「上野」「御徒町駅」から徒歩15分
     京成線「京成上野」から徒歩15分

ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/taikan/


<関連記事> 横山大観記念館にて

July 19, 2013

横山大観記念館にて


「暑いですね...」という言葉が、全国的に挨拶代わりとなっています。
1876年の統計開始以来、7月としては初めての連続猛暑。熱中症にお気をつけください。

横山大観記念館正門そんな中、わたしは涼しげな上野・不忍池のほとりにある「横山大観記念館」を訪ねました。日本画の巨匠・横山大観画伯のお住まいがそのまま公開されています。風情ある正面玄関をくぐると、緑が溢れる日本庭園が広がり、訪れる人を静かに迎え入れてくれます。

中門
当社は現在、横山大観画伯の代表作である《霊峰飛鶴》の彩美版(R)複製画の制作に取り組んでおります。神々しい陽光に包まれた富士の迫力ある存在感。祝福するかのように穏やかな雲の間に間を飛翔する丹頂鶴の群。惹き込まれまること請け合いです。
世界文化遺産登録記念として、8月発売を予定しております。是非ご期待ください。

※「彩美版(R)」は共同印刷株式会社の登録商標です。


【横山大観記念館のご紹介】

住 所 東京都台東区池之端1-4-24
電 話 03-3821-1017

休館日 毎週月~水
長期休館 夏期休館、冬期休館あり
開館時間 10:00~16:00(入館は閉館30分前まで)
入館料 大人 550円
    団体割引(20名様以上)450円
    小学生 200円
    障がい者料金 大人450円、子人100円
    年間パスポート 1,500円

最寄駅 東京メトロ千代田線「湯島」から徒歩7分
     東京メトロ銀座線「上野広小路」、都営大江戸線「上野御徒町」から徒歩12分
     JR「上野」「御徒町駅」から徒歩15分
     京成線「京成上野」から徒歩15分

ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/taikan/

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ページの先頭に戻る