June 16, 2017

木の森の生命たち


 私の住む区内にちょっと気になる「美術館」があると知り、天気の良い休日を見計らって訪れることにしました。初夏の日差しが急に増してきたと感じながら、自転車で、もたもたペダルをこぎ、閑静な住宅街の中を何となくこのあたりだろうと目途をつけたものの、そう甘くはなく右往左往。ようやくそれらしき建物を見つけました。(もう一度すんなり行ける自信がありません。)

 美術館と言っても大きな住宅の風情。しかし入口の意匠はとても神秘的で、樽に乗った馬の首の彫刻があり、壁にかかった味わいある木の板には、M●KKINKANと読みづらいロゴが記されていました。ここはしまずよしのりさんという彫刻家の作品を展示する、モッキンカン木の森美術館です。

木の森美術館入口 .jpg
木の森美術館入口

 館長である奥様のリコさんに案内されて入ると、大小様々な木彫りの彫刻が所狭しと置かれています。楽器を奏でる動物や巨大な顔面などインパクトある作品や、小さく可愛い不思議な人形類などとともに、額装された絵や小さなスケッチも壁を覆っていました。
 しまず先生はとても多才な方で、書や詩も書き、童話も作られます。小さな彫刻作品はアニメーション制作に使用したもの。ご自身で微妙に人形を動かしては撮影しコンピュータのソフトで作り上げたオリジナルアニメ作品がたくさんあります。

 正式な展示室である2階に上がるとさらに圧倒されます。様々な木彫りの作品は皆大きく、生命が宿っているかのように生き生きして佇んでいます。殆どが大きな木から彫りだされた一木造の作品で、モチーフも様々。巨大なアゲハチョウやトンボが宙を舞っていたり、羽を畳んだ妖精が眠っていたり、夥しくざわめくキノコと笛を吹く少年、祈りを捧げる森の精など、異界に住む住人が集合したようです。

 女性が馬車に乗った作品は未完成とのことですが、館長に促され背後から女性を見ると、たくさんの子供に乳を与えている動物の姿が現れました。表と裏が異なる造形になっている作品で作者のユーモラスな面が伺えます。作品の様相は制作年によっても変化しているようで、それも楽しめる要因です。初期からの膨大な作品はここ以外に米蔵の倉庫に保管されているとのこと。絵画作品中心に展示された小さな部屋もあり、無垢でファンタスティックな世界は私の心の琴線に触れ、何度も見入ってしまいました。

賑やかな彫刻展示風景  .jpg
賑やかな彫刻展示風景

 しまず先生は、1944年東京都生まれで、幼少は長野育ち。その後浦和に移り美術に没頭。高校卒業後作家活動に入り、絵画からレリーフ、そして独学で彫刻を始め、長野県での制作活動を経て70歳を超える今も精力的に制作を続けています。

 お会いして様々なお話を伺いました。哲学を感じる大人向けの寓話、なかでもサラリーマンを経験していないしまず先生だからこそ、サラリーマンの風習の奇異さが目に付く内容のお話は不気味でした。今の世は「無邪気さ」や「他愛ないこと」が少なくなったこと、しかし「人間はそんな少年時代がすべてを決定づける」ことなど、あらためて確かにと共感できる言葉にも接しました。

 しまず先生の作品は多様ですが、その作品には共通して、人間は自然と対立するものではなく、自然の一部だと捉えた思想が投影されています。「森から放たれた原木と対峙し、その原木に宿る『生命の立体』を見出し、迷うことなく彫り出す。彫り起こされた『生命の立体』はやがて連なり新たな森を形成する。」

作品「羽化する少女」.jpg
作品「羽化する少女」

■モッキンカン木の森美術館
さいたま市南区大谷口593
TEL 048-881-0524
営業時間10時~17時
定休日 木曜
Web  http://www.unpopu.com/cho/index.html

June 2, 2017

屋上の庭園 ~モネの世界へ~

いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。


先週、この場で当社新商品「クロード・モネ/睡蓮の池」のご案内をさせて頂きましたが、その絵柄と同じ風景を楽しめる場所があります。もちろん、この絵画の舞台となったフランス・ノルマンディー地方ジヴェルニー村を訪問すれば、モネが造った実際の風景を観ることができます。しかし今回はもっとお手軽に、ビールでも飲みながら鑑賞できるスポットをご紹介したいと思います。

場所は東京都池袋の西武百貨店9階屋上にあります。昭和時代、百貨店の屋上といえば遊園地が定番だったイメージがありますが、娯楽の多様化や少子化などの影響で、多くの施設が姿を消し、最近ではあまり見かけなくなりました。一方、近年の百貨店業界においては、集客の要として屋上をリニューアルして、効果を上げている所も多いようです。



そして、こちら池袋西武百貨店の屋上は2015年に「食と緑の空中庭園」として、リニューアルオープンしました。'空のほとりで逢いましょう'をコンセプトにモネが愛したノルマンディーの「ジヴェルニ―の庭」、そしてモネ晩年の大作「睡蓮」にインスピレーションを得て造園されたものです。

1.JPG

煙突はご愛嬌



そして庭園のシンボルとして造った「睡蓮の庭」には、睡蓮を浮かべ、四季折々の自然の姿が美しく写し出されます。

2.JPG
時間帯によってはミストがでます



庭園内には世界の料理と、アルコールが提供される「レストラン&バー」、バラエティ豊かなメニューが楽しめる10店舗のフードショップが展開されています。訪れる全ての人がモネの世界観に包まれ、上質な時間と空間を楽しむことができるはずです。

May 19, 2017

暖かな陽射しの五月 ~日比谷公園より~


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。


 気候良く、暖かかな陽射しが心地よい今日この頃。私は季節の移ろいを確かめに、日比谷公園に足を運んでみました。日比谷公園は都心に位置する有名な公園で、日本を代表する都市公園のひとつ。歴史も古く、野外音楽堂や日比谷公会堂などの施設も有しており、園内は多くの人で賑わっており、公園の中央にある大きな噴水が出迎えてくれました。

20170519日比谷公園噴水.JPG
日比谷公園「噴水広場」の噴水


 噴水とは、文字通り「水を噴出するもの」とされますが、改めて世界を見渡してみると、著名な公園には必ずと言って良いほど噴水のある広場があることに気付かされます。ラスベガスの噴水ショーや、シンガポールのマーライオン、イタリアのスペイン広場、ドイツブリュッセルの小便小僧など。ただ単純に水を上に噴き上げるだけの噴水もあれば、二段噴水~三段噴水など複数の噴水で迫力ある景観もあり、また夜になるとライトアップが美しい噴水、音楽に合わせて踊る噴水など、多種多様な姿で、ときに楽しく、ときに優しく癒してくれる存在ですね。
 また、公園のいたるところでは季節の花々が咲いており、特に黄色のバラが目を惹き、緑と噴水を背景にした情景がとても印象的でした。

20170519黄バラ.JPG
黄色のバラ


 もうすぐ梅雨の季節が始まります。せっかくの晴れた日は外へ出て、季節の移り変わりを楽しめればと思います。


May 12, 2017

行く春


 春から夏へと季節の移り目を迎えました。今年は春らしい日が短く、冬からいきなり夏になったかのような印象すらあります。
 私ごとですが、三月から四月にかけては冬に逆戻りしたような寒さに震え、厚手のウール・ジャケットを着こんでいました。日中は温かくても朝晩冷え込むため、着るものに迷う日が多かったように記憶しています。今や、日によっては30度近くまで上がる暑さに耐えられず、麻ジャケットのクールビズスタイルで過ごしています。
 タイトルの「行く春」は去りゆく春を惜しむ想いが込められた俳句の季語ですが、今年に限って言えば「いつ春?」が私の本音です。





 閑話休題、私は連休最後の一日、趣味のバードウォッチングを楽しむため千葉県習志野市の谷津干潟を訪れました。かつて東京湾(江戸湾)にはそこここに広大な干潟があり、豊かな海の幸を育んでいました。そのほとんどが60、70年代いわゆる高度経済成長期に埋め立てられ、工場地帯へと変わっていきました。谷津干潟は、隣接する船橋沖の三番瀬とともに東京湾に残る最後の干潟のひとつです。1993年に保護すべき貴重な湿地としてラムサール条約に登録されました。

 今頃の谷津干潟の主役は、シギやチドリの仲間です。その多くはシベリアなど北の繁殖地と中国南部から東南アジアにかけての南の越冬地との渡りの途中、一時的に日本に立ち寄る「旅鳥(たびどり)」です。ちょうど満潮となる時間帯でしたが、津田沼高等学校に隣接する南東側の岸壁近くの杭や浅瀬に集まったシギやチドリの群を間近に観察することができました。なかでも鮮やかな赤茶色の翼に、歌舞伎の隈取を想わせる白黒模様の顔が印象的なキョウジョシギや、やや小柄で首から胸にかけてオレンジの羽根が目立つメダイチドリが印象的でした。そこから少し歩いた北東の岸近くでは、下向きの弧を描く細く長い嘴が特徴的なチュウシャクシギが干潟を突いてカニを捕えるところを観ることが出来ました。

20170512キョウジョシギ.jpg
キョウジョシギ   ※画像をクリックすると大きな画像で見ることが出来ます。(以下同じ)


20170512メダイチドリ.jpg
メダイチドリ


20170512チュウシャクシギ.jpg
チュウシャクシギ

 さきほども申し上げた通り、これらの鳥たちは南から北へ帰る渡りの途中、我が国でしばし翼を休める旅鳥です。キョウジョシギやメダイチドリはムクドリよりやや小さい20㎝前後の大きさです。チュウシャクシギはだいぶ大きく40㎝余りありますが、それでも多くのカモ類より一回り二回りも小さな体です。彼らが挑む、数千kmから1万km以上にも及ぶ命を懸けた旅路を想うと、深い感動を覚えずにはいられません。





 今からおよそ330年前、元禄2年(1689)の春、松尾芭蕉(1644~1694)は深川の芭蕉庵を引き払い、弟子の曾良とともにおくの細道の旅に出立しました。深川から舟に乗り千住で陸に上がって見送りの親しい人々と別れる際に詠んだのが、有名な次の一句です。去りゆく春を惜しむ想いを表現したものと言われます。


 行く春や鳥啼き魚の目は泪
 ゆくはるや、とりなきうおのめはなみだ


 おくの細道への旅立ちの日は、新暦の5月16日にあたります。まさに今頃のことだったのですね。芭蕉はこの折の心境を「上野谷中の花の梢又いつかはと心ぼそく」と吐露しています。すなわち「上野や谷中の桜を再び観ることができるのはいつだろうか」と心細く思ったということです。生きて帰れる保証もないおよそ5か月間、600里(約2,400km)にも及ぶ長い旅路です。自ら望んだこととは言え、老境(とは言ってもまだ40代!)の芭蕉には、相応の覚悟があったことでしょう。「行く春や」の句には、そうした気持ちが重ねられているように感じられます。





 若い時分には、過ぎ去った春はまた必ずまた巡って来るものと信じ、身近な老人たちの警句に耳を傾けることなく安閑と過ごしてきました。しかし年を重ねた今、人生に必ずまたということは無いのだというシンプルな真実を認めざるを得ません。「今を生きる」ことを大事にしていきたいと思います。







関連記事:鳥帰る春 -谷津干潟にて(2017年3月3日)


April 7, 2017

正統を極め、異端に戯れる


 今、華々しく脚光を浴びる幕末~明治の絵師、河鍋暁斎(かわなべきょうさい / 1831-1889)。折しも現在渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで展覧会「これぞ暁斎!」が開催され、あらためてその画力の天才ぶりを多くの人に見せつけています。正直、私は暁斎について知っているつもりでいながら、それはほんの一部に過ぎないとここ最近知らされました。

20170407河鍋暁斎記念美術館外観.jpg
河鍋暁斎記念美術館

 私の住むさいたま市のすぐ隣の蕨市に、公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館があります。ずっと以前から知ってはいたものの、暁斎のイメージが妖怪や魑魅魍魎を得意とするどこかおどろおどろしい画風の異端画家という印象で、臆病な私は何となく足が向きませんでした。しかしマスコミで紹介される暁斎作品を目にする機会が重なり、見方が偏っていたと気づかされました。温かく穏やかな休日に思い立ち、初めて記念美術館を訪れてみました。

 暁斎の曾孫である河鍋楠美館長が1977年に創設した美術館で、今年 40周年となります。住宅地の中にさり気なくあり、自宅を改装したアットホームな気さくさが何故か暁斎らしいと思えてしまいました。展示室は3つあり、第1、第2展示室で2か月毎に内容を変えた企画展を開催しています。この日は「暁斎・暁翠 旅と風景」という展覧会で、第1展示室は墨絵を中心とした旅の風景スケッチが、のどかに楽しそうに描かれ、娘の暁翠(1868-1935)の作品とともに並んでいました。

20170407第1展示室.jpg
第1展示室

 第2展示室には数々の鮮やかな錦絵の展示。東京の名所絵や東海道中の双六など人気が高かったと推測する作品が並んでいました。あまり知らなかったのですが、別の絵師との合作も多く、例えば三代広重が風景を描き、その中にたくさんの人物を暁斎が描いたりしています。第1、第2展示室を通じ暁斎が基本を重視した作家であり、端正な作品も多く描いていたことがわかります。第3展示室は肉筆着色作品の複写が展示され、力強さと緻密さを備えた画力を感じ取れました。

20170407第2展示室.jpg
第2展示室

 暁斎は日本の美術史上から忘れられた時期が続いたといいます。純粋に観賞用の絵画だけでなく、庶民に受ける風刺画や漫画も注文に応じて拒まず描いており、それが異端視された要因にあるのかもしれません。しかし浮世絵の歌川国芳に入門し、のちに狩野派を習得し、さらに流派に捉われず多様な画法を学び、幅広い分野の画題を独自の視点で表現、その芸術は、正統を含むいずれの分野も極めた一級のものでした。特に海外で高く評価され、国外に多くの完成品があります。渋谷の大規模な展覧会も英国在住のゴールドマン氏のコレクションで、暁斎の多彩な才能を知ることができます。今の私が想う暁斎の魅力は、猫や蛙を始めとする擬人化された動物の可愛らしさや、群衆の争いを愉快に描くスラップスティック・コメディの世界など、ユーモラスな世相のカリカチュアライズですが、その着想を描出する、修練を積んだ技術に裏打ちされたエスキースの巧さに圧倒されます。

 記念美術館は肉筆、版画の完成品以外に下絵・画稿類の豊富な所蔵が特徴的で、暁斎の創作過程や力量を伺い知ることができます。テーマを変えて展示される折々に、散歩がてらぶらりと訪れ、静かに過ごすのにも良い場所です。



■公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館

住 所 埼玉県蕨市南町4-36-4  TEL 048-441-9780
開 館 10時~16時
定休日 木曜 毎月26日~末日 年末年始 
入場料 一般320円、中・高・大学生210円、小学生以下105円
団体20名以上割引有・要予約、かえる友の会会員は210円、美術館友の会会員は無料
※特別展開催時は別料金


March 31, 2017

迷路の町と朝倉彫塑館

 文化勲章を彫刻家として初めて受賞した朝倉文夫(1883〜1964年)。東京は台東区谷中にある朝倉文夫のアトリエ兼住まい(朝倉文夫自身の設計)は現在、朝倉彫塑館として彼の作品と建物の見学ができる。2008年には敷地全体が国の名勝に指定された人気のスポットである。彫塑館の入口から見る黒塗りの鉄筋コンクリートの壁は厳めしいが、館内は一変して竹や真綿を使った明るい色彩になる。室内には大きなガラス窓から注ぐ陽光と、モダンなデザインの照明、曲線を生かした有機的な壁面などで暖かく柔らかさを感じる。高さ8.5メートルの大きなアトリエには人物がメインに展示してあるが、中でも「墓守」は私の好きな作品である。朝倉は自作についてあまり語らなかったそうであるが、「墓守」については「家のものが将棋を指すのを見て無心に笑っているところをとらえた」と残している。朝倉がトルストイに例えた墓守の姿は、西洋美術であれば矍鑠(かくしゃく)と威厳に満ちた彫刻になろ。しかし、この老人像の髭の下から前歯が2本のぞいて笑った口や、足袋を履いた足、そして全体を包むぬとぬととした肌触りなどがいかにも日本的であり身近に感じる。

若葉の芽吹きもちらほら、朝倉彫塑館。
20170331asakura.jpg

 アトリエを通り抜け中庭に面した木造住居欄に入る。中庭にはそのほとんどを占める様に池がある。池には大きくて平たい石があり、何でも真鶴の海石と伝えられているらしい。寝転んで昼寝をしたら、さぞや気持ちよさそうである。各部屋はこの池をぐるりと巡る様に升形に配置されている。天井まで届く書棚が並んだ書斎、出窓に半円のソファーがある応接室などを巡り、階段を上がって2階、3階と進む。さらにオリーブの木が葉を茂らせている屋上に出る。屋上にはかつて大根やトマトなどを育てた園芸実習の場があったそうだ。この空中庭園からは、谷中、千駄木、根津が気持ちよく見渡せる。最後の部屋はもと東洋蘭の温室で、今はネコ達の彫刻の部屋になっている。朝倉はネコが良い、深い愛情がこもっている。朝倉は学費が払えないで美術をあきらめざるを得ない者たちを塾に向かえたそうである。その懐の深さが感じられる素敵な彫塑館であった。
 さて、この界隈は古くからの家々が軒を連ねる細い道が交差して、一歩路地に入るとほとんど迷路である。迷子になる不安を覚えながら道を進んでいくと、大きなガラス窓に囲まれたモダンなお店に出た。彫塑館の裏手にあるチョコレート専門店「ショコラティエ イナムラ ショウゾウ」である。シンプルな装飾の店内は明るく、喫茶コーナーは人でいっぱいの人気店である。素材にこだわったパウンドケーキのクラシックショコラを購入する。このチョコレートレートケーキは、しっとりとして濃厚な味わいであった。谷中の町は新旧が入り交じった楽しさがある。

March 24, 2017

ギャラリー「都道府県の花」 ―皇居をめぐる花の輪


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。


 先日、皇居周辺を散策してきました。皇居の周りは約5キロで、その距離感と信号がなく止まらずに一周できるので、日本でもっとも人気のあるジョギングコースとしても親しまれています。当日もたくさんのランナーの方々が走っていました。


 皆様は、この周回コースの歩道100メートル毎に都道府県の花のプレート(石板)が埋め込まれていることはご存知でしょうか(正確には47都道府県と2つの花の輪と千代田区のプレートの計50枚)。このプレートは通称「花の輪タイル」と言うのだそうです。スタートは皇居正門のある二重橋にあります。北海道の道花「はまなす」が彫られたプレートより、反時計回りに南下し、最後に沖縄県の県花「デイゴ」で一周します。と言われても、自分の住んでいる所の花も知らない方が多いのではないでしょうか。かくいう私も知りませんでしたので、この際一周して47都道府県全てのプレートを確認することにしました。


20170324花の輪タイル.jpg
花の輪タイル (左)北海道・はまなす (右)沖縄・デイゴ


 一周を5キロと考えると長い道のりとお思いでしょうが、いざ歩き始めれば100メートル毎に次々とプレートが現れるので、写真を撮りながら歩いていると、思いのほか忙しいことになってしまいました。さながら、ギャラリー「都道府県の花」です。プレートを逃さないように下ばかり見ていると、皇居周辺の景色をゆっくり楽しむことができないという、大変悩ましい状況です。それでも、少し寄り道をして千鳥ヶ淵緑道に入ってみると、3月上旬頃に咲く大寒桜が咲いていました。その実、千鳥ヶ淵の桜はその大部分がソメイヨシノで、今では東京屈指の桜の名所となり、多くの方々に親しまれています。間もなく迎えるシーズンにはライトアップもされますので、夜遅くまで楽しめます。


20170324千鳥ヶ淵の大寒桜.jpg
千鳥ヶ淵の大寒桜


 さて、無事に47都道府県すべてのプレートの写真を撮り、お陰様で自分の県花も確認することができました。プレートを追いかけながら、歩いているとあっという間の一周です。こちらのプレート、ランナーの中には1km毎のラップを計ることや、居場所の確認に使われている方もいるそうです。確かに何県のプレートは何々門の所にあるなどと覚えておけば便利ですね。


20170324花の輪案内.jpg
花の輪案内板


 少しずつ陽気も暖かくなり、東京では桜の開花宣言が出されました。お花見も兼ねて、スタンプラリー感覚で皇居一周を歩いてみることをお薦めします。全てのプレートを確認することができれば、きっと達成感を得られることでしょう。


March 10, 2017

ひとあし早い満開の桜 ~静岡県熱海市より~


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。

 私は先日、静岡県熱海市へ遠征してきました。ちょうどこの日は風も無く空気が澄んでいて、透明感あふれる朝日のグラデーションがとても美しく感じられました。

20170310朝日グラデーション.JPG
透明感あふれる朝日のグラデーション


 そもそも朝焼けや夕焼けが赤っぽく見えるのはなぜでしょう?調べてみると、あの有名なイギリスの物理学者、アイザック・ニュートンが発見した太陽光の現象にありました。ニュートンは太陽光をプリズム(ガラスや水晶の多面体)に通すと虹のような連続した光の色の帯が現れる現象を発見し、これをスペクトルと名付けました。

 日中の太陽は白く輝いて見えますね。これは赤から紫まで7色のスペクトルが大気によって散乱され重なり合った結果として白く見えています。そのスペクトルが地上に到達するまでに空気の層を通る時間の違いによって、長ければ赤く、短ければ青く散乱するため、空は時間に応じて様々な表情を私たちへ届けてくれるという原理だそうです。

 ...ちょっと難しいですね。空を見上げるときは、難しいことや嫌なこと等は何も考えず、ただ無心に見上げるだけで良いと思います。心が洗われることが大切だと思います。

 静岡県からの帰り道は、今まさに桜が満開でした。と言ってもソメイヨシノではなく、『大寒桜(おおかんざくら)』という品種で、2月末~3月上旬にかけて見頃を迎える早春の桜です。ひとあし早い満開の桜に癒されました。

20170310大寒桜.jpg
満開の大寒桜


 当社近隣にある桜並木のソメイヨシノは、蕾が顔を出し始めています。美しく咲き誇る満開のソメイヨシノが待ち遠しい三寒四温の今日この頃。寒い日と暖かな日が交互にやってきて体調管理も大変ですね。皆さまもう暫くは上着を羽織ながら温かくして、お身体ご自愛ください。



March 3, 2017

鳥帰る春 -谷津干潟にて


 今年は酉年ということで、前回に続き鳥に因んだ小話をまたひとつ。

20170303オナガガモとヒドリガモ.jpg
オナガガモとヒドリガモ

 鳥は私たちの身近にいつでもいるため、一般的には特に注目を集める存在ではないのかもしれません。でも、優しく可愛らしい鳥たちが実は恐竜の生き残りだと言えばどうでしょうか。恐竜は今でも地球上に存在しており、私たちと共存しているのです。

 古代の地球上を支配した恐竜はこれまで、白亜紀末(約6600年前)に起こった大量絶滅で死に絶えたとされてきました。ところが、近年研究が進み、恐竜の一種である獣脚類の一部に羽毛をまとったものがいることが明かになりました。現在では、この羽毛のある獣脚類の生き残りが鳥類であるとする見方が定説になっています。昨年末に発表された論文で、ミャンマーで発掘された琥珀(樹脂の化石)のなかに、羽根が生えた恐竜の尾が見つかったとの報告がありその写真も公開されて話題になりました。

20170303T-rex.JPG
Tレックス!

 羽毛のある恐竜が属する獣脚類には、有名な大型肉食恐竜のティラノサウルス(通称Tレックス)や映画「ジュラシック・パーク」に登場し広く知られるようになった小型肉食恐竜のヴェロキラプトルなどが含まれています。恐竜界の帝王、巨大なTレックスは、わたしたち昔の男の子にとってはいわばスーパースターでした。モフモフの可愛らしい羽毛をまとったTレックスの想像画を見て、思わず、「これじゃない!」と叫びそうになったのはここだけの話です。







20170303セイタカシギ.jpg
セイタカシギの群(谷津干潟)

 写真は、二月末の谷津干潟で撮影したセイタカシギ(背高鴫)の群です。大人にまじって恐らく日本で生まれたと思われる子供たちもいました。この時期、谷津干潟に多いのは冬の渡り鳥としてシベリアから渡って来るオナガガモ(尾長鴨)やヒドリガモ(緋鳥鴨)などの淡水ガモ類とクイナの仲間のオオバン(大鷭)です。セイタカシギはカモたちに比べて小さく、個体数もごくわずかなのですが、いる場所がだいたい決まっているののと姿に特徴があることから比較的見つけやすい鳥でもあります。

 セイタカシギの主な繁殖地(子供を産み育てる場所)や越冬地はユーラシア大陸にあり、日本には旅鳥として、繁殖地と越冬地との間を移動する際に一時立ち寄る例が多いのですが、関東や中部の一部で繁殖することもあるようです。セイタカシギは環境庁のレッドリスト(絶滅危惧種のリスト)に絶滅危惧Ⅱ類として掲載されています。Ⅱ類は、絶滅の危機が増大しているもののカテゴリーです。

 豊かな自然環境は鳥だけでなく人にとってもかけがえのない恵みを与えてくれるものです。白亜紀末の大量絶滅を生き伸びた鳥たちを、私たち人類の傲慢で無思慮な行動により絶滅させることがないよう、環境の維持保全に努めるとともに、私たちの子や孫の世代まで滋味豊かな日本の自然を継承していこうではありませんか。



※当部は公益財団法人日本自然保護協会への寄付を通じ、自然保護活動の支援に継続的に取り組んでいます。

February 17, 2017

美しき七宝の世界へ



お天気が良い日が続く東京です。
今週は、気になっていた東京都庭園美術館で開催中の「並河靖之 七宝 明治七宝の誘惑-透明な黒の感性 展」を見学してまいりました。


image.jpeg
現在は庭園美術館となっている旧朝香宮邸


明治時代に輸出用の美術工芸として人気を博した七宝(しっぽう)。今回の展覧会では、その中でも繊細な有線七宝により頂点を極めた並河靖之の作品を紹介しています。 正直なところ、一口に七宝というとブローチなどで使われる一昔前の工芸品・・・というイメージが漂い、その魅力をつかみかねていましたが、本展を見てその技術の高さ、美しさに魅了されました。


有線七宝、どのように制作されるかご存知ですか?有線七宝を制作するには、ざっと下記のような工程があります。


①あらかじめ下図を制作し、この絵柄を、主に銅を主体とする胎(たい)と呼ばれる素地に写す。
②銀を薄くリボン状に伸ばしたものを、下図の線に沿ってリボンの幅にあたる部分で壁を作るように乗せていく。
③これを一旦焼き付けた後、壁と壁の間を埋めるように釉薬を乗せていく。
④焼き付け、最後に研磨をして完成。


一言でいうと簡単ですが本展の作品をみると、その神経が行き届いた作業の細やかさ、色彩感覚の豊かさ、作品として完成させる技術の高さには驚くばかりのものがあります。
あまりの細かい作業に時計のような精密機械が作られる様子を思い出しました。
小さいものでは棗のようなものから大皿まで、美しく繊細な作品の数々は、展示室となる旧朝香宮邸のアールデコ調の部屋に置かれることで、より映えるように感じられました。


image (3).jpeg


お天気が良かったので見学後はお庭を散策しました。
梅の花が咲いて春を迎える良い匂いがしました。
庭園美術館はこれからの季節、お散歩と兼ねてのお出かけにもお勧めです!


2017年1月14日(土)~4月9日(日)
並河靖之 七宝 明治七宝の誘惑-透明な黒の感性-
東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
www.teien-art-museum.ne.jp

January 27, 2017

仙人の住んだところ、豊島区千早周辺の隠れ家的なスポットを訪ねて。

  東京は豊島区、要町駅からほどなくの千早という地区の住宅街に、熊谷守一の美術館がある。静かな街並を歩いて行くと、突然コンクリート打ちっ放し3階建ての美術館が現れる。正面の大きな壁面には、輪郭を彫り込んで描いたアリ達がおり、その脇に「クマガイモリカズ」とクギで書いたような文字が彫ってある。何とも温かで、この美術館の画家を想わせる素敵な壁画が訪れる人を出迎えてくれる。館内の展示スペースはあまり広くはないが、落ち着いていて、ゆっくりと作品が鑑賞できる。1階は油絵を中心に、掛軸、ブロンズなどが並び、画家が生前使用していた品々も展示されている。2階は墨絵や書を中心に展示。現在3階では熊谷守一の版画が展示されている(〜2017年2月12日まで)。
  熊谷守一は1880年(明治13年)に岐阜県で生まれ、東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科選科に入学する。二科会などで活動をし、1932年に今の美術館のある、この千早の地に移り住んだ。晩年、文化勲章の受賞が内定をしたが、これを辞退してしまう。その理由の一つは「これ以上、人が来ては困る」という事であった。「画壇の仙人」とも呼ばれた画家は、草木が生い茂り虫や鳥たちが訪れるお気に入りの自宅で、家族と過ごし、傑作を生み出して行く。そしてこの美術館は熊谷守一が住んでいた自宅の跡地に建てられた。
  建物の1階には喫茶室がある。ここには守一のご令嬢で画家の榧(かや)さんの作品も展示してある。以前、北アルプスの燕岳に登って燕山荘に泊まった時に、榧さんの作品が飾られているのを見た記憶が蘇って来た。


20170127kumagai.jpg
来訪者を迎えてくれる熊谷守一美術館の壁画。


  さて仙境を後にして、池袋方面へ向かう。立教大学の手前の住宅街に、これまたひっそりとチョコレートで有名な「テオブロマ ビス」がある。こちらのショップには店内にカフェスペースがあり、また外のテラスでもランチをいただく事ができる。陽気が良ければテラスでいただくランチのパニーニはとても美味しいが、大寒のころではちょっと厳しい。人気商品、小箱シリーズのチョコレート「ジャリ」を買って帰る。「ジャリ」は、外側のコーティングがカリカリッとした食感で、まさに砂利道を歩く感触。代々木公園を散歩していたときに見つけた砂利を再現して作ったというから、うなずける。


January 20, 2017

ぶらり鎌倉材木座海岸へ


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。


 皆様は鎌倉観光といえば何を思い浮かべるでしょうか?「大仏」「鶴岡八幡宮」「建長寺」「小町通り」など、沢山の見所があります。どこも比較的足を運びやすく、いつ何時に訪れても、多くの人で賑わっています。そのような中、先日私は「材木座海岸」周辺を散策してきました。位置は鎌倉の南東部、ヨットハーバーで有名な逗子マリーナがすぐ隣にあります。初めての鎌倉観光でこの場所を選択する人は少ないかもしれません。鎌倉駅からは少し遠く、アクセスがしにくい場所です。バスも出ていますが、皆様ご存知の通り鎌倉はシーズンによっては大渋滞しますので、鎌倉の街並みを見ながらブラリ散歩の旅をお薦めします。


 材木座海岸という地名は、鎌倉時代に材木取引の場として設置された座があったことに由来しています。また、この海岸では鎌倉時代、宋との貿易港で日本最古の築港でもある和賀江島(わかえじま)があった所で、今でも鎌倉時代の陶片などが発見されたりします。西側にある滑川を挟んでその先の由比ヶ浜まで続く海岸は、昨年大ヒットした映画「シン・ゴジラ」でまさにゴジラが上陸した場所として話題となりました。


20170120koumyouji_main_gate.jpg


 こちらの海岸から一本内側に入ると「光明寺」があります。光明寺は寛元元年(西暦1243年)に、時の執権北条経時の帰依を受けた浄土宋代三代祖然阿良忠上人により創建されました。現在の本堂は元禄11年(1698年)建立で、国の重要文化財に指定されています。また、ひときわ大きな山門は鎌倉に現存する最大の山門で、見所のひとつとなっています。


20170120zaimokuza_terrace.JPG


 海岸の国道134号線沿いには、昨年7月に複合施設「材木座テラス」がオープンしました。湘南といえば夏ですが、「年間を通してビーチライフを1日中楽しむ」というのがコンセプトのようです。お洒落なカフェや雑貨店などが入っており、ゆっくり過ごすことができます。私は3階にあるレストランに立ち寄ってみました。お店のスペースの半分近くがテラス席という非常に開放的な造りで、目の前に広がる海を存分に感じることができました。


 材木座エリアは観光客も比較的少なく、非常に静かな場所となっています。のんびり散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか。


December 16, 2016

絶景!「天下の秀峰 金時山」と金太郎


先日、箱根山の北西部に位置する金時山(別名・猪鼻嶽)に登って参りました。
富士山ビュースポットといえばここ、この日は特に快晴で美しい景色を眺めることができました。

fuji.jpg

ashinoko.jpg【山頂から眺める富士山と芦ノ湖】

また金時山は、金太郎伝説の山としてファンにとっては聖地となる山です。
金太郎は、平安中期の武将、源頼光に見込まれ頼光四天王のひとりとして活躍した坂田金時が実在のモデルとされているのは有名です。

皆様は金太郎をモティーフとしたゆるキャラの存在をご存知でしょうか?

神奈川県の、「かながわキンタロウ」、神奈川県南足柄市の「よいしょの金太郎」、
そしてなんと岡山県勝央町から「きんとくん」(と、くまパチ)など。
各々キャラクターが個性的です。
それぞれライバル視しているとかいないとか...

さて金時山では頂上手前、あと少しで登頂というところで岩場の急なのぼりが続きますが、
ちょうど登山者を癒すように金太郎像が迎えてくれます。

kintaro.jpg
(犬連れ登山も多く自力で登る小型犬には勇気づけられました。)

とても小さな像です。
「菱形の腹掛け」がとても可愛らしいです。
金太郎たらしめているアイテムといえば、「まさかり」や「クマ」はきっても切れないものだと思っていましたが、あったりなかったり...必ずしもそうではないようです。
金太郎は「菱形の腹掛け」がマストアイテムのようです。

ゆるきゃらのような愛すべきゆるさと親近感をすべての「金太郎」に感じます。
それだけ日本人の心の深くに染みついているのでしょうか。一年を通してそばに置いておきたいくらいです。
日本画においてもこの金太郎モチーフは愛され、題材として取り上げられています。
当ブログでも何度か東山魁夷先生の金太郎をご紹介させて頂いておりましたが、
とりわけ「歴史画」を描かれる守屋多々志先生は金太郎を題材に何点も描かれています。
こちらは当社の彩美版®でもお楽しみいただけます。
金太郎のように元気に年末まで過ごしていきたいものです!


moriya_kintarouS650x400pix.jpg

moriya_kintarouF350x400pix.jpg


守屋多々志 《金太郎》
販売価格(軸・額共通) 90,000円+税

<仕様・体裁>
原画 第34回春の院展出品作品(1979制作)
解説 川瀬邦聡(大垣市守屋多々志美術館学芸員)
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 和紙

■軸装仕様
表装 三段表装
材料 天地 利久無地
   中廻 濃茶地横段文緞子
   風帯・一文字 牙地小花唐草文金襴
   軸先 新牙
   箱  柾目桐箱・タトウ付
画寸 天地36.5㎝×左右45.0㎝
軸寸 天地125.5㎝×左右63.0㎝

■額装仕様
額縁 木製金泥仕上げ、アクリル付
画寸 天地35.9㎝×左右44.5㎝
額寸 天地54.1㎝×左右62.8㎝
重量 約3.3kg

December 9, 2016

横山大観旧宅及び庭園が国史跡・名勝へ


 当部では半世紀以上も複製画事業に取り組んでおりますが、その初期の頃から長きにわたり大変お世話になっております『横山大観記念館』につきまして、此度の喜ばしいお知らせをこの場を借りて改めてご連絡させて頂きます。


 東京都は上野池之端に佇む『横山大観記念館』。横山大観画伯のご自宅兼画室及び庭園は、貴重な文化財であることから、今年2016年11月に「横山大観旧宅及び庭園」として国の史跡・名勝の両方に指定される運びとなりました。


20161209Yokoyama_Taikan_Memorialhall1.JPG
画像提供:横山大観記念館


木造二階建ての数寄屋風日本家屋。文化庁文化審議会による指定答申では、
① 横山大観画伯が自ら指示して造営(デザイン)している点。
② 横山大観画伯の思想・感性が大きく反映されている点。
③ 実際に創作が行われた場であり、その素材となったものも多くあると考えられる点。
などが評価されたそうです。


20161209Yokoyama_Taikan_Memorialhall2.JPG
画像提供:横山大観記念館


これもひとえに、この旧宅及び庭園を「記念館」として一般公開し、保存・維持に努められた『横山大観記念館』理事長である横山隆様をはじめ、関係者の皆さまのご尽力による、近代美術界への多大なる賜物と存じます。


【横山大観記念館のご紹介】

kinenkan_maingate.jpg住 所 東京都台東区池之端1-4-24
電 話 03-3821-1017

休館日 毎週月~水
長期休館 夏期休館、冬期休館あり
開館時間 10:00~16:00(入館は閉館30分前まで)
入館料 大人 550円
    団体割引(20名様以上)450円
    小学生 200円
    障がい者料金 大人450円、子人100円
    年間パスポート 1,500円

最寄駅 東京メトロ千代田線「湯島」から徒歩7分
     東京メトロ銀座線「上野広小路」、都営大江戸線「上野御徒町」から徒歩12分
     JR「上野」「御徒町駅」から徒歩15分
     京成線「京成上野」から徒歩15分

ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/taikan/




 当部商品・横山大観画伯「霊峰飛鶴」をご紹介いたします。我々も微力ながら、この貴重な文化財産の益々の発展を祈念し、今後も事業展開に努めてまいる所存です。




彩美版®
彩美版 横山大観 《霊峰飛鶴》
販売価格 120,000円+税


 昭和28年(1953年)に横山大観画伯の澄み切った境地が描かれた吉祥作品。金泥で刷かれた瑞光を背景に、富士の前に鶴が群れをなし飛翔しています。


<仕様体裁>
◆共通仕様
監修 公益財団法人横山大観記念館
原画 公益財団法人横山大観記念館所蔵
技法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り(本金泥使用)
用紙 特製絹本
限定 950部(軸装、額装の合計)
証明 監修者検印入り証書を貼付

◆軸装仕様
画寸 天地39.5cm×左右52.5cm
軸寸 天地135cm×左右72.1cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付
 
◆額装仕様
画寸 天地39.2cm×左右52.8cm
額寸 天地58.7cm×左右72cm
重量 約3.6kg
額縁 特製木製金泥仕上げ、アクリル付(国産、ハンドメイド)


※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です。


横山大観《霊峰飛鶴》(軸装)


横山大観《霊峰飛鶴》(額装)


<関連記事> 横山大観記念館にて

November 25, 2016

未来を見つける祭典


 それは去る9月下旬の雨の日、買い物から戻った妻が、「そこの公園にシートで覆われた荷物の端からすっごく大きな靴が覗いていたよ。」と物珍し気に話していました。想像すると極めて奇妙な光景ですが、ああ、とピンときました。「さいたまトリエンナーレ2016」は開催前に妻の発見から幕を開けました。
 9月24日から12月11まで79日間続くアートイベントで、さいたま市が初めて取り組む国際芸術祭。現在既に終盤に入ろうとしています。ディレクター・芹沢高志氏の掲げた「未来の発見!」をテーマに市内各所で多様な文化関連プロジェクトが展開されてきました。アートプロジェクトでは、国内外で活躍するアーティスト34組が参加。内容は多岐にわたり私もすべてを体験出来ていませんが、大きくは3地域に分けられた各所の展示をぶらぶら鑑賞した一部を紹介します。



 冒頭の作品は、武蔵浦和駅~中浦和駅周辺地域にある西南さくら公園に置かれた「さいたまビジネスマン」。ラトビアの作家、アイガルス・ビクシェ氏による強化ポリウレタン製の10m近い彫刻作品です。仏陀の涅槃の像を想わせるかのように芝生に横たわり、体中に虫が這っても動じないサラリーマンの姿は悲しいような滑稽なような・・・しかし心を和ませます。

20161125_Aigars_BIKSE.jpg
アイガルス・ビクシェ 《さいたまビジネスマン》


 すぐ近くにある会場「旧部長公舎」は70年代に建てられたレトロモダンな邸宅。4軒それぞれでアーティストがインスタレーションを公開しています。写真家・野口里佳氏は、故郷さいたまを独自の視点で取材した映像作品の投影と展示。高田安規子+政子姉妹は縄文期にベイエリアだったこの場所の海の痕跡や絶滅危惧種の生き物の切り絵装飾で家を再生。松田正隆+遠藤幹夫+三上亮の俳優不在の演劇インスタレーションは、実際にかつて2006年まで何組もの家族が営んだ生活の記憶を、今もその時代に生活しているような室内で、物音・声などで重層的に再現。過ぎ去った日常への郷愁と共に、姿の見えない人の生々しい気配に恐怖心を覚えたのは私だけでしょうか。
 真っ白な空間に変えた邸宅内で展開される鈴木桃子氏の鉛筆ドローイングパフォーマンスは、開催前から作者が室内に緻密に描き続けてきた壮大な生命の増殖(火の鳥)が、ある時点から観客によって消されて何もない空間に帰るというプロセスをたどります。

20161125_suzuki_momoko.jpg
鈴木桃子 《アンタイトルド・ドローイング・プロジェクト》


 この地域でもう1つ外せないのは、日比野克彦氏の「種は船プロジェクトin さいたま」。日本各地を巡り人をつないできた朝顔の種の形をした船・TANeFUNeは前年にプレイベントで埼玉の川を航行。このトリエンナーレでは、金沢と横浜からやってきた「種は船」作品の2艘が、別所沼公園のワークショップに参加した人たちの手で埼玉バージョンとして塗り替えられ、公園の池に美しく浮かべられています。海のないさいたま市で「水のさいたま」の記憶を積み込んで、さて次はどこへ向かうのでしょうか。

20161125_hibino_katsuhiko.jpg
日比野克彦 《種は船プロジェクトinさいたま》


 与野本町駅~大宮駅周辺、岩槻駅周辺も、開催される場である建物の特色(歴史・背景)と絡めたコンセプチュアルな展示内容は深く印象的。岩槻の旧埼玉県立民俗文化センターは集中してたくさんのインスタレーション作品に出会える場で、個人的に興味深かったのは「犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう」という川埜龍三氏の作品です。現在われわれが住んでいる世界を「さいたまA」とし、架空に存在する並行世界「さいたまB」で発見された奇妙な埴輪群とその発掘現場の様子を展示する「歴史改変SF美術作品」。中心にあるのは、犀の形をした巨大な犀型埴輪です。思わず笑顔を誘う作品で、本当にこんな世界がすぐ隣にあったら・・・という夢とロマンへの少年的憧れを刺激します。

20161125_kawano_ryuzou.jpg
川埜龍三 《犀の角がもう少し長ければ歴史は変わっていただろう》


 このトリエンナーレを象徴する「息をする花」の作者、韓国のチェ・ジョンファ氏作「サイタマンダラ」は、市民が消費を通じて自動的に制作に参加してしまう作品で、芸術は物事の捉え方次第で成立することを再認識しました。ご紹介した以外でも、各作家はさいたまという地の特色を研究し、作品イメージを紡ぎだし創出しています。もちろん理解しやすい作品・しにくい作品はあるものの、各々の「未来の発見!」の解釈が垣間見えてきます。おそらく身近で体験したこのイベントに触発され、表現活動を始める未来のアーティストもいるのではと思います。3年後はどんなテーマでどんな表現が見られるか、楽しみにしています。





■さいたまトリエンナーレ2016
会期:2016年9月24日(土)~12月11日(日)[79日間]
鑑賞無料(一部の公演、上映を除く)
定休日:水曜日
主な開催エリア:与野本町駅~大宮駅周辺、武蔵浦和駅~中浦和駅周辺、岩槻駅周辺
開場時間:10:00~18:00(最終入場17:30)
主催:さいたまトリエンナーレ実行委員会
ディレクター:芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
URL:https://saitamatriennale.jp/


November 18, 2016

秋日和、名家伝来の禅画と「つばきやま」界隈


 この秋、禅画がブームである。秋晴れの日、細川家に伝来する文化財を展示している永青文庫に仙厓義梵(せんがい ぎぼん)の禅画を見に行くことにしました。仙厓義梵は江戸時代後期の臨済宗の僧侶で、ユーモアある禅画を描いている。



 東京は文京区。近くに流れるのは神田川であるが、江戸川橋という駅で下車する。既にお昼時、まずは食事をしてから展覧会に臨むことにする。神楽坂方面に向かって上る坂が大きく曲がり始める手前に「マティーニバーガー」はある。こちらはニューヨーク生まれで、デザインの仕事をされていたオーナーが経営しているハンバーガーショップ。ニューヨークではマティーニを片手にハンバーガーを食べるとのことだが本当であろうか。お店に並んでいるマティーニグラスはどう見てもダブルの量、ちょっとランチで飲むというには困難である。ハンバーガーの種類はアメリカの地名にちなんでいる。ベーコン、オニオン、バーベキューソスのウェストサイドをオーダー。只管打座でじっと待つこと、出てきた料理はベーコンがカリッとして、ビーフ100%のパテはジューシーでとても美味しくボリュームもある。
 お店の雰囲気も、オーナーも感じがとても良いお店です。

「マティーニバーガー」のカウンターの後には、ウォッカの瓶がアーティステックに飾られている。
「マティーニバーガー」のカウンターの後には、ウォッカの瓶がアーティステックに飾られている。



 さてお腹もくちくなったので、いざ永青文庫へ。永青文庫は椿山荘がある小高い台地の上にある。明治の時代、軍人・政治家の山縣有朋(やまがた ありとも)が「つばきやま」と呼ばれていたこの一帯を買い取り、邸宅として「椿山荘」と名付けた。今ではホテル椿山荘東京として生まれ変わっている緑豊かな斜面と神田川の間を通り、急峻な胸突坂を上る。坂の右側には、かつて松尾芭蕉が住んでいた関口芭蕉庵がある。上りきった左手の鬱蒼と茂った木々の奥に瀟酒な白い洋館が見える。ここが永青文庫である。文武両道にすぐれた細川家に伝来する歴史資料や美術品を保存、展示している。建物は4階から2階が展示スペースとなっており、「平成28年度秋冬季展 仙厓ワールド」(~2017年1月29日まで開催中:期間中展示替えあり)では、4階は仙厓の掛軸など、3階は仙厓の茶碗やアジアの器など、2階では明、清時代の文房四方(筆、墨、硯、紙)などが展示されており、仙厓の素朴な表現や墨の文化をテーマにしている。

庭から永青文庫の玄関を望む
庭から「永青文庫」の玄関を望む。

 仙厓の禅画は一切衆生を極楽往生へと誘ってくれるありがたい絵かと思いきや、まるで無垢な子供の描いた絵のようである。大猫と、目を回した不思議な生物が描かれている「竜虎図」を見た衝撃は、もう「え〜!」なのである。正しく「ゆるキャラ」のようなユニークさがある。仙厓の絵に臨む際は、古伊賀水指 銘「破袋(やぶれぶくろ)」を愛でるかのように、歪みをも楽しむ数寄者の心持ちが肝要であるか。解説で賛の訳や絵の内容をわかり易く説明しているので、親切でありがたい。仙厓は難解な公案(禅問答)をわかり易く庶民に伝えるために、楽しいタッチで禅画を描いたのかもしれない。公案は会社の会議でも使える。「指月布袋図」(布袋さんが月を指さしている図)の意味するといわれていること(月=悟り、指=教典、悟りは教典の教えの遥か遠くにある。)を元に、「計画数字そのものを追うのではなく、その先にあるのが本当の目標です。皆さんで業務に励みましょう。」なんて訓示してみようかしら。



 永青文庫を後に、講談社野間記念館との細い道を抜け、椿山荘の正門へ出る。その向かいには、特徴的な容姿と大きさ(金属製の巨大な鳥が、大きな翼を広げて地上に降り立った姿?)で知られている「カトリック東京カテドラル関口教会」がそびえている。カテドラルとはカテドラ(司教座)のある教会のことで、関口はこの辺りの地名である。この教会は有名な建築家の丹下健三が設計し、1964年に落成した。建物の壁面は垂直に近い角度で空から落ち込み、美しいカーブを描いている。外壁はステンレス張りになっており、陽光にまぶしくキラキラと輝いている。美しい建築に見惚れているうちに秋の日はつるべ落としに黄昏れて来た。関口台地の坂を下って元来た江戸川橋駅へと向かう。本日はお腹も目も心も満たされ、心願成就と相成り、すばらしい一期一会に感謝し帰路についたのでありました。


November 11, 2016

雲上の世界へ


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。


 先日、中央アルプスの千畳敷へ行ってきました。中央高速道路を走り、長野県駒ヶ根ICを降りて約10分、菅の台バスセンターが見えてきます。これより先、一般車両は通行禁止となっており、路線バスに乗り換えます。蛇行する山道をゆっくりと進み、徐々に標高が上がっていくと木々が紅葉に彩られてきます。そんな景色に見とれているうちに、「しらび平駅」に到着です。ここから日本一高い駅「千畳敷駅」まで、駒ヶ岳ロープウェイで一気に標高1,000m近く上がります。すると、そこはもう標高2,600m、雲上の世界。森林限界を超え、高い木は生えていません。そしてこの駅を出ると待っていたのは、眼前に広がる大迫力の岩の壁。氷河が山肌を削り取りできた千畳敷カールの眺めは圧倒的で、荒々しい岩山に抱かれているような感覚に陥ります。特に紅葉の時期は日本でも屈指の美しさと言われています。残念ながら、訪れた10月末頃の山の上は冬支度に入っていましたが、それでも晴天で最高の景色を満喫することができました。眼下に広がる雲海を見下ろしながら飲むコーヒーは大変美味でした。


日の出(宝剣岳山頂より)
日の出(宝剣岳山頂より)


 翌朝は日の出に合わせ、宝剣岳(2,931m)頂上を目指しました。明け方の頂上付近は、この時期としては少し暖かいかなと思いつつも、岩肌は凍っており慎重に歩みを進めます。頂上まで辿りつくと、他の登山客はおらず山頂からの眺めを独り占めすることができました。岩の影で風を避けながら少し待っていると、連なる南アルプスの向こう側から太陽がゆっくり昇ってきました。周りの山々が光で徐々に赤く染まり、富士山もはっきり確認できて、なんとも神秘的な光景です。西側には中央アルプスの主稜線がどこまでも見えて、その先に日本百名山のひとつ空木岳(うつぎだけ)を望むことができました。思わず一歩を踏み出しそうになりましたが、今回はそのまま千畳敷へと下山しました。


空木岳
空木岳(2,864m)


千畳敷カール
千畳敷カール 


 「千畳敷」は高山植物の宝庫としても知られており、小一時間で周遊できる遊歩道も整備されています。駒ヶ岳ロープェイは通年営業をしていますので、四季折々の大自然を気軽に楽しむことができます。
 かつてはアルピニストのみに許された雲上の別世界へ、足を運んでみませんか。

November 4, 2016

四季を感じる


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

 秋の気配から急に寒さが厳しくなって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 寒くなると一層並木や林や森や野山が色づき赤や黄色と紅葉し始め、を私たちの目を楽しませてくれます。

20161104_gosikinuma1.jpg

 先日、福島県の裏磐梯五色沼周辺の散策し、秋の景色を楽しみながらハイキングをしました。踏みしめる足元の枯葉の音、遠く聴こえる鳥の囀り、冷たく澄んだ空気の匂い、小さな渓流の水の冷たさ、目に映る青い沼と紅葉と、季節を感じ楽しみました。

20161104_gosikinuma2.jpg

 紅葉を楽しむ「紅葉狩り」の文化は平安時代にはじまったそうです。身近に感じられる秋を和歌や俳句、紅葉を手にして美人画や風景画として残し、秋を楽しむ知恵を私たちは古来から引き継いでいるのでしょう。日本の四季が素晴らしく感じられる今日この頃です。

20161104_gosikinuma3.jpg



【商品紹介】


彩美版®
奥田元宋 《秋渓淙々》 特別版
販売価格 120,000円+税


奥田元宋《秋渓淙々》特別版

<仕様体裁>

監修 奥田小由女(人形作家、日展理事長、日本芸術院会員)
原画 水野美術館所蔵(長野県長野市)
限定 500部
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 版画用紙
額縁 木製金泥仕上げ、アクリル付
画寸 天地26.5cm×左右60.5cm
額寸 天地40.0cm×左右74.0cm
重量 約2.5kg
証明 著作権者承認印を奥付に押捺
発行 共同印刷株式会社




彩美版®
奥田元宋 《秋耀白雪》
販売価格 180,000円+税


shuuyou_hakusetsu_400pix.jpg


<仕様体裁>

監修 奥田小由女(人形作家、日展理事長、日本芸術院会員)
原画 ホテル賀茂川荘所蔵(広島県竹原市)
限定 300部
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 版画用紙(モロー)
額縁 特製木製額金銀泥仕上げ(国産、ハンドメイド)
画寸 38cm×53cm
額寸 53cm×68.5cm
重量 約3.3kg
証明 著作権者承認印を奥付に押捺
発行 共同印刷株式会社


※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。

October 28, 2016

山種美術館「速水御舟の全貌」展


 山種美術館で開催中の展覧会『速水御舟の全貌』ブロガー内覧会に参加して参りました。

 近代日本画の巨匠、横山大観や下村観山などに激賞され、若くして日本美術院の同人となり、数々の素晴らしい作品を世に送り出して40歳でその短い生涯を閉じた天才、速水御舟。

 山種美術館は近代日本画では初めて重要文化財に指定された《名樹散椿》や《炎舞》をはじめ速水御舟作品の充実したコレクションでも知られており、今回の展覧会は美術館開館50周年を記念して、山種美術館所蔵の御舟作品をはじめ、公立美術館からも名作を一堂に揃えた、まとまって御舟作品を見ることができる素晴らしい機会です。


20161028_yamatane_entrance.jpeg


 展覧会は、入ってすぐの《鍋島の皿に柘榴》(1921年)から始まり、群青と不思議な構図に引き込まれる《洛北修学院村》(1918年)、御舟が若いころに描いた《萌芽》(1912年)、墨画なのにまるで色彩があるかのように感じられる《木蓮(春園麗華)》(1926年)、昭和モダンな《花の傍》(1932年)など、目を見張る作品の連続ですが、私の一枚は《名樹散椿》です。


20161028_meiju_chiritsubaki.jpeg
《名樹散椿(めいじゅちりつばき)》 1929年 紙本金地・彩色 山種美術館所蔵


 通常は霞などの表現に部分的に用いるという砂子を全面に蒔いた「蒔きつぶし」による背景は、制作するのにかなりの手間と費用を要する技法だそうですが、その分金泥や箔押しとは違う鈍い独特の輝きがあり、それがボリュームのある椿の樹と相まってとても美しい作品でした。ぐにゃりと曲がった椿の枝はデフォルメしているのかと思われましたが、実際にこのようなものがあったそうです。


20161028_gold.jpeg
金色の表現比較。左から金箔、金泥、撒きつぶしの技法による。
御舟はこれらの金を作品によって使い分けている。


 こうした徹底した制作姿勢や、執拗なまでの写実主義、緊張感ある作風、その時々である方向性を極めようと集中して作品を制作している様子から、神経質そう...と勝手なイメージを持っていた速水御舟ですが、実は家族や友人を大事にし、おちゃめなところも持ち合わせた人物だったということが伺えるエピソードを聞き、意外だったのと同時に親近感が湧いてきました。

 山崎館長が「一人の画家の展覧会とは思えないですよね」とお話しされたとおり、展覧会を通してみると、短期間に御舟の作風が様々に変化しているのがよくわかります。でもその一方で、根底に流れる何か「御舟らしさ」のようなものが、どの時代でも変わることなくあるように感じられ、それゆえ決して違う人が描いたとは思えない印象が残り、御舟の多彩さが際立つ展覧会でした。


20161028_enbu.jpeg
《炎舞》 1925年 絹本・彩色 山種美術館所蔵


 山種美術館のカフェでは展覧会の会期中、作品をモチーフにした和菓子を頂くことができます。
 《花の傍(かたわら)》をイメージしたストライプの綺麗なもの、《翆苔緑芝(すいたいりょくし)》をイメージした紫陽花と兎など、どれも綺麗で迷ってしまいましたが、私は《炎舞》をイメージしたお菓子を頂戴し、美味しく、美しいお菓子に目でも舌でも芸術を味わいました。


20161028_Japanese_confectionery.jpeg
黒い懐紙に炎を表現したオレンジが美しい《炎舞》をイメージしたお菓子。
食べるのがもったいない。


 後期の後半には御舟最大の問題作であった《京の舞妓》や《菊花図》が展示されるので、また観に足を運びたいと思います。




※ 掲載画像はブロガー内覧会において特別に許可をいただき撮影したものです。




【展覧会情報】

開館50周年記念特別展 「速水御舟の全貌」

2016年10月8日(土)~12月4日(日)
前期:10月8日~11月6日、後期:11月8日~12月4日
山種美術館
東京都渋谷区広尾3-12-36
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2016/gyoshu.html


October 21, 2016

藤牧義夫とモダン都市東京


 藤牧義夫をご存じだろうか。

 群馬県館林市出身の天才的版画家藤牧義夫(1911~1935失踪)の活動期間は、昭和初期のわずか数年に過ぎない。明確な記録が残っているのは昭和6年(1931)から10年(1935)までの5年間、この短い期間に藤牧は精力的かつ濃密な創作活動を行い、同時代の創作版画関係者の注目を集めた。藤牧は新進の商業デザイナーとして活躍する傍ら、昭和7年(1932)、小野忠重(版画家、版画史研究者/1909~1990)らの呼びかけで生まれた新版画集団に参加し同集団の発行する版画誌や展覧会を主な作品発表の場として活動した。新版画集団のメンバー中最も若年であったが、すぐに頭角を現し抜きんでた存在となり、昭和8年(1933)の第14回帝展(帝国美術院美術展覧会・東京府美術館)で《給油所》が入選し一段と注目を集める。当時版画雑誌『白と黒』を出版していた料治熊太(号「朝鳴」/1899~1982)も藤牧を高く評価していた一人である。藤牧また創作版画の創生期から活躍する恩地孝四郎、平塚運一や彼らに続く世代である畦地梅太郎ら一流作家とも親交があった。

 活動のピークに突如失踪という悲劇的な結末が訪れる。昭和10年9月2日、雨の降る夜を最後に彼の姿を見たものはない。弱冠24歳の若者であった。
 戦後長く忘れられた存在であった藤牧が再び注目されるようになったのは、銀座の画廊「かんらん舎」を主宰する大谷芳久氏が開いた遺作展(昭和52年/1978)が切っ掛けである。作品は小野忠重の協力で集められた。遺作展の準備過程で未発表の白描絵巻3巻の存在も明らかになった。この時展示された版画作品の主だったものは東京国立近代美術館が一括購入し、白描絵巻3巻(《絵巻隅田川》2巻、《申孝園》1巻)は東京都現代美術館が購入することになる。

 藤牧が活躍した時代は、関東大震災により破壊された東京が、いわゆる「帝都復興事業」によりモダン都市として再生された時代と重なっている。
 大正12年(1923)9月1日に発生した地震とその直後の大火災で東京は徹底的に破壊され、江戸の面影を色濃く残していた古い東京は壊滅した。山本権兵衛首相は直ちに「帝都復興」事業に着手、帝都復興院が設置された。総裁は内務大臣後藤新平、後藤の推薦で東京市長に就任し復興事業を推進したのは、満鉄総裁、鉄道院総裁を歴任した中村是公(よしこと)である。中村は夏目漱石の親友としても知られる。

20161021kiyosu_bridge2.JPG
 後藤がまとめた復興計画の主だったものとしては、放射状と環状を組み合わせた近代的道路網の整備(靖国通りや明治通りなど)、耐震性と不燃性を備えた鉄の橋(清洲橋や永代橋など)や小学校(中央区泰明小学校や台東区小島小学校など)の建設、緑地を備えた大規模公園(墨田公園、浜町公園、錦糸公園)の整備などが挙げられる。公の事業と並行して民間でも次々と新しい大規模建築が建設された。

 この時期の建築はその後の戦火をくぐり抜け意外なほどの数が現存している。例えば国会議事堂、上野の東京国立博物館、国立科学博物館、日本橋の三越、髙島屋、日比谷公会堂、銀座和光、教文館など枚挙に暇がない。

20161021kyodoprinting.JPG
 ちなみに、小石川の当社ビル群や小石川植物園本館もまさにこの時代に建設されたものであり、また当社前から春日通りへと上がる播磨坂(さくら並木)は、後藤の都市計画に基づき建設された環状道路(環状3号)の名残である。

 藤牧は鉄とコンクリートとガラスによる新たなランドマークが続々と誕生する躍動的新生都市・東京の今をわくわくとした気持ちで描き続けた。少し長くなるが藤牧の言葉を紹介する。
(原文旧字旧仮名は新字新仮名に変更)

 「都会風景―その姿は複雑であり、単純であり、或は壮大に、或は明快に、或は力強く、或は速力をもって、われわれに迫ってくる、それはつねにより高く、より能率的に動いて居る。そして、われわれがスケッチブックを持って歩くとき、これらのすべては自分のものだ。
 われわれはモット、モットこの美しさを見つめなければならない。その無限に新鮮な形態を思ふままに賛美し、且つこの近代的な都市美を形成するところの鉄を感じ、コンクリートの皮膚を感じ、更にギラギラと輝くガラスをながめて、その立体美にくい入るのだ。今われわれはこの近代的都市美を版画によって、最も適切に、ハッキリと表現することの出来るのを何よりも大きな悦びとする。」

(1933年9月1日、『総合美術研究』5、「木版画実習[都会風景]」より)


 2020年に開催される東京オリンピックにむけて都内各地で新たな建築工事が急増している。前回の東京オリンピック(1964)の舞台、神宮外苑の国立競技場はあっさりと破壊されてしまった。昭和初期に建設されたモダン都市東京のランドマークもこれから多数が破壊され、新たな建物に置き換わっていくのだろう。

 《白描絵巻(絵巻隅田川)》(白鬚橋から西村勝三像周辺まで)の冒頭に、藤牧は以下の文章を記している。
 「未来すみだ川 橋の発達によりて川の面は何十年後遂に覆はれ昔日のおもかげを偲ふ事不可能になるにや、余写生中この予感あり、幸いにいまだ橋少なし精出して写生を勉むべしとす 昭和九年十月下旬考 義夫」
 藤牧は、鉄、コンクリート、ガラスといった最新の材料と優れたデザインにより構成される近代都市美に感動するとともに、近代都市のランドスケイプが常に流動的で変化が速いこともよく理解していた。藤牧の作品には疾走するようなスピード感が感じられる。日々の感動をダイレクトに画面に描写するため、絵筆を使うように彫刻刀を自在に駆使して版画を描き続けた。

20161021jounuma.JPG

 藤牧を記念する碑が、故郷館林にある。藤牧が最注目されるきかっけを作った大谷氏による遺作展の売上の一部を原資として昭和53年(1978)、藤牧が好んで訪れた城沼(じょうぬま)の畔に建てられたものだ。黒い御影石に藤牧の版画《冬の城沼》をもとにしたブロンズのプレートがはめ込まれ、その下に藤牧の、熱き情熱が迸る言葉が刻まれている。


 
「時代に生きよ 時代を超えよ」

20161021fujimaki_monument.JPG



【参考文献】
・『季刊 すみだがわ』'80第7号から'81第10号 隅田川クラブ(1980年12月~1981年9月)
・『別冊太陽』No.54 SUMMER '86 平凡社(1986年6月)[洲之内徹「藤牧義夫 隅田川絵巻]
・大谷芳久著『藤牧義夫 眞僞』 学藝書院(2010年11月)
・駒村重吉著『君は隅田川に消えたのか―藤牧義夫と版画の虚実』 講談社(2011年5月)
・『生誕100年 藤牧義夫』群馬県立館林美術館・神奈川県立近代美術館編 求龍堂(2011年7月)




【付記】(2016.10.24改稿)

20161021fujimaki_IronBridge.jpg

藤牧義夫《鉄の橋》の取材地について

 《鉄の橋》は、昭和8年(1933)9月発行の『新版画』第10号(新版画集団)に貼りこまれた作品だが、同年8月に発刊された『総合美術体系』第3号に写真版で掲載の版画《橋梁》の原版の一部に手を入れて摺られたものと考えられている。《橋梁》は黒一色で摺られた作品だが、《鉄の橋》は画面の上部に空色の手彩色1色が加えられている。簡潔で力強いモノクロームの版に鮮やかな空色の手彩が美しいコントラストを見せ、強い印象を与える傑作である。
 力強い鉄の橋を、疾走するオートバイが渡ろうとしている。その緊迫したスピード感も作品の魅力のひとつである。余談だが、国産初の量産オートバイ、宮田製作所のアサヒAA号が登場したのは本作と同じ昭和8年(1933)だそうだ。当時約4万台が販売されてという。藤牧は時代の花形である航空機のファンであり、また作品中にしばしば自動車が登場する。オートバイも当時とすれば時代の先端的存在であったろうから、力強く疾走するオートバイに藤牧が魅かれたとしても不思議はない。
 藤牧は《橋梁》の制作意図について以下のように語っている。
 「これは鉄の橋梁がもつ力強さに美を感じ、その美を強調するために出来るだけ簡素な線で鉄の強さを頭におきながら、最後まで同じ気持ちで彫ったものだ。道路もスケッチした時は工事中で、大変汚れていたが、そのままをスケッチ通りに彫った。用具(刀)は三角ノミでグイグイと押して行き、画面全部の構成が済んでから簡単に丸ノミで浚った。」
(1933年9月1日、『総合美術研究』5、「木版画実習[都会風景]」より)

 取材地については、私の調べた範囲では今のところ明確に特定されてはいないようだ。(最新の研究成果により特定されている可能性はある。)
 藤牧の版画作品中恐らく最高傑作と思われる《赤陽》(東京国立近代美術館)は前述の大谷氏の調査により上野松坂屋の屋上から湯島方面を眺めた風景であることが判明している。また大作《白描絵巻》4巻も大谷氏らの克明な調査で詳細が明らかになっている。
 現場に幾度も足を運び、他の藤牧作品や昭和初期の写真資料等に照らし合わせるなどの独自調査の結果、《鉄の橋》(《橋梁》)の取材地は、江東区佐賀の松永橋付近である可能性がでてきた。考察を簡略に付記する。



 取材地を特定する際の手がかりとなるのは主に以下の5点だろう。


 ① 中央に描かれた鉄の橋の構造的特徴。
 ② トラスの左右に歩道が設置されている。
 ③ 向こう岸の右奥に高く巨大な煙突2本と高い建築が描かれている。
 ④ 向こう岸の左右に倉庫のような切妻平屋の建物が並んでいる。
 ⑤ 左側の建物群の奥に煙突が2本描かれている。


橋の構造は、専門的には「1径間鋼製トラス橋」というもののようだ。
江東区内に多数現存する「震災復興橋梁」はいずれも鋼鉄製のトラス橋だが、ほとんどは左右のトラスが鋼鉄の横桁で結合された構造である。
この横桁が省かれたトラス橋は少なくとも三つ建造されたことが判明している。その内二つ(緑橋、平久橋)は現存し一つ(松永橋)は平成11年(1999)に新たな橋に架け換えられている。




20161031heikyu_bridge.JPG

◇平久橋 昭和2年(1927)竣工(現存)
場所:江東区牡丹三丁目~木場一丁目間(平久川)
構造:1径間鋼製トラス橋
江東区牡丹と江東区木場を結ぶ橋。
①と②の条件は一致している。
③は木場側には藤倉電線(現フジクラ)の巨大な深川工場と富士アイスの深川工場があった。
藤倉電線の工場敷地は概ね現在深川ギャザリアがある場所にあたる。工場には当時高い煙突があったが写真で見る限りその本数や配置、周囲の建物の外観等は版画と一致しないようだ。
富士アイスの外観や正確な場所については調査中。
④、⑤に関連する情報としては、木場側の袂に江東区立平久小学校がある。平久小学校は昭和3年(1928)平久尋常小学校として現在地に開校している。




20161021midori_bridge.JPG

◇緑橋 昭和4年(1929)竣工(現)
場所:江東区佐賀一丁目~福住一丁目間(大島川西支川)
構造:1径間鋼製トラス橋
江東区福住の首都高9号深川線の福住ランプの横にある。歩道とトラスの位置関係は作品と一致しない。鉄鋼のトラスが道路と歩道の双方を挟む構造になっている。
首都高9号線は、油堀川(運河)を埋め立てて造られたものであるから、藤牧の時代には緑橋のすぐ横、上流側に油堀川があった。③の高い煙突を持つ建物の存在は確認されていない。④、⑤も同様。




20161021matsunaga_bridge.JPG

◇松永橋 昭和4年(1929)竣工(平成11年(1999)架替)
場所:江東区佐賀二丁目~福住二丁目間(大島川西支川)
構造:1径間鋼製トラス橋⇒1径間鋼製ガーター橋
緑橋のすぐ上流、仙台堀と大島川西支川が交差する場所のあたりにある。
残念なことに平成11年に架け替えられ、藤牧の時代とは構造・外観が変わっている。
①以前の橋は写真で確認したところ、平久橋とほぼ同じ外観であり、作品と一致していると言える。②の条件も満たしている。

20161021_asano.JPG

③佐賀側の右奥に、仙台堀を挟んで浅野セメントの巨大な工場があった。両者の距離は200mほど。
浅野セメントの工場は、藤牧が好んで描いたモチーフのひとつであり、《鉄の橋》(《橋梁》)の右奥に描かれた高い建物と外観が良く似ている。高い煙突の配置も一致しているように思う。

④佐賀側の左右は三井倉庫の敷地である。
写真資料により少なくとも戦後間もなくから2000年代初頭まで切妻平屋の倉庫が多数立ち並んでいたことが確認されている。戦前の状況は確認できていないので追加調査が必要。

⑤松永橋は隅田川の河畔と200mほどしか離れていない。松永橋から向こう岸の箱崎の建物が間近に見える。藤牧の《白描絵巻 試作》(浜町公園から相生橋まで)には箱崎(現中央区)の風景が精密に描写され、多数の倉庫や煙突が描かれている。だが、煙突と手前の建物を比較すると箱崎の煙突にしては大きすぎるかもしれない。推測になるが三井倉庫(当時の名称は東神倉庫か)に煙突があったかもしれない。さらなる検証が必要である。

以上、④⑤は追加検証が必要だが、ひとまず松永橋付近が取材地である可能性がある。




松永橋にほど近い浅野セメントと清洲橋は藤牧が好んで描いたモチーフである。松永橋は清洲橋に対し、浅野セメントを挟んでほぼ対角の位置にある。追加調査は必要だが、《鉄の橋》あるいは《橋梁》の取材地が松永橋付近である可能性は十分あると言えよう。

October 14, 2016

秋・上野の森でゴッホの傑作と出会う


 いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。清涼の秋気が身にしみる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 今回は上野で開催中の東京都美術館「ゴッホとゴーギャン展」と、上野の森美術館「デトロイト美術館展」をご紹介いたします。
20161014_gogh1.jpg
 「ゴッホとゴーギャン展」はゴッホ(1853~1890)とゴーギャン(1848~1903)が友情を結び合い1888年の10月に南仏アルルで共同生活を始めるも、結局生い立ちも作風も大きく異なる二人は仲違いし、ゴッホの「耳切り事件」で終わりを迎えた史実にスポットを当てて企画された展覧会です。
 現実の世界から着想を得て力強い筆触と鮮やかな色彩で作品を生み出すゴッホ。目に見えない世界を装飾的な線と色面で表現するゴーギャン。二人の偉大な芸術家の誕生と出会いから、アルルでの破局、その後も続いた交流と影響を60点余りの作品を通じて振り返ります。これまであるようでなかったゴッホ、ゴーギャンの関係性に焦点を当てた展覧会は、二人の偉大な巨匠の作品と芸術を改めて知るとても貴重な機会といえるでしょう。
 わたくしは中でもゴッホの自他ともに認める最高傑作のひとつ《収穫》に深く心を動かされました。南仏の麦畑を主題にした調和の取れた風景はゴッホの心の一時の平穏が投影された興味深い作品です。
20161014_gogh2.jpg
 一方「デトロイト美術館展」は、1885年の美術館創立以来、同時代の画家の作品を積極的に収蔵し造り上げた近代絵画コレクションの中から、印象派、ポスト印象派、20世紀美術の選りすぐりの名品を紹介する美術展です。モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、マティス、ピカソ等のこれぞ名画と呼ぶべき作品が集結し、心ゆくまで芳醇な美の世界に浸れます。
 中でも本展覧会のメインビジュアルにもなったゴッホの《自画像》に注目です。ゴッホが残した数ある《自画像》の中でも、1887年に制作された本作は、印象派や日本の版画に強く影響を受けた作風で、画家が自らの魂の激しさを描き上げ、人間の魂のもっとも根源的なものにまで到達しえた正に奇跡の名画です。

 芸術の秋の到来を迎え、皆さまもぜひ上野の森に足をお運びになり、豊かな美の世界をご堪能ください。



【展覧会情報】

●ゴッホとゴーギャン展
会場 東京都美術館
会期 2016年10月8日(土)から12月18日(日)まで
    ※休室日=月曜日
時間 9:30~17:30
※毎週金曜他、20時まで(詳しくは美術展公式HPをご覧下さい)


●デトロイト美術館展
会場 上野の森美術館
会期 2016年10月7日(金)から2017年1月21日(土)まで
    ※休館日=10月21日(金)のみ
時間 9:30~16:30
※毎週金曜と10月22日(土)は20時まで


October 7, 2016

秋、食べる芸術『お菓子調進所 一幸庵』を訪ねて


いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。
季節は秋です。
朝方少しひんやりすると、ふかふかの落葉に包まれたくなる東山魁夷の《行く秋》を思い起こします。
しかし、秋はなにより味覚を楽しみたい!
そこで共同印刷、手土産利用頻度ナンバーワン「栗ふくませ」を販売する和菓子店、弊社からは播磨坂を上ったところ小石川5丁目にあります『お菓子調進所 一幸庵』さんをご紹介したいと思います。


20161007_ikkoan1.jpg



こちらの風情ある外観「一幸庵」さん店舗は、茗荷谷駅からは徒歩5分。
名物はわらびもち、栗蒸し羊羹など顔となる名品を多々生みだし、夕方に寄ると売り切れてしまっていることも珍しくない人気沸騰中の老舗和菓子店です。
店主・水上力(みずかみちから)さんはロサンゼルスの美術館でのワークショップ、講演会など技術の継承にも精力的にご活躍され、今年のバレンタインデーにはテレビ番組でも番組史上初の和菓子職人として特集されるなど、世界を舞台に脚光をあびる稀有な存在でいらっしゃいます。
先日お忙しい中にも関わらず、一幸庵店主・水上力さんにお会いすることができましたのでその感動をお伝えいたします!


20161007_ikkoan2.jpg



水上力氏は昭和23年、戦前より名高い和菓子職人の家に生まれます。
自身の道を進むと決意し大学卒業後には京都と名古屋で修業を積み1977年に一幸庵を創業されました。
以来、繊細で芸術的な和菓子をつくり続け辿りついたのが、「お茶のうまさを引き立てる和菓子」だといいます。
特に日本の季節を四季のみならず、日本古来の節「七十二候(しちじゅうにこう)」という細分化された暦をコンセプトに72の季節の情景を表現した和菓子は前代未聞、うっとりするような芸術品です。


それを目で味わうことができるブランドブック、『IKKOAN』も今大変話題になっております。
こちらは水上氏のお菓子に魅せられた方々がクラウドファンディングにより資金を集め、日本の和菓子を世界に発信するため作られた、これまた大変美しい本なのです。(2016年グッドデザイン賞受賞)
去る今年の造本装幀コンクールにも出品されておりました。お茶の美味を引き立てる水上氏のお菓子そのもののように主張しすぎない紙の質感、和菓子のフォルムを思い起こさせるかわいくて現代的なタイトルロゴには本当に見入ってしまいました。


このように和菓子の世界で芸術的な表現をされている水上氏に質問させて頂いたのは、
「目で見ているだけでも満たされる美しい和菓子ばかり。グローバルな視点をもち日本人にとって大切な和菓子の存在を世界へ発信されている水上氏は、日々どのような物事からインスピレーションを得て和菓子づくりに反映されていらっしゃいますか?また休日は何をされていますか?」
ということ。

その問いに水上氏は、
「たまに駅前のスーパーに買い物に行ったり、予約が取れたら食事にでかけたり。休みの日は半径5メートルでの生活。身近な四季の変化、例えば桜や紅葉、つゆ草など自然の細かい変化に気付くなど感性は常に養うようにしています」とのこと。
しかしある時期には積極的にさまざまなカルチャーから刺激を受けていたとのお話。
「青山や銀座のブティックのショーウィンンドーをみては色使いを勉強したり」
「一番ショックを受けたのは、パリでフォション本店に行った時。ワンダーランドだと思った、独特な色使いを和菓子に取り入れられないか、と思ったね」とのこと。
40代で世界を見ていたら今日本にはいなかったかもしれない、とも。


『IKKOAN』七十二候のうち六十九候に「雉始雊(きじはじめてなく)」という和菓子がありますが、それについての興味深い裏話も教えて頂きました。
「サモトラケのニケ(勝利の女神ニーケーの彫像)、ナイキのロゴ、社名の由来にもなっている彫像をルーブル美術館でみたことが印象に残っていてこんなデザインが出来上がった」とのお話。
「雉始雊(きじはじめてなく)」は、白一面の雪景色に一声鳴いて降り立った雉により雪に彩りが加わる情景が見たてられた繊細かつ鮮やかな和菓子。
雉は強い発色でシャープな流線型、はかなくもあり斬新で格好良いのです。写真でお見せできないのが残念ですが、そのセンスには脱帽です。
「和菓子の世界は制約が無く何をやってもいいからね」とのこと。色々お伺いしていくとやはり絵画や版画もお好きだとのこと、水上氏の感性やインスピレーションにはやはり半径5メートル以上のものが詰まっているようです。


また、文化的レベルの高い世界各国のパティシエから称賛をうけ、教えを請われている水上氏ですが、
「日本文化は明治維新以降、欧米への劣等感など引きずっているものもあるがグローバルになろうと思えばなれる。ただしこちらは草食、相手は肉食だから最低限の知識をもってきちんと日本文化を理論武装していかないと」とおっしゃいます。
「日本人は五感で食べるし、腹八分目の文化。お腹一杯にならなくてもその分誰かに分けてあげられるんだよ」とのお話。
またバレンタインにはもっと和菓子を贈る人が増えて欲しい、と。「古来日本人は毎日歌を詠んで贈っていたのだから...」
水上氏だからこそ語ることができるグローバルな視点には改めて日本文化の魅力をひしひしと感じさせられます。


そしてやはり、職人でいらしゃいます。
栗の下処理をしている水上氏、動きはとても早く大量の栗をあっという間にさばいていきます。
素早い動作、刃が入る瞬間だけ別のリズムになります。
失礼ながら手先が震えているのかと思ったほど。ではなくほんの一瞬あまりにも柔らかく繊細なタッチに変化するのでした。
その感性やお味にはもちろんですが、何より手さばきに驚嘆させられました。


20161007_ikkoan3-1.jpg

20161007_ikkoan3-2.jpg

20171007_ikkoan4.jpg



皆様も是非お近くに寄られた際は、食欲の秋、食べる芸術を楽しんでみてください!!


一幸庵(いっこうあん)
東京都文京区小石川5-3-15
※営団地下鉄丸の内線:茗荷谷駅より徒歩5分
Tel: 03-5684-6591

一幸庵ブランドブック『IKKOAN』

September 30, 2016

鈴木其一展を観る


 東京六本木のサントリー美術館で開催中の「鈴木其一(すずききいつ)」展に行ってまいりました。鈴木其一の画業を紹介する大規模な展覧会ですが、私の一枚は、やはり展覧会のメインビジュアルにもなっている「朝顔図屏風」です。

20160930kiitsu_ex.JPG


 琳派様式を江戸で再興した師・酒井抱一の亡き後、独自の画風を確立していった其一が完成させた《朝顔図屏風》は、金地に流れるように絡まり合う緑の蔦と、鮮やかな朝顔の色彩が目を惹くと同時に、その大きさ、ボリュームも印象的で、デザイン性が高く切れ味鋭い其一の表現は、独創的でまさに「COOL!」という感想でした。

 雑誌『和楽』10・11月号の琳派特集では、「かつて忘れられた存在であったのが、その独創的な作品から注目を集め、近年改めて人気を得た作家」・伊藤若冲と比較し、その存在、技術の高さから「ポスト若冲の一番手」としての鈴木其一を紹介しています。
 展覧会訪問日は平日でしたが、混雑と言ってよいほどの来場者に鈴木其一の注目の度合いを感じ、たしかに「これから其一がくるかもしれない...」という気配を感じさせる展覧会でした。

 10月5日からの後期展示では、《夏秋渓流図屏風》や《風神雷神図襖》などが展示されます。
 私も、もう一度観に行こうかと思っています。


★ 「鈴木其一展」、作者の遊び心と色彩感覚が印象的な「描表装(かきびょうそう)」の展示コーナーに出品されている「歳首の図」は当社彩美版®で販売しております!


20160930_kiitsu_saihunozu700x400pix.jpg


彩美版®
鈴木其一 《歳首の図(さいしゅのず)》
販売価格 90,000円+税


<仕様体裁>
原画 細見美術館(京都)所蔵
技法 彩美版®
用紙 特製絹本
表装 描表装
軸寸 天地175.3×左右47cm
箱  柾目桐箱、タトウ入り
証明 原画所蔵者の検印入り証紙を桐箱に貼付
発行 共同印刷株式会社
※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。

September 23, 2016

アメリカの休日

 
 秋の風情がなかなか顔を見せない残暑厳しい9月初旬、少し気分を変えてみようと、近年話題のジョンソンタウンを初めて訪れてみました。

20160923JOHNSON_TOWN1.jpg

 場所は埼玉県入間市。国道463号をひたすら西へ走ると、彩の森入間公園の向かいに白い木造の建物群が現れました。青い看板にJOHNSON TOWNの文字。そして星条旗がなびいています。敷地に入っていくと、三角屋根に横張りの板壁、そしてポーチがついたアメリカの家屋そのものが立ち並んでいます。ノスタルジックなアメリカ映画や古き良き時代を描いたアート作品などで目にした家々の現物が目の前にあり、違うとわかっていても異国の空間に迷い込み、その空気を吸っているような錯覚を覚えます。カフェや手作り雑貨等たくさん並ぶお店がそのイメージを倍加させ、ディスプレイされた商品やレトロな看板が明るい楽しさ、愛らしさを訴えかけてきます。家と家の間に高い塀のない開放的な空間。そうでありながら静かに暮らす人々の日常が保たれているとのこと。

20160923JOHNSON_TOWN2.jpg

 約2.5haに60棟ものアメリカ風建築が並ぶこの地区は、国土交通省主催の平成27年度都市景観大賞の都市景観部門で大賞を受賞しました。1945年、戦後GHQが入間基地にあった陸軍航空士官学校を接収してジョンソン基地とし、朝鮮戦争勃発時には民間にも米軍ハウスをつくるよう要請。たくさんのハウスが建てられたものの、基地返還後は老朽化・荒廃化しました。しかし民間会社により「進駐軍ハウス」は改修・保全され、それを模した新たな「平成ハウス」も設計・建築され、インフラ・植樹整備、コミュニティ支援等多岐にわたり地区の再生・活性化が図られました。アメリカ風の自由で文化的な空気に惹かれ生活する家族で活気に満ちた風土が培われ、文化遺産としても見直されているということです。

20160923JOHNSON_TOWN3.jpg

 時間がたつのも忘れてゆるゆる散策。港町でもリゾート地でもない埼玉県の何気ない場所に目いっぱい「本物」の異国の風情が?という感覚的ギャップにわくわくするインパクトを受けた日でした。変わり映えのしない日常風景に飽きたとき、是非また気軽に行けるアメリカで休日を過ごしたいと思いました。


 
■ジョンソンタウン

埼玉県入間市東町1-6-12   
TEL 04-2962-4450(ジョンソンタウン管理事務所)
店舗のみ見学可

September 16, 2016

坐ることを拒否する椅子に拒否された話


 東京の青山、表参道には美術書が豊富な青山ブックセンターや、ワタリウム美術館のショップなどがある。また美術館やギャラリーもある。昨日まで続いた雨模様も今日は久方ぶりに晴れたので、青山、表参道の散策を楽しむことにした。

 先ずは表参道の路地を入った所にある「岡本太郎記念館」から始める。ここは芸術家、岡本太郎が自宅兼アトリエとして暮らしていた場所である。門を入ってすぐ横に、カフェ「a Piece of Cake」があるので人心地を付くことにする。注文したパンケーキセットは、メープルシロップ、大きめのバター、ジャム、そしてたっぷりのホイップクリームが添えられている。大きく開放的なガラス窓からは、庭の眺めが良い。ふと建物の上の方を見ると、「太陽の塔」が2階のバルコニーから庭を覗いている。

20160916_taros_pancake.jpg
パンケーキにはa Piece of Cakeの焼き印

 記念館の扉にある足裏の形の把手をつかんで中に入と、館内には岡本太郎の等身大の人形や、さまざまな立体、平面作品が展示されている。美術館に来たというよりは、太郎さんの家に遊びに来たという感覚である。制作に使用したアトリエが残されていて、巨大なキャンバスがいくつも棚にしまわれている。イーゼルに立てかけられた作品や、机に並べられた絵筆を見ていると、今でも岡本太郎の息づかいを感じるよう。2階の企画展「岡本太郎の沖縄」(~2016年10月30日まで)では、岡本太郎が返還前の沖縄を撮影した写真が展示されている。

 こちらの記念館の小さな庭はとても居心地がよい。うっそうと植物が茂った庭には、精霊のような不思議な作品が点在している。そして小さな広場には「坐ることを拒否する椅子」が並べてある。この椅子は座面が丸く凸型になっており、そこに目や口が凸凹と付いているので、とても落ち着いて坐れない。この椅子が坐ることを拒否することに、断固拒否して無理無理坐ってみた。立ち上がってみると、お尻が濡れている。昨日降った雨が、座面の窪みに溜まっていたようである。美術館の作品というものは、黙っておとなしく鑑賞者に見られて居るモノであるが、岡本太郎が生み出したアート達は違う。彼らも何かを仕掛けて来るから油断がならない。いい年をした大人が濡れたお尻を抱えたままでは、青山、表参道をうろつくこともままならない。始めたばかりであるが、ほうほうの体で帰途についた。



September 9, 2016

山から海へ~鎌倉アルプス


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

 先日、アルプスを登ってきました。と言っても、標高3,000mを超える日本アルプスではく、鎌倉アルプスへ行ってきました。鎌倉にアルプス?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、都内近郊の日帰りハイキングコースとして人気で、雑誌などで取りあげられることも多いのです。

 スタートは北鎌倉駅より徒歩約15分「建長寺」となります。「建長寺」は北条時頼が創建したお寺で、鎌倉五山第一位と日本では最も古い禅寺です。見所が多いお寺ではありますが、今回は境内を足早に突き進むことにします。すると、人気も無くなり半増坊への参道が現れます。ここから始まる、急な階段を一気に登りきると見晴台に到着です。(写真1)

20160909_kenchoji.JPG
写真1 建長寺 半僧坊への参道


 見晴台からは、先ほどいた建長寺が小さく見えます。奥には鎌倉の街並みと、さらに相模湾が見渡せます。こうして眺めると、鎌倉の街が三方を山に囲まれ、さらに前方は海という特徴的な地形を確認することができます。まさに天然の要害です。源頼朝が鎌倉に幕府を開いた理由が分かります。(写真2)

20160909_landscape.JPG
写真2 見晴台からの眺望


 この見晴台を抜けると、いよいよ本格的な山道が始まります。結構な急斜面や岩場もありますので、基本的には登山靴で臨みたい所です。足元に気をつけながら、しばらく進んでいくと鎌倉アルプスの最高峰、標高159mの太平山山頂に辿り着きます。

 ハイキングコースのゴールは瑞泉寺となっていましたが、余力があったので、このまま八幡宮を抜けて由比ヶ浜まで向かうことにしました。八幡宮前から伸びる若宮大路は、改修されてから初めて歩きます。(写真3)

20160909_wakamiya_ooji.JPG
写真3 若宮大路


 由比ヶ浜に到着して海水に触れると、山の上から海まで歩いてきたという達成感に浸ることができました。山から海へ鎌倉を縦走する今回のコース。思いのほかハードですが、自然と鎌倉の街並みを存分に楽しむことのできる贅沢なコースです。動きやすい格好で出かけてみてはいかがでしょうか。


August 26, 2016

海が見えるレトロな電車「江ノ電」


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。気付けば8月も下旬。夜には虫の鳴き声も聴こえてきて、秋の気配が近づいてきました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。残暑お見舞い申し上げます。

 さて、私は先日、テレビや映画でもお馴染みの鎌倉レトロ電車「江ノ島電鉄」に乗ってきました。地元民に限らず多くの観光客にも愛されている通称"江ノ電"は、1902年(明治35年)に開業。鎌倉駅から藤沢駅までの10キロを結ぶ(約34分)、車内から美しい海や自然の景色を眺めることのできるレトロな電車です。

20160826_enoden.JPG

20160826_yuigahama.JPG

20160826_sunset.JPG

 写真は、私が「鎌倉高校前駅」で途中下車したときに撮影したものです。ちょうど夕暮れ時で、「江ノ電が走る踏切」、「穏やかに波打つ海辺」、「江の島の夕陽」をとても綺麗に撮影することができました。

 ローカル鉄道にもかかわらず、年間乗客は1,700万人にも達するとのこと。また江ノ電の駅のうち「極楽寺駅」と「鎌倉高校前駅」は『関東の駅100選』にも選定されています。その情景の美しさはもちろん、電車に揺られ"非日常を感じさせてくれる優しいひと時"が、人々を惹き付けてやまない江ノ電の魅力なのだと感じました。

 暑い夏が過ぎゆく今日この頃、きっと皆さまの心身も少しお疲れなのではと思います。そんなときは都会の喧騒を離れ、何も考えず江ノ電の心地よさに身を委ね、心癒されてみてはいかがでしょうか。


August 5, 2016

九州で「東山魁夷展」を見る


 いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。8月に入り暑さも佳境に入りました、連日の30度超えで、筆者も体調管理に四苦八苦しております。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。熱中症にも十分お気をつけ下さい。

20160804Q_haku.JPG

 さて私は先日、福岡太宰府にある九州国立博物館で「東山魁夷 自然と人、そして町」展を鑑賞してまいりました。会場に着いて先ず何よりも驚いたのは博物館のユニークな形状。波打つ屋根に総ガラス貼りの先鋭的なデザインです。真横から見ると鳥の頭のようなところが入口になっており、中に入るとそこは吹き抜けの心地よいアトリウム空間となっております。圧倒されました。見事です。設計は福岡県久留米市出身の菊竹清訓(1928-2011)。黒川紀章らとメタボリズムを先導したモダニズムの建築家です。今はなき上野不忍池ほとりの奇想のホテル(ホテルCOSIMA)の設計者といえば、東京にお住まいの方で思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは樅の木の形状の高層ホテルで当時流行りのガンダムを思わせる斬新すぎる建造物でした・・・

 閑話休題。2012年の北海道・宮城県巡回展以来の大レトロスペクティブと位置付けられる本展覧会は、東山魁夷(1908-1999)の画業の変遷を代表作でたどるとともに、東山芸術の頂点を示す大作「唐招提寺御影堂障壁画全68面」を特別展示するという必見の展覧会です。制作に10年を要したという画伯入魂の唐招提寺の障壁画は、ほぼ70メートルにも及ぶという長大なものであり、唐招提寺の開祖、鑑真和上の苦難の足跡になぞらえ中国や日本の壮大な自然を、抒情と幻想を内に秘めた静謐な風景として見事に描き切っています。地元奈良でも一年に数日間しか公開されないという記念碑的な作品群を、間近に鑑賞できるのはまことに貴重な機会といえましょう。国民的画家と謳われた東山魁夷の名作がずらりと並ぶ充実の展覧会には九州だけでも15万人の来場者が見込まれているとのこと。真夏の暑い盛りではありますが、皆さまも東山芸術の神髄に触れこころ豊かな気分に浸ってみてはいかがでしょうか。

20160804Q_haku_kaii_ex.JPG

 そして実は共同印刷が制作した東山作品の複製絵画が地元福岡の弊社代理店の協力の下、会場出口で販売されております。展覧会メイン・ビジュアルの「緑響く」や「行く秋」「静映」などの彩美版®プレミアム作品が出口右横の販売スペースに飾られ、東山芸術の感動を胸にした大勢のお客様にお立ち寄りいただいております。弊社の彩美版®プレミアムは東山魁夷の美しい風景をさらに魅力的に鑑賞していただける新感覚の美術工芸技法です。ご興味のある方は展覧会場に足をお運びの際、是非ご覧になってみて下さい。



【特別展「東山魁夷 自然と人、そして町」】

会場 九州国立博物館
   福岡県太宰府市石坂4-7-2
会期 2016年8月28日(日)まで。月曜休館(祝日を除く)
時間 9:30~17:00
※巡回展:2016年9月17日(土)-10月30日(日) 広島県立美術館






【弊社新作のご案内】

20160804kaii_yukuaki.jpg


東山魁夷 マスターピース コレクション™
東山魁夷 《 行く秋 》

販売価格 500,000円+税
限定350部発行



<仕様体裁>
監修 東山すみ
解説 松本 猛(長野県信濃美術館 東山魁夷館前館長)
原画 長野県信濃美術館 東山魁夷館所蔵
技法 彩美版®プレミアム
額縁 特注銀泥木製額プラチナカラー ハンドメイド浮き出し加工
画寸 天地45.9×左右65.2㎝(15号)
額寸 天地63.9×左右83.2×厚さ3.7㎝
重量 約5.3㎏
発行 共同印刷株式会社
※作品についてのお問い合わせ:共同印刷(株)アート&カルチャー部 TEL.03-381-2290


July 25, 2016

神楽坂界隈で川合玉堂を思う


 こんにちは。なかなか梅雨の明けない関東ですが、暑い夏はもうすぐですね。
 今週末は神楽坂のお祭りです。今年は7月27日から二日間がほおずき市、29日からの二日間が阿波踊りの日程で、毘沙門天を中心に一年のうちでも大変賑やかな数日間を迎えます。


20160725kagurazaka_fes.JPG


 ちょっと散歩に出かければ、あちこちでお祭りの準備をしており、こちらもウキウキした気分になってきます。


20160725hoozuki.JPG


 さてそんな神楽坂界隈は、かつて矢来町(やらいちょう)といえば鏑木清方 、若宮町(わかみやちょう)といえば川合玉堂のことを指し、他にも新小川町は藤田嗣治誕生の地であったりと、近代日本画の巨匠たちにもゆかりの地であったりします。
 川合玉堂は自然の中に暮らす人々の生活を数多く描き、個人的には晩年の住まいもあった奥多摩の人、というイメージが強いのですが、実は東京・牛込若宮町(現在の新宿区若宮町)に画業70年のおよそ半分以上となる40年余りも暮らしていました。
 周囲は、歌舞伎の中村吉衛門をはじめ由緒ある家が並ぶ屋敷町だったそうですが、この界隈は現在でも、賑わう神楽坂にほど近いところにありながら、大変静かな高級住宅地となっています。
 長流閣と呼ばれた玉堂邸は、東京大空襲で焼失してしまいましたが、とても立派なお屋敷だったようで、《行く春》や《紅白梅》、《彩雨》などの名作もここで描かれたのかと思うと、もし残っていれば...と残念です。

 日本画家ゆかりの神楽坂界隈、この週末はお祭りと散策にお出かけされてはいかがでしょうか。



彩美版®
川合玉堂 《三保富嶽之図》 軸装・額装
販売価格(各) 90,000円+税

gyokudou_mihofugakunozu(F).jpg


<仕様体裁>
 技 法 彩美版®
 用 紙 特製絹本
 監修及び原画所蔵 玉堂美術館
 証 明 監修者検印入り証紙を貼付
 解 説 小澤萬里子(玉堂美術館館長)
【額装】
 額 縁 赤松材使用特製木製額(国産、ハンドメイド)
 画 寸 天地28.2×左右45.2cm
 額 寸 天地44.1×左右69cm
 重 量 約2.2kg
 付属品 黄布袋、吊紐
【軸装】
 表 装 三段表装(国産、ハンドメイド)
 画 寸 天地28.4×左右45.3cm
 軸 寸 天地117.9×左右64.6cm
 収 納 柾目桐箱、タトウ入り

July 15, 2016

ひとときの造形美


 5月にご紹介したさきたま古墳公園に続き、7月の梅雨の晴れ間に、同じ行田市の「古代蓮の里」を訪れました。

 日曜日の朝8時前に着いたのですが、公園の通常駐車場はいっぱいで、隣の臨時駐車場に案内されました。園内に入ると、極めて静かなのに既にたくさんの人々がカメラを手に集まっています。私自身初めて見る、ピンクの蓮の花が一面に咲き誇る壮観な蓮池でした。蓮の開花時間は午前6時頃からで、7時~9時頃が満開だそうです。いずれの花も大きく美しい彩りで端正な姿を誇示していました。

20160715kodaihasu1.jpg


 ただ、よく見ると、つぼみの状態もあれば、散りかけている花もあります。大して蓮に関心を持っていなかった私は、古代蓮会館の展示を観覧して初めて蓮の花の命が4日間であると知りました。何日目の花なのかによって、開花の状態が変わっているということでした。自然が作るひとときの美。そして連綿とつながっていく命のサイクル。殊に行田蓮と呼ばれる古代蓮は、原始的な形態をもつ1400~3000年前の蓮と言われ、偶然現代に蘇り命を宿し続けています。

 思いがけず蓮に魅了されたのですが、真にここを訪れた目的は、先ほどの古代蓮会館の展望台に上がることです。そこへ上がるにも整理券が配られ、1時間ほど館内を観て待ちました。ようやくエレベーターに乗り展望台へ到着。人々は一角を見下ろして皆感嘆の声をあげています。昨年ギネスに登録された世界一大きい田んぼアートの2016年版が見ごろを迎えたのです。

20160715tanbo_art2.jpg


 水田をキャンバスに、様々な種類の稲を絵具として、巨大なドラゴンが目を惹く絵柄が描かれていました。今年30周年を迎える人気ゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」がテーマで、「勇者・ドラゴン・スライム」それに「古代蓮」を加えたオリジナルデザインとなっています。色彩はまだこれから濃くなっていくそうですが、前年の写真に比べ、鮮やかな黄色が一層目立ち、カラフルな印象を受けます。

 田植えは一般体験・ボランティア合わせ延べ約1500人が参加し、6月に2日間で行われたとのこと。館内に展示されている、細かい升目に緻密に引かれた作画のラインとおびただしい数のポイントの設計図を見ると頭が痛くなりそうでした。

 地上で見ると色の模様はわかるものの、具象性は認識できません。結構な重労働だったのではと、ますます作業の苦労と疲労に感情移入してしまいました。しかし計算通り絵柄が現れた時の喜びは、作業した皆さんにとって極上のものなのでしょう。

 田んぼアートの見ごろは7月中旬~10月中旬(色彩のピークは7月中旬~8月中旬)です。こちらも限られた命の造形。自然とのコラボレーションによるひとときのアートです。ぼんやりと万物の無常を意識した暑い一日でした。



【古代蓮の里】

住所 埼玉県行田市小針2375番地1
電話 048-559-0770

○公園は年間終日開園・休業日なし
○古代蓮会館
営業時間:通常期 9時~16時30分
     6月下旬~8月上旬 7時~16時30分
休業日: 通常期 月曜日(祝日は営業)、
     祝日の翌日(土・日曜日の場合は営業)
     6月下旬~8月上旬 なし
入場料: 大人(高校生以上) 個人400円(団体320円)
     子供(小・中学生) 個人200円(団体160円)


July 8, 2016

都心の最高峰から坂を上り下りして、トレンディーな街で日本の美を再発見した事。


 東京23区の最高峰(自然の地形で)愛宕山。その高さは約26m。その頂上にある愛宕神社は、徳川家康公の命により防火の神様として祀られたのがはじまりという。愛宕神社へは、大鳥居をくぐった先の激坂「出世の石段」を上る。江戸の昔、三代将軍徳川家光公が愛宕山の源平の梅を見て、「誰か馬に乗ってあの梅を取ってこい!」というむちゃな命令に、曲垣平九郎(まがき・へいくろう)なる家臣が、見事に馬で石段を上り下りして梅を献上したという。今も昔も上司の無理な命令に応えた部下が出世の階段を上るのは、世の常か...。

20160708mt_atagoyama.jpg
愛宕山の「出世の石段(男坂)」は降りる方が怖い。


 この愛宕山を上り越して桜田通りへ出から、更に江戸見坂なる激坂を上る。坂が大きく曲がる所に「菊池寛実記念 智美術館(きくち・かんじつきねん ともびじゅつかん)」がある。こちらは実業家の菊池寛実のご息女で、現代陶芸コレクターの菊池智のコレクションを母体とした現代陶芸の美術館である。展示会場へはガラスの手摺り(ガラス作家・横山尚人制作)が美しい螺旋階段を下りて地下へ行く。現在開催中の展覧会は「秋山 陽 アルケーの海へ」(7月24日まで開催中 ※アルケーとは原初、根源の意味)。

 秋山陽(あきやま・よう)は現代陶芸の最先端を走り続けている作家。その陶芸作品は、土に潜む生命力引き出したような有機的な怪しさと、圧倒的な存在感がある。何か太古の生物の化石ではないかと見まがう作品は、いわゆる陶芸とはまるで思えない。また展示会場の演出もすばらしく、鑑賞者は太古の海底に眠る作品達の間を漂うに巡る。会場の積極的な演出姿勢には、美術館の陶芸作品に向ける熱い想いを感じる。美術館の1階にはフレンチ・レストラン「ヴォワ・ラクテ」(フランス語で天の川の意味)がある。瑞々しい緑の庭を見ながらいただくランチは見た目も美しい。ホタテのポワレのランチをいただく。場所柄かお客さんも上品で、自分一人浮いているか...。

20160708restaurant.jpg
レストランの庭は緑が鮮やか。


 美術館を出て大倉集古館(2019年まで改修工事中)の脇の坂を上がって六本木一丁目駅方面へ向かう。駅の手前、旧住友麻布別邸の跡地には「泉屋博古館分館(せんおくはくこかん ぶんかん)」が建っている。こちらは住友家第15代当主で、数寄者としても知られている住友吉左衛門友純(ともいと)(号春翠)が蒐集した美術品を中心に所蔵している京都「泉屋博古館」の分館。「泉屋(いずみや)」は江戸時代の住友家の屋号である。現在開催中の、バロン住友の美的生活「数寄者住友春翠--和の美を愉しむ」(8月5日まで開催中)は、住友家の当主が集めた東洋美術の逸品が展示されている。屏風、絵巻、茶道具、陶磁器など住友当主自らの美意識で集めた品々が見られる。
 
 港区のこの辺りは外国の方も多くトレンディースポットが集まる街であるが、日本の美にも目を向けて見たら、さらにこの街を楽しむ事が出来た。



July 1, 2016

名もなき池


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。先日岐阜県関市にある「根道神社」の、とある池まで行ってきました。最近まで特に観光名所では無かったらしいですが、ここ数年インターネットやメディアを通じて少しずつ話題となっている場所です。反響を受けて関市のホームページにも、「名もなき池」として観光案内が掲載されています。



20160701nemiti_shrine_entrance.JPG




 さて、何が話題かというと神社入り口にある池が、まるで印象派画家クロード・モネの代表作《睡蓮》に似ていると評判なのです。そのことで「名もなき池」から通称「モネの池」として大変注目されているのです。山間の道を川沿いに走り現地へ着いてみれば、長閑な景色の中に唐突に人だかりが見えて、すぐに場所は確認できました。池を囲むように人の輪が出来ていました。



20160701nameless_pond1.JPG




 池の透明度は抜群で、山からの湧水により青く透き通っていて、水草や池の底まではっきりと見えます。透明度が高いのは湧水の元となっている山体が流紋岩類で構成されており、水に養分を含まず微生物が育たないことが原因のようです。太陽の光が水面に反射してキラキラ輝いている下を、色鮮やかな鯉たちが、まるで宙に浮いているかの如く、悠々と泳いでいます。



20160701nameless_pond2.JPG




 池自体はそんなに大きくはないのですが、立ち位置、目線の確度によって、色合いが変わり違う表情を見せてくれます。まさに動くモネの絵が目の前に現れたかのようで、いつまで眺めていても飽きることはありませんでした。



【根道神社(ねみちじんじゃ)】

所在地  岐阜県関市板取下根道上448
アクセス  白谷観音前バス停から徒歩4分






 モネの「睡蓮」連作大装飾画は第一次世界大戦の終結を記念し、フランス国家に寄贈された記念碑的な作品であり、平和を象徴する歴史的価値ある大作です。パリのオランジュリー美術館はこの「睡蓮」連作大装飾画のために創設され、≪印象派の殿堂≫と呼ばれています。
 《睡蓮、水のエチュード-雲》は、睡蓮と朝焼けの水面に映える雲の情景が、微妙なニュアンスに富む青、緑、紫、白、赤などが入り交る、モネならではの彩りの世界で描かれた作品です。本作品は第一室に飾られた「雲」の全画面より作品のハイライト部を、フランス国立美術館連合・グランパレ(RMN‐GP)の画像協力を得て、当社が誇る彩美版の技法にて再現いたしました。気品あるデコレーション金箔額(国産ハンドメイド仕上げ)に収め、200部限定でご用意しております。モネが愛したジヴェルニーの風景を、是非お手元でお楽しみください。

monet_nympheas_nuages600pix.jpg
Photo ⓒ RMN-Grand Palais (musée de l'Orangerie) / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom


彩美版®
クロード・モネ 《睡蓮、水のエチュード-雲》
限定 200部
価格 128,000円+税



<仕様体裁>
技法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り
画寸 28.3×91㎝
額寸 38.2×100.8cm
重量 3.3kg
額縁 特製木製デコレーション金箔額
原画 オランジュリー美術館(Musée de l'Orangerie)所蔵
監修・解説 千足 伸行(成城大学名誉教授/広島県立美術館長)
発行 共同印刷株式会社

June 24, 2016

緑と水が豊かな上田市を訪れて


20160624ueda_castle3.jpg


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

 すっきりしない天気が続きますが、梅雨の晴れ間に遠く澄み渡る青い空が見え少し強い日差しを浴びると、これから本格的な夏が到来するんだなと感じられるこの頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 先日、長野県上田市に寄る機会がありました。上田市は長野県の東部に位置し、北は上信越高原国立公園の菅平高原、南は八ケ岳中信高原国定公園に指定されている美ヶ原高原などの2,000メートル級の緑溢れる山々に囲まれ、里山と清らかな水の流れる川に育まれた自然豊かなところです。豊かな自然環境に加え全国的にも稀な少雨地帯であることを生かし農業・商業・工業が盛んな地域です。

 私が見学させていただいた工房では昔ながらの技法で掛軸や屏風、襖など修復していました。中でも柿渋を使い襖に刷毛で塗り込んで補強・修繕する作業を通し、「こういった仕事に携れて幸せです」と職人方の気持ちがとても心に響きました。

 長野県上田市の名城・上田城は真田信繁(幸村)の父、真田昌幸によって築城され徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城としてよく知られています。上田城は盆地の高台に位置する広大な敷地に、見事な石垣で地盤を築き上げています。今は敷地内に城跡と櫓などが残っていますが、石垣の様子から立派な城だったのだろうと伺えます。

 散策をしていると上田城の石垣の周辺は、紫陽花が見ごろを迎えていました。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



さて今回は、当社彩美版®ラインナップの中から紫陽花を題材にした作品をご紹介します。



彩美版®
中村岳陵 《八仙花》
販売価格 120,000円+税


梅雨の合間でしょうか、静かに咲く額紫陽花の横で麦藁とんぼが羽を休めています。静謐な世界を澄んだ色彩で描き、画家の凛とした画風が窺えます。

gakuryo_hassenka_gaku400pix.jpg


<仕様体裁>
原画 華鴒大塚美術館所蔵
解説 谷岡 清(美術評論家)
技法 彩美版®
画寸 天地42.6cm×左右52.6cm
額寸 天地60.7cm×左右70.8cm
重量 約3.6kg
用紙 特製絹本
額縁 特製木製額、アクリル付(国産、ハンドメイド)

※ この作品は軸装もございます。
※ 「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。


June 17, 2016

梅雨の晴れ間に~北鎌倉・明月院(紫陽花寺)より


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。

 梅雨。一年のうちほんの数週間、雨が滴り、草木や花が命の盛りを迎える季節です。私は6月の晴れた日、北鎌倉にある『明月院』へアジサイ散策に行って参りました。

20160617meigetsuin.JPG


 明月院は通称「アジサイ寺」とも称され、濃い青色に染まるヒメアジサイは「明月院ブルー」と親しまれています。6月の今まさに境内に咲き誇る約3,000株のヒメアジサイは見ごろを迎えており、一目見ようと訪れた多くの参拝客で賑わっていました。

20160617ajisai.JPG


 アジサイの語源については諸説ありますが、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が変化したものという説が有力で、青い小花が集まって咲くことからこの名が付けられたとされています。また、花色は開花から日を経るにつれ徐々に変化する性質から「七変化」や「八仙花」とも呼ばれています。

 皆さまのすぐそばにも紫陽花は咲いています。鮮やかな色彩にしっとりと目を向け、美しく情緒溢れる梅雨の恵みを楽しんでみてはいかがでしょうか。





■福源山明月院のご紹介

所在地  〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189
拝観時間 9:00~16:00(6月のみ8:30~17:00まで)
拝観料  300円 ※但し、6月は高校生以上500円、小中学生:300円
無休  
アクセス 北鎌倉駅より徒歩約9分、鎌倉駅より徒歩約29分、

May 27, 2016

上野の春、意を決して大型展覧会へ足を運ぶ


このブログをご覧いただいている皆様も足を運ばれたでしょうか、先日会期は終了しましたが話題となった東京都美術館「生誕300年記念若冲展」へ行って参りました。

本展は東京では初めて《釈迦三尊像》と《動植綵絵》が一堂に会した注目の展覧会とあって大変な来場者数でしたが、私もお目当ての若冲作品を一目見ようと行列に参加、会場の熱気を存分に味わって参りました。

経験したことのないほどの長蛇の列にくじけそうになりながらもいよいよ入場、するとすぐさま美術品のもつ強いオーラに引き寄せられます。
じっくりと鑑賞したいところ後ろ髪を引かれながらも、今回のお目当てである1799年若冲の晩年に描かれた《百犬図》、ワンコ達のところへ直行。
日本画の有名な作品の中でも犬が描かれたものは多くありますが、こちらはなんと59匹もの犬が描かれているため見逃すわけにはいきません。犬たちがコロコロとじゃれ合っている様子の連続、犬好きにはたまらない作品です。
描かれた犬の顔は、まるで猿か猫のような、また違う生き物では?と思わせる不思議な顔つきですが、魅力は筋肉や関節、威嚇、甘えなどの行動でしょうか、確かに犬、嘘がないのです。
そして、この作品の何匹かは後ろ姿で描かれています。その可愛らしさについては犬好きな方なら共感して頂けるでしょう。
後姿が絵になるのは犬か猫くらいでは?と思ったりもします。

犬についてはさておき、これだけの人を惹きつけるパワーの一つ、色彩については他の作品に比べると落ち着いた色味ですが毛の一本ごとが緻密に描写され、白の濃淡だけをとっても驚くほどの見ごたえがありました。
若冲の作品では絵絹の裏面に施した裏彩色など効果的に技法が盛り込まれ、表情が様々描き分けられていると言われています。
遠目にもはっきりとわかる鮮やかな色の濃度やぽってりとした厚みにはやはり釘付けになってしまい、単純に色というには画家に申し訳ない気持ちにすらなります。
実は当社の「彩美版®」についても同じように、複製画が出来上がるまでにはこだわりがあります。
作品に込められた表現の意図を解釈したうえで、本金箔や本金泥を使用し、膠の質感までも追及するために、何度も校正をかさねて出来上がります。
さらに作品を活かすための額装も試作を繰り返し、完成されます。
このようにひとつひとつに妥協なくこだわり、仕上げられたものにはやはりそのものなりのオーラが宿ると思っております。
絶妙なバランスであったり、ディテールのこだわりの積み重ねが醸しだす雰囲気であり、さらに時を経ていればその分の佇まいがあります。
当社の「彩美版®」でも魅力的な佇まいをもっと感じていただけるものにし皆様にお届けしたい!日本画の画材である岩絵の具の物質的な特徴、長所も短所をもっと知りたい!
と身が引き締まった思いがした展覧会となりました。
この時期の展覧会は足が遠のいておりましたが意を決して足を運んだ甲斐がありました。



彩美版® 軸装
伊東若冲 《日出鳳凰図》

販売価格 110,000円+税


20160527jakuchu_hinodehouou_S.jpg


<仕様体裁>

原画 米国・ボストン美術館所蔵
解説 河野元昭(美術史家、東京大学名誉教授)
技法 彩美版®
用紙 特製絹本
表装 三段表装(本表装)
画寸 94.0×33.0㎝
軸寸 183.0×52.5㎝
箱  柾目桐箱、タトウ付
※ご希望により額装のご注文も承ります。
※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。




そして、日本画で使用される岩絵具の原料、鉱石また鹿膠などに思いを巡らし国立科学博物館の鉱物コーナー、動物剥製コーナーへも立ち寄りました。
地球館の剥製コーナーは年に一度は足を運ぶ私のパワースポットです。
都会にいながらここでは生き物にしかない神秘や大きさが感じらるのでお勧めです!
またこちらのミュージアムショップにて、当社共同印刷のご近所に本社を構えるカロラータさんの、生物が本来持つ真の美しさを正しく伝えるリアルさにこだわり抜かれたぬいぐるみ、ホッキョククマを購入。動物の個性がみごとにデザインされたぬいぐるみに感服です。


20160527blog01_300pix.jpg
20160527blog02_300pix.jpg
国立科学博物館の動物剥製コーナー


20160527_colorata_PolarBear.jpg
20160527_colorata_Lion.jpg
カロラータさんのリアルなぬいぐるみ


■国立科学博物館 常設展
http://www.kahaku.go.jp/
※開館情報はHPをご覧ください。

May 20, 2016

週末の横浜散歩のススメ


 こんにちは。
 お天気の良い週末、横浜美術館で開催中の「複製技術と美術家たち―ピカソからウォーホールまで」展に行ってまいりました。

20160520yokohama_muse_flyer.jpg


 本展は、写真印刷や映像などの「複製技術」が普及し誰もが複製を通じて美術を楽しむことができる時代に、20世紀の欧米を中心とする美術家たちがどのような芸術のビジョンを持って作品を作っていたか、を検証する展覧会です。テーマとしては少々難解ですが、難しいことはさておき芸術家たちが複製技術をその目や手を通じてどのような形で解釈し、表現したか、さまざまな形を見ることができて興味深いものがあります。

 ピカソやマティスからウォーホールまで時代を追って、相当な数の作品が展示されていますが、中でも印刷物でも良く目にするマティスの「ジャズ」の色彩の美しさが個人的にはとても印象に残りました。

20160520_matisse.jpg
アンリ・マティス《サーカス》(詩画集『ジャズ』より)
1947年/シルクスクリーン、紙(書籍)/42.5×65.0cm(用紙)/富士ゼロックス版画コレクション



20160520_klee_277.jpg
パウル・クレー《ホフマン的な場面》
1921年/リトグラフ、紙/31.7×22.8cm/富士ゼロックス版画コレクション



 同時開催の「しなやかさとたくましさ―横浜美術館コレクションに見る女性の眼差し 」
 「アメリカ写真の展開:1860年代-1940年代」。こちらも上村松園、小倉遊亀、片岡球子など近代日本画家から、コムデギャルソンの川久保玲など現代のアーティストまで網羅し、充実した内容で見応えのあるものになっていますし、写真展もその時代のにおいが感じられる写真が数多く展示されています。

 横浜美術館は館内が広く、展示作品も企画展~コレクション展まで観るとかなりのボリュームになるので、ゆっくり時間を取っていかれるのが良いかと思います。鑑賞が終わったら近くのカフェでのんびりとお茶をしたり、山下公園や中華街までお散歩したりするのも良いかもしれませんね!

 久しぶりに行った横浜・みなとみらい界隈は、都内にはない開放的な空気感であふれ、とても気持ちの良い時間を過ごした一日でした。



【展覧会情報】
富士ゼロックス版画コレクション×横浜美術館
複製技術と美術家たち-ピカソからウォーホルまで

会場 横浜美術館
   横浜市西区みなとみらい3-4-1
会期 2016年4月23日(土)~6月5日(日)
開館 10:00~18:00(入館は17:30まで)
※5月27日(金)は20:30まで開館(入館は20:00まで)
休館 木曜日
主催 横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
協賛 富士ゼロックス株式会社
後援 横浜市
協力 横浜高速鉄道株式会社、横浜ケーブルビジョン、
   FMヨコハマ、首都高速道路株式会社
企画協力 横田茂ギャラリー

May 13, 2016

さきたま古代探検


 埼玉県の誕生は、明治4年11月14日、埼玉県設置の大政官布告が出された時で、当初の管轄区域の中で最も広い郡が埼玉郡でそれが県名となりました。埼玉郡は当初は前玉郡(さきたまぐん)という表示もされ、前玉神社もさきたま古墳群そばにあり、埼玉(さきたま)の地こそ埼玉郡の中心地と考えられ、ここが県名発祥の地とされました。

 その場所、「さきたま古墳公園」に、GW連休の好天気の中初めて訪れました。行田市街地から南東約1㎞にある広さ約37haの地に、5世紀後半から7世紀初めまでに作られた9基の大型古墳が集まっています。駐車場に着く直前、草の生い茂ったなだらかな山が見え、胸がわくわくしました。それは二子山古墳というこの公園内で最も面積の大きな前方後円墳です。通常は周囲の堀に水があるのかもしれませんが、現在長期整備中のようで、水は見当たりませんでした。

20160513maruhakayama_kofun.jpg
◆丸墓山古墳
 
 園内には芝生広場があり、5月4日に行われる火祭りのため用意されたわらの古代住居が建っていました。当日神話に模し、ここに火が放たれ燃やされるそうです。この広場からは四方に古墳が見渡せますが、目立つのは日本一の円墳と言われる丸墓山古墳です。高さ約19mで、階段で登頂できます。頂上からの眺めはなかなかのもので、ここからあの「のぼうの城」忍城(現在は行田市郷土博物館)も見渡せます。実際、1590年豊臣秀吉にこの城を水攻めで落とすよう命を受けた石田三成は、この丸墓山古墳頂上に陣を張ったそうです。(水攻めで沈まなかったこの城は「浮き城」と呼ばれました。)

20160513warau_haniwa.jpg
◆笑う埴輪

 古墳すべてを見て回りましたが結構な運動になります。園内には埼玉県立さきたま史跡博物館があり、古墳から発掘された埴輪や副葬品が展示されています。展示物の中でも稲荷山古墳から出土した「金錯銘鉄剣」は剣身の両面に115文字の銘文が記され歴史的価値の高い発見として話題となり、「画文帯環状乳神獣鏡」などとともに国宝となっています。それにしても、豊富で多様な埴輪に感じる古代人の造形センスは、あらためて見てもユーモラスで愛らしく、遠い昔の創作という気がしません。

20160513hatimanyama_kofun_stoneroom.jpg
◆八幡山古墳石室

 この地域には古墳公園以外にもいくつか古墳はあり、それぞれ貴重な価値のあるもので、その中の1基に立ち寄ってみました。さきたま古墳群の北東方向、八幡山公園の一角にある「八幡山古墳」です。周辺は工場・住宅地でこんなところに古墳?とそれらしい場所が見つけられず迷ったのですが、さり気ない案内看板を見つけ、何とか辿り着きました。盛り上がった草地の上に、石を積んだ石室が露出し、奈良の石舞台に似ていることから「関東の石舞台」と呼ばれています。確かに独特の存在感があります。

20160513hatimanyama_kofun_stoneroom2.jpg
◆八幡山古墳石室内部

 入口には扉が設置されていますが、開いていて内部に入れます。中は昼でも暗くて、あまり居心地がよくありません。羨道、前室、中室、奥室と続きますが最後の奥室は真っ暗ということもあり、入る勇気はありませんでした。なお、本来古墳内にあるはずの石室が露出しているのは、昭和初期に沼の干拓に墳丘盛土が使われてしまったためで、石室がむき出しになった時点で事の重要性に気づいた当時の村長が保存へと動き埼玉県指定史跡となりました。古墳の規模は推定直径80m・高さ9.5mの円墳で石室全長16.7m。ちなみに、ここを築いたのは聖徳太子側近の舎人だったと考えられているそうです。

 遥かな古代のロマンに浸った一日でした。帰宅してから子供の高校日本史の教科書を見ると、さきほど史跡博物館で見た「金錯銘鉄剣」がしっかり掲載され、なるほどと展示物の重要性をあらためて認識しました。



■埼玉県立さきたま史跡の博物館
埼玉県行田市埼玉4834   TEL 048-559-1111(代表)
開館時間 9時~16時30分(入館受付は16時まで)
     7月1日~8月31日 9時~17時(入館受付は16時30分まで)
休館日 月曜日 (祝日、振替休日、埼玉県民の日(11月14日)を除く)
    12月29日~1月3日
観覧料 一般 個人200円 団体120円
    高校生・学生 個人100円 団体60円
    中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付き添い1名含む) 無料

■八幡山古墳石室
埼玉県行田市藤原町1-27-2
公開日 土曜日、日曜日および祝日(年末年始を除く)
公開時間 10時~16時

April 28, 2016

日本民藝館を訪れた事及び、大きな屋敷で靴を持って歩き回った事。


 一度は訪れてみたいと思いながら、なかなか行くことのない場所が誰にでも一つ二つはあるのではないだろうか。私にとっても「東京タワー」と「日本民藝館」は正しくそれであった。しかしブログの掲載が差し迫って来た事もあり、この機に「日本民藝館」の方を訪れてみる事にした。

 東京の若者の街、渋谷から井の頭線に乗り2番目の駅の駒場東大前で降りると、ほど近いところに「日本民藝館」はある。民衆の用いる日用品の美に着目した柳宗悦(やなぎむねよし:1889〜1961年)は「民藝」という新しい美の概念の普及と、「美の生活化」を目指す活動をし、柳氏が収集した古今東西の工芸品を展示しているのがこの民藝館である。

20160428japan_folk_crafts_museum.jpg
瓦と白い壁が美しい、日本民藝館の入り口


 この民藝館の本館の建物は柳氏自身が設計を手がけた和風意匠を基調とした特徴的な建物で、登録有形文化財にもなっている。玄関の引き戸を開け中に入ると、上がりかまちで靴を脱ぎスリッパに履き替えてチケットを買う。玄関を入った正面には2階へと続く大きな木製の階段が存在感を放っている。展示室は1階、2階にある複数の部屋に分かれている。木のぬくもりと白い壁のコントラストが美しく、階段の吹き抜けを中心に開放感のある館内はとても居心地が良い。この時点で訪問して良かったと思ってしまう。

 この度の展示は、創設80周年特別展として日本民藝館所蔵の「朝鮮工芸の美」(6月12日の日曜日まで開催)と題して、国内屈指の質と量を誇るという民藝館所蔵の朝鮮時代の工芸品(陶磁器、木工品、石仏、掛軸など様々な品)を展示している。朝鮮時代の工芸といえば白磁と漆塗木工品ぐらいのイメージしかない浅薄な私であったが、展示物の幅の広さに驚いた次第である。

 白磁に対して、ゴロッと黒い蝋石製面取薬煎(19世紀末)。草虫図(19世紀)の掛軸に描かれているのは、ハチ、チョウ、セミ、カエルなどの生き物達で、西洋のモチーフとは違った、日本と共通する小さきものに対する慈悲を感じる。変わったところでは、木製の枕(鼓のように両端が広く平らで、真中がくびれている)は、頭をのせる面が小さく(直径10cmぐらい)これでは、寝返りをうったら床に頭をぶつけてしまう。「たわし」の形も変わっており、「こけし」の様に縦に長い。朝鮮と日本の視点の違いと共通点を楽しめる展覧会であった。

 民藝館を出たすぐ近くには、旧前田家本邸洋館のある駒場公園がある。緑の樹々が多いこの都会のオアシスには日本近代文学館もあり、館内の「BUNDAN COFFEE&BEER」で食事が出来る。BUNDANの名に相応しく店内には天井にとどく書棚が並び、約2万冊の書籍があるという。こちらではメニューも作家にちなんでおり、コーヒーの品書きは「芥川」や「寺田寅彦の牛乳コーヒー」など、食事は「ハードボイルド・ワンダーランド(村上春樹)の朝食セット」や「シャーロック・ホームズのビールのスープとサーモンパイ」と遊び心が溢れている。僕は「シャーロック〜パイ」にしたよワトスン君といった体で昼食をいただく事に。

20160428salmon_pie.jpg
シャーロッキアンではないが、シャーロック・ホームズのビールのスープとサーモンパイを注文

 公園の中心の建物「旧前田家本邸洋館」は、加賀百万石の第16代当主であった前田利為(まえだとしなり)侯爵の本邸として昭和4年に建てられた。建物はイギリスのチューダー様式で、地下1階、地上2階、延床面積約2,930平方メートルという豪邸である。隣には連絡通路で行き来できる和館もある。入場無料との事なので洋館を見学する。まずは玄関(といっても私のアパートの延床面積の約半分ぐらいある)で靴を脱いでスリッパに履き替え(今日はやたらに靴を脱ぐ日である。この後、和館を訪れた際も靴を脱ぐのであった。)、靴は設置してあるビニール袋に入れて持ち歩く。

 この館とにかく部屋数が多い。食堂が大小2部屋、サロン、書斎、家族の各部屋の他に、女中室が4部屋と女中溜、小使室、従者室、執事室が1部屋ずつある。その他の部屋も合わせると30以上にもなる。静かな館内を散策していると、どこからか「ネコふんじゃった」のぎこちなさのあるピアノのメロディーが聞こえてくる。館内をぐるぐる回っていると方向感覚も危うくなる。それにしても、人のほとんど居ない大きなお屋敷の中を部屋から部屋へと靴を持って歩き回っている自分の姿に、どろぼうになった様な気持ちになるのであった。


April 22, 2016

いざ、怪しい館へ


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

 さて本日取り上げるのは、伊豆半島の城ケ崎近く、大室山ふもとにある「怪しい少年少女博物館」です。一風変わったネーミングに惹きつけられ、以前より通りすぎる度に気にはなっていたのですが、先日ついに立ち寄ってみました。名前からはどのようなものを展示しているのか想像がつきません。博物館前にペンギンの体に人の顔がついた奇怪な巨像が立っているので、否が応でも目立っているのです。建屋は昔の学校風で、入る前から怪しげな雰囲気を醸しだしていて期待も高まります。

20160422ayasii1.JPG

 いよいよ入場してみれば、展示物の多さに圧倒されます。確かに怪しすぎて思わずニヤリとしてしまいます。まず目に入ってくるのはショーケースに並ぶ昭和ファッションをまとったマネキンの数々。その中に混ざって昔懐かしいおもちゃ、フィギュア、生活雑貨が所狭しに展示されています。例えば「野球板第1号、なめ猫、月光仮面、アイドルフィギュア、紙芝居、アイスキャンデー販売の自転車、ブラウン管テレビ、鯉のぼり、日本人形などなどなどなどなど」といったようなものです。

20160422ayasii2.JPG

 なにが何だか分からないと思いますが、特定のテーマや時代背景に沿ったかたちで展示されているのではありません。とにかく色々な物が多少のジャンル分けがあるだけで、良い意味で適当に陳列されています。あえて言えば「驚安の殿堂ドンキホーテ」をイメージしていただければ分かりやすい?かもしれません。その数の多さに、もはや「怪しい」を超え、摩訶不思議な空間に仕上がっています。

 2階にも展示スペースがあり、ファミコンをプレイできる場所の横にある螺旋階段を上ります。2階は、一応オカルト系のジャンルでまとめられているようで、なんと藁人形の打ち付けスポットがあります。来場者の思いが込められた藁人形が多数打ち付けられていました。もちろん、「藁人形と釘」はこちらの怪しい博物館で購入可能です。

 怪しい「少年少女博物館」は昭和の文化、特にサブカルチャー満載の博物館でした。私でも十分懐かしい感じがして相当楽しめたのですが、団塊の世代あたりの方たちがご覧になれば、胸が熱くなること間違いなしだと思います。かなりディープなスポットでしたが、私にはこの博物館の近くにもう一箇所気になる施設がありました。「まぼろし博覧会」。受付の方に訊ねてみるとやはり姉妹館のようで、さらにディープな感じに仕上がっているそうです。次回周辺を訪れた時は、是非立ち寄ってみたいと思います。



【怪しい「少年少女博物館」の情報】
所在地  静岡県伊東市富戸街道下1029-64
電 話  0557-51-8800
休館日  年中無休
開館時間 9:00~17:00まで (入館は16:30まで)
入館料金 大人1,000円 小・中学生600円
アクセス 伊豆急行「城ケ崎海岸駅」より徒歩10分


April 15, 2016

【新作】 クロード・モネ 《ヴェトゥイユのモネの庭》


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
 陽気が暖かくなってきましたね。先日は小雨がぱらついたり空模様はスッキリしませんでしたが、桜の満開の時期を迎え各方面賑わっているのではないでしょうか。小石川界隈はハナミズキが咲きだし、桜の花ばなの間からは青々とした葉が垣間見え、初夏の気配が感じられます。

 さて本日ご紹介する彩美版®は、今年没後90年を迎えたクロード・モネの名作「ヴェトゥイユのモネの庭」です。
 モネ一家が住む家を背景に青く澄んだ空の下、道を挟んでセーヌ川へと下る斜面に設けられた庭には、佇む子供たちの背丈をこえた向日葵が陽の光を浴び咲き誇っています。眩しい日差しが全て輝かせ、光の色彩を愛する画家の世界を感じられます。

 制作にあたり、三菱一号館美術館の高橋明也館長に、監修と解説を頂戴いたしました。





monet_Le_Jardin_de_Monet_a_Vetheuil500x400pix.jpg


彩美版®
クロード・モネ 《ヴェトゥイユのモネの庭》

限定 200部
価格 115,000円+税



<仕様体裁>
技法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り 
画寸 52.2×42㎝
額寸 65.4×55.2cm
重量 2.9kg
額縁 木製デコレーション金箔額
原画 ワシントン・ナショナル・ギャラリー(National Gallery of Art, Washington D.C.)所蔵
監修・解説 高橋明也(三菱一号館美術館館長)
発行 共同印刷株式会社




 こちらもモネの代表作として世界的に名高い傑作です。
 モネの「睡蓮」連作大装飾画は第一次世界大戦の終結を記念し、フランス国家に寄贈された記念碑的な作品であり、平和を象徴する歴史的価値ある大作です。収蔵先のオランジュリー美術館は「睡蓮」連作大装飾画のために創設された≪印象派の殿堂≫と呼ばれています。
 《睡蓮、水のエチュード-雲》は、睡蓮と朝焼けの水面に映える雲の情景が、微妙なニュアンスに富む青、緑、紫、白、赤などが入り交る、モネならではの彩りの世界で描かれた作品です。本作品は第一室に飾られた「雲」の全画面より作品のハイライト部を、フランス国立美術館連合・グランパレ(RMN‐GP)の画像協力を得て、当社が誇る彩美版の技法にて再現いたしました。気品あるデコレーション金箔額(国産ハンドメイド仕上げ)に収め、200部限定でご用意しております。モネが愛したジヴェルニーの風景を、是非お手元でお楽しみください。

monet_nympheas_nuages600pix.jpg
Photo ⓒ RMN-Grand Palais (musée de l'Orangerie) / Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom


彩美版®
クロード・モネ 《睡蓮、水のエチュード-雲》
限定 200部
価格 128,000円+税



<仕様体裁>
技法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り
画寸 28.3×91㎝
額寸 38.2×100.8cm
重量 3.3kg
額縁 特製木製デコレーション金箔額
原画 オランジュリー美術館(Musée de l'Orangerie)所蔵
監修・解説 千足 伸行(成城大学名誉教授/広島県立美術館長)
発行 共同印刷株式会社




【今日の谷根千】

◇文京区立森鴎外記念館
特別展
「私がわたしであること ―森家の女性たち 喜美子、志げ、茉莉、杏奴―」

会期:2016年4月9日(土)~6月26日(日)
※会期中の休館日:5月24日(火)
開館時間:10時~18時(最終入館17時半)
※6月の金曜日は20時まで開館(最終入館19時半)
観覧料:一般500円(20名以上の団体:400円)
※中学生以下、障がい者手帳ご提示の方と同伴者1名まで無料

文京区立森鴎外記念館
東京都文京区千駄木1-23-4
電話 03-3824-5511


◇根津神社
文京つつじ祭り
第47回 平成28年4月9日(土)~5月5日(木)
境内にある約2,000坪のつつじ苑には約100種3,000株のツツジが咲き誇り、甘酒茶屋、植木市、露店等もたくさん並びます。


根津神社
〒113-0031東京都文京区根津1-28-9
tel 03-3822-0753(9:00~17:00)

April 8, 2016

満開の桜と四季の花々~小石川植物園より~


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。
 春麗らかに、弊社近隣の桜並木(播磨坂)では今年も「文京区さくらまつり」が開催され、多くの人で賑わっています。実は、文京区小石川の弊社近隣にはもう一つ大きな自然公園があることはご存知でしょうか。今回は『小石川植物園』をご紹介いたします。

20160408syokubutsuen1.JPG


 通称『小石川植物園』と呼ばれ親しまれているこの施設は、正式名称を『東京大学大学院理学系研究科付属植物園』、すなわち東京大学が植物学に関する様々な研究・教育を行っている教育学習施設です。この植物園は日本で最も古い植物園であるだけでなく、世界でも有数の歴史を持つ植物園のひとつです。

20160408syokubutsuen2.JPG


 面積は161,588㎡(48,880坪)で、台地、傾斜地、低地、泉水地などの地形を利用して様々な植物が配置されており、植物標本は約70万点、また植物学関連図書は約2万冊あり、内外から多くの植物研究者に活用されています。

20160408syokubutsuen3.JPG


 6年ほど前(2010年7月)、"世界最大の花"を咲かせるというサトイモ科の植物「ショクダイオオコンニャク」が開花したことも話題となりました。直径約1メートル×高さ1.5メートルのその花は子供が両手で抱えきれないほどの大きさで、インドネシア・スマトラ島で絶滅危惧種に指定されているほど貴重な植物。1993年に種をまいて17年目に開花するという素晴らしい成果が印象に残っています。

20160408syokubutsuen4.JPG


 長い歴史を物語る数多くの由緒ある植物たち。美しい四季の移ろいを感じ取ることができる小石川植物園へぜひ足をお運びください。



【小石川植物園

約320年前の貞享元年(1684年)に徳川幕府が設けた「小石川御薬園(こいしかわおやくえん)」がこの植物園の遠い前身で、明治10年、東京大学が設立された直後に付属植物園となり一般にも公開されてきました。

住 所  東京都文京区白山3丁目7番1号
開 園  10:30~16:30(入園は16:00まで)
料 金   一般:400円、小中学生:130円、その他、団体割引有。
休 園  年末年始、月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)   
交 通  都営三田線「白山駅」より徒歩約7分
     東京メトロ南北線「本駒込駅」より徒歩約13分
     東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」より徒歩約15分


March 25, 2016

安田靫彦展(東京国立近代美術館)

 
 20160325sakuramatsuri.jpg いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。春本番を迎え、東京ではいよいよ桜も芽吹き始めました。今年は各地で平年より早く桜が開花しているとのことですが、皆さまのお住まいの地ではいかがでしょうか。

 共同印刷とは目と鼻の先の桜の名所、文京区播磨坂の桜も来週には満開の時期を迎えます。普段はひと気の少ない閑静な並木道も、この時期には多くの方が桜見物にいらっしゃいます。坂道に点在する素敵なレストランで美味しい食事を召し上がり、春の行楽を満喫なさるのはいかがですか。都内有数の名勝・小石川植物園もすぐ傍です。お近くまでいらした時はぜひ足をお運び下さい。最寄駅は丸の内線の茗荷谷駅です。





20160325yukihiko_ex.jpg さて、東京・竹橋の東京国立近代美術館では23日より日本画家、安田靫彦(1884-1978)の回顧展が開催されております。靫彦は歴史画家の第一人者として、近代日本画の興隆と発展に重要な足跡を残しました。その偉大な功績を称え昭和48年(1973年)には文化勲章を受章、東京藝術大学教授や日本美術院理事長の要職を務め、良寛の研究者としても活躍しました。

 明るく澄んだ色彩と簡潔な構図、巧緻な鉄描線はまさに名人芸。時代考証も綿密なその作品は、主題となった歴史人物への共感に溢れています。展示の六曲屏風『黄瀬川の陣』(重要文化財)や名作『飛鳥の春の額田王』を実際この目にし、今回特に深い感銘を受けました。

 100点を超える画家の代表作が揃う本展覧会は、靫彦芸術の真髄に触れる絶好の機会です。東京展のみの開催となるこの貴重な展覧会に、皆さまもぜひ足をお運び下さい。



【安田靫彦展について】

会場 東京国立近代美術館
会期 3月23日(水)より5月15日(日)まで (月曜休館、3/28・4/4・5/2は開館)
時間 10:00~17:00 (金曜日は20時まで)




 当社では、上記「安田靫彦展」に出品の《梅花定窯瓶》と《花の酔》を含む靫彦作品の彩美版®をお取扱いしております。全て令息安田建一氏が監修されました。カタログを用意しておりますので、ご興味のあるお客さまはどうぞご遠慮なくお申し付け下さい。


yukihiko_baikateiyouhei_F32400pix.jpg


安田靫彦 《梅花定窯瓶 ばいかていようへい
軸装・額装
販売価格 (各) 本体120,000円+税

<仕様体裁>
原画 豊田市美術館所蔵 ※「安田靫彦展」に出品(展示期間3/23~4/17)
監修 安田建一
解説 豊田市美術館
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
限定 300部
用紙 特漉和紙
画寸 天地46.0×左右39.0センチ
軸寸 天地140.0×左右58.7㎝
額寸 天地64.2×左右57.5㎝
発行 共同印刷株式会社




yukihiko_hananoyoi32400pix.jpg


安田靫彦 《花の酔》
軸装
販売価格 本体150,000円+税

<仕様体裁>
原画 宮城県美術館所蔵 ※「安田靫彦展」に出品(展示期間3/23~4/17)
監修 安田建一
解説 庄司淳一(宮城県美術館学芸員)
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
限定 200部
用紙 代用絹本
画寸 天地80.0×左右32.0㎝
軸寸 天地173.0×左右49.0㎝
発行 共同印刷株式会社




yukihiko_syobu_F32400pix.jpg


安田靫彦 《菖蒲》
軸装・額装
販売価格 (各) 本体120,000円+税

<仕様体裁>
原画 古川美術館所蔵
監修 安田建一
解説 草薙奈津子(平塚市美術館館長)
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
限定 300部
用紙 特漉和紙
画寸 天地39.6×左右52.6㎝
軸寸 天地133.0×左右69.5㎝
額寸 天地60.2×左右73.3㎝
発行 共同印刷株式会社


※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。

March 18, 2016

女子力UP!の展覧会「PARISオートクチュール展」


 こんにちは。今週は三菱一号館美術館で開催中の「PARISオートクチュール展」に行ってまいりました。

20160318entrance.jpg
三菱一号館美術館入口


 「オート・クチュール」とは19世紀のパリで誕生した、顧客の注文に合わせてデザイナー主導で仕立てる高級服のことです。展覧会では、時代の変遷に合わせてシャネル、ディオール、バレンシアガ、ゴルチエ等、誰もが一度は耳にしたことのある高級メゾンのデザイナーによる芸術ともいうべき素晴らしい手仕事の数々を見ることができます。

20160318sketch.jpg
スケッチ


 様々な素材を使用し、複雑で、時に究極にシンプルに仕立てられたドレスや洋服の作品群や、クチュリエたちの手を写した写真などから、デザイナーの溢れ出る感性と、時に鋭く訴えかけてくるものを感じることができた展覧会でした。

20160318Jean-PaulGAULTIER.jpg
ゴルチエ

20160318chanel.jpg
シャネル


 来場者はほぼ100%女性。国籍問わず多数の来場者で賑わっており、年配の方から若い女性までみなさん、華やかなドレスにため息をついたり、自分が若かりし頃の時代の流行を思い起こして同行者とお話したり、凝ったドレスに目をこらしたりながら、作品に見入っている様子が印象的でした。

20180318courtyard.jpg
美術館中庭


 出口の特設ショップにいたるまで、老いも若きも女子の心をグッとつかむファッションの世界に連れて行ってくれる展覧会です。もちろん男性の方々もぜひ。三菱一号館美術館のある丸の内界隈はファッションに感度の高いお店が揃う街でもあるので、展覧会帰りにショッピングも楽しいかもしれませんね。



【PARIS オートクチュール ―世界に一つだけの服】

 会 場  三菱一号館美術館
      東京都千代田区丸の内2-6-2
      電話 03-5777-8600

 会 期  2016年3月4日(金)から5月22日(日)まで

 休 館  月曜 但し、祝日及び5月2日、5月16日は開館

 開館時間 10:00~18:00 祝日を除く金曜及び会期最終週の平日は20時まで
      ※入館は閉館30分前まで

 入場料(当日券) 一般1,700円、高校・大学生1,000円、小・中学生500円
      ※3月15日~31日学生無料ウィーク


March 11, 2016

In My Town・・・ポエジーな休日


 旅気分で足を伸ばして美術館やギャラリーを訪れるのも楽しいですが、ごく身近な場所を見渡してみると、ほんのりアートの薫りに出会えるスポットがあります。休日にさいたま市の自宅近辺で目にしたそんな場所を紹介します。

 JR武蔵浦和駅西口近く、子供が通っていた小学校のすぐそばにあるお店、器ギャラリーハセガワ。小ぶりな店構えですが、気づいてみると洒落たセンスにあふれたお店で、小さな吊り看板やOPENを示す手作りディスプレイは味わい深いものがあります。外からは大きなウインドウ越しに、格子状の棚に置かれたやきものの商品が見られ、どれも愛らしくオリジナリティある作品。お雛様の陶器の置物もありました。お店の中も形や色、デザインが個性的ながら使い易そうなやきものが品よく並んでいます。ひとつひとつ手作りでできた陶器は当然全く同じものは2つなく、商品というより作品と呼べるものです。

20160311utsuwa_g_hasegawa.jpg

 ショップを営むのは長谷川正治さん、松浦唱子さんでお二人とも通常は千葉の富津市で陶芸家として活躍されています。お二人以外にも全国各地の作家さんの作品が置かれていますが、もともとは常滑のセラミックアートスクールで陶芸を一緒に学んだ方たちで、その後各地に移ったものの、やきもの市などで交流を続け、陶器を仕入れているそうです。

20160311utsuwa_g_hasegawa2.jpg

 お店には、なかなかこうは描けない脱力系のオリジナルイラストポストカードも置いています。無垢の力ともいうべき示唆に富んだ作品群は、やきものの無心の様相にマッチすると感じました。何気なく通り過ぎる道に、趣深い作品世界の広がる場所がある。そんな印象を受けました。



 もう一つですが、JR中浦和駅東側にある、以前は毎週のように訪れた別所沼公園。子供が成長してからは、何年も行っていませんでしたが、ここにもアートスポットがあります。彫刻家 中野四郎の作品「掛けた女」や、メキシコ州から贈られた「風の神の像(エヘーカトル・ケッツアルコアトル)」などもですが、はずせないのは2004年に園内に建てられた「ヒアシンスハウス(風信子荘)」という小さな家。詩人・建築家の立原道造(大正3年~昭和14年)が24歳で夭折する1年前に構想した別荘です。道造は東大建築学科で学び、在学中に辰野賞(奨励賞)を3度も受賞。同時に詩歌においても少年時代から才能を示し、著名な作家たちが名を連ねる「四季」同人となって活躍、第1回中原中也賞を受賞しました。そんな彼の未完の夢がこの小さな空間であり、没後65年後に、地元の建築家、文芸家たちの協力で、道造の遺したスケッチをもとに作り上げられました。

20160311Hyacinthus_haus.jpg

 河津桜が少しだけ咲く日曜の午後、人々が思い思い寛ぐ穏やかな公園の空気の中にその家は溶け込んでいました。大きな窓から、沼と、河津桜も見えます。緑豊かな季節なら木々の爽やかな息遣いが感じられたでしょう。据え付けの机や椅子もベッドも彼のスケッチを忠実に再現しています。木の温もりの中に、そよ風が渡る自然を感じる家。道造はこんな心地よい秘密めかした空間を望んでいたのかと深い共感を覚えました。この家は芸術・文化の催しにも活用されているようです。過去の詩人の想いが何十年もの時を超えて人々に継承され実現する、その情熱の結集力に感動を覚えました。

 すぐそばにある見知った場所も、気づかないうちに変化し、アートに根ざした憩いの場として存在感を増していた・・・時を想い、感慨にふける日でした。

20160311Hyacinthus_haus2.jpg




■器ギャラリーハセガワ
 さいたま市南区沼影1-5-20  TEL 048-837-0639
 営業日 木・金・土  (イベント開催時は変更の場合有り)
 営業時間 13時~18時 (不定休)


■ヒアシンスハウス
 さいたま市南区別所沼公園内  
 開室日 水・土・日・祝(年末年始は休室)
 開室時間 10時~15時

March 8, 2016

小川芋銭と牛久の河童たち


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。先日、牛久市ゆかりの日本画家、小川芋銭(うせん)の記念館「雲魚亭」に行って参りました。


20160226ungyotei.JPG

 近くには河童伝説で有名な牛久沼があります。牛久沼の由来は諸説あるようですが、金竜寺に「怠け者の小僧が牛になってしまい、沼に身投げをした。そこから<牛を沼が食った><牛食う沼>と変わり、その沼が牛久沼と呼ばれるようになった」という言い伝えがあります。沼には昔から河童が住んでいるといわれており、周辺には河童にまつわる伝説がいくつも残っています。

 そして、牛久沼を愛し、そのほとりで農業を営みながら画業を続けていたのが、日本美術院同人として活躍した小川芋銭です。画号の「芋銭」は、自分の絵が芋を買う銭になれば、という思いによるとのことです。元来牛久藩大目付の長男として生まれた芋銭は、周りの人たちから学者として尊敬されるほど、豊かな教養を備えていました。農村の風物や水辺の生き物を好んで描いており、特に河童を多く描いたことから「河童の芋銭」と親しまれています。「雲魚亭」は晩年に建てられた、居宅兼画室です。ここに移り数か月後、芋銭は病に倒れ亡くなりました。現在は小川芋銭記念館として芋銭の作品や遺品を一般公開しています。少し歩けば、芋銭のお墓のあるお寺「得月院」があります。小川家の墓の中でもひと回り大きな墓石なので、すぐに分かります。


20160206kappa.JPG

 牛久市は河童を観光、地域作りのテーマとして掲げており街全体が河童で溢れています。「雲魚亭」がある側の牛久駅西口の別名は「河童口」となっています。駅前のバス停留所には河童のキャラクターが描かれているバスが停まっていました。下を向けば、マンホールに河童、橋の上に河童の像、かっぱ松、そして芋銭を敬慕する人たちによって建てられた河童の碑。街を散策すれば、まだまだ河童が見つかりそうです。牛久沼まで足を延ばせば、本物に出会えるかもしれませんね。



【牛久市小川芋銭記念館 雲魚亭】
開館日 屋内公開は土曜日、日曜日、休日
平日は、屋外見学のみ
開館時間 9:00~17:00(4月1日~9月30日)
     9:00~16:00(10月1日~3月31日)
休館日 毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)及び12月28日~1月4日


March 4, 2016

童画に込めた巨匠達の想いと、東京都板橋区赤塚を散策した事について


 東京をほぼ南北に走る都営地下鉄三田線は地下鉄といいながら、志村坂上駅より北上すると地上に出て高架線を走り、終点の西高島平駅に着く。よって地下鉄の車両はどこから入れるのだろう?と考え込まなくても良い。この辺りは昭和40年代に建てられたマンモス団地「高島平団地」で知られている。団地の総戸数は1万を越えるという。

 さて西高島平駅から南西方向に十数分歩くと「板橋区立美術館」がある。美術館は赤塚城本丸跡の公園内にあり、訪れた時は紅白の梅の花が咲き始めていた。こちらでは3月27日まで「描かれた大正モダン・キッズ 婦人之友社『子供之友』原画展」が開催されている。「子供之友」は幼児から小学生向けの生活教育雑誌として「婦人之友」の創業者、羽二とも子、吉一が1914年(大正3年)に創刊し、1943年(昭和18年)の休刊までの30年間発行された。本誌は創刊より絵画主任を務めた北澤楽天や、竹久夢二、武井武雄、村山知義などの第一線の芸術家達の作品を発表し続けた、芸術性の高い雑誌である。展示は作家ごとにまとめられており、貴重な原画が展示されている。いわゆる絵画作品とは違い、印刷原稿として描き起こされたものなので、絵の回りには引き出し線で「色は思ひきつて 鮮やかに」などの指定が残っている。こういう肉筆の指示を見ると版下原稿入稿世代の印刷マンとしては懐かしくてじんと来る。

20160304itabashi_art_museum.jpg
梅の花咲く美術館入り口

 挿絵のスタイルの変遷も芸術表現の移り変わりと重なっており、創刊始めの北澤楽天の描いたサンタクロースは正しく白ひげの仙人のようで恐ろしいが、竹久夢二の作品は夢二調の細やかで繊細な線と淡い色彩で、はかなげである。時代は下って、ベルリン留学を経て当時の前衛芸術活動をリードした村山知義はシンプルな線と面で構成されたモダンな表現をしている。「童画」という言葉を創出した武井武雄は、東京美術学校(現東京芸術大学)を出た後、自活するための仕事として雑誌の挿絵制作を始めたが、彼の作品は均一の太さの線で、木や葉を装飾的に描いている。本展示作品の私のお気に入りは、村山知義の「リボンときつねとごむまりと月」である。シルクハットを被りタキシードを着た三日月と、リボンとごむまりの三人がステーキを食べているテーブルの奥に、きつねの一行がお土産を持って遠ざかっているという何ともかわいく、シュールで稲垣足穂と宮沢賢治を混ぜたような大正モダニズムアートである。その他、岡鹿之助や安井曾太郎が自らの絵の解説を書いていたり、マティスの作品を掲載したりと、「子供之友」は子供向けとは思えないほどの本物の芸術志向であった。

 なお、「板橋区立美術館」の男子トイレにはマルセル・デュシャンの「泉」がある。といってもそれは中国人アーティストの牛波氏の「泉水」という作品で、かつてデュシャンが既製品の便器をそのまま美術品として提示したが、それをまたもとの使用できる便器として再提示した作品である。この作品は壁に付いた鏡により真上からそのフォルムを見る事が出来る(用を足しながらも見られる...)。

 さて美術館を出て東武東上線の下赤塚方面へ続く「東京大仏通り」をしばらく行って脇道に入ると乗蓮寺というお寺に出る。徳川家康より10石の朱印地を拝領したという由緒あるこのお寺には正しく「東京大仏」という高さ13m、重さ32トンの青銅で出来た巨大な大仏(阿弥陀如来)が建立されている。全体的につやつやと黒光りして、シャープな身体の線のスマートな大仏様である。境内には他にも「旧藤堂家染井屋敷石造物」という不思議な石造が配置されている。これら天邪鬼石造、婆々石造、大黒石造などの姿からは、歴史と信仰を感じさせてくれる。

20160304daibutsu.jpg
青空とスマートな大仏様

 お寺を出て、更に脇道を進んだ二股の付け根に「板橋区立赤塚植物園」がある。入園はただのようなので入ってみる。広さは約1ヘクタールと、それほど大きくはないが、起伏のある丘陵地をうまく生かした造りになっている。この植物園に入ってまず目を引くのは白い樹皮が美しい「ユーカリ」の巨木である。その高さは管理舎の屋根を遥かに越える。「ユーカリ」がこんなにも大きくなるとは知らなかった。今の季節園内では「フクジュソウ」や「スノードロップ」が咲いている。「フクジュソウ」が群生して黄色い花を咲かせている可憐な姿に春の訪れを感じた一日であった。




 今回は童画の展覧会を訪れたが、童画といえば東山魁夷も「コドモノクニ」などの雑誌に童画を描いていた時期がありました。日本画の巨匠として崇高な自然風景の作品を数多く描いた東山魁夷ですが、心温まり童心のある作品も描いています。この度ご紹介する「金太郎」も正しくそのような作品です。大きな熊にまたがり、斧を持った小さな金太郎。でもその表情は口元も眉もきりっとして、しっかりとした眼差しを向けています。彩美版®プレミアムの美しい額装は、和室にも洋室にもマッチします。絵画としての美しさばかりでなく、お子様の健やかなご成長を願ってお部屋にお飾りください。


東山魁夷 マスターピース コレクション™
東山魁夷 《金太郎》
販売価格 180,000円+税


kaii_kintarou2016_350x350.jpg


<仕様体裁>
限定: 500部
技法: 彩美版®プレミアム
証明: 著作権者承認印、限定番号入り証書を額裏に貼付け
額装: 特注木製額ハンドメイド浮き出し加工
画寸: 33.3×30.0cm
額寸: 48.5×45.0×4.0cm
重量: 約2.6kg
発行: 共同印刷株式会社

February 19, 2016

春一番


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
 立春を迎え路地の水仙や梅の花が目に留まり春の気配を感じますが、まだまだ寒さが厳しく厚手のコートや手袋が手放せません。その寒さから一変、先週末東京都心は3月~5月中旬並みの陽気となり春一番の観測がされました。急な陽気の変化に驚かされますが、体調を崩さないよう皆様ご自愛くださいませ。

 そんな春の陽気に誘われ、荒川の土手沿いから散策し西新井大師へ行って参りました。境内には梅が見ごろを迎え、都内ではめずらしい寒桜が咲き誇っていました。頬にうける風はまだヒンヤリと冷たいですが、春の訪れを感じました。


【西新井大師】
〒123-0841 東京都足立区西新井1丁目15-1
03-3890-2345(代)受付・電話対応時間 9:00~16:30


20160219nishiarai_daishi.jpg


 さて今回は、当社「彩美版®」から春の訪れを感じさせる作品3点をご紹介いたします。お求め、お問い合わせは、こちらの当社代理店までどうぞ!


seison_kouhakubai(F)_300x350.jpg

前田青邨 《 紅白梅 》
販売価格(額・軸) 各190,000円+税



 淡く下地に金泥を刷いた画面に、琳派に由来する垂らし込みの技法で、華やかな紅白梅が描かれています。リズミカルにデザイン化された幹と枝は、光琳の紅白梅図屏風を連想させます。よく観ると濃い紅色、淡い紅色、白色と異なる色の花を咲かせた三本の樹々が、あたかも家族のように互いを抱きあいながら、複雑に絡み上方へと伸びています。香り高い梅の花が一面に咲きこぼれ、上品で華やかな青邨独特の画面をつくりあげています。



<仕様体裁>
■基本情報
監修: 平山郁夫
原画: 公益財団法人石橋財団 石橋美術館 所蔵
解説: 石橋美術館
技法: 彩美版(R)・シルクスクリーン
用紙: 和紙
限定: 300部
証明: 著作権者承認印入り奥付及び所蔵者承認印入り証紙を貼付
■額装仕様
画寸: 天地43.9×左右60.3cm
額寸: 天地65.5×左右81.9cm
重量: 約5.8kg
額縁: 木製金泥仕上げ特製額(ハンドメイド、国産)
※この作品は掛軸もございます。



yukihiko_baikateiyouhei_F32400pix.jpg


安田靫彦 《 梅花定窯瓶(ばいかていようへい) 》
販売価格(額・軸) 各120,000円 +税



 赤い壁を背景に置かれた白い壺に、紅白の梅の枝が活けられています。
 梅は靫彦が最も愛した花と言われます。壺(瓶)は中国・宋時代を代表する定窯の白磁です。あたたか味のある乳白色の釉に特徴があります。
 色彩、構図とも一見さりげない感じながら緻密に計算されており、明快で絶妙な調和をもたらしています。気品高く深い精神性を感じる靫彦芸術が、この一作に凝縮されています。



<仕様体裁>
■基本情報
監修: 安田建一
原画: 豊田市美術館 所蔵
解説: 豊田市美術館
技法: 彩美版®・シルクスクリーン
用紙: 和紙
限定: 300部
証明: 著作権者承認印入り奥付を貼付
■額装仕様
額縁: 木製白茶仕上げ特製額(ハンドメイド、国産)
画寸: 天地45.3cm×左右38.6cm(8号)
額寸: 天地64.2cm×左右57.5cm
重量: 約3.7kg
※この作品は掛軸もございます。




yuki_ume_400pix.jpg

小倉遊亀 《 梅 》
販売価格 190,000円 +税

※この作品は額装仕様のみです。


 金箔を背景に鮮やかな絵付け文様の古壺に紅白の梅の枝が活けられています。華麗な色彩で構成された小倉画伯独特の画風が眼に鮮やかです。画中から春を告げる芳しい香りが漂ってくるかのようです。
 壺は(古赤絵酒次)は小倉画伯が愛蔵した磁器で、中国・明代に景徳鎮の窯で製作されたものです。上絵付けの技法で赤を主体に緑や黄色で華やかな模様が描かれており、わが国では「古赤絵」と呼ばれています。



<仕様体裁>
■基本情報
監修: 有限会社 鉄樹
解説: 谷岡 清(美術評論家)
技法: 彩美版®・シルクスクリーン、本金箔使用
用紙: 版画用紙(かきた)
限定: 200部
証明: 著作権者承認印を画面左下部と奥付に押印
■額装仕様
額縁: 木製金泥仕上げ特製額(ハンドメイド、国産)
画寸: 天地41.0cm×左右28.5cm(6号)
額寸: 天地59.0cm×左右46.5cm
重量: 約2.4kg


※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。


February 12, 2016

日本の中心、日本橋(にほんばし)


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。今回のテーマは「日本橋」です。


20160212nihonbashi2.JPG

 「日本橋(にほんばし)」は、東京都中央区に流れる「日本橋川」に架かる石造りの橋で、この地域の地名でもあります。江戸時代から「五街道(東海道、日光街道、奥州街道、中山道、甲州街道)」の起点として、郵便や銀行の発祥の地として、世界屈指の繁華街として日本の中心を担ってきました。


20160212nihonbashi_kirin.JPG

 橋中央部の青銅製の街路灯には、幻獣「麒麟(きりん)」が鎮座しています。「麒麟」は神話に現れる伝説上の四霊獣(「応龍」「麒麟」「鳳凰」「霊亀」)のひとつ。平和を象徴する四霊獣の中でも【信義】を意味することから「日本橋」にふさわしいモチーフとして選ばれたとされています。厳つい顔なのに実はとても心の優しい生き物であるとされる麒麟。凛として、まるで東京の守護神のような出で立ちが印象的です。一方で、橋の両端にある「獅子像」は、奈良県の手向山八幡宮にある狛犬などを参考にして製作されたそうです。


20160212nihonbashi_descriptionplate.JPG

 橋の寿命は1,000年と言われていますが、震災や空襲などにより幾度となく架け替えを余儀なくされ、現在の橋は19代目、明治44年(1911年)に開橋したものです。平成11年(1999年)には国の重要文化財(建造物)にも指定されました。しかし、高度成長期、昭和39年(1964年)の東京オリンピックの開催にあわせて首都高速道路が作られたことで、街のシンボルである「日本橋」の上空が覆われたままになっており、都市景観の在り方を含めた多くの議論を抱えているという実情もあるようです。

 そんな中、平成16年(2004年)、旧東急日本橋店の跡地に新しい商業施設「COREDO日本橋(日本橋一丁目ビルディング)」がオープン。また都内の川を結ぶ"水の道"プロジェクトとして平成23年(2011年)にはかつての舟運都市を彷彿とさせる「船着場」が完成しました。近い将来、日本橋はかつての景観と賑わいを取り戻し、昔から引き継がれる「伝統」と、新しい魅力で未来を切り開く「革新」が共存する街として、世界中から多くの人々が訪れる街になることでしょう。

 2020年の東京オリンピックへ向け、名実ともに世界への懸け橋になることを望みます。

January 29, 2016

兵庫県立美術館「ジョルジョ・モランディ」展


 いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。寒波の影響で日本全国がこの冬一番の寒さを迎えました。皆さまも健康には十分ご留意下さい。

20160128Entrance.jpg
 さて私は先日、関西出張の折、神戸の兵庫県立美術館まで足を延ばし「ジョルジョ・モランディ-終わりなき変奏-」展に行って参りました。一部で「幻の美術展」と呼ばれるこの展覧会は、2011年の震災の影響で取り止めになっていたもので、わが国では17年振りとなる待望のレトロスペクティブ(回顧展)です。

20160128Spiral_staircase.JPG
 ジョルジョ・モランディ(1890-1964)は20世紀イタリアを代表する静物画の画家として知られます。自然を円筒・円柱・球によって扱うと語ったセザンヌを師と仰ぎ、何の変哲もない壜や容器、花瓶といった日常的なモチーフを繰り返し描き、フォルムの探求を続けました。モランディの絵画世界では机上の器の配置、距離と奥行、光の濃淡、色彩と陰影が微細かつ精妙に変化します。幾何学的立体のヴァリーエーション(変奏)による、形態と色彩の差異の現前こそがモランディ芸術の核心といえましょう。

20160129Corridor.jpg
 本展覧会は画家の故郷ボローニャにあるモランディ美術館の協力のもと、イタリアと日本の美術館、個人コレクションから約100点の魅惑の作品が展示されております。映画好きの私は、図らずも小津安二郎(1903-1963)が同じテーマ、同じキャストで撮り続けた相似形の構図をも想起し(「晩春」、「東京物語」etc.)、偉大なる芸術の共時性に心が震えました。構図を探求することで、孤独に自己の芸術を追い求めた二人の巨匠は、今でも多くの人を惹きつけてやみません。

20160128Blue_sky.JPG
 今回、私が兵庫県立美術館を訪れたもうひとつの理由は、敬愛する安藤忠雄氏が設計した代表的な建築物であるということ。館内には安忠特有の通路が張り巡らされ、綿密に計算されたその動線を辿ると、普段は滅多に気付くことのない、建物の空間の間、光、空気が判然と知覚されます。一旦外に出で海側の通路に出れば、展示棟とギャラリー棟の2棟が隣接のなぎさ公園と精妙に一体化する様も体感でき、やはり来て良かったという深い満足感を得ました。モランディと安藤忠雄の稀有なる出会いに、至福のひと時を過ごすことが出来ました。


 本展覧会はこの後、東京と岩手に巡回します(下記情報をご覧下さい)。2016年注目の展覧会に、皆さまもぜひ足をお運び下さい。



「ジョルジョ・モランディ-終わりなき変奏-」展

会場 兵庫県立美術館
会期 2016年2月14日(日)まで
休館 月曜日
時間 10:30~18:00 金曜・土曜は20時まで

※巡回スケジュール
2月20日-4月10日 東京ステーション・ギャラリー
4月16日-6月5日 岩手県立美術館


January 22, 2016

春を待つ鎌倉へ


 こんにちは。東京は積雪で始まった一週間となりました。

 きりりと寒い日が続く中、今週は鎌倉へ行ってまいりました。快晴の日とはいえ1月の寒い平日、鎌倉大仏も改修中で布を被っているそうですが、駅周辺には大勢の観光客がいました。今回私が訪問した瑞泉寺は、鶴岡八幡宮の東、中心部の喧騒を離れ鎌倉宮より徒歩13分ほど行ったところにあるとても静かな寺院です。山門を通り、うっそうと木が茂る道を進んでいくと、小さな本殿と庭園のある境内に着きます。


20160122zuisenji.jpg
瑞泉寺境内


 瑞泉寺は、円覚寺開山の仏光国師(無学祖元)の孫弟子である夢窓国師が開山し、足利尊氏の四男で初代鎌倉公方の足利基氏以降、鎌倉公方足利家の菩提寺となった格式ある寺院です。仏殿背後にある庭園は、岩盤を彫刻的手法によって庭園とした「岩庭」とも呼ぶべき造りで、書院庭園のさきがけをなすものでもあり、現在鎌倉に残る鎌倉時代唯一の庭園だそうです。鎌倉石を大きく彫った洞(天女洞)はとても見応えがありました。


20160122tennyo_dou_cave.jpg
天女洞


 夢窓国師は優れた作庭家でもあったそうで、瑞泉寺のほかに、現在国の特別名勝・名勝に指定されている京の天竜寺、苔寺で知られる西芳寺、美濃の虎渓山永保寺なども夢窓国師が作ったお庭だそうです。とても季節感を感じる場所で、境内にはたくさんの種類の木が植えられており、いまは綺麗に刈り込まれた木々の合間に椿と南天の実の赤がよく映え、またところどころ小さく膨らむ黄梅のつぼみが印象的でした。


20160122Nandina_domestica.jpg
真っ赤な実をつけた南天


 寺院の入り口の門に掲示されていた句にも春を待つ心が感じられます。


20160122takahama_kyosi.jpg
高浜虚子の句「時ものを解決するや春を待つ」


 お寺に向かう道中、見上げると視線の先に梅の花がぽつぽつと咲いていて、ほんのりと良い香りが漂い、まだまだ寒い1月ではありますが少しだけ春の足音の聞こえる鎌倉でした。


20160122plum_tree.jpg
咲き始めた白梅の花

January 15, 2016

山猫の森から

 
20160115entrance_door.jpg 宮沢賢治の作品から店名を起用する例は多々あると思いますが、ここまで自然に作品と現実の印象がシンクロしてしまうことはあまりないのでは...。今回伺ったギャラリーの感想です。

 お正月が終わってすぐの連休初日、寒いながらも穏やかに晴れた気候にほだされ、思いついて越生まで車を走らせました。梅林が見られたら幸運と思いつつ、道に迷いながら辿り着いてみると、さすがにまだ早く、花の気配は全くありませんでした。

 越生梅林を通過する埼玉県道61号からあじさい街道へ入り山林の中の細道を上がっていくと、右手にロッジのような一軒家が見えてきます。門前には、猫のシルエットが乗る年季の入った金属とガラス玉のオブジェ風アーチがあり、「山猫軒」という文字が形作られていました。宮沢賢治の「注文の多い料理店」に登場する店の名前ですが、この場所にあるとまさしく幻想譚の世界そのもの。古びたたたずまいにやや気後れしながら、門を通り階段を上がると建物の扉も巨大な山猫の笑い顔でした。靴をスリッパに履き替えて入ってみると、そこはパンやお菓子、その他グッズが並ぶプチ賑やかなスペースで、外観とのギャップに一瞬異界に入り込んだ印象を受けます。

20160115yamanekoken.jpg 開けかけたガラス戸の奥の部屋に絵が掛かっているのが見えたので、入って行くと何点かの展示作品と共に岩田壮平画伯の、金地に赤い椿を描いた小品もありました。その右の部屋はグランドピアノといくつかのテーブル席が設置された広いメインホール。木材で組まれた高い天井には天窓から光が差し込んでいます。柱や壁にはさり気なく絵画作品が展示されています。さらに吹き抜けの正面のロフトは2階の空間となっており、こちらにも作品が並んでいました。こことつながる右側のロフトに多数のスピーカーが置かれ、静かな音楽が流れています。暖炉には火がくべられ、テーブルのお客さんも寛いだ感じで静かに飲食を楽しんでいます。私は古代米の野菜カレーとコーヒーを賞味した後、展示作品を鑑賞させていただきました。現在「倶楽部山猫絵画展」(越生での田植えを通して出会った日本画のグループ展)が開催されており、岩田画伯を含む総勢24人の作家さんの多様な作品が展示されています。いずれも、テーマ・作風ともに日本画という枠にとらわれていない若々しさが感じられるアート作品です。

20160115gallery_and_cafe.jpg 展示作品もさることながら、和と洋の要素を持ったレトロ感あるこの建物自体に強く興味がわき、オーナーの南さんに建物の来歴を伺ったところ、驚くべきことに、南さんご自身の手で平成元年に建てられたということでした。当時大きく紹介された建築雑誌2誌を見せていただきました。釘を1本も使わない伝統工法で、1,000本もの楔を作って組んでいるそうで、大変な手間暇がかかったとのこと。しかしそれはそれで充実した楽しい時間だったそうです。仲間の方たち40人ほどの協力をいただいて作り上げた家は、外装、内装に様々な人々の個性あるこだわりの意匠・造形が見られます。建物自体が複数の造形家のコラボレートによるアートといえるかもしれません。

20160115Second_floor.jpg ここにはもう1つ神秘的な場所がありました。亡き奥様の名のついた千代文庫です。農業、田舎暮らし、植物 他様々な蔵書とともに、宮沢賢治の手書き原稿の複製も置いています。隠し部屋のような造りの空間に、「~料理店」に登場する一番最後の部屋を連想しました。

 お土産に、入口付近にあったオーナーおすすめのカンパーニュ(田舎パン)を買って帰りました。帰り際、ハンモックのあるオープンテラスを見ると、暖かい時期に是非また来たいと思いました。


 
■ギャラリィ&カフェ 山猫軒

所 在 埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷町137-5
電 話 049-292-3981
営業時間 11時~19時
営業日 金、土 日 祝日のみオープン
企画展示 倶楽部山猫絵画展(2016年1月1日~2月28日)


January 8, 2016

桜と目黒川と個性的なお店の事

 あけましておめでとうございます。本年も美術趣味をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。読者の皆様には、良きごエン(猿)に恵まれ、災いがサル(猿)年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

 さて、本年の第一回目のブログは、少々早いようですが春にまつわる花の絵から始めたいと存じます。新年早々何を浮かれているのかとご叱責を賜るかもしれませんが「冬来たりなば春遠からじ」と申します通り、今の寒さの先には春の喜びが待っております。

 東京の南側に世田谷区、目黒区、品川区を流れ、東京湾に注ぐ目黒川があります。目黒川沿いには個性的でオシャレなお店が並び、若者のデートスポットとしても有名です。また中目黒駅周辺の川沿いにはソメイヨシノが植えられており、春になると桜祭りが開催されるなど多くの人でにぎわいます。人が多いところが苦手な私は、まだ閑散としている冬の間にこの川を訪れる事にしました。

 中目黒駅から歩いてほど近い場所に、「郷(さと)さくら美術館 東京」がございます。この美術館は桜を描いた作品の常設展示室を設けて「いつでも桜が見られる美術館」として多くの方に親しまれています。また外観がとてもユニークな建物で(2012年グッドデザイン賞受賞)、ぱっと見は真っ黒な箱の様にに見えますが、近寄って良く見ると外壁のパネル一枚一枚が桜をモチーフにした模様にくり貫かれています。こちらの美術館では特別展「中島千波の世界」※が開催されています。中島千波画伯といえば、「桜の千波」と評されているほど桜の絵の大家です。

 まず美術館に入って驚くのは、一階のフロアにぐるりと並べられた大画面の桜の屏風です。まばゆい金の明るさの「素桜神社の神代櫻」や2015年に完成させたばかりの「石部の櫻」などの四曲一隻の屏風が5点、堂々と展示され日本各地の桜の巨樹を居ながらにして鑑賞できる様は、まさに桜花爛漫、春到来なのであります。個人的には薄暗い背景に、ほのかに桜の花が輝いている「樹霊淡墨櫻」がとても好きです。作品の解説には千波画伯の言葉と、描かれた花についてわかり易く書かれており、より作品を知る事が出来て楽しめます。この展覧会では1〜3階のフロアごとにテーマが分けられ、「おもちゃ」シリーズや「人物」など、中島画伯の幅広い画業に触れる事が出来ます。各階へはエレベータで移動でき、外光の差し込む明るいトイレ、適度な展示スペースなど、とても居心地が良く鑑賞疲れもありません。郷さくら美術館は福島県郡山市にもあり、そちらの方が先に開館いたしました。そちらの美術館へも是非、訪れてみたいものです。

20160108sato_sakura_museum.jpg
郷さくら美術館のアーティスティックな黒い外壁


 さて絵画鑑賞の後は、目黒川沿いを散策する事にします。個性的なショップが並ぶこの界隈でも特に楽しいお店がColobockle(コロボックル)さん。昔ながらの一軒家を改装した店内には、絵本作家の立本倫子さんのハンドメイド感たっぷりの絵本や文具が並びます。立本さんが作り出す、不思議で楽しいキャラクターが描かれた品々はどれも欲しくて迷います。目黒川沿いを池尻方向へ進んで行くと、西郷山公園近くの川沿いに昨年の11月に開店したばかりのチョコレートショップ「green bean to bar chocolate」(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート)があります。ブルーの外壁にヨーロピアンな外装。ここはカカオ豆からチョコレートになるまでの全行程をお店に併設されたファクトリーで行っているこだわりのチョコレート専門店。カカオ豆と砂糖の2つの材料で作られるチョコレートバー。アニスの香りのガナッシュなどの各種ボンボンショコラ。マダガスカル産カカオ豆を材料にしたカカオティーといったちょっと変わったものも売っています。店内でチョコレートドリンクを飲む事も出来るので、散策に疲れたら一休みにももってこい。

20160108chocolate.jpg
カカオティーとボンボンショコラ



 最後にお勧めしたいのは、国道246の陸橋脇にある「一般財団法人 日本地図センター」。こちらのビルの1階には様々な地図が売っているので地図好きにはたまらない所である。私も以前「デジタル標高地形図 東京都区部」と「デジタル標高地形図用3Dメガネ(紙製103円税込)」を購入した事がある。帰宅したら早速、今日の行程を3Dメガネをかけて標高地図で見てみよう。西渋谷台地と目黒川との高低差約20mもの崖線がクキッリと浮かび上がってくる事であろう。

※ 郷さくら美術館 特別展「中島千波の世界」 開催中〜2月28日(日)まで。場所、休館日などは美術館の情報をご覧ください。



【中島千波画伯版画のご紹介】

当代随一の人気画家として知られる中島千波画伯が、京都・東山にある高台寺の桜樹を描いた作品です。
高台寺は豊臣秀吉の妻ねね(北政所)が秀吉の菩提を弔うために創建した名刹ですが、古くから桜の名所として知られています。独特の華やかで妖艶な世界をお楽しみください。




リトグラフ版画
中島千波 《春日和》
販売価格 320,000円+税


chinami_harubiyori400pix.jpg




<仕様体裁>
作者直筆サイン、落款印入り
限定:200部
技法:リトグラフ
用紙:ベランアルシュ
版・色数:32版32色
額縁:特製木製額金泥仕上げ・アクリル付き
画寸:41.0×53.0cm
額寸:64.0×75.5cm
重量:約3.8kg
発行:共同印刷株式会社

December 25, 2015

年の瀬の風物詩~上野アメ横


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。今年も残すところわずかとなってきました。皆様は年越しに向けての準備はいかがでしょうか。東京の年の瀬の風物詩と言えば、「アメ横」を思い浮かべる方は多いでしょう。何気に当社前のバス停から直通で、上野公園行きのバスに乗ればあっという間の所にあります。と言う訳で、私は年末の雰囲気を味わいにアメ横へ行って参りました。

 「アメ横」は戦後の闇市から始まった、長さ400mの商店街です。名称の由来として、当時から様々な物品が売られ、特に飴を売り捌く店が200軒以上あった。またアメリカ進駐軍の放出物資を売る店も多かったことから「アメヤ横丁」と呼ばれ、さらに「アメ横」と略称されることが多くなったと言われているそうです。


20151225ameyoko.JPG

 さて当日は入り口付近ではさほど混雑しておらず、拍子抜けしたのも束の間。奥に進むにつれて混雑具合が増し、生鮮売り場の並ぶたたき売りの声が飛び交う辺りは、かなり混雑していました。魚屋さんの威勢の良いダミ声を聞くと、アメ横にいることを実感します。そして今年は「爆買い」が流行語になるなど外国人観光客の買い物の様子がニュースになっていましたが、アメ横でも外国人の方々がたくさん買い物をしている姿が目につきました。また最近は中国韓国系のお店が増えて、よりアジア色が強くなったような気もします。


20151225ameyoko_marishiten.jpg

 買い物に夢中になっていると見落としがちですが、商店街の一角に「魔利支天 徳大寺」という 江戸時代から続いている歴史あるお寺があります。 活気ある商店街にいるとは思えないほど静かな場所です。ここのお寺は厄を除いて、運を開く守護神だそうです。買い物の合間のひと時、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。年末最後のお買い物はアメ横へ。活気ある雰囲気を楽しみに訪れてみて下さい。

 それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

December 18, 2015

【新作】 小倉遊亀《爛漫(らんまん)》のご案内


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。12月も半ばに入りそろそろ年末・年越しの季節になってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。外気がポカポカとして10月や11月の様な陽気で冬らしくない日が続きますが、それでも朝晩は冷え込むこの季節、体調を崩しがちになるかと思います。どうぞ皆様、体をご自愛くださいませ。


20151218ichou1.jpg

 弊社界隈に隣接する小石川植物園内は、この暖かい陽気のせいか色づいた草花が12月でも紅葉を満喫する事ができます。正門から鮮やかな黄色い葉が眩しいイチョウの木。並木道を抜けると紅く艶やかな葉を茂らせたメグスリノキの木が目に留まります。園内は紅葉を楽しんで散策している方も多く、散り積もった落ち葉を踏みながら楽しそうに歩いている親子もいて心和みます。

20151218momiji.jpg




20151218komiti.jpg 【小石川植物園のご案内】

正式名称 東京大学大学院理学系研究科付属植物園
     ※国指定名勝及び史跡
所在地  東京都文京区白山3丁目7番1号
電 話  03-3814-0138
FAX  03-3814-0139
入園料  大人(高校生以上)400円
小人(中学生、小学生)130円
開園期間 1月4日~12月28日
休園日  月曜(月曜が祝日の場合はその翌日
月曜から連休の場合は最後の祝日の翌日が休園日)
開園時間 午前9時~午後4時30分(但し入園は午後4時まで)
アクセス ・都営地下鉄三田線 白山駅下車 A1出口 徒歩約10分
     ・東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車 出入口1 徒歩約15分
     ・都営バス(上60)大塚駅~上野公園線 白山2丁目下車 徒歩約3分



 さて弊社ではこの度、小倉遊亀《爛漫(らんまん)》の彩美版®を販売開始いたします。この作品は、小倉遊亀の母校の奈良女子大学の講堂の緞帳原画として描かれたました。奈良女子大学の五階から見た若草山の山並みを背景に満開に咲き誇る巨木の桜が描かれ、左の上手に東大寺、右下手に興福寺の五重塔が見え、春の奈良の情景が伺えます。
画面いっぱいに咲きほこる桜は力強く、桜の華やかさと共に凛とした美しさと清さに溢れ画家の思いが込められています。その原画の持つ微妙なニュアンスや画家の筆遣いといった絵の鼓動を当社が誇る彩美版の技法にて再現いたしました。是非お手元でお楽しみください。

20151218ranman_450x300pix.jpg


彩美版®
小倉遊亀 《 爛漫 》

販売価格 200,000円+税
限定250部発行


<仕様体裁>
原 画 国立大学法人 奈良女子大学(京都国立近代美術館寄託)
監 修 有限会社 鉄樹
解 説 柳原正樹(京都国立近代美術館館長)
限 定 250部
技 法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り
用 紙 版画用紙(かきた)
額 縁 特注木製シルバー仕上げ、アクリル付き
証 明 著作権者承認印を奥付と画面左下部に押印
画 寸 天地28.4×左右68.0㎝(15号大)
額 寸 天地48.6×左右88.2㎝
重 量 4.3㎏
発 行 共同印刷株式会社

※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。


December 11, 2015

墨東の過去・現在・未来-永井荷風と藤牧義夫の視線


 「墨東」と呼ばれる隅田川の東側の地域、すなわち東京スカイツリーが聳える向島や本所・深川には江戸時代以来の運河がいく筋も流れ、そのこには大正末から昭和の初めにかけての震災復興事業で架けられたモダニズム様式による鋼鉄の橋が数多く残っています。

20151211sumidaandskytree.JPG 近未来的な超高層建築の代表とでも言うべき聳え立つ東京スカイツリーを背景として、下町が醸す江戸の残り香と鋼鉄の橋が映すモダン都市東京の残影が重なり合うこの地は、過去・現在・未来が溶け合った独特の風情を漂わせています。多くの芸術家がこの地に魅せられ、作品のモチーフとしました。

 例えば、東京小石川に生まれ育った「墨東奇譚」や「すみだ川」などの小説で知られる作家永井荷風(1879~1959)は、作品を通じて、失われゆく江戸の名残の欠片をひとつひとつ慈しむように拾い集めました。この地をモチーフにした随筆、「深川の散歩」、「元八まん」等では、新しい鋼鉄の橋が次々と架けられ、コンクリートの道路が作られるなど急速に江戸の風情を失いながらモダン都市へと変貌を遂げる東京を描きとどめました。当時五十代半ばであった荷風は、過去・現在・未来を重ね合わせ、その幻視を作品に描き留めた、過去へ向かう時の旅人だったのでしょう。

 一方、昭和初期の画壇に彗星のごとく現れ忽然と消えた天才的版画家、藤牧義夫(1911~1935失踪)もこの地に魅せられた芸術家の一人です。群馬県館林に生まれ育った藤牧は、十六歳で上京しデザイン会社に勤務する傍ら、表現主義的作風の版画作品で画壇に鮮烈な印象を与えました。1935年、弱冠二十四歳で失踪した彼の画業は四十年余り後、画廊「かんらん舎」の大谷芳久氏により再発掘されるまでほぼ忘れ去られていました。活動期間が極めて短いこともあり現存作品はわずかです。

20151211shirahige_bridge.JPG 私がその中で特に注目している作品が「絵巻隅田川」です。奇しくもこの作品は、荷風が随筆「深川の散歩」や「元八まん」を執筆したのと同じ昭和9年(1934)に描かれました。細い墨線による「白描」と呼ばれる技法を用い、白鬚橋から相生橋にかけての隅田川両岸の景色(注)を細部に至るまで克明に描写していますが、一見して見たままをただ写したように見えながら、映画の撮影技法にヒントを得たと思われる驚くべき奇想が隠されています。二十三歳の若き天才画家が胸に秘めた、情熱の火照りを今なお宿すこの絵巻は、一瞬にして私の魂を鷲掴みにしてしまいました。

20151211kiyosu_bridge.JPG 絵巻の冒頭に彼はこう記しています。

 「未来すみだ川 橋の発達によりて
 川の面は何十年後遂に覆はれ昔日のおもかげを
 偲ふ事不可能となるにや、余写生中
 この予感あり、幸いにいまだ橋少なし
 精出して写生を勉むべしとす
 昭和九年十月下旬考  義夫」


 隅田川両岸の景色が新たに架けられたモダンな橋梁により変貌を遂げたように、何十年後の未来は現在の景色を偲ぶことができないほど変化するであろうという予感を抱きつつ、写生に励んだという、制作中の藤牧の心境が書かれていますが、この絵巻を描くに至ったきっかけとなったのは、江戸時代の版画家、歌川豊春と葛飾北斎の作品であったことが指摘されています。

 藤牧もまた過去・現在・未来を重ね合わせた幻視を「絵巻隅田川」という作品に描き留めた時の旅人として、未来へ旅立ったのでしょうか。



(注)白鬚橋から三囲神社までを描いた完成作二巻と浜町公園から相生橋までを描いた試作とも言うべき一巻とに分かれ、前者は東京都現代美術館、後者は館林市立資料館に所蔵されている。


20151211sumida_river_shirahige.JPG


December 4, 2015

日本の商業デザインのパイオニア「杉浦非水・翠子展」のご紹介~白根記念 渋谷区郷土博物館・文学館より~


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。紅白歌合戦の出場歌手も発表され、いよいよ年末の気配が感じられてきました。その会場であるNHKホールをはじめ、渋谷には様々なスポットが数多く点在しています。今回のブログでは、渋谷の街の通史やゆかりの文学者に関する貴重な資料を展示している博物館、『白根記念 渋谷区郷土博物館・文学館』をご紹介いたします。

20151204shibuya_museum.jpg 『白根記念 渋谷区郷土博物館・文芸館』は、昭和45年、区立中央図書館内に設置された「郷土資料室」が前身です。その後、昭和49年に故白根全忠氏から区に寄贈された宅地と邸宅をもとに、区に関する資料の保管・展示の場として利用に供されてきた「白根記念郷土文化館」を全面改築したもので、郷土の歴史と文化を学び、新たな"渋谷らしさ"の創造を目指す施設として平成17年に生まれ変わりました。

 地上2階、地下2階の館内では、渋谷区に関係する歴史・民俗・考古学・文学などがテーマ毎に構成されています。年2~3回の特別展を開催するほか、収蔵資料を検索できる情報コーナーや戦前の住宅再現などのほか、本物の江戸時代の道具や縄文土器に直接触れたり、実際に年度の上に縄文模様を付ける体験も出来ます。

20151204sugiura_flier.jpg 現在は特別展「杉浦非水・翠子展」を開催中。日本の商業デザインの先駆者で、三越やカルピス、地下鉄開通ポスターなどの広告で知られる杉浦非水と、その妻で歌人の翠子は、戦前から戦後にかけ、それぞれの分野で先駆的な活躍をしました。展示では日本の近代の歩みとともに、二人の作品の数々を見ることができます。開催期間は、2016年1月11日(月・祝)まで。

 いつの時代も行き交う人で賑わう渋谷の街並み。現在は渋谷ヒカリエの開業を機に再開発も本格化しています。そこには様々な人による様々な功績があるという歴史背景を知ることで、より一層、渋谷への魅力が深まることでしょう。





【白根記念 渋谷区郷土博物館・文学館】

住 所 〒150-0011 東京都渋谷区東四丁目9-1
入館料  一般:100円(80円)/小中学生:50円(40円)
    ※(  )内は10名以上の団体料金
    ※60歳以上の人、障害のある人と付き添いの人は無料
会 館 午前11時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 月曜日(休日の場合はその直後の平日)・年末年始
電 話 03‐3486‐2791
交 通 渋谷駅から
    都バス「日赤医療センター行き(学03)」(東口54番) 国学院大学前下車2分
    ハチ公バス「恵比寿・代官山循環」郷土博物館・文学館下車
公式HP http://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/koza/12kyodo/kyodoindex.html

November 27, 2015

映画祭の季節 ―第2回広島国際映画祭―


20151127hiroshima_movie_fes.JPG 日ごとに寒気加わる時節となりました。今年も残すところあとひと月です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 10月には、山形(山形国際ドキュメンタリー映画祭)、京都(京都国際映画祭)そして東京(東京国際映画祭)で国際色豊かな映画祭が執り行われました。現在、東京ではアジア映画を中心に特集が組まれた≪東京フィルメックス≫が有楽町で行われております。

 そこで今回は、昨年よりスタートし今年は更に充実した特集プログラムが組まれた≪第2回広島国際映画祭≫をご紹介いたします。

20151127hiroshima_movie_fes2.JPG 復興と希望の象徴である街、広島を舞台に世界一の映画祭を目指すと高らかにに宣言する≪広島国際映画祭≫。 第1回の昨年は広島県出身の映画監督・長谷川和彦にスポットを当て本格映画祭へのスタートを切り注目を集めました。

 バージョンアップした本年は、国外の映画祭で話題となっている作品の日本プレミアから、いま勢いのある日本の若手監督たちの特集上映、シネフィルの殿堂シネマテーク・フランセーズとの初の協賛企画に、質の高い作品を集めた短編映画のコンペティションなど注目のプログラムが目白押し。他にも広島出身の人気アーティストPerfumeのドキュメンタリー作品や、広島に因んだ作品の上映など関連ゲストも交え、新しい発見と出会いのある賑やかな映画祭となりました。

 中でも、ドキュメンタリーとフィクションの間を往還する不思議なテイストのポルトガル映画、ミゲル・ゴメス監督作品『アラビアン・ナイト』全三部作(日本プレミア)と、「今後20年間上映されることはない」(主催者言)という大変貴重な上映に立ち合うことができた、究極のプライヴェート・フィルム、フイリップ・ガレル監督作品『水晶の揺籠』(国内初上映)、人気俳優の染谷将太主演、古代魚ポリプテルス・エンドリケリーが実に印象的な濱口竜介監督作品『不気味なものの肌に触れる』(短編2013年制作)の三作が、私にとって特筆すべき収穫でした。

20151127hiroshima_movie_fes3.JPG 私自身広島を訪れるのも何十年振りかのことでしたので、映画祭を楽しむ傍ら、限られた時間ではありますが活気ある広島の市内を探索し、過去と現在が共存する広島の街のさまざまな表情を新たに発見することが出来ました。それは先人たちが生きた証、今を生き抜くため力、人と人との絆・・・。

 結びに、これからの期待も込めて≪広島国際映画祭≫には、地方都市開催の国際映画祭として優れて評価の高い≪山形国際ドキュメンタリー映画祭≫にも負けない、強い個性と革新的な魅力、ポジティブな力を国内外に発信していってもらいたいと思います。

※写真:上から、①②映画祭会場風景 ③平和通りのイルミネーション

≪第2回広島国際映画祭映画祭≫
会期:11月20日(金)~23日(月)
会場:NTTクレドホール、広島市映像文化ライブラリー他
次回映画祭(第3回)開催は平成28年を予定。

≪第16回東京フィルメックス≫
会期:11月21日(土)~12月4日(金)
会場:11月21日(土)~29日(日)有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇
   11月28日(土)~12月4日(金)有楽町スバル座(「特集上映ツァイ・ミンリャン」)
詳しくは http://www.filmex.net

    


November 13, 2015

タイムスリップ-大正浪漫


20151113TanakaHouse1.jpg 秋の気配を徐々に心身に感じる11月初旬、川口市にある「旧 田中家住宅」を訪れました。ここは以前来たことがあり、そのとき強い印象を受け、是非再度見てみたい場所でした。一言でいえば大正時代の和洋折衷による邸宅で、国の有形文化財に登録されています。これほど見ごたえのある古い時代の文化財に気軽に入り込めるのは大きな魅力だと思います。

 田中家は麦麹味噌の醸造業と木材商で財を築き、四代目田中徳兵衛によってこの邸宅が建てられました。大正13年(1923)に完成した木造煉瓦造3階の洋館、昭和9年(1934)に増築した和館の他、茶室、池泉回遊式庭園などで構成されています。塔のようにそびえる洋館の外観は独特の様相で、その存在感を示しています。重みのある茶褐色のレンガに緑青の青味とアーチのついた白色系の窓枠が映える色彩、よく見ると重厚なシンボルが施された意匠など、荘厳で重厚な美しさです。

20151113TanakaHouse2.jpg 内部はまた秀逸でした。全部については語れませんが、いくつか挙げます。洋館1階の玄関は大きな神棚のスペースがあり目を惹きます。優雅な応接室の隣に来客用玄関があり、そこには美しいステンドグラスが設置されています。2階は階段の上に書斎や段差のある蔵があり、和館の2階にもつながっているようで、趣ある和室が隣接し、迷路のような幻想感。眺望を重視し、3階に大広間があります。いずれも年代物の美しい調度品に彩られています。アールデコ風の照明も見逃せないポイントです。目を惹いたのは、階段のスペースにある、部屋と部屋をつなぐバルコニーのような踊り場。残念ながら非公開場所につながっておりそこには立てませんが、何に使ったのか不思議な造りに感じました。

20151113TanakaHouse3.jpg 1階に降りて和館に行くと、日本間は全37畳で、やはり贅をつくしたことがうかがえる本格的な数奇屋造。障子の桟のラインもきれいですが、思わず見入ったのは、桂月山人と記された松林桂月の絵を掘った桐の欄間や、額装されているいくつかの桂月の山や植物の水墨画作品です。本物?と感嘆させられました。邸宅を出て、中心に池をもつ庭園を回ってみると、よく整備されて落ち着きのある庭で、庭そのものだけでなく、ここから見た邸宅の外観も美しい光景です。離れの茶室は戦後作られた比較的新しい建物で、和館の日本間とともに現在も茶会や句会などに利用されています。

20151113TanakaHouse4.jpg 時代を反映した意匠を施した建築物には限りない魅力を感じます。建物という空間の中に入り込むと、その時代にタイムスリップしたようにも感じられ、その時代の人たちの生活や視線を想い、深い感慨を覚えます。この旧田中家はその醍醐味をたっぷり味わわせてくれる場所でした。



国登録有形文化財
旧 田中家住宅 (川口市立文化センター分館)

所在 埼玉県川口市末広1-7-2   
問い合わせ 文化財センター TEL 048-222-1061
公開時間 9時30分~16時30分
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その直後の平日)
    祝日の翌日(その日が休日または月曜日の場合は、直後の平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
入場料 一般 個人200円 団体1人160円
    小・中学生 個人50円 団体1人40円

November 6, 2015

ジョゼフ・コーネルの部屋を訪れた事

 
 コーネルの箱が好きである。


 ジョゼフ・コーネルは、1903年にニューヨークの裕福な家庭に生まれた。しかし父を亡くすと、家族を養うために学業を辞め織物会社で働かなければならなくなった。そして彼は家の地下室をアトリエにして箱を作り始めた。

 彼の箱は蚤の市ででも買って来た様な古びた外装で、中にはコルク玉、女優のブロマイド、図鑑から切り抜かれた動物たち、割れたグラス、地図、貝殻などが並べられている。彼の箱は言うなればガラクタのいっぱい詰まった、あるいは、それすらあまり入っていない箱である。彼の作品を目にして2秒で立ち去る人もいるが、私はそれをずっと見ていたい。彼の箱の前に立つと、既になくなってしまったチョコレートの箱の匂いを嗅ぐような、甘い寂寥感を感じる。私は中でもホテルシリーズの様なモチーフが少ないものが好きである。箱(=部屋)の中にある、かすかな手がかりから隠れた物語を探すのである。空っぽのホテルの部屋で数時間前に起こった事件を想像し、ずっと昔に起こったホテルの歴史に想いを馳せてみる。

20151106Boxofcollage.jpg
© OSAMU INOUE, 2015
自宅の風呂場をコーネル風にしてみた...



 千葉県佐倉市にあるDIC川村記念美術館で現在開催中の「絵の住処(すみか)--作品が暮らす11の部屋--」(2016年1月11日まで)で、ジョゼフ・コーネルの作品が見られるというので訪れる事にした。今回は立体、平面含め16点もの作品が、展示されている。「ジョセフ・コーネルの部屋」と題された一室には彼の作品だけが展示されている。その中の一つに《無題(ピアノ)》があった。箱の内側に楽譜が貼ってあり、3段に仕切られた棚には楽譜を貼付けたマッチ箱の様なものが置いてある。そして甘く切ないオルゴールの音色がエンドレスで聞こえて来る。元はモーツアルトの「ピアノ・ソナタ ハ長調(K.545)」が奏でられたそうだが、音楽に全く造詣がない私には、それかどうかわからない。しかし国内にこれだけの数のコーネルのコレクションを持っているとは、実にすばらしく、ありがたい事である。コーネルの箱をまだご覧になられた事がない方は、是非この機会に彼の部屋を訪れていただきたい。ただ彼の箱の世界に閉じ込められて、出られなくならない様にご注意いただきたい。

 ちなみにコーネルについての書物で、私のお気に入りは以下。「コーネルの箱」(チャールズ・シミック著、柴田元幸訳、株式会社文藝春秋発行)は、コーネルの箱の写真とシミックの幻想的な詩とが織りなす、まさに迷宮的世界で逸品。洋書の「Joseph Cornell : Navigating the Imagination」(Lynda Roscoe Hartigan著)は彼の作品がたっぷりと掲載されている。

 さて彼の部屋に長居をしすぎたため、少々コーネル疲れを起こした。隣接するレストラン「ベルヴェデーレ」で昼食を取る事にする。ここでは千葉の地のものを取り入れた料理をいただける。美術館のレストランに相応しく、前菜の盛り合わせの皿は画家のパレットの様にカラフルで、出て来る品々が皆目で見て美しく、そして美味しい。窓からは緑に囲まれた池の景色が楽しめる。ただし休日のランチは混雑するので、早めに入った方が良さそう。

20151106ViewFromRestaurant.jpg
© OSAMU INOUE, 2015
レストランの窓から、樹々に囲まれる池を眺める



 食後に池の畔で一休みする事にする。池には白鳥が居る。白鳥というものは翼を広げて立ち上がる(元から二本足で立っているが)とかなり大きい。鳴き声も騒がしく威圧的とまで言える。一羽がこちらに向かって迫って来る。白鳥に追われ引き上げる事にした。


 尚、DIC川村記念美術館と言えば、マーク・ロスコの部屋(心臓の中の様に赤い)やフランク・ステラの部屋(体育館の様に広い)も、とてもすばらしいです。



【DIC川村記念美術館のご案内】

所在 千葉県佐倉市坂戸631番地
電話 0120-498-130(フリーダイヤル)
開館 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館 月曜日、但し祝日の場合は開館し翌平日休館
   年末年始、展示替期間
料金 その時の展示内容により変わります。
   詳細は美術館へお問い合わせください。
交通 ◆JR佐倉駅より
   南口の「DIC川村記念美術館バス停」より無料送迎バスあり(乗車約20分)
   ◆京成成佐倉駅より
   南口の「シロタカメラ」前より無料送迎バスあり(乗車約30分)

October 30, 2015

こみちの先に~山口蓬春記念館


20151030Alley.JPG いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。爽やかな秋晴れの日、葉山の方へ足を運びました。海沿いの道を進み、御用邸の手前一色海岸付近までくると、意識することもなく海側に立派な建物「神奈川県立近代美術館 葉山館」が見えてきます。

 しかし、今回の目的地はそちらではありません。その反対側、山側の電柱を意識しなければ分からないくらい控えめに、「山口蓬春記念館」の案内があります。今回の目的地です。しかし、ぱっと見る限りそれらしい建屋は見えません。すると「蓬春こみち」の看板が目に入り、車も入れない所を案内のまま道なりに進みます。開けた場所に「山口蓬春記念館」の入り口が見えてきます。一歩入った瞬間から静かな雰囲気、そしてよく手入れのされているお庭の先に立派な日本邸宅が現れます。

20151030HoshunYamaguchi_Memorial_Hall2.JPG 記念館は先生が昭和46年77歳で亡くなるまで、23年間を過ごしたご自宅が改装されています。受付を済ませると記念館の案内とともに、なんとお菓子を貰いました。これは後でのお楽しみです。玄関で靴を下駄箱へ納め、スリッパに履き替えて入場します。建屋としては大変立派なのですが、美術館の感覚で入ると少しこじんまりしています。しかしそれが良く、まるで本当にご自宅にお邪魔しているような感覚に陥ります。

20151030HoshunYamaguchi_Memorial_Hall1.JPG 展示スペースは、小さな展示室が3室ほど。そして、後は建屋そのものの見学です。各部屋に大きな窓ガラスがあり、お庭を眺めることができます。画室には画材がそのままおいてあり、あたかも今もそこで制作が行われているような印象を受けます。

 別館には一度スリッパを脱ぎ、外履きに履き替えて向かいます。2階に喫茶スペースがあり、コーヒーやお茶を無料で楽しめます。入館時に貰ったお菓子をいただき、窓の外に見える葉山の海岸を眺めると落ち着きます。大変居心地がよく、いつまでも留まっていたいと思える至福のひとときでした。




【山口蓬春記念館のご案内】

所在 神奈川県三浦郡葉山町一色2320
電話 046-875-6094
開館 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館 毎週月曜日(祝日・休日の場合は開館し翌日休館)
   展示替え期間、館内整備日、年末年始
料金 一般600円、高校生以下無料(団体割引等もあります)
   年間入館券1,800円
交通 ◆JR「逗子駅」より
   京浜急行バス3番乗り場
   「海岸回り葉山行(逗12)」または
   「海岸回り福祉文化会館行(逗11)」乗車(約18分)、
   「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前下車」下車 徒歩2分

   ◆京急「新逗子駅」より
   南口2番乗り場
   「海岸回り葉山行(逗12)」または
   「海岸回り福祉文化会館行(逗11)」乗車(約18分)、
   「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前下車」下車 徒歩2分
   ※土日、休祝日は大変混み合いますのでご注意ください。

※より詳しい情報につきましては、山口蓬春記念館へお尋ねください。


October 23, 2015

密やかに咲く


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。朝晩の冷え込みと富士山の初冠雪の便りを聞くと、冬の到来も間もなくであることを意識いたします。体調を崩しやすい季節でもあり、皆様どうぞご自愛くださいませ。



20151030sazanka.jpg


 このところ秋晴れの爽やかな天候が続いていますが、散策の途中に立ち寄ったお寺の境内で、密やかに咲く山茶花(さざんか)が目に留まりました。瑞々しい青い葉の間から清楚に咲く花に凛とした空気が漂っていました。寒くなると花木に触れる機会が少なくなりがちではありますが、季節ならではの楽しみ方がありますね。

 さて今回は、当社彩美版®のラインナップのなかから小倉遊亀の《山茶花》をご紹介いたします。静謐な画調の中から瑞々しい感性と凛とした精神性が感じられる逸品です。


小倉遊亀 《山茶花》
彩美版®、軸装・額装
販売価格(各) 180,000円+税


ogurayuki_sazannka_F32400pix_350x300.jpg
●額装仕様


ogurayuki_sazannka_S32400pix580x380.jpg
●軸装仕様


<仕様・体裁>
監修 鉄樹
解説 細野正信(美術史家)
原画 滋賀県立近代美術館所蔵
技法 彩美版®、シルクスクリーン
装丁 軸装・額装
限定 300部発行

<軸 装>
軸装 三段表装、柾目桐箱付
画寸 天地47㎝×左右53㎝
軸寸 天地143㎝×左右73㎝

<額 装>
額縁 木製金泥箔仕上げ、アクリル付
画寸 天地47㎝×左右53㎝
額寸 天地63㎝×左右70㎝
重量 約3.2kg




【今日の谷根千】

地下鉄「千駄木駅」近くにある森鴎外記念館の情報です。
現在、以下の特別展が開催されています。


20151030ougai_museum.jpg


特別展 「ドクトル・リンタロウ―医学者としての鴎外」

文京区立 森鴎外記念館
所在 東京都文京区千駄木1-23-4
電話 03-3824-5511

会期 2015年10月3日(土)~12月6日(日)
休館 10月27日(火)、11月24日(火)
時間 10:00~18:00(入館は17時30分まで)
※11月6・7・8日(金土日)は20時まで開館(入館は19時30分まで)
料金 一般500円(20名以上の団体は400円/人)
   中学生以下は無料


October 16, 2015

紅葉の季節を迎える小石川後楽園


20151016entrance.jpg いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。弊社の所在地である文京区小石川付近には、東京ドーム、ラクーア、小石川植物園など様々な施設や観光名所があります。その中でも今回は、都内屈指の美しい紅葉名所として知られる「小石川後楽園」を"一足早く"ご紹介いたします。

 小石川後楽園は江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式(池を中心にした回廊型の造り)の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている都立公園です。
 寛永6年(1629)初代藩主頼房が庭の造営に着手し、二代光圀に引き継がれました。園名は中国・北宋時代の文人、范仲淹(989~1052)が著した『岳陽楼記』中の一節「天下の憂いに先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ(先憂後楽)」に因んで光圀が命名したそうです。

20151016kourakuen_park.jpg 7万平方メートル以上の広大な園内には、梅、松、桜、ツツジ、花菖蒲、稲、ススキなど数多くの植物が植えられ、四季を通じて情緒溢れる景色が広がっています。今の季節は写真の通り緑豊かな木々に囲まれている様子ですが、11月に入るとイロハモミジやハゼ、ケヤキ、イチョウなどが紅葉し、通天橋や紅葉林などの紅葉が緻密に計算された園内に所狭しと趣深く色づきます。特に、京都・嵐山を再現した大堰川付近は、多くの木々が色づく絶景ポイントとなります。

20151018maccha_tea.jpg 歩き疲れたら、園内にあるお食事処『涵徳亭美都屋(かんとくていみとや)』へ。ランチのお弁当だけでなく、甘味やお茶、お酒もあるので、天下の庭園を眺めながらのんびりと過ごすこともできます。間もなく紅葉の季節。この名園で美しく長閑な時間をお過ごし頂ければ幸いです。



※「小石川~」と冠したのは、岡山の「後楽園」と区別する為です。隣接する野球場はその名にちなみ『後楽園球場(現:東京ドーム)』と名づけられました。



【都立小石川後楽園】

所在地 東京都文京区後楽1-6-6
電 話 03-3811-3015
入 園 9:00~16:30(閉園17:00)
休 園 年末年始(12月29日~翌年1月1日)
入園料 一般:300円、65歳以上:150円
    小学生・都内中学生は無料。
    その他、団体割引有。
交 通 後楽園駅(丸ノ内線・南北線)より徒歩8分
    飯田橋駅(JR、大江戸線・東西線・有楽町線・南北線)より徒歩8分


September 18, 2015

Nostalgia for 深谷


20150918fukaya_station.jpg 関東にも凄まじい水害をもたらした台風を中心に、雨が降り続いた週でしたが、ようやく太陽が蘇った休日、高崎線に乗って深谷を訪れました。深谷と言えばレンガの街。深谷駅は東京駅に良く似た赤レンガで覆われ、中心市街地にも古いレンガ造りの建物が残っています。深谷の日本煉瓦製造会社で造られたレンガは東京駅や司法省(現法務省)、日本銀行(旧館)など日本を代表する建物に使用されていたとのことでした。

20150918nanatsuume_yokocho.jpg 深谷の街は休日ということもあってか、非常に静かでのどかです。レトロな骨董屋もあれば若者向けの洒落たコミュニティ・スペースも目にします。旧中山道沿いに古いレンガの煙突が見えてきます。「七ツ梅」という、酒造の煙突で、ここが本日訪れたかった場所です。七ツ梅は江戸時代を代表する銘酒のひとつで、元禄7年(1694年)創業し、以来三百年の歴史を持つ県内1、2を競う老舗蔵元でしたが、2004年廃業、現在は一般社団法人まち遺し深谷が、この施設の保存・運営・管理を行っています。

 敷地内の母屋、店蔵、精米蔵、釜屋の建物があらたに様々な店舗やホールとして活用されています。「とうふ工房」(手作りとうふ)、「深谷宿本舗」(手作りBOXマーケット)、「カフェ七ツ梅結い房」(コーヒー、カレー)「よろずの郷」(木工所)、「鬼義」(鬼瓦工房)などなど個性あるお店が集まっています。店舗はいつも全部開いているわけではなく、この日もいくつか閉まっていました。

20150918fukaya_cinema.jpg そんな中、七ツ梅の中核にあるのが「深谷シネマ」で、風情いっぱいの街の映画館です。この酒造跡に最初にできたのがこの深谷シネマだそうです。上映作品に穏やかな叙情を感じるのは気のせいでしょうか。今回は入りませんでしたが、いずれ是非映画を鑑賞したいと思います。



20150918sugata_syoten1.jpg そして「須方書店」という古書店の店内を物色しました。ギターのBGMが流れ、正面奥に、酒桶の蓋に見える巨大な丸い板が壁を覆っています。興味深い古本もいくつかあり、レコードも置いていました。手に取るのも気後れする和装の古書もあれば、書名は読めないものの装丁のデザインが目を惹く明治時代の古書も置いていました。売る側も買う側も本に接するのを楽しむ空間と感じました。様々な本が置かれる中で、本とは無関係に机上にディスプレイされたオブジェをアートとみるかどうか気になる内装でした。

20150918sugata_shoten2.jpg 古い民家や蔵をあらたに活用する試みはしばしば見られ、私自身とても惹きつけられます。特にこの七ツ梅横丁敷地の建物は極めて古く、歴史的・文化的に興味深い様相で、味わいに溢れていますが、老朽感がシュールすれすれの印象を受ける側面もあります。深谷に息づくノスタルジーの美学を象徴するかの様な濃い空間を体感しました。

September 4, 2015

海風薫る~横須賀美術館へ


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。最近はだいぶ涼しくなってきましたが先月の暑さも残るある日、私は横須賀美術館へ行って参りました。

20150904yokosuka1.JPG 車で向かうと三浦半島を国道16号線で南へ下り、途中から海沿いのコースを走ります。すると、美術館数キロ手前の馬堀海岸沿いを真っ直ぐ伸びる道路脇壁面に、多くの絵が描かれているのが目に入ってきます。「うみかぜ画廊」と呼ばれ地域の学生たちの作品が展示されています。約700mに渡り画廊は続き、「海や港と横須賀」をイメージした作品は、横須賀市立総合高校の美術部の生徒、卒業生のみなさんが制作したものです。運転しながらですと、気になってしまいますので駐車して、散歩がてら楽しむのが良いでしょう。

20150904yokosuka2.JPG そこからさらに南、観音崎方面へ進み山間を抜けた場所へでると、右側に広い芝生の広場とその奥に水色を基調とした洒落たデザインの建物が現れます。正面の海と背後の山に挟まれた自然豊かな場所に横須賀美術館は建てられています。自然に囲まれた場所になじむように建てられた建造物は自然の一部であるかのように違和感なく風景に溶け込んでいます。

20150904yokosuka3.JPG 目の前一面に広がる海がなんとも開放的な雰囲気で、吹き抜けの展示ギャラリーは自然光を取り込むために鉄の内壁に穴が開けられおり、また塩害を防ぐためにガラスで包まれています。これにより、外観がガラスに覆われた特徴的な構造となっています。そしてコチラの美術館は、なんと屋上にも出ることができます。東京湾を見渡せば大きなタンカーが絶えず行き来しており、対岸に房総半島を望み、空気が澄んでいる時は東京スカイツリーまで見ることができるようです。
無料で使用できる望遠鏡も設置されています。

 横須賀市の美術品収集が始められたのは、1985年のことです。その後、1996年に朝井閑右衛門の作品が一括して市に寄贈され、そのことがきっかけで、美術館建設が具体化することとなりました。さらに1998年には、谷内六郎夫人・達子氏から週刊新潮表紙絵が多数寄贈されました。1999年には、美術館基本計画策定委員会によって美術作品の収集対象が、近現代の絵画、版画、彫刻とされ、以下の基準によって収集を進めました。

・横須賀・三浦半島にゆかりのある(出身、居住、在住等)作家の作品
・横須賀・三浦半島を題材とした作品
・「海」を描いた作品
・日本の近現代美術を概観できる作品

 その後、市制施行100周年記念事業の一環として、2007年4月28日、横須賀美術館が開館しました。絵画、彫刻を中心に、約5千点の日本の近現代美術の作品を所蔵しています。

 評判のよいレストランも併設されているので食事を楽しんだり、芝の広場に寝転んだり、周囲の散策も良いでしょう。少し歩けば観音崎灯台や走水といった名所もあります。海風に吹かれながら、のんびりリラックスできる美術館だと思いますので、リゾート気分を満喫しに足を運んでみてはいかがでしょうか。



【横須賀美術館について】

所在 神奈川県横須賀市鴨居4-1
電話 046-845-1211
開館 10:00-18:00
休館 毎月第1月曜日(祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日
料金 ()は20名以上の団体
   ・常設展
     一般
      310円(250円)
     高校生・大学生・65歳以上の方
      210円(160円)
     中学生以下は無料
   ・企画展 展覧会により異なりますので美術館へお問い合わせください。
     中学生以下は無料
アクセス
   ・JR横須賀線「横須賀駅」下車、「観音崎」行きバス乗車(35分)、
     「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」停留所で下車、徒歩2分
   ・京浜急行「浦賀駅」下車、「観音崎」行きバス乗車(15分)、
     「観音崎」停留所下車、徒歩5分


※詳細な情報につきましては美術館へお問い合わせください。


August 28, 2015

【新作】 上村松園 《初秋》 のご案内


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。暦では「処暑」を迎え、暑さもすこし和らぎ始め、秋の気配を感じられる季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 夕暮れ時に蜩(ひぐらし)の鳴き声が聞こえ始めると、夏の終わりの知らせのを告げられたかのように耳へ響きます。

 さて本日ご紹介する作品は、生誕140周年記念として制作いたしました上村松園《初秋(しょしゅう)》の彩美版®です。秋草の露を気にしてか、着物の袖をひるがえした女性の立ち姿。しなやかな腕から指先にかけての優雅な動きに柔らかな表情、明るく美しい衣装の着物に萩の花。細部にいたるまで凛とした清廉な趣が漂い、理想の美人画を追究し続けた松園ならではの画格が堪能できます。是非お手元でお楽しみ下さい。



彩美版®、限定200部
上村松園 《初秋》 軸装・額装
販売価格(各)120,000円+税


<仕様体裁>
原画 古川美術館(名古屋)所蔵
監修 上村 淳之(日本画家・日本芸術院会員)
解説 古川美術館 学芸課
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 特殊絹本
限定 200部
証明 監修者承認印・限定番号入り証書を貼付
発行 共同印刷株式会社


【監修 上村淳之(うえむらあつし)】

1933年上村松篁の子として京都に生まれる。
松園を祖母に親子三代続いての画業に進む。
現在、日本芸術院会員。京都市立芸術大学名誉教授。
上村家三代の作品を展示する松伯美術館の館長も務める。
2013年には文化功労者として顕彰された。



【古川美術館のご紹介】

 古川美術館は、初代館長古川為三郎が長年にわたって収集し大切にしてきた美術品を、「私蔵することなく広く皆様に楽しんでいただきたい」という想いからその寄付を受け、平成3年11月に開館しました。
 所蔵品は2,800点にのぼり、美人画、花鳥画などの近代日本画を中心として、油彩画、陶磁器、工芸品、また西洋中世の彩飾写本など、多岐にわたります。現在は所蔵品を中心とした企画展示を行うとともに、美術講演会やワークショップなど、幅広い活動をしています。
 また、分館として初代館長が愛した数寄屋建築の居宅を、平成7年より公開、様々な企画を開催しています。

名古屋市千種区池下町2丁目50番地
ホームページ:http://www.furukawa-museum.or.jp/
お問い合わせ:052-763-1991


※古川美術館についてはこちらの過去記事もご参照ください。
なお記事中でご紹介した企画展は、既に終了しております。開催中及び今後開催の展覧会につきましては美術館のホームページにてご確認くだるようお願い申し上げます。


夏の出張、西から北へ美術館めぐり(2015年7月24日)
古川美術館vol.1 「大観・玉堂・龍子 三巨匠展」(2007年11月28日)
古川美術館vol.2 「茶の湯 インテリアデザイナー内田繁の世界」(2007年11月30日)
古川美術館vol.3 "おもてなしの心"(2007年12月3日)


shoen_shoshu_F550pix.jpg


■額装仕様
額装 特注木製額金泥仕上げ、しぐれ袖織りマット、アクリル付き
画寸 縦43.5cm×横53.0cm
額寸 縦63.0cm×横72.5cm
重量 約4.5kg



shoen_shoshu_S850pix.jpg


shoen_shoshu_kiribox.jpg■軸装仕様
箱書 上村松園(シルクスクリーン印刷)
表装 三段表装
材料 天地:利休茶色無地
   中廻:浅葱鼠色地流水文緞子
   風帯・一文字:白茶色地唐花唐草文金襴
   軸先:新牙
   箱:柾目桐箱、タトウ付き
画寸 縦43.5cm×横53.0cm 
軸寸 縦139.0cm×横72.2cm



August 21, 2015

中世歴史博物館「神奈川県立金沢文庫」のご紹介


20150821Kanazawa_Bunko_museum.JPG

 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。まだまだ残暑厳しい日々が続いております。熱中症など、皆さまお身体ご自愛ください。

 さて、今回ご紹介させて頂くのは、京浜急行の金沢文庫駅から徒歩12分、浄土式庭園が復元されている国指定史跡・称名寺境内からトンネルでつながる素敵な歴史博物館「神奈川県立金沢文庫」です。「金沢文庫」(かなざわぶんこ、古くは「かねさわぶんこ」)は、鎌倉時代中期に幕府の重鎮として活躍した北条実時が設けた武家の文庫で、所在地は神奈川県横浜市金沢区金沢町。金沢流北条氏が領し、のちに館や菩提寺である称名寺を建立するなど、この金沢の地を本拠としていたことが名称の由来です。<

 明治30年(1897年)、伊藤博文らによって称名寺大宝院跡に再建されるも関東大震災でいちどは失われましたが、昭和5年(1930年)に国の図書館令に基づき神奈川県の運営する最初の県立図書館として復興しました。称名寺から移管された古い書物や仏像・絵画・工芸品をはじめとして、鎌倉・横浜に関する郷土資料や浮世絵まで多数収集しております。平成2年に新館が完成し、歴史博物館として積極的に展覧会を開催しています。

h27_07_exhibition_s.jpg 現在は企画展「東の正倉院 金沢文庫」が開催中。鎌倉時代の豊かな文物を伝える金沢文庫は、しばしば奈良の正倉院にも喩えられており、本展示では、仏像、工芸品、古書、古文書などを通して、金沢文庫と金沢北条氏の菩提寺である称名寺の草創の物語が紹介されています。
(2015年9月27日(日)まで)

 「海の公園」や「横浜八景島シーパラダイス」「金沢動物園」など、レジャー施設の多い横浜市金沢区ですが、その地域のルーツにあたる神奈川県立金沢文庫にもお寄りいただき、歴史探訪のひとときをお過ごしになってはいかがでしょうか。



【神奈川県立金沢文庫】

住 所 神奈川県横浜市金沢区金沢町142
電 話 045-701-9069
開 館 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休 館 毎週月曜日(9月20日は除く)、9月24日(木)
入館料 20歳以上250円、20歳未満・学生150円、65歳以上・高校生100円
    中学生以下・障害者の方は無料
アクセス 京急線「金沢文庫駅」下車徒歩12分
     シーサイドライン「海の公園南口駅」下車徒歩10分
展覧会 開催中:企画展「東の正倉院 金沢文庫」~9月27日(日)まで開催
    次 回:特別展「仏教説話の世界」2015年10月2日(金)~11月15日(日)
    ※詳細は以下の公式ホームページをご参照下さい。 
公式HP http://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm


August 7, 2015

若者よ、夢に向かって走れ!


 先日関西方面への出張の帰路、少し寄り道して京都嵯峨野の車折神社(くるまざきじんじゃ)に参拝してまいりました。

 車折神社は画聖・富岡鉄斎が一時宮司を務めていたところで、車軒文庫に多数の鉄斎作品が伝わっています。以前私たちはこちらのお許しをいただき、鉄斎の《宝船》という作品を彩美版にさせていただきました。その時以来、八年振りの再訪です。

20150807Geinou_Jinja.JPG 今回は、車折神社境内にあり芸能関係者から厚い崇敬を集める芸能神社に参拝し、念願叶って俳優となった若い友人の初舞台の成功と、役者としての成長を祈願することでした。友人は中学の頃から演劇の道を志し、プロの役者になる夢に向かってがんばってきました。今年あるプロの劇団のオーディションに合格し、精進の甲斐あってこの秋ついに初舞台を踏むことになりました。

 今はまだ、夢へと続くであろう道の入口に立ったばかりの彼ですが、この数か月で周囲が驚くほど目覚ましい成長を遂げました。プロの世界は厳しく、劇団の一員となれば必ず役がもらえるわけではありません。本番の舞台に立つには、稽古を通じて実力を認められ、信頼されなければなりません。顕著な実績を持つ素晴らしい先輩方との出会いが、彼を大きく成長させたのでしょう。

 普段はのんびり屋の彼のどこに、こんなに強い意志の力が秘められていたのだろうと正直驚いていますが、連日の厳しい稽古で肉体的には極限近くにまで追い込まれながら、精神的にはかつてないほど充実しているようです。活き活きと輝く表情にそれがよく表れています。夢に向かって必死に走る彼の未来が、大きく開けることを願って止みません。

 演劇に限らず、文化芸術の世界で日夜身を削る努力を重ね、夢を掴もうともがいている沢山の若者たちがいます。彼らこそが、我が国のこれからの文化芸術を担っていく存在となるはずです。私たちは事業を通じ、こうした若者たちの支援につながる活動を継続して行っていきたいと考えております。




【車折神社のご紹介】

所在地 京都市右京区嵯峨朝日町23
電 話 075-861-0039
ご祭神 清原頼業公
    天宇受売命(芸能神社)
最寄駅 嵐電「車折神社駅」


July 31, 2015

品川の原美術館で「サイ・トゥオンブリー」展を見る


 いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。夏も真っ盛り、連日の30度超えで、私の周りでは体調を崩す方が大勢いらっしゃいます。皆さまも体調管理には十分お気をつけ下さい。

20150731CyTwombly_Ex.jpg さて私は先日、アメリカ現代絵画の巨匠サイ・トゥオンブリーの展覧会を東京品川の原美術館にて鑑賞してまいりました。いつもは品川駅より第一京浜をてくてく歩いていくのですが、その日はちょっと気分を変えて最寄りの京急北品川駅より向かいました。国道を渡り、ゆるやかな坂道を上り始めるとそこはもう閑静な高級住宅街。ゆったりした街並みは自然環境にも配慮が行き届き、歩いているだけでも気持ちが豊かに高揚します。駅からも10分程度のアクセスですので、徒歩で訪問の際は、一度このルートを通ってみてはいかがでしょうか。

20150731hara_museum.jpg 原美術館は昭和初期のモダニズムハウスを改装し、1979年に私立の現代美術館の草分けとして開館。御殿山の一角の高級住宅街に位置するロケーションが、今も贅沢な気品を漂わせます。40年近くにも亘り、国内外のコンテンポラリーアートを地道に紹介してきたそのスタンスは国内外で高く評価されております。

 今回の目的は「サイ・トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡」展-20世紀の抽象絵画を牽引した米国ヴァージニア州出身のアーティスト、サイ・トゥオンブリー(Cy Twombly, 1928-2011)の日本初の企画展です。「描画された詩」とも評される絵画作品70点を一堂に揃え、画家の半世紀にわたる作風の変遷を回顧します。2001年ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞受賞後、キャリアピークを迎えた2003年、ロシア・エルミタージュ美術館をスタートし、欧米各国を巡回した伝説のレトロスペクティブが画家の没後、新たに企画再構成されました。

 キュレーターの方達の本展への熱意が伝わってくるようで、見応えは十分です。描線の戯れが印象的な初期作品から、イタリアに拠点を持つことで作風が独自の発展を遂げ、鮮やかな色彩を獲得するに至った後期作品まで、華やかさや激しさを禁欲的に表層にとどめる画家の強固なスタイルに深い感銘を覚えました。2011年に惜しくも移住の地であるローマに没した画家への哀悼が、一転して刺激的な「祝祭の場」へと変容してしまう、アートの喚起する偉大な力を本展でもまざまざと実感いたしました。

 他にも館内には、奈良美智のガジェット作品や宮島達男の電光アート、ジャン・ピエール=レイノーのクリーン・ルーム等のミュージアム・コレクションが常設され、どれも美術館の静謐な空間に悠然と融けこんでおり心が安らぎます。

 以上、ご紹介の「サイ・トゥオンブリー」展の会期も残すところあとひと月。真夏の暑い盛りではありますが、クールで一見シンプル、だがとても奥が深い...そんな現代アートの展覧会に皆さまもぜひ足をお運び下さい。



【展覧会情報】

「サイ・トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡」

会場 原美術館
   東京都品川区北品川4-7-25
会期 8月30日(日)まで。
   月曜休館(祝日を除く)
開館 11:00~17:00(水曜は20時まで)


July 24, 2015

夏の出張、西から北へ美術館めぐり


 皆様こんにちは。東京もついに梅雨明けとなり、いよいよ夏本番となって参りました。私の先週は出張続きで、名古屋と北海道へ、それぞれ新作の打ち合わせに行って参りました。


20150724isaburou_memorial_museum.JPG 週の前半は名古屋へ。

 訪問先の古川美術館さんは名古屋市内にあり、実業家であった古川為三郎氏のコレクションの数々を見ることができる美術館です。現在は夏をテーマにした企画展が開催されており、この日猛暑の戸外とはうらはらに、涼しい館内で画家達が切り取った様々な「夏」をゆったりと鑑賞しました。作品に付いている丁寧な解説を読みながら絵を見ていると、明治から昭和頃の夏の匂いをも感じられるような気がして、とても素敵な展覧会でした。



201150724TeaSet.jpg 仕事を終えてから、直ぐ近くにある別館の為三郎記念館でお茶とお菓子を頂戴しました。
 為三郎氏のご自宅であった数寄屋造りの建物の内部を拝見することができ、お庭に沿って作られたお席では喫茶もできます。殆どのお部屋に季節のお花が丁寧に飾られ、暑い中でその凛とした感じがとても美しく、印象的でした。夏だけという大きな氷の入ったお抹茶に、ホッと一息、涼を頂いて帰りました。


 週の後半は北海道の富良野へ。

20150724gotousumio_artmuseum.JPG 関西に台風が直撃する中、それを避けるように飛行機は順調に私たちを羽田から旭川空港へ運んでくれました。こちらは湿気がなく大変爽やかな気候で、レンタカーで一路、上富良野の後藤純男美術館さんへ。

 着いて早々、団体バスで到着した観光客の方々と一緒に促されるまま館内へ。後藤純男画伯の迫力ある大画面の風景画に囲まれながら、館長自らが「日本画とはどのようなものか」「後藤純男画伯の作品について」ご説明くださいます。そのお話が大変魅力的でついつい引き込まれてしまい、早く絵を見たい!という気持ちになってゆきます。ほんの少しのお話でも生の声で説明を聞くだけで、こんなにも興味をそそられ、観る側の姿勢が変わるものかと感心してしまいました。

 また、後藤画伯の素晴らしい作品はもちろん、館内では周囲の雄大な景色を見ながら地元の食材を使ったお食事ができたり、一度チケットを購入すれば出入りが自由だったりと、来訪者が美術館を楽しむための仕掛けが色々となされていて、そのホスピタリティからか館内は多くのお客様でにぎわっていました。

20150724kamifurano1.JPG 一仕事終えて近くにあるラベンダー畑で有名な富田ファームを訪れてみました。爽やかな晴れ間の中、丁度見ごろのラベンダーと色とりどりのお花が美しく咲いて、とても絵になる景色でした。今だけ、というラベンダーの切り花をお土産に買って帰り、自宅でドライフラワーにしているのですが、北海道の爽やかな香りがほんのりお部屋に広がりムシムシとした東京の空気を洗ってくれます。


 そんなこんなで、体力は要りましたが実りの多い一週間でした。どちらも大変素敵な美術館ですので、お近くにお越しのことがあれば、立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。それぞれの美術館に所蔵されている作品は、目下、総力挙げて製作中です。秋頃からの新作でご覧いただけるものもございますので、どうぞご期待ください!



July 17, 2015

緑の参道、穏やかな日


20150717hikawa_jinja.jpg 梅雨真っ只中の7月、2週続けて日曜日に大宮公園を訪れました。なぜ2回来たのかは後ほどお話しします。大宮公園といえば氷川神社。2000年以上の歴史をもち、大いなる宮居として、大宮の地名の由来になった関東一円の信仰を集める日本有数の古社です。本日は参拝が目的ではないのですが、あらためて神社へ続く参道を踏みしめました。氷川参道は旧中山道から南北に2kmのび、道の両側にケヤキ並木が続く美しい参道です。厚い曇り空に覆われた日でしたが、緑が爽やかで雄大な景観を印象付けてくれました。

 境内に入らず、参道右から大宮公園に入り少し歩くと小型動物園があります。ツキノワグマやブチハイエナ、種々のサル、鳥類などがいました。ケナガクモザルのアクロバティックな動きは見ていて飽きないし、対照的に造り物と見まごうようなヤクシマヤギの静止した姿も心和みます。ここにはカピバラもいて、眺めているとその落ち着きはらった所作や周囲に動じない穏やかな表情に、世俗を超えた悟りの姿を垣間見た気がしました。しかし本日は動物園で癒されるのが目的ではなく、程なくここを後にしました。

20150717GalleryElPoeta.jpg 大宮公園入り口まで戻ると、すぐ向いに、ギャラリー「エル・ポエタ」があります。こちらが本日の目的地でした。小ぶりな印象の外観ながら、扉を開けるとスペインの田舎風漆喰壁と煉瓦が使われた重厚感ある内装となっています。35年を超える老舗画廊で、詩人を意味する名に相応しく、洒落たコンテンポラリーアートや水彩を中心に展示会を開催しています。

20150717SatokoOzawa_Works.jpg この日は、小沢郷子さんという作家の個展開催中でした。いずれの作品も赤という色彩を使用して形作った抽象画作品です。色面というテーマから展開される様々な表現の作品は静かな「気」を内在させ、抽象画でありながら自然の一部を切り取った具象画のようにも感じられます。技法としては、オイルパステル、水彩、アクリルなどの画材を併用したミクストメディア。個展はこの日7月5日が最終日でした。翌週からはまた別作家の個展が開催されるとのことで、その作品も是非観たいと思い、ギャラリーのオーナーに翌週も伺うことを約束しました。

20150717DaisukeKoyama_Works.jpg 翌週の日曜は梅雨が明けていないにも関わらず、打って変わって猛烈な日照り。汗をぬぐいながら再びエル・ポエタを訪れると、コヤマ大輔さんという作家の水彩画作品による個展初日でした。東京藝術大学日本画科出身のコヤマ氏は確かな技術に裏打ちされた非常に完成度の高い水彩画を描いています。海外の著名な水彩画作家を連想させる味わいある表現にしばし見入ってしまいました。ご本人はまだ40歳に満たない若さなのですが。今後が期待される作家ですし、さいたま市の浦和出身・在住とのことで親近感を感じました。

 この日はすぐ前にあるNACK5スタジアムで大宮アルディージャの試合の日らしく、外へ出るとオレンジ色の人だらけ。浦和在住の私は目立たぬよう穏やかに通り抜けて帰途につきました。



■Gallery エル・ポエタ

所 在  さいたま市大宮区高鼻町2-285-8
電 話  048-644-9877
営業時間 11時~18時
定休日  不定休

※コヤマ大輔さんの個展は7月20日(月・祝)まで開催。

July 10, 2015

恵比寿の長い坂と前田青邨展


 久方ぶりに恵比寿駅に降りた。ビールの貨物駅として開業したこの駅の周辺には美味しいビールを飲ませてくれる店も多い。今日はこの駅の近くにある山種美術館で、前田青邨(せいそん)の生誕130周年を記念した展覧会を開催していると聞き、訪れてみることにした。そして叶うなら帰りにビールで喉を潤そうと、この地の利を最大限に活用する計画で臨んだ。

 駒沢通りに出て青山方面に向かうとすぐに長い坂に出る。果てが見えないような坂であるが、この頂にまだ見ぬ山種美術館がそびえているはずなので、汗をかきかき上って行く。この坂の辺りは住所でいえばオシャレの代名詞でもある広尾。坂の両側にも小洒落たレストランや、雑貨店がある。途中、巨大なダビデ像が立っているビルの前を通り過ぎ、ようやく坂の頂を制覇して山種美術館にたどり着く。

 展覧会名に「生誕130周年記念 前田青邨と日本美術院 −大観・古径・御舟−」※1とある。まずは展示会場に入る前に、エントランスにある「Cafe 椿」で一休みする事に。ここでは今回の展覧会のオリジナル和菓子が楽しめる。私は前田青邨筆《蓮台寺の松蔭》にちなんだ「こころざし」という練り菓子と抹茶のセットをたのんだ。「こころざし」は松蔭が読んでいる書物を模した形になっており、シナモンの香りと上品な甘みが抹茶の爽やかな渋味に合う。他にも速水御舟筆《炎舞》をイメージした「ほの穂」や、横山大観筆《作右衛門の家》を題材にした「青葉」など、色鮮やかで宝石のように美しい和菓子があって目移りする。

20150710nerigasi.jpg
「Cafe 椿」の美しい練り菓子


 一息ついたのでそろそろ作品鑑賞に移る事にする。この度の展覧会はタイトルに日本美術院とあるように前田青邨だけではなく、横山大観、速水御舟、平山郁夫など日本美術院で活躍した日本画の巨匠達の貴重な作品が一同に見られる。青邨の大作も間近で見られ、その筆使いや金の色使いなど、つぶさに観察でき大変勉強になる。なお、公益財団法人日本美術院が主催運営する院展は、今年の秋で再興第100回という大きな節目を迎える。本展覧会は現代日本画の巨匠の作品を見られる貴重な展覧会である※2。

 美術館からの帰り道、ソフトクリームの看板が目立つ雰囲気の良さそうなカフェがあったので入ってみる。元気の良い女性3人が切り盛りしていたこの店の中の壁は全て本棚になっており、そこには大量の写真集がきれいに収まっている。オーダーをすれば自由に閲覧できるようだ。後で知ったのだが、ここは「写真集食堂めぐたま」という変わった名前のお店で、壁の写真集は写真評論家の飯沢耕太郎氏の蔵書5,000冊だそうである。ちなみに私の隣のお客には、お店の人が「ねこまんま」をしきりにお勧めしていたようである。「ねこまんま」といえば、ご飯に鰹節をのせて醤油をたらしたあれだと思うのだが...。

 広尾、恵比寿といえばオシャレなお店が軒を連ねる所といったイメージをいだいていたが、この界隈は自家製のぬか漬けを売っている八百屋さんや、昔ながらのガチャガチャが置いてある雑貨店などもまだ現役でがんばっている。庶民的で昭和な商店も所々に顔を出す不思議な場所である。帰りに駅前でも魚屋さんが威勢よく、今風のカフェのマスターと魚の調理の仕方を話していた。良い感じに暮れかかって来たので、私も喉を潤しに行くことにした。

20150710gachagacha.jpg
ガチャガチャのある雑貨屋(ガチャガチャは私が子どもの頃に呼んでいた名前で、一般名称はカプセルトイ)


※1 「生誕130周年記念 前田青邨と日本美術院 −大観・古径・御舟−」展は山種美術館で2015年8月23日まで開催しているとの事です。
※2 再興第100回院展は9月1日(火)に東京都美術館から始まり各地を巡ります。また当社はこの図録の制作・製造を請け負っております。






【関連商品のご紹介】

今年、生誕130周年を迎える日本画の巨匠、前田青邨。
当社でもこの記念すべき年に新作高級複製画「牡丹」を制作いたしました。
富貴の象徴でもある牡丹が、色鮮やかな五彩花文壺に生けられた名作です。
華やかで気品ある本作品を皆様のご家庭にも是非どうぞ。



彩美版®
前田青邨 《牡丹》 軸装・額装
本体価格 (各)190,000円+税

<仕様体裁>
監修: 小山 硬(日本画家、日本美術院同人)
解説: 川口直宜(美術評論家、前・泉屋博古館分館長)
限定: 200部
技法: 彩美版®、シルクスクリーン手刷り、本金泥使用

※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。


seison_botan_S600x350pix.jpg

【軸装】
表装: 三段表装、柾目桐箱・タトウ付き
箱書: 小山 硬(シルクスクリーン刷り)
画寸: 天地41.1cm×左右53.0cm
額寸: 天地136.5cm×左右72.1cm




seison_botan_F300x350pix.jpg

【額装】
額縁: 特注木製額金泥仕上げ、金モール織マット、アクリル付き
画寸: 天地41.1cm×左右53.0cm
額寸: 天地59.2cm×左右71.0cm
重量: 3.3kg

July 3, 2015

鎌倉の名所、竹の寺・報國寺


20150703houkokuji_sanmon.JPG いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

 今年も半年があっという間に過ぎ、7月に入りました。梅雨の合間を縫って、先日私は鎌倉の報國寺に参拝して参りました。観光地を格付けするミシュラン・グリーンガイドで三ツ星を獲得し、近年海外からの旅行客も増えている人気のお寺です。

 鎌倉駅から鶴岡八幡宮の前を通り過ぎて、さらに金沢街道をてくてく歩くこと30分。アクセスはあまり良くないのですが、それでも足を伸ばす方が多いようです。ちなみに鎌倉のお寺で三ツ星を獲得しているのは報國寺と東慶寺の二寺のみです。

 報國寺は足利、上杉両氏の菩提寺として栄えました。開山は五山文学を代表する天岸慧広(仏乗禅師)です。仏乗禅寺は、中国より招聘された円覚寺の開山・無学祖元に師事し、のちに中国へ渡って修行した高僧です。開山自筆と伝えられる「東帰集」や、自ら使用した「天岸」、「慧広」の木印は国の重要文化財で、鎌倉国宝館に保管されています。孟宗竹の竹林が有名で、「竹の寺」とも言われています。

20150703tikurin.JPG お寺はわりとこじんまりしており、門をくぐり少し進むと「竹の庭」入口があります。入るとすぐに竹林が現れ、そこはもう別世界です。目の前一面に緑の世界が広がり、まっすぐ空に向かって伸びる竹は日光を遮り、空気がひんやりと涼しい感じがします。

 竹はよく見ると一本一本太くて大変立派です。風が吹けば竹がざわめき、木々の合間を木漏れ日が揺れ幻想的です。そして竹を分ける一本道を進んで行くと、奥の方に建屋が見えてきます。庭には「休耕庵」という茶席が設けられており、お茶を頂くことができます。ここで美しい竹林をぼんやりと眺めているだけで、心が和み癒されます。なんとも贅沢な時間です。

 鎌倉のお寺の中でも独特な雰囲気を醸し出す竹の寺・報國寺。是非訪れて、その空気感を肌で感じてみて下さい。心も体もリフレッシュされること間違いなしです。




【報國寺のご案内】

山 号  功臣山
宗 派  臨済宗建長寺派
創 建  建武元年(1334年)
所 在  鎌倉市浄明寺2-7-4
電 話  0467-22-0762
拝観時間 9:00~16:00
拝観料  200円
アクセス JR「鎌倉駅」東口より
・タクシーで約7分
・バスで約12分※
 ※京浜急行バス(5番のりば)
 鎌23系統「鎌倉霊園正面大刀洗」行き
 鎌24系統「金沢八景駅」行き
 鎌36系統「ハイランド循環」行き
 のいずれかに乗車のこと
・徒歩で約30分


June 26, 2015

新作・モネ《睡蓮、水のエチュード-雲》のご案内


20150626ajisai.jpg いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。関東圏内は梅雨入りしましたが、時折ザーっと降る夏の夕立のような雨が降りあまり梅雨らしくない空模様がつづいています。それでも路地や庭先等に咲く菖蒲や紫陽花、芍薬に目に留めては雨が似合う花が咲く季節なんだなと感じ、心和みます。
 写真は先日「あじさいまつり」が開かれていた、文京区白山にある白山神社境内の紫陽花です。







20150626suiren2.jpg いつもの谷根千界隈からすこし足を運んで上野恩賜公園へ向かって散策途中、公園の南西側にある不忍池にたどり着きました。三分された池は、北は上野動物園の水上動物園、西はボート池、南は蓮の池となっています。蓮の池は青々と池の水面を茂る蓮の葉が目に眩しく、ワイルドに!群生している葉の隙間から花のつぼみが見る事ができました。花はこれから7月中旬~8月上旬にかけて見頃を迎えるそうです。湿った空気と暑さの中での散策でしたが、時折吹く風や木陰に入るとヒンヤリ気持ちよく、遠くの空の雲の様子に夏の気配感じながら公園を後にしました。

20150626suiren1.jpg さて弊社ではこの度、モネ畢生の大作《睡蓮、水のエチュード-雲》の彩美版®を発売します。原画は印象派を代表する画家クロード・モネの集大成、オランジュリー美術館所蔵の《睡蓮》連作大装飾壁画8作品のひとつです。モネ《睡蓮》連作大装飾画は第一次世界大戦の終結を記念し、フランス国家に寄贈されたという歴史的な作品であり、オランジュリー美術館は《睡蓮》連作大装飾画のために創設された「印象派の殿堂」です。

 《睡蓮、水のエチュード-雲》は、睡蓮と朝焼けの水面に映える雲の情景が、微妙なニュアンスに富む青、緑、紫、白、赤などが入り交る、モネならではの彩りの世界で描かれた作品です。本作品は第一室に飾られた「雲」の全画面より作品のハイライト部を、フランス国立美術館連合・グランパレ(RMN‐GP)の画像協力を得て、当社が誇る彩美版の技法にて再現いたしました。気品あるデコレーション金箔額(国産ハンドメイド仕上げ)に収め、200部限定でご用意しております。モネが愛したジヴェルニーの風景を、是非お手元でお楽しみください。



monet_nympheas_nuages600pix.jpg

Photo ⓒ RMN-Grand Palais (musée de l'Orangerie) /
Michel Urtado / distributed by AMF-DNPartcom



彩美版®
クロード・モネ 《 睡蓮、水のエチュード-雲 》
Claude Monet
Les Nymphéas, Étudu d'eau:Les Nuages
販売価格 128,000円+税
限定200部発行



<仕様体裁>
原 画 オランジュリー美術館(Musée de l'Orangerie)所蔵
監 修 千足 伸行(成城大学名誉教授/広島県立美術館長)
限 定 200部
技 法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り
用 紙 キャンバス
額 縁 木製デコレーション金箔額(国産ハンドメイド)、アクリル付き
画 寸 天地28.3×左右91㎝(30号)
額 寸 天地38.2×左右100.8㎝
重 量 3.3㎏
発 行 共同印刷株式会社

※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。


June 19, 2015

鎌倉の小町通りから。「鎌倉市鏑木清方記念美術館」


20150619kaburaki_artmuseum_entrance.jpg いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。梅雨入りした今日この頃、鎌倉界隈では紫陽花が大変見頃の季節がやってまいりました。私は先日、常日頃より当部の商品企画に際してお世話になっている美術館、「鎌倉市鏑木清方記念美術館」へ行って参りました。鎌倉の小町通りから、ほんのすこし奥へ入った処にひっそりと趣きのある美術館。あらためて皆さまへご紹介いたします。

 「鎌倉市鏑木清方記念美術館」は、近代日本画の巨匠、鏑木清方(かぶらききよかた)画伯※のご遺族から鎌倉市へ「鎌倉市にその画業と創作の場を後世に伝えて欲しい」という趣旨のもと多くの美術作品や資料が寄贈され、画伯終焉の地である鎌倉雪ノ下の旧跡地をそのまま改装して平成10年4月に開館しました。

20150619masking_tape.JPG また、館内では『紫陽花マスキングテープ』や『ねこ・あじさい(陶ボタン)』など素敵なお土産の品々が並んでいたり、子ども参加プログラム『天然岩絵具で描いてみよう』を開催するなど、「来館者へほっこりした時間を過ごして頂きたい。」という美術館の想いが優しく出迎えてくれます。 現在は特別展『美の伝承-清方と弟子たち-』が開催中(5月23日~6月28日)。今から100年前の大正4年、鏑木清方と門人たちによって組織された「郷土会」を紹介するこの展示会は、「巣立った後もふるさと(清方)を忘れまい」という弟子たちの温かな雰囲気が伝わってくる素敵な展示会となっています。

20150619neko_ajisai.jpg 館内の丁寧にお手入れされた中庭には可愛らしい紫陽花が咲いています。鏑木清方はとくに紫陽花を好み、「紫陽花舎(あじさいのや)」という雅号も使っていたそうです。鎌倉に来た際は、古都鎌倉の風情溢れるこの美術館に、ぜひ足を運んでみてください。

※鏑木清方は明治11年生まれ。昭和29年に文化勲章を受章した年よりこの鎌倉に画室を設け、昭和47年に亡くなるまでの間を過ごされました。享年93。



20150619kaburaki_artmuseum_maingate.jpg【鎌倉市鏑木清方記念美術館】
住所  〒248-0005 鎌倉市雪ノ下1-5-25
電話  0467-23-6405
開館  9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館  月曜日(ただし祝日は開館)
入館料 一般200円~300円
    小・中学生100~150円
    ※時期によって異なります。
アクセス 鎌倉駅東口から徒歩7分(小町通りを鶴岡八幡宮方面へ)
公式HP http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/


【関連商品のご紹介】

彩美版®
鏑木清方 《 朝涼(あさすず) 》
販売価格 180,000円+税



 鏑木清方は、大正12年当時帝展審査員として画壇に重きをなしていましたが、東京・本郷龍岡町の自宅で関東大震災に遭遇しました。この《朝涼》は翌々年(大正14年)、震災後初めて開催された第6回帝展に発表され、清方の画業の転機となる重要な作品といわれています。

 金沢八景の別荘でひと夏を過ごしたある日の早朝の空に、残月が淡くかかるのを見つけ、長女をモデルとして描いたものです。清らかな女性のすらりとした立ち姿、たおやかな手つき、背景に蓮の花を配す造形は、安らかに心を落ち着かせる風情を漂わせます。


朝涼


<仕様体裁>

原画 鎌倉市鏑木清方記念美術館 所蔵
限定 100部
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 特製絹本
装丁 三段表装
材料 天地 白茶無地
   中廻薄茶綿ムラ経
   一文字・風帯 牙地唐花唐草文金襴
   軸先 朱塗頭切
   箱  柾目桐箱、タトウ入り
画寸 天地100.0×左右38.5cm
軸寸 天地169.0×左右57.0cm

June 5, 2015

奇想の美術館でバネット・ニューマンを見る


 いつもブログ「美術趣味」をご覧いただき、まことにありがとうございます。6月に入り、夏真っ盛りの陽気となりましたが、西の方からは徐々に梅雨の足音も近付いてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

20150605mihomuseum_entrance.JPG さて私は先日、予てより念願のMIHO MUSEUM(ミホミュージアム)で「バネット・ニューマン-十字架の道行き-」展を鑑賞してまいりました。MIHO MUSEUMは滋賀県琵琶湖の南、湖南アルプスの山中に位置する雄大なスケールと景観を誇る美術館です。私はその立地から知る人ぞ知るの秘境美術館をイメージして行ったのですが、JR石山駅からバスで50分の辺鄙な山地にありながらも、来場者は数多く、あまつさえ外国人観光客の観光コースとなっていることに(!)驚きを感じました。

20150605mihomuseum_entrance2.jpg 美術館の広大な敷地は、入口のレセプション棟からトンネルを抜け、半地下の南北に広がる美術館にまで続きます。美術館の設計はルーヴル・ピラミッドで有名なI.M.ペイ。シャープで幾何学的なデザインの作風から「幾何学の魔術師」の異名を持つアメリカを代表する建築家です。写真の幾何学模様のガラス屋根に建築家ペイの個性が表れております。
 美術館を訪れて改めて分かったことは、優れた景観や展示内容はもちろん、特にホスピタリティに優れた美術館であるということでした。休憩時利用のレストランやティールームの応対とメニューは卓越しており、私が買い求めたパンや菓子でも、農薬や化学肥料を一切使わない天然素材の食材とのこと。一口噛めば粉の違いがはっきりと分かる、滋味あふれる、本物の味わいの美味しさでした。

20150605mihomuseum3.JPG 興奮のあまり?話しが些か脱線いたしましたが、今回の鑑賞の目的はバネット・ニューマン(1905‐70)です。ジャクソン・ポロック、マーク・ロスコらとともにアメリカ抽象表現主義を牽引したニューマンは、《アンナの光》という代表作が近年まで日本の美術館に所蔵されていたこともあり、日本の現代美術愛好家に親しまれております。ニューマンの作風は線と色彩の配列のみで、崇高なイメージを創造するというもの。一見シンプルな構図の作品の表層からも、困難なテーマに挑み続けた作家の生涯が決して平坦なものではなかったことがうかがわれます。私が考えるニューマン作品の鑑賞の要件は、独り絵の前に佇み、作品を見詰め、問い掛け、その作品と共振すること。それだけ。そうすることではじめて作家の精神・作品の核心に近づくことが出来るものと信じております。

20150605mihomuseum4.JPG 今回来日の作品は、ワシントン・ナショナル・ギャラリーが所蔵する全14点の連作《十字架の道行き》。「十字架の道行き」とは、本来キリストの受難を図像化した宗教画の伝統的な主題のひとつですが、ニューマンは独自の作風で8年の歳月を掛けて連作を描き続けました。作品は時代・国籍・人種・宗教を超越し、優れた芸術のみが持ちうる崇高な精神性や、至上の聖性を顕現するに至りました。「レマ・サバクタニ(神よ、なぜ私をお見捨てになったのですか)」の副題に隠された、作品に秘められた根源的な問い掛けからも、本連作が20世紀抽象絵画の到達点と呼ばれるに相応しい、マスターピースであるということが言えましょう。

 同時開催の『曽我蕭白「富士三保図屏風」と日本美術の愉悦』では表題の《富士三保図》がとにかく圧巻です。代表作《群仙図屏風》と趣向は違いますが、六曲一双の屏風に描かれたダイナミックなスケールの富士の眺望は、奇想の画家と謳われる曽我蕭白の壮大なイマジネーションを充分に堪能させるものでありました。

 今回は限られた時間でしたので、ミュージアム・コレクションの日本美術や世界各地の古代美術品をじっくり鑑賞する余裕はなかったのですが、美術館収蔵の名品の数々はどれも美術館の静謐な空間と調和して、泰然とした輝きを放っておりました。

 ご紹介の「バネット・ニューマン」展の会期も今月7日(日)までと残すところあと僅かですが、展示替え休館をはさみ、7月4日(土)からはこれまた注目の「生誕300年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」展が東京のサントリー美術館よりムーブオーバーいたします。夏の暑い盛り、雄大な山々の健やかな自然に囲まれた美術館に、皆さまもぜひ足をお運び下さい。



【展覧会情報】

「バネット・ニューマン-十字架の道行き-/曽我蕭白「富士三保図屏風」と日本美術の愉悦」展

会  場 MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)
     滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
会  期 6月7日(日)まで、8日より展示替え休館。
     ※7月4日(土)より「若冲と蕪村」展開催-会期8月30日(日)まで
休  館 月曜(祝日を除く)
開館時間 10:00~17:00


May 29, 2015

日本一高いビル―大阪・あべのハルカス探訪記


 十数年ぶりに出張で大阪に行く機会ができ、せっかくなので高いところから街を眺めてみようと、昨年オープンした日本一の超高層ビル、あべのハルカスの展望台へ行ってみました。

20150529harukasu_Observatory.jpg 16階から高速エレベーターに乗りガラス張りの天井を眺めていると、あっという間に60階の展望台に到着。高所恐怖症の私には地上300メートル、四方が一面ガラス張りの世界はどうにも足がすくむ思いでしたが,周囲に高い建物もなく遠方まで見通すことができるので、とても気持ちの良いところでした。途中、足元がガラス張りになっているところをへっぴり腰で近寄ってみたりしながら、眼下の景色を満喫しました。

20150529harukasu_Observatory2.jpg その後、16階の「あべのハルカス美術館」で、企画展「昔も今も、こんぴらさん。」をやっていたのでこちらも覗いてみました。長きにわたり庶民から厚い信仰をあつめる讃岐の「こんぴらさん」で知られる金刀比羅宮。ここに所蔵される貴重な絵画や彫刻、民俗資料などを紹介しています。私はこんぴらさんに行ったことはありませんが、入ってすぐに展示されていた「象頭山社頭並大祭行列図屏風」(伝狩野清信筆)には、江戸時代の人たちがこんぴらさんを参拝する様子が描かれており、そこからとても楽しそうな様子が伺われて一緒に旅をしているような感覚を味わいました。

20150529konpirasan.jpg また、円山応挙の障壁画「遊虎図」は、ひとつひとつを見ると少し可愛げのある、丸く太った猫のようなトラが描かれているのですが、東面、北に2面、西面に各4面ずつある襖の展示は、とてもボリュームがあり見応えがありました。テーマからして、入場者はご年配の方々が多いのかと思いきや、若い人も結構いたのが意外でした。入口に可愛い犬のフィギュアが置いてあったりと、若い人でもちょっと寄ってみようかな、という気にさせる仕掛けもされていたように思います。



May 22, 2015

野外のアート散策


 ゴールデンウィークも過ぎ去り、急に暖かく(いや、暑く)なってまいりました。皆様体調管理に気をつけてお過ごしいただきたいと思います。天気の良い日は気持ものびのびとし、戸外に出かける機会も多くなってきます。私自身も、休日ふらりと出かけ、今回は野外で鑑賞できるパブリックアート=彫刻に視点を置いて観て回りました。

20150522saitama_oozoranisumu.jpg 自宅から程近くにあるさいたま新都心は、話題のコクーンシティで賑わいを見せています。新都心駅西側のぺデストリアンデッキは、ランドアクシスタワー、合同庁舎を経て、日本郵政庁舎まで1.2キロほど続きますが、休日は賑わいから外れひっそりとしています。その歩道や広場のところどころにさり気なく立体造形作品が顔を見せています。2000年に完成したこの新都心を特徴づけるデッキの近未来的様相に合わせ計画的に設置されたアートらしく、多様な作品が点在していますが、特に作家と小学生たちのコラボレーションによるというオブジェ作品群が心に響きました。

20150522saitama_hosinisumu.jpg 小さくて愛らしく素朴性を持つ様々な夢の動物が並んでいたり、たくさんの子どもたちの作品を外から貼り付けて球体に形作った作品など、その場所と違和感のない立体が、目と心を愉しませる役割を果たしています。よく注意をしないと気付かないものも多く、こんなところにこんな彫刻発見!という散策の醍醐味を味わえます。発見できていないものもまだまだあるだろうと思いつつ本日はここを後にしました。



20150522kasukabe_jeans_summer.jpg 少し足をのばして、彫刻のある街づくりを標榜する春日部市を訪れてみました。目に付いたのは春日部駅東側の古利根公園橋にある数々の人体彫刻。佐藤忠良、舟越保武など著名な彫刻家を含む格調高い作品群が配置されています。その他駅前通りにも色々な彫刻が見られ、図書館や文化会館、市役所等にも設置されています。彫刻を身近に感じられる、美しく個性的な街づくりで人々に文化的なゆとりやうるおいをもたらそうという春日部市の事業により、1990年代に20体以上が設置されたようです。

20150522kasukabe_tabibitokokage.jpg 叙情性を感じたのはまちなみ公園にある池田宗弘作「旅人・樹陰」という古い自転車を前にたたずむ人の彫刻で、実際に緑豊かな木の下に設置されています。また、2人の離れた少女たちが見えない糸でつながった糸電話で話をしている廣嶋照道作「あのね」(公園橋通り)も懐かしさと深遠な意味を感じました。まだまだ見るべき作品があるはずとは思いながら、帰路につきました。

 野外彫刻は都市計画とも密接に関わるもので、時代・街の景観や目指す効果により設置される彫刻作品の傾向・内容は大きく変わります。さいたま新都心と、春日部駅周辺は明らかに景観が異なり、目指すイメージ、もたらせるものに差異があると思われます。文化的香りが異なる2つの街にとって、それぞれに適合した異なるパブリックアートは、街の重要なファクターとして生命を宿し息づいていました。


May 15, 2015

北陸で巡る2つの個性的な美術館、 及び食と温泉も堪能した事。


 北陸新幹線が今年の3月に開業して富山、金沢が時間的に近くなった。高かったハードルがぐっと下がったのを機に、気になっていた2つの美術館を訪れる事にした。石川県金沢市にある「金沢21世紀美術館」と、富山県下新川郡入善町にある「下山(にざやま)芸術の森 発電所美術館」である。

 東京駅からAM7:20発の北陸新幹線「かがやき」に乗ると、約2時間半後のAM9:54には金沢駅に着いた。この列車は途中の長野駅を出ると、停車するのは富山駅と金沢駅だけである。糸魚川を過ぎて富山県に入って行くと左手の車窓からは立山連峰が白く残雪をかぶって見えて来るので、修学旅行の学生のように心が浮き立って来る。まずは前田利家が治めた加賀百万石の城下町を金沢駅から南東方向へ続く広い道を歩き始める。

 大きな交差点にぶつかり道を渡ると活気のある「近江町市場」に出る。人気スポットとなったこの市場の店々の間を通ると、岩牡蠣、紅ずわい蟹などの海の幸、竹の子などの山の幸が所狭しと並んでいる。店先で食材を調理して提供している店もある。美味しそうな匂いに後ろ髪を引かれつつも先を急ぐ。金沢城址を整備して作られた広くてきれいな「金沢城公園」の中を通り抜けて「兼六園」の案内所前に出る。泣く子も黙る超メジャースポットの「兼六園」には寄らず「金沢城公園」と「兼六園」に挟まれた道を更に進むとそこに「金沢21世紀美術館」があった。

 「金沢21世紀美術館」はヴェネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞ほか数多くの賞を受賞している今話題の妹島和世と西沢立衛のユニット=SANAAが設計した建物である。上空からこの建物を見ると円盤の中に四角や丸の箱が詰め込まれたような独特の構造になっている。展示会場に入る前にまずは腹ごしらえをすることにする。ここにはおしゃれなレストランがあるのだが、お昼時に混雑する事は必至なので早めに昼食を済ませる(近江町市場での我慢はこのためである)。この美術館のレストランは白を基調としたモダンな空間で、建物の曲線に沿った大きな窓から外光が入って来るのでとても明るく、緑の多い外の景色も楽しめる。ゆったりとした席でブリオシュのポタージュグラタンセットとうオシャレなランチをいただいた。前の席では一人お婆さんが、心なし所在なげにジュースを飲んでいた。

20150515pool.jpg 食事が済んだので、まずは入場料を支払って、これを見るために来たという作品に向かう。
 レアンドロ・エルリッヒの《スイミング・プール》。美術館のほぼ中央の中庭にある約縦3m×横4mのこの小さなプールの底は空気のある部屋になっており、観客は地下の通路を通ってそこから水面を見上げることが出来る。プールサイドから作品を鑑賞する者は、水の層を通して、下から見上げている観客を見る事になる。揺らめく水面を通して見るその世界は原理的には単純であるにも関わらす、光や色彩、そして作品の中に取り込まれる観客の動きという要素が複雑に絡み合い、いつまで見ていても飽きることがない。プールの底に差し込む光の波紋も奇跡の様に美しい。

 また美術館をぐるりと囲む庭に設置されているオラファー・エリアソンの《カラー・アクティヴィティ・ハウス》は、3色のガラスの曲面を渦巻き状の家の様にした作品である。観客は作品の中に入り込む事で作品の一部になり、それを外から見ている別の観客が鑑賞する(中の観客も外の観客を鑑賞する)。これらの作品に共通しているのは、鑑賞者が作品に干渉する事で相互作用が起こり、作品が常に流動的な変化をして行く。絵画を一方的に鑑賞する展覧会とは違った双方向の鑑賞スタイルである。

 今ご紹介した作品の他にも恒久展示作品と呼ばれているアートが幾つかある。天井が四角くくり貫かれて、そこから見える空(ペタリと空の写真がはってあるようにも見える)を鑑賞するジェームズ・タレルの《ブルー・プラネット・スカイ》。非常に個人的な作品鑑賞の展示形態をしているピピロッティ・リストの《あなたは自分を再生する》。この作品は個室トイレの中にあり(よって基本的には一人しか鑑賞できない)、洋式便器の前にある円盤状のクリスタルに映し出される映像(血液、汗、排泄物など)を奇妙な音楽と共に鑑賞するというまさに神秘体験。恒久展示作品はいずれも、「どう見えるか、どう理解するか」を見る人に問いかけて来るが、それは頭でっかちなコンセプトアートではなく、目で感じて、心が楽しめるアートである。

 この美術館には入場料のいらない交流ゾーンと呼ばれているスペースがあり、建物の中をドーナツ状に包んでいる。市民が公園感覚で訪れては立ち去って行く、人々に開かれた参加交流型の美術館である。また、託児室やキッズスタジオ(子どもが主体となって作品を制作する空間)などもあり、誰もが訪れ易く出来ており、新しい美術館の可能性を提案している。(※恒久展示作品の一部は無料の交流ゾーンから見ることも出来る。また企画展の内容などにより恒久作品の見られるものが変わってくるので、望みの作品が見られるか事前に確認して訪れた方が間違いない。)

 さて美術館に大変満足したので、今度は街と歴史を堪能したいと思う。金沢城公園から北の方向に百万石通りを進み、浅野川を渡ると国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「ひがし茶屋街」に出る。昔ながらの古い家々には「木虫籠(きむすこ)」と呼ばれている出格子がついており、タイムスリップでもしたように街並を散策出来る。また、川を渡り返して河口方向に入った所には、同じく重要伝統的建造物群保存地区の「主計町茶屋街(かずえまちちゃやがい)」がある。こちらも川沿いに昔ながらの茶屋が並ぶ風情ある通りである。明治の中頃には多いににぎわったとされ、隣町に住んでいた泉鏡花の作品にもこの辺一帯の事が書かれているそうである。そう聞くと、古い街並の路地の奥にはなにやら妖気めいた気配を感じる。

 歴史ある城下町を散策していたら、宵闇が迫り涼しい風が吹いて来る。続いてはやはり食を堪能しない訳にはいかない。新鮮な海の幸を食べさせてくれるお店を教えてもらい入る。この店はオーダーしたものを自分の前にあるコンロで焼いて食すスタイルらしい。メニューを見ると「ガス海老」、「ゲンゲ干物」、「金時草(きんじそう)のおひたし」といったあまり聞き慣れない品がある。「ガス海老、ゲンゲとはどのようなものか?」と店の主人に聞くと、「ガス海老はガス海老だ、ゲンゲは不細工な深海魚だ。」との返事。ともかく北陸ならではのもののようなのでを食してみようと、岩牡蠣とそれら3つを注文する。

 ゲンゲは正しく不細工な魚で、これが干物にしてあるからミステリードキュメントに出てくるような小さい人魚のミイラみたいである。味はししゃもに近い感じか...。ガス海老は甘みがあり、かりっと塩焼きにして殻まで食べた。ガス海老は鮮度が落ちるのが早いために東京近辺にはあまり出回っていないようである。金時草は加賀野菜と呼ばれているものの一つで、見た目のぬめりっぽさから想像できないシャキシャキとした歯ごたえがあった。地元の美味しいものと石川県加賀市にある橋本酒造の十代目という酒をちびりちびりとやりながら、金沢の夜は更けて行った。

 次の日は富山湾を見ながら第2の美術館「下山(にざやま)芸術の森 発電所美術館」を目指した。まずは能登半島の付け根の辺りにある高岡へ行き、そこから富山湾内の西側の氷見へ移動する。高岡では「高岡御車山祭(たかおかみくるまやままつり)」という祭りの日の昼前に着いたので、街の通りで祭りの準備が進められていた。

 豊臣秀吉が時の天皇を聚楽第に迎える際に使用した御所車にルーツを発するという歴史のある祭りである。私が偶然見た山車も黒塗りに螺鈿細工がきらびやかに光る格式のあるものであった。石川、能登は江戸時代より美術工芸を奨励した事もあり、その技術がふんだんに生かされているのであろう。さらに氷見では名物「氷見うどん」と「ホタルイカの沖漬け」をいただいた。氷見うどんは普通のうどんと、にゅうめんとの中間ぐらいの細いうどんである。これがあっさりとした薄味の汁に入っているので、するすると喉を通って行く。また「ホタルイカの沖漬け」は、イカの旨味がギュッと詰まった濃厚な味で、小さな一匹でご飯がぐいぐい食べられる美味しさであった。

 腹を満たして富山湾を東の方へぐいぐい移動する。富山市の海岸線にある「古志の松原」付近からは、立山連峰が望めて大変風光明媚である。さらに東に移動して滑川を過ぎると湾は北に曲がり始める。その先の魚津の辺りの海岸線は蜃気楼が見える事でも有名である。残念ながら私は見る事が叶わなかったが、確かに沖の方では海と空が一つに解け合ってねっとりとしている様は、現実的ではないような現象が起きるのに相応しい場所である。

20150515NizayamaForestArtMuseum.jpg さらに東に向かい、黒部川を越えて入善に入ると、そこは黒部川が作り出した広大な扇状地が広がっている田園地帯になる。この田園の中に目指す第2の場所、「下山(にざやま)芸術の森 発電所美術館」がある。取り壊される予定だった水力発電所を美術館として再生したという珍しい施設である。施設は展示会場の発電所美術館、レストラン棟、展望塔、アトリエなどいくつかの建物が分散してある。大正時代のレンガ造りの趣を残す発電所美術館は河岸段丘の下側にあり、上から引かれた巨大な導水管が2本、館内に口を開けて残っている。その他にも巨大なタービンをはじめ発電設備が残されており、そちらを見学するだけでも楽しい。水力発電所と美術館の両方が好きな私には一粒で二度美味しい美術館である。

 展示スペースは広く天井の高さも約10mあるので、立体作品の企画展が多いそうであるが、今回は開館20周年記念展という事で過去の企画展開催作家26名の作品が平面、立体交えながら展示されていた。駅から遠いせいか、人が少なくて美術館の建物自体と作品を心行くまで鑑賞できたのも嬉しい。美術館を出て河岸段丘に取り付けられた急峻な階段を上るとレストラン棟、展望塔等がある。大変残念なことにレストラン(お茶だけの様)はまだ開店していなかったが、そこからは扇状地を一望できそうな眺めの良いテラスもあった。気を取り直して展望塔に登る。頂からは目の前に残雪の立山連峰が望める。立山連峰を背景に田園の中に佇むレンガ造りの建物はとても美しかった。

 さて旅の終わりに、近くの日帰り温泉で疲れを流して行く事にする。浴場の大きな窓からは、初夏の日差しが燦々と入って来る。お湯は滑らかで透明感があり、肌にしっくりとなじむ。飲料用の温泉を口に含むと鉄分とナトリウムの味がした。風呂上がりに休憩した食堂からは立山連峰の山々がくっきりと見える。帰りの駅に行く途中、日本三奇橋といわれた愛本橋を渡ってみる。橋の上から上流を見ると山々の雪解け水が豪快に流れて来る。下流を望むと扇状地の田んぼに水の恵みをもたらし、富山湾に注いで行く広々した川の流れがある。新幹線に乗る黒部川宇奈月温泉駅に着き、立山連峰を望む青空のもと、ご当地キャラのジャンボ~ル三世(入善は巨大なスイカが特産)が印刷されたスイカ最中を食しながら東京行きの新幹線の到着を暫し待った。

 東京に帰ってすぐ、本屋で宮本輝が今年4月に出版したばかりの「田園発 港行き自転車」(集英社)という本に出会った。この本に出て来る場所が富山県、入善、愛本橋というように、今回の旅と妙な共通点があった。この本を読んでいただければ、私の駄文で伝わらない、富山湾から入善にかけての雰囲気を感じていただけると思う。



April 17, 2015

艶やかで美しい金沢箔の工芸品「箔一」ご紹介


20150417hakuichi_goldleaf.jpg いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。桜も散り春本番かと願いたいところですが、冷たい雨が肌寒い今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 私は先日、表参道の裏道散策をいたしました。大通りの賑やかさとは一変し、独特の静けさがある裏通りは、グルメやファッションの穴場が多く、新しい発見をする楽しみがあります。この度は、ひときわ黄金の輝きを放ちつつも、ひっそりと佇む素敵な店舗を発見したのでご紹介いたします。


20150417hakuichi_tumbler.jpg HAKUICHI「箔一」。その名の通り、金箔を施した工芸品を数多く取り扱っている店舗です。私はその美しさに惹かれ、店舗内にお邪魔してお話しを伺いました。

 日本における金箔のシェアが99%という金沢の中でも、唯一の金箔総合メーカーであるこの「箔一」は1975年に創業。当初は「箔屋と呼ばれる箔材料を卸す仕事」に留まっていたようですが、オイルショック後の不況によって材料である箔業界が大ダメージを受けたことをきっかけに「日本の伝統工芸の継続・繁栄のためにできること」として「金沢箔工芸品の独自製造」に着手したそうです。


 現在は更に新たな価値を創造するべく、建築業界(東京スカイツリーや成田国際空港ターミナルの装飾)、化粧品業界(エステ金箔)、食品業界(食用金箔)等々、幅広く展開しています。当部の事業においても、今後何かしら共同作業ができれば幸いと思いました。

 お話しを伺った後、「桜の形をした金箔が浮かぶお茶」をご馳走になり、春の暖かい気分を満喫することが出来ました。豪華絢爛、華やかな金箔工芸品の品々。表参道に来た際はぜひ裏通り散策をして、この美しい店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。


20150417hakuichi_image.jpg


HAKUICHI「箔一」
 住 所 〒107‐0062 東京都港区南青山5‐7‐21 芥川青山ビル1階
 公式HP http://www.hakuichi.co.jp/


March 27, 2015

森のイノセントワールド


20150327g_entrance.jpg 温かさと寒さがせめぎ合う3月。まだまだ寒さが勝るこの日、埼玉県伊奈町の高校で開催された中学生の剣道大会を観戦したあと、高校の近くにあった気になるギャラリーを訪れました。

 「寧(ねい)」という名のカフェギャラリーです。表札のある門の奥はうっそうとした自然味豊かな雑木林で、なかなか建物が現れず小径がなければ森に迷いこんだような印象です。



 お稲荷さんの小さなお堂の先にテラスと土壁の洒落たカフェの建物が現れました。入口がどこか迷いつつ、素朴な木の扉をあけると抽象的な平面作品が飾られているギャラリー空間に出会え、ほっとしました。

20150327gallery_display.jpg この日は日本在住のフランス人女流作家、エザール・ドミニックさんの個展が開催されていました。作品は和紙を墨で滲ませたモノトーンので世界で、木目を版画のように墨で写し取った作品もあります。
題して「ウツス"deplacement"」(3月25日終了済み)。



20150327DominiqueHezard_works.jpg 美しい森のような庭の佇まいが眺められるカフェで、薪をくべた本物の暖炉に温まりながら、キーマカレーセットをいただいたあと、歴史ありそうな隣の母屋で行われているドミニックさんのインスタレーション展を見せていただきました。




 ところどころ畳をはずして重ね、外したところには和紙を置いたり、木目を写した和紙作品が壁に掛けられていたり。整然とした緊張感の中に和の落ち着いた温もりを感じる作品でした。作者と話をしたところ、作家としての思いはあるものの、それを饒舌に説明することなく、鑑賞者それぞれの感じ方をしてもらえたらということです。

20150327cats_hall.jpg そのあと、接客いただいた浜野茂則さんという画家であるオーナーが作成した、猫堂という猫の頭を彷彿させる小さなお堂を鑑賞。中には猫に関わる様々な制作物が置かれ、不思議な世界観を放っています。ドミニックさんとは対照的なイメージで、剝き出しの情熱が伝わってきます。



 このカフェギャラリー全体のたたずまいは、浜野さんの味わいある作品の個性と別世界の展示イベントが不可思議に同居し、無垢な懐かしさに先鋭的で端正な安らぎが重なる幻想空間の趣きです。



■イノセントアートギャラリー&カフェ「寧」

 所 在  埼玉県伊奈町大針635-4
 電 話  048-723-7371
 営業時間 11時~19時
 定休日  木曜日

なお、3月27日(金)より4月8日(水)まで、写真展「タペストリー&キャンバスで表現する!」を開催しています。

February 27, 2015

東京都庭園美術館リニューアルオープン


20150227_ReneLalique_work.jpg 2011年より約3年間という長期間の改修工事を経て、2014年11月、港区白金台の「東京都庭園美術館」がリニューアルオープンしました。四季折々の自然に囲まれた閑静な美術館。私は昔からのファンで再開を心待ちにしておりました。

 「東京都庭園美術館」本館は、香淳皇后の叔父にあたる朝香宮鳩彦王が皇籍離脱までお過ごしになられた邸宅で「旧朝香宮邸」とも呼ばれています。ヨーロッパの装飾様式であるアール・デコ様式を用いて1933年に建てられました。主な部屋の内装基本設計はフランスの装飾美術家:アンリ・ラパンが担当、また正面玄関にある女性像のガラスレリーフや大客室のシャンデリアなどはフランスの宝飾デザイナー兼ガラス工芸家:ルネ・ラリックの作品です。この優雅な装飾がなされた歴史的建造物は建物そのものが美術品と呼べるほど貴重であり、迎賓館などで使用された後、1983年に都立美術館として一般公開が開始されました。

20150227teien_art_museum.jpg 現在は、開館30周年を記念した展覧会『幻想絶佳:アール・デコと古典主義』を開催中です(4月7日(火)まで開催中)。同展は前述の「アール・デコ(1910年代半ばから1930年代にかけてヨーロッパで流行・発展した装飾様式)」をテーマに、古典主義のアール・デコ作家たちのが生みだした幻想とイマジネーション溢れる世界を、家具・磁器・銀器・ガラス・ドレス・絵画・彫刻などを通じて紹介するものです。また、当時のサロンや博物館で行われた生活空間を再現するようなアンサンブル展示をはじめ、植物からの引用や有機的な曲線の「アール・ヌーボー」に対し、直線と円などを組み合わせた幾何学パターンが特徴の「アール・デコ」との相違点に着目した解説映像など、様式の魅力を多角的な展示から観て感じ取ることができる構成になっています。

20150227teien_art_museum_interior.jpg JR目黒駅から徒歩7分、白金台駅から徒歩6分というアクセスしやすい立地にある「東京都庭園美術館」。現在も庭園エリアは工事を行っておりますが、2015年春には随時公開を予定しているそうです。改修された新館には、カフェ「Café du Palais(カフェ ド パレ)」やミュージアムショップ「Noir(ノワール)」も併設され、庭園風景を一望できます。暖かな春のアート散歩としてお薦め。ぜひ一度足を運んでみてください。



東京都庭園美術館
・ 住所 〒108-0071 東京都港区白金台5丁目21番9号
・ 公式HP http://www.teien-art-museum.ne.jp/

February 20, 2015

日本橋人形町界隈とドイツパンの名店


 先日、家内と日本橋人形町界隈を廻ってきました。日本橋人形町は日本橋の東側に位置し、日本橋川と隅田川に囲まれた一帯です。人形町という町名は人形関連の仕事に携わる人々が多く暮らしていたことに由来します。江戸の初めより歌舞伎や人形芝居の小屋、見世物小屋などが立ち並ぶ歓楽街で多くの人々で賑わいました。演劇の殿堂・明治座や安産祈願で有名な水天宮があります。人形町で特に人気なのが「甘酒横丁」で昔ながらの風情を漂わせるお店が数多く軒を連ねています。行列ができる人気の老舗として有名な卵丼の「玉ひで」やすき焼きの「人形町今半」もこのあたりです。

 私たちが人形町を訪れたのは甘酒横丁の少し先、浜町緑道(りょくどう)沿いにあるドイツパンの名店が目当てでした。そのお店タンネさんは都内でも珍しい南ドイツのパン専門店です。1993年創業といいますから今年で22年となります。江戸の風情を色濃く残す人形町界隈とドイツパンのお店は一見変わった取り合わせのようですが、明治時代を思い起こす洋館風の店構えがしっくりと街に馴染んでいました。

 店内には魅力的なパンやクーヘン(ケーキ)が幾種類も並べられ、どれを買おうかと思わず迷ってしまいました。(カタログの写真を数えたらなんと95種類もありました!)またテーブル席(イートイン)が設けられていてドリンクとソーセージなどのプレートと一緒に購入したパンをその場で食べることができます。私たちは独特の酸味が味わい深いライ麦の黒パンを、これまた絶品のハーブ・ソーセージとともに美味しくいただきました。

 タンネさんはスウェーデンのエクスペリエンス・デザイナー、ジョセフィン・ヴァリエ氏が行うプロジェクト「リビング・アーカイヴ」(人と天然酵母を廻るストーリーや知識を交換、共有するアーカイブ)に参加されています。ヴァリエ氏のプロジェクトは2月1日まで六本木の「21_21デザインサイト」で開催された企画展「活動のデザイン」で紹介されタンネさんの天然酵母も出品されていました。会期中に行われた作家を囲むトークイベントには職人さんもコメンテーターとして参加されたとのことです。私がお店に伺った日には出品された天然酵母でつくったパンも販売されていました。

ドイツパンのお店 タンネ
場所 東京都日本橋浜町2-1-5
電話 03-3667-0426
時間 平日8:00~19:00、土8:45~18:00(日曜、祝日はお休み)




20150220DeutschBrot.jpg


 さて、間もなくお雛祭りですね。今年は琳派四百年の記念イヤーということで琳派がらみの様々な展覧会、イベントが開催されます。そこで当社ラインナップのなかから江戸琳派の祖、酒井抱一が描いたお雛さまをご紹介いたします。

houitsu_kamibinazu_S700x250pix.jpg


houitsu_kamibinazu_F400x250pix.jpg


彩美版®・酒井抱一 《紙雛図》 軸装/額装
販売価格 各90,000円+税


<仕様体裁>
原画 逸翁美術館 所蔵
技法 彩美版®
本紙 特製絹本
証明 奥付に所蔵美術館の承認印を押捺
発行 共同印刷株式会社

■軸装仕様
表装 三段表装
材料 天地:無地
   中廻:焦茶二重蔓牡丹緞子
   風袋・一文字:新金襴
   軸先:為塗り
   箱:柾目桐箱、タトウ付き
画寸 縦70.0cm×横28.2cm
軸寸 縦161.0cm×横44.0cm

■額装仕様
額装 特注木製和額、アクリル付き
画寸 縦70.0cm×横28.2cm
額寸 縦87.5cm×横42.3cm
重量 約2.4kg

※ 「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。
※ ドイツパンの写真はイメージ画像です。

February 13, 2015

東京都美術館「新印象派」展

20150213tobikan.jpg いつもブログ「美術趣味」をご覧いただき、まことにありがとうございます。2月に入り一段と冷え込んでまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 私は先日、上野の東京都美術館で「新印象派-光と色のドラマ」展に行って参りました。19世紀後半の絵画の革新運動「新印象派」にスポットライトを当て、スーラ、シニャックに始まる運動の流れを時代を追って入念に検証し、20世紀フォーヴィズムの画家マティスにまでつなげる、「色彩表現の変化の軌跡」を仔細にたどった実に気宇壮大な展覧会です。

 モネやルノワール、セザンヌに代表されるフランス印象派は、光のきらめきや色の彩度を追求し、きめ細やかな筆触で自然や風景をキャンバスに描き上げました。その様式を新印象派の画家たちは、光や色彩の科学的理論に基づく点描画として更に発展させました。惜しくも早逝したスーラに代わり、理論家のポール・シニャックを運動のキーマンとし、本展覧会はその運動の生成と発展を多彩な展示作品により、あたかもドラマを見るように巧みに描き上げます。鑑賞者の目の中に混ざるように配置された作品の細密な点が、光と色彩のモニュメントを築き上げるがごとく、私には新印象派の歴史が腑に落ちるように伝わってきました。

20150213neo-impressionism.jpg 中でも注目はやはり、新印象派を牽引したジョルジュ・スーラ(1859‐1891)の作《セーヌ川、クールブヴォワにて》でしょうか。揺れる水面と陽光の移ろいをスタティックに描出し、観るものの佇まいを正すような印象的な作品です。スーラは生来寡作であり、31才の若さで亡くなったため、残された作品は少ないのですが、シカゴ美術館が所蔵する門外不出の《グランドジャット島の日曜の午後》(1886年最後の印象派展出品作)をはじめとして、ロンドン・ナショナル・ギャラリーの《アニエールの水浴》、オルセー美術館の《サーカス》など、どれも質の高い作品ばかりであり、近年改めて注目を浴びている画家のひとりです。


 今話題の展覧会に、皆さまもぜひ足をお運び下さい。




【「新印象派-光と色のドラマ」展】
会 場 東京都美術館
会 期 2015年1月24日(土)から3月29日(日)まで(月曜休室)
時 間 9:30~17:30(金曜は20時まで)




 なお、弊社では文中でも触れたスーラの代表作である、《グランドジャット島の日曜の午後》のアートレリーフ™複製画をお取扱いしております。貴方のお部屋のインテリアとして、大切な方への記念品、贈り物としてお勧めいたします。


georges_seurat_grandejatt_350x400pix.jpg


ジョルジュ・スーラ 《グランドジャット島の日曜の午後》
販売価格 50,000円+税

<仕様体裁>
技法 アートレリーフ™※
画寸 M15号
額寸 63.5×83.0cm
重量 4.3kg
額縁 特製木製洋額
原画 シカゴ美術館所蔵
発行 共同印刷株式会社

※アートレリーフ™とは
原画を思わせる絵の具の盛り上がりや筆のタッチを忠実に再現し、キャンバスに仕上げた特殊な複製画です。絵の表面の盛り上がりを直に触ってお楽しみいただけます。


February 6, 2015

冬の長瀞で山羊に和む


20150206PNB-1253_entrance.jpg 寒風にいたぶられる1月末、季節外れの長瀞に出かけました。シーズンではないため、花園ICも国道も実にすんなりと通り抜けてきました。冬枯れのほんのり赤味を帯びたグレイトーンの山々は雲間から日の光を部分的に浴びて美しい輝きを見せていました。本来ライン下り、カヌー、ラフティングの名所である皆野町。今はひっそりとし、荒川上流の澄んだ水は季節に関わらず連綿と流れているものの、人のいない河原は静かな水音のみが響き、時が静止したかのような落ち着きを覚えました。

20150206tsugumi_zuanten_works.jpg そんな親鼻橋の河原近くに、「PNB-1253」という洒落た名前のブック・カフェ・ギャラリーがありました。ラフな手作り看板や地味めな建物外装が、際どくアート感を滲み出しています。この日は『〈継組図案店〉デザイン工房・継組tsugumi』と称して、アルミパネル、折り紙、テキスタイルなどのデザインを展示していました。作者はたかはしふみこさんという秩父在住のデザイナーだそうです。自然をモチーフにした連続性のあるデザインは形も色彩も非常に高いセンスを感じます。理屈ではない恣意的好みを配慮した図案の本質を見る気がしました。(2月11日まで開催)

20150206PNB-1253_shop.jpg すっきりしたギャラリースペースの奥の、味わいある店内は、リラックス空間そのもの。ブックコーナーは、オーナーの好みの写真集や詩集、少年文学などが置かれ、珈琲を飲みながら好きな本の頁を捲ることができます。自分の書棚のような親近感を覚えました。全面サッシの外は素朴な野と雑木林の風景。その敷地には飼われている山羊くんがのんびりリラックスしていました。彼の存在がこの場所の雰囲気を象徴するかのようです。空には光を浴びた雲がゆっくり流れていました。

20150206butti_the_goat.jpg このギャラリーでは保坂彩樹という写真家の個展がくり返し開催されているようでした。
モノの存在の不可思議を、さり気ない対象を通じてシンプルに捉え、抑制した色調にフィルム現像・手焼きの温もりが加わる独特の作風です。オーナーに尋ねると案の上、保坂氏はオーナーご本人でした。もともと商業カメラマンとして働いていたが芸術表現としての写真に専念すべく2008年に自然豊かなこの地で、このカフェギャラリーを立ち上げ、撮影活動の傍らカフェという人を集める場を営み、作品発表の場にしているとのことでした。写真に用途を持たせて利用したくないという意向の言葉が印象的でした。

 企業カレンダー制作に携わる筆者としては気になり、最後にもし企業カレンダーに作品を起用させてほしいとオファーが来たらどうするか尋ねると、それはそれで嬉しいことなので、企画内容を検討し、納得できればお引き受けしたいということでほっとしました。

 帰りは近くにある「埼玉県立自然の博物館」に寄り、閉館前の短時間にあわただしく鑑賞しましたが、ここはここで意外に面白く、よりじっくり見たいと思いました。



■PNB-1253
住  所 埼玉県秩父郡皆野町大字下田野1253-1
電  話 0494-62-6323
営業時間 11時~19時(冬季は18時30分まで)
定 休 日 水曜日・第一木曜日


December 26, 2014

巨大壁画・秋田の行事


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。
 いよいよ年の瀬も近づき、年内最後の更新です。

 さて、先日巨大壁画・藤田嗣治作「秋田の行事」が飾られている秋田県立美術館へ行って参りました。
 「たった一枚の絵を観に行く。旅に出る理由は簡単でいいと思います。」
たしかそんなフレーズで、数年前JR大人の休日倶楽部キャッチコピーで紹介され、女優の吉永小百合さんが一枚の絵画を観るために旅へ出るというものです。まさにその場所でしか観られない絵画の圧倒的な迫力を感じるために、思いきって観に行く。そんな姿を描いた広告でした。

20141226akita_museum_of_art.JPG 所蔵の秋田県立美術館は、藤田嗣治作品を中心とする秋田の資産家・平野政吉コレクションと、現代の芸術表現の場としての県立ギャラリーを持ち、秋田の文化を伝え、訪れる方々に芸術の感動と、芸術と共にいきることの喜びを届けることを目的に開設されました。現在の建屋は2012年にリニューアルオープンした新美術館で、世界的建築家の安藤忠雄氏設計のもと、コンクリート打ちっぱなしの斬新なデザインとなっています。カフェスペース眼前に広がる池から旧美術館も望むことができる造りになっています。

 藤田嗣治はフランスで最も有名な日本人画家と言われ、平野政吉の依頼によって描き上げたのが、制作当時、世界最大を誇った巨大壁画「秋田の行事」です。大きさはなんと縦3.65メートル、横20.5メートルの巨大な作品です。こんな大きな作品を藤田はなんとたったの15日で描き上げてしまったとのことです。秋田の自然、風俗、祭り、産業、歴史・・・時代の空気、人々の息遣いまで描き切った大作ですが、日本人であればどこか懐かしい感じさえします。

 そして、来年(2015年)秋には藤田を題材にした日本フランス合作映画「FOUJITA」(小栗康平監督・主演オダギリジョー)が公開予定となっており、なにかと話題になりそうな年です。

 それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

December 19, 2014

生誕200年を記念し東京・丸の内で開催中の「ミレー展」


 いつもブログ「美術趣味」をご覧いただき、まことにありがとうございます。
今年も残すところ後わずかとなりました。皆さまも気忙しい日々をお過ごしのことと思います。

20141219mitsubishi_museum2.jpg 私は先日、東京丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「ミレー展」へ行って参りました。自然・農民・労働をモチーフに、厳格で力強い写実的な描写を取り入れながら登場人物に崇高な愛情を注いだ、フランスの国民画家ジャン=フランソワ・ミレーの傑作群をまとめて見る貴重な展覧会でありました。

 会場の三菱一号館美術館は丸の内界隈でもひと際目を引く、瀟洒な赤煉瓦作りの美術館として有名です。この秋、10月に開幕した「ミレー展」は、つい先日私が訪れた時も老若男女を問わず大盛況でした。

20141219ex_millet_display.jpg 日本では明治期より洋行帰りの画家たちを通じてミレーの知名度が広まり、一般庶民にまで浸透し、現在のミレー人気に至りました。一方、アメリカのボストンでは早くも19世紀の半ばからミレーの人気が高まり、市民愛好家たちが競って質の高いミレー作品を所蔵したとのことです。後年それらの作品が、ボストン美術館のコレクションの中核となり、今回の展覧会でもミレー作品だけで25点が出品されました。

 自然を深く愛したミレー(1814‐1875)はフランス、ノルマンディー地方の農村生まれ。若くして画家を志しましたが、世に認められずしばらく不遇を託ちます。1849年、35歳の年にパリ近郊のバルビゾン村に居を構え、農民たちの田園生活を描くことに傾注、ミレー芸術が大きく開花するにつれ世間の評価も高まり、後年にはフランス画壇の傑出した存在となりました。

 本展覧会の目玉は「ボストン美術館三大ミレー」を謳う《種をまく人》、《羊飼いの娘》、《刈り入れ人たちの休息》3作品の公開です。特に《種まく人》(「を」を取った方が画題にインパクト有り!)は、表現の激しさと荒らしさ、暗い色調の画面、背景と人物とのコントラストが主役の農民を英雄的に浮き立たせ、リアリズムを超えた記念碑的/神話的なアウラを放ち、鑑賞者に深い感銘を与えます。この素晴らしい展覧会に、皆様もぜひ足をお運び下さい。



【ボストン美術館 ミレー展 ― 傑作の数々と画家の真実】

 会 場  三菱一号館美術館
      東京都千代田区丸の内2−6−2
      電話 03-5777-8600

 会 期  2014年10月17日(金)から2015年1月12日(月)まで
 休 館  月曜(祝日を除く)、年末年始12月29日(月)から1月1日(木・祝)まで
      ※「ミレー展」好評により12月27日(土)、28日(日)は特別開館
 開館時間 10:00~18:00 ※金曜は20時まで
 入場料(当日券) 一般1,600円、高校・大学生1,000円、小・中学生500円




millet_Des_glaneuses400pix.jpg

 当社ではミレーのもうひとつの代表作である《落穂拾い》の複製画をお取扱い致しております。お部屋のインテリアはもちろん、貴方の大切な方への記念品や贈り物としてお進めいたします。

ジャン=フランソワ・ミレー 《落穂拾い》
販売価格 30,000円+税


<仕様体裁>
原 画  仏・オルセー美術館所蔵
技 法  アートレリーフTM
画 寸  F5号
額 寸  44.0×52.0cm
重 量  2.1kg
額 縁  特製木製額、アクリル付き
発 行  共同印刷株式会社

アートレリーフTMについて
油絵のマチエール(画肌)を再現することを目的として当社が独自に開発した特殊な樹脂加工技術です。
パレットナイフを使った大胆な表現による絵の具の盛り上がりや画筆の繊細なタッチなど、油絵独特の画面の質感を立体的に再現することができます。仕上げに木枠に張ったキャンバスを用い、あたかも実際に油絵の具でキャンバスに描いたかのうような質感を再現しています。
当社のアートレリーフTM複製画は小・中・高等学校の教材や美術館の展示用レプリカ等にも用いられています。

December 12, 2014

漫画と盆栽の町


 さいたま市北区盆栽町にある大宮盆栽村は、その昔、東京の文京区団子坂付近に住んでいた多くの盆栽職人が関東大震災を契機にこの土地に移り住み、たくさんの盆栽園を有する自治共同体となったのが始まりで、現在も世界的な盆栽の聖地と言われています。今季一番の急激な寒波が訪れたその日、その盆栽村に近接する2つの公立美術館を訪れました。

 閑静な住宅街は石畳と木目のマップ標識で統一され綺麗に整理された印象です。庭の敷地にいくつもの盆栽鉢が見える盆栽園も目にします。住宅の1つの様にさり気なく溶け込む「さいたま市立漫画会館」に到着。一部工事中でしたが、普通に観覧できました。入場は無料です。

20141212manga_museum.jpg この美術館は1966年に創設された日本初の漫画に関する公立美術館です。近代風刺漫画の先駆者で、日本初の職業漫画家といわれる北沢楽天の晩年の住居跡に建てられました。楽天は英字新聞社で西洋漫画の手法を学び、当時評価が低かった風刺画を、近代漫画として確立させました。その活躍ぶりは語り尽くせぬもので、明治から昭和にわたり、新聞や雑誌で、政治・社会の世相を巧みに捉えた風刺漫画や、ユーモラスなコマ漫画などを描き、後継の多くの漫画家に影響を与えました。ここには楽天の晩年の作品や愛用品が常設され、画室もそのまま保存されています。生前からあった日本庭園も鑑賞でき、穏やかな晩秋の風情を楽しめました。

20141212manga_museum_garden.jpg この日は企画展として、「さいたま市民漫画展2014」の展示会初日でした(2015年2月15日まで開催)。この漫画展は小学生から一般まで、国内外・プロアマを問わず作品を募集し、審査するコンテストです。毎年開催され来年30回目を迎える、全国で最も長く続いている漫画応募展です。11月に先行して同じ展示会を別の公共施設で開催済みということもあり、あまり鑑賞者は来ていませんでした。実は恥ずかしながら今回初入賞した筆者の作品も展示されています。今回の募集テーマは「しあわせ」でしたが、展示された小学生の素直な「しあわせ」観は、あらためてほのぼのとした気分にさせてくれました。

20141212oomiya_bonsai_museum.jpg ここから北へ数分歩くと「さいたま市大宮盆栽美術館」があります。こちらの建物も付近の住宅と違和感ない容姿で佇んでいます。盆栽文化を広く人々に親しんでいただくことを目指して、2010年に開館しました。盆栽というと、高齢者の渋い趣味という印象をもっていましたが、ここに展示されている作品は、そういうイメージよりも作品としての秀逸さに目を奪われます。

 展示室は、盆栽に関する知識を記載した解説パネルと季節に合わせて選定された盆栽がブース毎に展示されています。たくさんの美しく赤い実のなった作品が印象的でした。

 続いて「座敷飾り」として3種類の異なるスタイル(真・草・行)の床の間の見本が設営され、各部屋の特徴に合わせて、盆栽と掛軸が展示されています。掛軸と盆栽は密接に関わりあると感じました。

20141212bonsai_museum_garden.jpg 最後に戸外の盆栽庭園を鑑賞。常に40~50点の名品が見られます。ただひたすら寒かったので、スピーディーに見て廻り、建物内に戻りました。残念ながらこの日は展示替え期間で企画展示の開催はありませんでした。

 盆栽は人が自然に働きかけ、一緒に作り上げていく生きた芸術作品。優れた作品にはそこへ到達し維持するために想像を超えた根気がいるのではと敬服します。



■さいたま市立漫画会館

 さいたま市北区盆栽町150番地   
 TEL 048-633-1541
 開館時間 9:00~16:30
 休館日  月、祝日の翌日 年末年始

 
■さいたま市大宮盆栽美術館

 さいたま市北区土呂町2-24-3
 TEL 048-780-2091
 開館時間 11月~2月=9:00~16:00  3月~10月=9:00~16:30
 休館日  木曜(祝日の場合は開館) 年末年始 臨時休館あり
 観覧料  300円(20名以上の団体料金200円)


November 14, 2014

紅葉の中に佇む 滋賀県立近代美術館より


201411_Siga_ModernArtMuse.JPG 皆さま、滋賀県にある「びわこ文化公園」をご存じでしょうか。この公園は琵琶湖や比叡山、湖南アルプスを望む湖南丘陵地一帯を滋賀県が都市公園として整備を進めているものです。その中でも県立近代美術館、県立図書館、県埋蔵文化財センター等を含む地域は「文化ゾーン」と呼ばれ、茶室や日本庭園、こども広場や催し広場など、多くの人のふれあいの場として利用されています。



201411_YukihikoYukiEx_Banner.JPG わたしは開館30周年を迎える県立近代美術館の特別展『「遊亀と靫彦」-師からのたまもの・受け継がれた美-』へ行って参りました。国内で最も小倉遊亀作品を所蔵している滋賀県立近代美術館において、今年は小倉遊亀生誕120年、安田靫彦生誕130年という記念年ということもあり、大規模な展示会が開催されています。現在、自然に囲まれたこの公園は美しく紅葉が色づいています。ぜひ足を運んで秋を堪能してみてはいかがでしょうか。





 当社は、来月12月の発売を目標として滋賀県立近代美術館が所蔵する小倉遊亀画伯の名作を彩美版®にて刊行する準備を進めております。詳細は近日発表いたしますのでご期待ください。



【遊亀と靫彦-師からのたまもの・受け継がれた美-】
会 場: 滋賀県立近代美術館
     〒520‐2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740‐1
     TEL:077‐543‐2111
会 期: 2014年10月11日(土)~11月24日(月・祝) 毎週月曜休館
観覧料: 一般1,100円、高大生800円、小中生600円 団体割引あり

October 24, 2014

小江戸美術散策


 翌日は関東に台風が直撃すると目されていた曇り空の休日、気分だけでも晴れやかにと、久しぶりに好きな街・川越を訪れてみました。

 いうまでもなく川越は、小江戸の異名を持つ通り江戸時代の城下町の風情が色濃く残されており、歴史を刻まれた建物やそれを大切にする景観づくりがとても魅力的です。私にとっては街そのものがアートであり、心和むドリームランドです。見るものが尽きない中で、今日は美術館を中心に散策することにしました。

201410yaoko_museum.jpg
 氷川神社と新河岸川のすぐそばにヤオコー川越美術館がありました。2012年開館の新しい美術館です。小ぶりながらその洗練された未来的外観は不思議な存在感があります。直線の建物に緩やかな曲線の道を組み合わせた、計算された造形美。建築設計は、世界的建築家・伊東豊雄氏の手によるそうで、建築雑誌などにも紹介され、海外からも建物を見に訪れる方がいらっしゃるそうです。

201410yaoko_exhibition_room.jpg
 展示作品は、写実絵画の巨匠、三栖右嗣(みす ゆうじ/1927~2010)画伯の作品で、美術館自体、画伯の記念館となっています。迫真の写実的描写で桜花や人物画を描いていますが、とりわけ今回の展示では一連の林檎の作品が取り上げられていました。単なる静物としてではなく、自然風景の中にある生命体として、その生と死、再生を見つめ続け、作品にしています。150号大の大判・モノトーンのリトグラフ<林檎の樹>は墨画のように勢いある筆致やはねが迫力いっぱいで目をひきました。シャープな三栖画伯の作風はA.ワイエスを連想しますが、やはり画伯も敬愛していたようでした。

201410yamazaki_museum_entrance.jpg
 この美術館とは対照的に、川越に根付く歴史を想わせる山崎美術館は、全く異なる味わいがありました。江戸時代から続く菓子店・亀屋のオーナー山崎家が、その蔵や工場を改造して、1982年に開館した美術館です。川越藩のお抱え絵師だった日本画壇の巨星・橋本雅邦の作品コレクションを中心に公開しています。3つほどの部屋に分かれており、もと土蔵らしき1番目の部屋には和菓子の木型や技法書など、続く2番目の部屋には浮世絵、ランプ、千両箱など骨董品が展示されています。

201410yamazaki_exhibition_room.jpg
 さらに3番目は、格子戸をあけ靴を脱いで上がる広い部屋です。ここで橋本雅邦や他の日本画家作品が鑑賞できるのですが、他に花瓶類やアール・ヌーボー調の食器なども展示されています。博物館のような印象ですが、美術館を設立した六代山崎嘉七氏の、コレクションは全てお見せしたいというサービス精神が伝わります。雅邦の作品はこの日、恵比寿、大黒、兎、蓬莱山、そして昇龍の5点が展示されていました。昇龍は雅邦60代半ば頃の作品で、波頭を蹴って天空に昇る龍をスピード感あふれる構図と筆致で描いています。

 本物の歴史ある建物は心にしみる風情があります。鑑賞後は展示室の前で亀屋の最中とお茶をいただき、それをしみじみ味わいました。

 散策を続け、お土産に「いも恋」を買っていたときは小雨だった天気も帰り道は豪雨となりました。翌週は川越まつりがあると知り、1週ずらせば良かったと思う反面、道がすいていてラッキーだったのだと思い込むことにしました。





■ヤオコー川越美術館
 住 所 川越市氷川町109-1
 電 話 049-223-9511

 開 館 10時~17時
 定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
 料 金 一般300円、高・専・大学生200円、
     中学生以下無料(団体20人以上は100円引き)


■山崎美術館
 住 所 川越市仲町4-13
 電 話 049-224-7114

 開 館 9時30分~17時
 定休日 木曜(祝日の場合開館)、展示替期間
 料 金 一般500円、高・大学生350円、
     小・中学生200円(団体10人以上は割引あり)

October 10, 2014

箱根・岡田美術館


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

okada_museum.JPG 先週土曜日、10月4日で開館1周年を迎えた岡田美術館へ行ってきました。場所は箱根小涌園、有名な温泉アミューズメント施設「ユネッサン」の隣にあります。箱根と言えば彫刻の森美術館、ガラスの森美術館、POLA美術館、成川美術館、など多種多様な美術館がたくさんありますが、こちらも見ごたえのある個性的な美術館でした。

okada_fuujinraijin.JPG 表門を入ると、館内に展示されている「風神雷神図」がガラス超しに目に飛び込んできます。こちらは日本画家福井江太郎氏の「風・刻」という作品で、縦12メートル、横30メートルにも及ぶ大壁画です。そして、この絵を挟んだ階段の上にはなんと源泉掛け流しの足湯カフェがあります。足湯に入り、お茶を飲みながらゆっくり鑑賞できるようになっています。入場者は無料で楽しむことができるという、なんとも箱根らしいサービスです。

 館内に入り入場チケット購入前に携帯電話、カメラはロッカーに預けます。展示室前に飛行機へ搭乗する時などに通る金属探知機をくぐります。かなり厳重なチェックになっている印象です。全5階からなるこちらの美術館の展示面積は、およそ5,000㎡にも及ぶとのことです。収蔵品の中心は、近世・近代の日本画と、東アジア(日本・中国・韓国)の陶磁器ですが、そのほかにも幅広い時代・分野の作品が展示されています。

 今回の訪問目的である企画展「大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち」は開館一周年記念展として開催されていました。目玉作品は横山大観の「霊峰一文字」、速水御舟の「木蓮」。横山大観の「霊峰一文字」は、縦1m、長さ9mという絹地に、湧き上がる黒雲から姿を現す霊峰富士の雄姿を描いた大作です。大正15年(1926)人形浄瑠璃の舞台の引幕として使われて以来、ほとんど世に知られないまま秘蔵されていました。岡田美術館の所蔵となり、昨年秋の開館を機に展示されたとのことです。また、新たに収蔵された速水御舟「木蓮」もしばらく行方不明になっていた期間があり、実に34年ぶりの公開だそうです。32歳の御舟が初の個展に出品した一幅で、代表作「炎舞」(山種美術館蔵)などとともに展示され、近代日本水墨画の名作と評価されています。

 これら2点の他にも、日本美術院で活動した画家たちの作品が一堂に展示されています。明治から昭和にかけて日本画の近代化を先導した画家たちの、華やかで革新的な作品を、箱根観光と合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。



【岡田美術館】

神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷493-1
電話 0460-87-3931

■開催中の展覧会

開館一周年記念
大観・春草・御舟と日本美術院の画家たち

会  期:2014年10月4日~2015年3月31日
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:会期中無休(ただし12月31日、1月1日は休館)
入 館 料:一般・大学生2,800円 小中高生1,800円

September 5, 2014

さり気なくアートな空間で一息


 お盆も終わり、夏もそろそろ名残惜しそうに後ろ姿を見せようとする頃、ふらりと映画を観に行き(るろうに剣心~京都大火編)、途中で終わった感が名残惜しく、続編を見ねばと思いつつ、さらにふらりと近くにあるアルピーノ村に立ち寄りました。

G_inside_20140905.jpg アルピーノ村とは、さいたま新都心にある、フレンチやイタリアンのお店や、お花屋さん、お菓子屋さんなどが大通りをはさんで並ぶ店舗空間で、(たぶん)知る人ぞ知る人気スポットです。実はこれが初めての訪問ですが、それぞれのお店の何ともさり気なくお洒落な佇まいが気持ちを和ませます。ヨーロッパの素敵な邸宅を想わせる「お菓子やさん」という洋菓子店に入ると、その奥に、「あるぴいの銀花ギャラリー」という画廊があります。

G_inside2_20140905.jpg 画廊といってもかしこまった感じはなく、菓子店の空間の延長で、ちょっとアートに触れられるという印象です。その時は「アイデアを具現化する-生活の道具 考案と制作と展示」という催しでした。椅子やラック、ハンガー、状差し、花瓶、カットボードなど、ユニークに設計されたデザインが、職人的技術で美しく味わい深く製品化されていました。町田市の工房団地に集まった4人の若い作家さんたちの作品だそうで、作家さんが気さくにお話をしてくれました。

karakurin_20140905.jpg ギャラリーのオーナーの方は、「画廊というと限られた人々が訪れる場になりがちだが、菓子店舗とつなげ、その境界をなくすことで、より幅広く子どもも含めたくさんの方に、気軽に作品に接してもらえることを意図した」とおっしゃっていました。そしてこのアルピーノ村の各お店には、このギャラリーと関わるアートやデザイン作品がさり気なく置かれているそうです。「お菓子やさん」にも、テーブル等なるほどと思わせる家具類が見られますが、何といっても目を惹くのが、レジの後ろ上部に掛けられた、井村隆先生の金属加工によるシリーズ作品「カラクリン」。レトロなSF的オブジェは、柔らかな手作り感と無骨さがあり、生命を吹き込まれたようで、夢と温もりにあふれています。

 さらにこのアルピーノ村を語る上で外せないのが、鈴木悦郎先生の作品だそうです。悦郎先生は大正生まれの画家・イラストレーターで、雑誌『ひまわり』『それいゆ』などの挿絵や本の装幀、バレエ美術など幅広い分野で知られています。昨年惜しくも亡くなられたということですが、お店の2階も(式場の空間のようですが)見せていただき、数点の悦郎先生の抽象作品が飾られていました。確かにお店全体を形作るVI表現というか、さり気ない装飾や包装紙、袋などの愛らしいデザインは鈴木悦郎先生の手によるものです。

 1969年に最初にフレンチレストラン「アルピーノ」が誕生し、徐々に発展してきたそうで、このギャラリーも老舗の歴史を持つわけですが、全くそういうイメージはなく、お菓子の可愛くてフレッシュな美味しさが、そのままギャラリーに息づいているようです。



■あるぴいの銀花ギャラリー
G_entrance_20140905.jpg
 さいたま市大宮区北袋町1-130

 電  話 048-647-2856
 営業時間 11時~18時  
 定 休 日 火曜日

August 22, 2014

涼を求めて


mizunone_ten.jpg いつも美術趣味をご覧頂きありがとうございます。

 お盆休みも過ぎましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。街中を歩いていても日陰を見つけてはそちらに移り、水分補給と休憩をはさみながら暑さを凌ぐ毎日が続いております。そのような中、この暑さを忘れさせてくれるような展覧会が開催されていると聞きおよび、涼を求めて足を運んできました。

 「広重から千住博まで」と銘打ち山種美術館にて開催中の展覧会「水の音」。この山種美術館では年中様々なテーマの企画展が催され、私もよく訪問しますが、まさにこの時期にうってつけの展覧会と思われます。本展は画面から感じられる「水の音」に焦点を当て、川、海、滝、雨の主題に沿って厳選した作品を通して、近世から現代までの画家たちの試みを振り返ることを主旨としています。

 展示室に入ると最初に目に入ってくるのは、奥村土牛先生の「鳴門」。海に渦巻く渦潮が画面いっぱいに描かれており、入場と同時に涼しさを感じさせてくれます。また、「鳴門」と同じくポスターに載っている千住博先生の描いた「滝」シリーズは、その水飛沫にマイナスイオンを浴びているような感覚にとらわれました。今回厳選されている水をテーマとした作品群は、絵画を目で楽しむだけでなく、まさに「水の音」を耳で、または体で感じられるようなものとなっていました。

 併設するカフェでは、展示5作品をテーマにした和菓子が販売されています。味は勿論のこと、細かい細工で作品の再現性も素晴らしいものとなっています。美術鑑賞後の余韻にひたりながら、一服してみてはいかがでしょうか。



【展覧会】
 水の音 -広重から千住博まで-

会 場: 山種美術館 
     東京都渋谷区広尾3-12-36

期 間: 2014年7月19日(土)―9月15日(月・祝)
開 館: 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料: 一般1,000円(800円)・大高生800円(700円)・中学生以下無料
     ※ ()内は20名以上の団体料金および前売料金
     ※ 障害者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。

お問い合わせ先:ハローダイヤル03-5777-8600(受付時間8:00‐22:00)

August 1, 2014

夏のアートフェスティバル in 六本木


 今日から8月。いよいよ夏本番ですね。この時期は子供たちの姿をよく見かけます。楽しい楽しい夏休み。皆さんも休暇はとられましたか。

 さて、わたしは六本木・森アーツセンターギャラリーへ足を運び、日本スペイン交流400周年の記念事業として開催されている特別展『建築家ガウディ×漫画家井上雄彦 シンクロする創造の源泉』を観てきました。時代、国境、ジャンルを超えた奇跡のコラボレーション展です。

 ガウディ直筆のスケッチや図面、大型の建築模型やガウディがデザインした家具等、貴重な作品が約100点出品される他、3面スクリーンによるシアター映像、プロジェクション・マッピングによる演出、床への装飾等、様々な趣向を凝らして展開されていました。

 そして、井上雄彦が描くガウディ。実際に一ヶ月間バルセロナへ滞在し、ガウディの建築作品のひとつカサ・ミラ内にアトリエを構え、40点描き下ろし作品を完成させたそうです。ガウディの独創的な建築技術、それがどのように生まれたのか。その壮大な人生、インスピレーションの源泉とは。井上雄彦が見て感じたものを、マンガ風に表現したパネルが並び、その世界観は見る者を惹き込みます。

 尚、現在六本木では、『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION』も開催中。森美術館の展望台の前には「ポケモン」、六本木ヒルズの広場には「たくさんのドラえもん」が出迎えてくれます。喜ぶ子供たちの笑顔も、たくさん見ることができますよ。



GaudixInoue.jpg
建築家ガウディ×漫画家井上雄彦
シンクロする創造の源泉 展


六本木ヒルズ森タワー52階の森アーツセンターギャラリーにて、7月12日~9月7日まで開催中。58日間限定です。夏休みを使ってぜひ訪問してください。

July 11, 2014

万華鏡三昧


kaleidoscope_museum_entrance.jpg浦和にほど近い川口に、日本一の万華鏡コレクター、大熊進一氏が館長を務める日本万華鏡博物館があると知り、ちょっとわくわくしながら見に行きました。

川口駅近くのマンション1階にあるこの博物館は、狭いこともあり、事前に予約が必要です。また、「見る」コースと、自分で「作る」コースがあり、今回は「見る」だけにしました。でも、館長自ら万華鏡の歴史や種類について丁寧に説明いただき、内容の濃い閲覧になりました。

kaleidoscope_museum_exhibition.jpg万華鏡というと、神秘的で魔法的、不可思議で怪しい世界というイメージがあり、先ほどのわくわく感もそんなところに起因していたのだと思いますが、館長の話は科学的かつ文化的で、万華鏡の構造の違いにより現れる模様の違いや、時代による万華鏡の扱いの変遷についてなど、現物を前に理解・体感することができました。

万華鏡は1816年にスコットランドで発明され、すぐに世界に広まり、3年後には日本で見られた記録があるそうです。当初は非常に高級な科学的工芸品で、裕福な家に置かれた嗜好品でしたが、素材や作りが簡易化され、特に戦後、工芸品からおもちゃとして広まったようです。その他、国により表面のデザインはその国らしさが出ていることなど興味深く拝聴しました。戦後占領下にあった日本で、万華鏡玩具がアメリカ向けに作られ、輸出されていましたが、その表面には「MADE IN OCCUPIED JAPAN」と書かれており、日本が戦争を背景にした日陰の時代があったことを偲ばせます。

1980年頃より万華鏡はより精巧な鏡の開発に伴い、玩具からアート作品として発展することとなり、万華鏡作家による新たに美しい鏡の世界が生み出されています。展開される模様、スコープ全体の形状両面でいかにオリジナリティが出せるかがアートとして問われる要素だということです。
3d_kaleidoscope.jpgこの博物館で作られたいくつかのオリジナルの万華鏡(ベアーズ・スコープ)は、ダンボールを加工して作られていたり、立体的な円形状で変化していくように見える模様の中で一瞬クマのキャラクターが現れたり、なかなか面白い趣向のアート作品でした。

最後に見せていただいたスコープは透明な偏光板の破片を素材にし、自然の光を偏光作用で虹色に見せてくれる万華鏡でした。戸外で散歩しながら除くとその景観を美しい色彩と模様に変えます。科学的な仕組みとはいえ、やはり万華鏡は魔法に満ちた神秘的な道具に思えます。特にデジタル全盛の時代にも古来から仕組みを大きく変えず続いているそのアナログ世界は、子供の頃と変わらずなぜか心を魅了するのです。



■日本万華鏡博物館

埼玉県川口市幸町2-1-18-101
電話 048-255-2422 FAX 048-255-2423
開館 10:00~18:00(予約制、毎正時ごと予約可能)
定休 不定休
料金 見るコース 1,000円 
   作るコース初級 1,500~3,000円
   作るコース上級 6,000~8,000円

June 13, 2014

開館20周年を迎えた奈良・松伯美術館


shohaku_museum.jpg

6月5日、いよいよ気象庁が梅雨入りを発表しました。皆さまもご存じの通り、各地では記録的な大雨を観測中です。四国・高知県では僅か1日で例年の6月分の月間降水量を超えた地域があったとのこと。お出かけの際は充分にご注意くださいますよう。

さて、今回のブログでは、上村松園・松篁・淳之三代画伯の作品を多く所蔵、展示し、今年で開館20周年にあたる、奈良市『松伯美術館』をご紹介いたします。

『松伯美術館』は1994年3月、上村松篁・淳之両画伯からの作品寄贈と、近畿日本鉄道株式会社からの基金出捐により開館しました。名称の由来「松」は、上村松園・松篁両画伯の御名前と、美術館所在地である故佐伯勇近鉄名誉会長旧邸の庭に植えられている百数十本の松に、「伯」は、画伯の伯と佐伯氏の伯あるいは邸内の茶室の号、伯泉亭に由来するものだそうです。

以前仕事で訪問した際は、松が生い茂る緑の庭園と、大渕池に浮かぶ美術館の景観がとても美しく魅力的でした。雨の降りしきる今日この頃、『松伯美術館』の雄大な緑の松林は、池の畔に漂う霧に囲まれ、さぞ幻想的な景観になっているのではないかと思いを馳せてしまいます。

奈良の情緒を楽しみたい方は、"貴重な作品群"と"美しい景色"をまとめて楽しめるこの『松伯美術館』へ是非足を運んでみてください。


【松伯美術館について】

1994年3月 開館
公式ウェブサイト http://www.kintetsu.jp/shohaku/
住所 〒631-0004 奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号
TEL  0742-41-6666 

開館時間 10:00~17:00(最終入場16:00)

定休日  月曜日(祝日の場合開館し、次の平日休館)、年末年始、展示替期間、等

入館料  大人(高校生・大学生を含む)820円(特別展は1,030円)
     小学生・中学生 410円(特別展は510円)
     ※20名以上は団体割引(1割引)
     身体障がい者手帳のご提示によりご本人と同伴者1名(2割引)

アクセス 近鉄奈良線「学園前駅」下車
     北口バスターミナル5・6番のりばよりバスで約5分
     〈大渕橋(松伯美術館前)〉下車、大渕橋を渡った右側。
     ※駐車台数に限りがあります。
     できるだけ「電車・バス」でお越しください。

※今年は、記念展も多数展開される模様です。

【松伯美術館・展覧会開催予定】
■5月20日(火)~8月3日(日)
企画展 文化功労者顕彰記念「鳥と語る 上村淳之展」(開催中)
併設展示「京都花鳥館賞展」~公募で選ばれた若き作家たち(日本画・陶芸)~

■8月12日(火)~ 9月28日(日)
企画展「楽しむ 味わう 近代日本画の抒情」~ウッドワン美術館コレクションを中心に~

■10月11日(土)~ 11月30日(日)
「受け継がれる眼 見つめる!」~松園、松篁、淳之にみる素描の力~

■12月9日(火)~ 平成27年2月1日(日)(年末年始12月27日(土)~1月5日(月)休館)
開館20周年記念「上村松園・松篁・淳之展」~松伯美術館20年の歩み~

■平成27年2月10日(火)~ 3月8日(日)
公募展 「第21回松伯美術館花鳥画展」


June 6, 2014

東京都美術館 バルテュス展


いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。
現在、東京・上野の東京都美術館では「バルテュス展」が行われております。日本では1993年のレトロスペクティブ@東京ステーション・ギャラリー以来、約20年振りの回顧展となります。

バルテュス(本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ)は、ポーランド人貴族の末裔として1908年にパリで生まれました。フランスを拠点にヨーロッパ絵画の伝統を独学で学び、特にイタリア・ルネサンスの影響を受けました。抽象絵画全盛の時代に、具象画の道を寡黙に歩み、「20世紀最後の巨匠」として不動の地位を確立しました(2001年逝去)。兄が著名な作家・思想家のピエール・クロソフスキー(「ロベルトは今夜」)であることや、詩人リルケとの特別な関係も芸術家としての血筋の確かさをうかがわせます。

バルテュス夫人の節子さん自らが今回の展覧会にご尽力され、晩年の画家の東洋の美に対する愛着もうかがわれる展示内容となり、これまでの難解で近づき難い画家というイメージを払拭し、ある種の親近感と、ミステリアスな作風への好奇心をそそる興味深い展覧会となりました。少女を描いた«夢見るテレーズ» (今展覧会のメインビジュアル)、«美しい日々»、 «読書するカティア»、猫をテーマとした«猫たちの王» 、«地中海の猫»といった一連の代表作の展示に加え、作家の竟の住処スイス「グラン・シャレ」のアトリエが再現され、愛蔵品の数々や晩年の貴重な写真が公開されるなど、正しくバルテュス展の決定版といえる充実した内容です。

あれは1990年頃のことでしたでしょうか、老舗出版社の写真グラビア誌の担当をさせていただいた当時、(多分)雑誌初のバルテュスのインタヴュー特集が組まれました。入稿された真新しい原稿から、霧に包まれた謎の画家バルテュスの素顔に接し、特別な幸福感に浸ったのを昨日のように思い出します・・・

注目の「バルテュス展」の会期は6月20日(金)まで。初夏の心地よい陽気に誘われて、緑豊かな上野公園を散策がてら、ご鑑賞されてはいかがでしょうか。



【展覧会情報】
Balthus_exhibition.jpg
「バルテュス展」
会場 東京都美術館
会期 2014年4月19日(土)から6月22日(日)まで
※月曜日は休室
時間 9:30~17:00
※金曜は20時まで

May 23, 2014

浦和のギャラリー散策


g_yanagisawa2.jpg 初夏の陽気が日々天気図を占め、心も開放的となる時期となってきました。穏やかな風と明るい日差しに誘われ、さいたま市浦和駅西口近辺を散策しました。

平安時代に創建されたと言われる古刹・玉蔵院。喧騒から無縁の地を中心に、その周辺の石畳はさりげない趣を印象づけます。そんな石畳が続く裏門通りは、つい立ち止まって見入るレトロで風情豊かな装いのお店も多く見られます。「やじろべえ珈琲店」「手焼きせんべい三代目満作」「和浦酒場」などなど。つぎはぎな印象の銭湯「稲荷湯」も好きな外観です。

g_yanagisawa1.jpg そして訪れたのは中山道沿いにある、老舗ギャラリー、「柳沢画廊」。現代抽象画中心で現代版画から現代美術全般の企画展を開催している画廊です。この日も小ぶりで品の良い空間に、現代美術が並んでいました。筆塚稔尚(ふでづかとしひさ)という作家さんの個展開催中でした。「muragimo」という、質感ある様々な色の紙に有刺鉄線のハートが組み合わされた小さな作品が壁面に多数並べられていたり、質感ある空間に三角状の対象が浮かぶ木版画作品など、静けさの中にチクリとした刺激を感じるような印象の抽象造形作品でした。
 
rafu.jpg (たぶん)オーナーの方に、ご挨拶がてらこのあたりの画廊についてお尋ねしたところ、1軒面白いギャラリーがあると紹介してくれました。毎年年始に参拝する調神社のすぐ近くにある「楽風(らふ)」という喫茶ギャラリーです。早速行ってみました。

 「青山茶舗」という老舗の日本茶店。その奥の敷地に120年前に建てられた納屋を改装、1階は日本茶カフェ、2階はギャラリーとなっています。知らなければ絶対勝手に入りこまないと思う場所にあり、本物の時代性をまとう内・外装を前に、懐かしい空間がもたらす癒しの力を感じずにはいられません。

raku2.jpg 1角には入れ替わりのワンクリエーター展示販売コーナーがあり、この日は手編みのバッグ、小物、アクセサリーが並べられていました。テーブル上の手作り感ある小物も目を和ませます。冷抹茶の洋菓子セットを美味しくいただき、ここを後にしました。そう、この日はあいにく2階のギャラリーは休廊でした。しかしこの喫茶室、そして作品らしき人形が置かれた緑豊かな庭も、まさにギャラリー空間として楽しめ、それで満足してしまったのでした。2階のギャラリーはまたあらためて鑑賞するのを楽しみにとっておきます。


■柳沢画廊
 さいたま市浦和区高砂2-14-16
 TEL 048-822-2712
 営業時間11時~19時
 定休日 水曜 年末年始 夏期

■楽風(らふ)
 さいたま市浦和区岸町4-25-12
 TEL 048-825-3910
 営業時間10時~19時
 定休日 水曜 年末年始 お盆

May 16, 2014

由緒正しい銭湯とコンテンポラリーアートの関係及び、団子坂の飴細工の事。


 銭湯のギャラリーがあると聞いたので、行ってみようと思った。

 そこでゴールデンウィークのある晴れた日に、東京の台東区、谷中に出かけた。ギャラリーの名前はSCAI THE BATHHOUSE(スカイ ザ バスハウス)と言う。まさしくバスハウス(=公衆浴場)そのものの外見であるが、中を改装してコンテンポラリーアート(現代美術)を展示しているギャラリーであった。

bath_house.jpgSCAI THE BATHHOUSE(スカイ ザ バスハウス)の入り口は、まさしく銭湯そのまま

 暖簾をくぐり、入り口を入ると小さな箱を重ねたような下駄箱が並んでいる。靴は脱がずにさらに中に進むと、昔は番台から脱衣場のあった辺りまでを貫いて、大きな空間にして作品を展示している。左の展示スペースを見ると一段高くなっており、椅子が置かれ居間のようになっている。その壁面には河原温の「日付絵画」が掲げられていた。制作した日付を書いたその作品は色が黒っぽいものでなく、初めて見る鮮やかな赤いバージョンであった。あのショッキングな「浴室」シリーズを描いた河原温の作品が、もと銭湯で展示してあるというのも、なにか運命めいたものを感じる。銭湯にでも行くような軽い気持ちでふらりとやって来たが、河原温の作品に出会うとは思ってもみなかったので少々驚いた。ここは襟を正して、気を引き締め拝見させていただく事にした。

 さらに次の展示室に進む。そこは天井が高く遥か上の方に窓があり、開放感のある部屋になっていた。明るい光のもといくつかの作品がぽつぽつと展示してある。浴槽があったと思われるあたりには壁があり、事務所になっているので見る事がかなわない。どのように改築しているのか大変興味がそそられる。以前の建物をどの程度生かしているのか。富士山のペンキ絵はかつてあったのか、あったのであれば今も飾っているのであろうかなど興味は尽きない。

 このギャラリーでは国内外の最先鋭のアーティストを紹介しているそうである。古き良き銭湯とコンテンポラリーアートが仲良く同居しているのは、新しい芸術の発信と、古き良き下町が混在する上野界隈にぴったりなように感じた。

 さてギャラリーを出る。まだ日は長いのでもう少し足を伸ばしてみる事にした。谷中霊園を右手に見ながら道は大きく左に曲がり千駄木方面に向かっている。この辺りは寺院が多く風情がある。外国の旅行者も多く、のんびりと門前の石に腰掛けて休んでいたりしている。また若い人が出している新しいお店もあり、おしゃれな自転車屋や、カフェなどもあり飽きが来ない。

 団子坂を登って頂上にたどり着く辺り、森鴎外記念館のちょっと手前に飴細工のお店があった。店内は様々な動物の飴細工が展示してあり、ムンワリとした甘い香りで満たされている。飴細工の動物たちをよく見ると、白いウサギがいろいろなポーズをしているシリーズがある。商品札に「あめぴょん」と書いてある。店員さんが出てきて、このお店の一番人気であると教えてくれる。さらに「あめぴょん」のようにかわいらしい店員さんの説明によれば、メニューの中から選んで注文すれば、目の前で飴細工の実演をしていただけるとの事。メニューには十二支やインコ、鳳凰、クワガタや人魚まである。やはり形が複雑で色数が多いものほど値段が高いようである。どのように作るのか大変興味はあるものの、一人の客(おじさん)のために飴細工を作っていただくのは、見る方も、見られる方もやや気まずいのではないかと思い、ここはご遠慮願ったしだいである。「ハートあめぴょん」を一つ購入してお店を出る。

amepyon.jpg飴細工の白ウサギ、ハートを抱いた「ハートあめぴょん」

 さらに白山方面に向かい道を進める。途中、窓ガラスの内側に沿って水を流している仕掛けの歯科があった。何となく中が見えるのだが、水のせいで室内が歪んで見えてカーテンの役割をしているようである。

 さて、そろそろお腹も空いて来たので遅い昼食を取る事にした。東洋大学を過ぎた辺りにちょうど良い感じのレストランがあった。イタリア料理「シシリア食堂」とある。外観は明るいコバルトブルーで、今日の気持ちよい青空ととても良く合う。残念ながらランチはほとんど売り切れており、トマトソースのスパゲッティのランチ一つだけであった。しばし待って出て来た料理はトマトソースをからめた細めのスパゲッティに、バジルソースが縞模様にかかっている。トマトの鮮やかな赤、バジルの濃いグリーン、お皿の白のコントラスがイタリア国旗の色彩になっており目にも美しい。初夏を感じさせる今日にはぴったりのランチであった。食後のコーヒーを飲み終えてお店を出る。都営地下鉄の白山駅まではすぐである。

April 18, 2014

祐天寺「アクセサリーミュージアム」


accesory-museum.JPGいつも「美術趣味」をご訪問いただきありがとうございます。

春風が心地よい午後。祐天寺駅から歩いて数分。閑静な住宅街の一角に、「アクセサリーミュージアム」という小さな美術館を発見しました。中は別世界。煌びやかな空間が広がります。

アールデコ、ヴィクトリアン、アールヌーボー...といった1830年代から2000年代までのコスチュームジュエリー(※)の数々が、時代毎に6つの部屋から整然と構成されており、一つ一つの作品の美しさをゆっくり堪能することができます。
accesory-museum2.JPG
伝統的な手細工による、本物の世界。その美しさに見惚れてしまいます。「ほんものの放つオーラを感じ、よりリアルな感動を味わっていただきたい。」そんな田中元子館長の想いが結実した、まるで宝石箱のように感じました。定期的に「アクセサリー教室」なども開催されているようです。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り頂き、美しい箱の中を覗き込んでみてはいかがでしょうか。kameo.JPG

※コスチュームジュエリーとは、貴金属や宝石等の高価材料を使ったジュエリーではなく、ファッション性を重視して作られた装身具のこと。この移り変わる時代のファッショントレンドは、人々をいつの時代も美しく飾ってきました。


 
アクセサリーミュージアム

公式ウェブサイト http://acce-museum.main.jp

住 所 東京都目黒区上目黒4-33-12
電 話 03-3760-7411  FAX 03-3794-8811

開 館 10:00~17:00(最終入場16:30)※特別イベントの場合は変更になることがあります。
定休日 月曜日、第4・5日曜日、5月連休、8月休館(1日~31日)、年末年始
入館料 一般1,000円/学生(小学生以上)600円
アクセス 東急東横線/渋谷から元町・中華街方面「祐天寺駅」下車西口徒歩約6分
※専用駐車場はありませんが、近隣にパーキングがあります。
  

February 28, 2014

必見!特別展「世紀の日本画」


いつもブログ「美術趣味」をご覧いただき、まことにありがとうございます。
現在、上野の東京都美術館では「日本美術院再興100年 特別展「世紀の日本画」が開催されております。

2ヶ月の会期中、前期は2月25日(火)を以って終了いたしました。3月1日(土)よりいよいよ後期展の開始となります(会期4月1日まで)。

日本美術院の130年の歴史を、近代日本画の巨匠たちの代表作でたどる記念展は、前期と後期ですべての作品が入れ替わる趣向となっておりますので、前期をご覧になった方もぜひ通期でご覧になることをお薦めいたします。

日本美術院は明治31年(1898年)、岡倉天心の指導の下、橋本雅邦を主幹に、横山大観、菱田春草、下村観山らの若き弟子たちにより創設され、近代日本画の成立と発展に大きな役割を果たしました。その後、師の岡倉天心を失い、一時休眠状態となりましたが、大正3年(1914年)に師の意志を継ぎ、横山大観、下村観山らが中心となり日本美術院は再興されました。以後、多数の重要な作家を輩出し、再興日本美術院の歩みとともに日本美術の歴史が築き上げられてきました。

後期展には日本画の精華ともいうべき60点の多彩な作品が展示されます。
中でも重要文化財の2作、狩野芳崖『悲母観音』と橋本雅邦『龍虎図屏風』は見逃せません。また日本美術院で常に中心的役割を果たした横山大観の『無我』の展示にも注目です。新たな日本画の創造を目指した若き日の大観が、日本美術院創立の前年、明治30年(1897年)に描いた初期の傑作です。

近代日本画の巨匠たちが一堂に会する貴重な展覧会に、皆様ぜひ足をお運び下さい。
tobikan.jpg














■展覧会出口の2階売り場では出品作家の弊社謹製複製画が多数展示されております。作家や著作権者の方々に特別に監修していただいた作品は、どれも原画を忠実に再現した最高品質の工芸品として、高い評価をいただいております。
上記『無我』につきましても以下の通り、お取り扱いしております。


横山大観 《無我》 掛軸
販売価格 本体123,000円+税


<仕様体裁>
技法 特殊美術印刷
表装 三段表装(国産)
画寸 74×43センチ
額寸 184×63センチ
監修 横山大観記念館
原画 東京国立博物館蔵

taikan_muga680x400pix.jpg

February 21, 2014

下村観山展

kanzan_exhibition.jpg
いつも「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。
先日横浜美術館へ今年生誕140年を迎えた「下村観山展」を観に行って参りました。

横浜美術館の企画展としては前回の「横山大観展」に続き、日本画を代表する巨匠にスポットを当てています。大観と同じく岡倉天心を師と仰ぎ、日本美術院の立ち上げにも参加した横浜ゆかりの画家でもあります。展覧会キャッチコピー「日本歴代屈指の筆技を観よ」の通り、その素晴らしい画技を堪能することができました。

下村観山は、紀州徳川家に使える能楽師の家に生まれました。幼少期より狩野芳崖らに師事し、東京美術学校に第1期生として入学後、岡倉天心のもとで学びました。日本美術院創立に参加し、横山大観・菱田春草と共に活躍、またその再興にも尽力します。日本画家初の官費留学生としてイギリスに渡り、水彩画研究や洋画の模写を行うなど、幅広く日本画の可能性を追求していきました。

残念ながら「下村観山展」の会期は終了してしまいましたが、観山の代表作であり重要文化財に指定されている「弱法師(よろぼし)」は、現在東京都美術館で開催中の「世紀の日本画展」にて展示されています。

「弱法師」は再興第2回院展に出品され、当時から最高傑作と評されました。立派な梅の枝と俊徳丸が描かれた右隻と、静かな夕日が浮かぶ左隻の対比が印象的な作品です。展覧会前期の2月25日まで出品されています。またこちらの展覧会は3月1日より会期後期に入り、展示作品全品入れ替えとなりますので、前・後期ともに足を運びたいところです。

今年は日本美術院が再興され100周年とメモリアルイヤーとなります。秋には盟友「菱田春草展」も控えており、日本美術院の画家から目がはなせない年となりそうです。



【「世紀の日本画」展ご案内】

名称  日本美術院再興100年 特別展 世紀の日本画
会場  東京都美術館 企画展示室(東京都台東区上野公園8-36)
会期  <前期> 1月25日(土)~2月25日(火) <後期> 3月1日(土)~4月1日(火)
時間  9:30~17:30(火~木、土日)、9:30~20:00(金) ※入室は閉室30分前まで
休室  月曜日(2/24、3/31は開室)、2/26~28

December 13, 2013

青と黄金のコントラスト

gaien_ichou.jpg


いつも「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

この写真を見て「あ、あのイチョウ並木だ。」と瞬時に思われることも多いことでしょう。青山通りから聖徳記念絵画館に向かって続く都内有数の紅葉スポット、『明治神宮外苑イチョウ並木』です。

最近は木枯らしも吹き始め肌寒い日が多いですが、青空と黄金色のイチョウで彩られる暖かなコントラストを多くの人が楽しんでいました。ただ、道行く人が立ち止まって撮影をしてしまうので、警備の人も苦笑いしながら誘導する一幕も。この光景も、日本の風物詩の一つかなと、心和みました。
b-info02.jpg

さて、この青山通りから脇道に入った住宅街の一角には、知る人ぞ知る名店『べにや民藝店』があります。(※「民藝」とは、日常の暮らしのなかで長年にわたって使われてきたもので、手仕事で作られた日用品のこと。)b-info03.jpg

ここでは、陶磁器や漆器、ガラス器、染職品等、日本各地から厳選して取り寄せた手仕事品が丁寧に陳列されており、商品のひとつひとつを眺めているだけで懐かしさを感じます。お近くにいらっしゃった際は、ぜひお立ち寄りください。b-info01.jpg


べにや民藝店のご紹介】

住 所  東京都港区南青山2‐7‐1
      ホームズ飛騨1階
電 話  03-5875-3261
営業時間 午前10時~午後7時
定休日  水曜日
Web  http://beniya.m78.com/

October 4, 2013

夕陽に染まる美術館(神奈川県立近代美術館 葉山館)

hayamakan.JPG
いつもブログ「美術趣味」をご覧いただきありがとうございます。先日仕事で鎌倉を訪ねた後、少し足を伸ばして湘南・葉山へ行ってまいりました。

別荘地として知られる葉山の一色海岸沿いに美しい美術館があります。神奈川県立近代美術館葉山館です。
hayamakan2.JPG

神奈川県立近代美術館には3つの建物(鎌倉館、鎌倉別館、葉山館)があります。
この葉山館は、平成15年(2003年)に開館し今年十周年を迎えました。

hayamakan4.JPG
訪れると同時に、目の前にひろがる海と夕陽に見入ってしまいました。
別館には海岸に面したカフェテラスがあり、日が沈む様子をゆっくりと味わうことができます。

sunset_hayama.JPG
季節が移ろう今日この頃。近代的な建築デザインと、海を望む展望ロケーションに身を委ねて、心癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

神奈川県立近代美術館葉山館では現在以下の展覧会が開催中です。



葉山館開館10周年
戦争/美術 1940-1950
モダニズムの連鎖と変容

hayamakan3.JPG
会 期: 2013年7月16日(土)⇒10月14日(月)
観覧料: 一般1000円(900円)
      20歳未満・学生850円(750円)、65歳以上500円
      中学生以下無料 
      ※()内は団体料金(20名以上)


【神奈川県立近代美術館<葉山館>のご紹介】

住 所: 神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
電 話: 046-875-2800(代表)
開 館: 9:30~17:00、入場は16:30まで
休館日: 月曜日(ただし祝日および振替休日の場合は開館)
      展示替期間(ただしレストランと駐車場は月曜を除き営業)
      年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料: 展覧会によって異なりますので美術館へお尋ねください。
交 通:
■電車・バス
・JR横須賀線でお越しの場合
JR横須賀線「逗子」駅前(3番のりば)から京浜急行バス「海岸回り(逗11、12系統)葉山一色」行き(所要時間約18分)に乗車し、「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」で下車。
・京浜急行でお越しの場合
京浜急行「新逗子」駅前(南口2番のりば)から京浜急行バス「海岸回り(逗11、12系統)葉山一色」行き(所要時間約18分)に乗車し、「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」で下車。

■車
横浜横須賀道路でお越しの場合
・逗子インターチェンジから
逗葉新道経由で7.6km
・横須賀インターチェンジから
県道27号横須賀葉山線経由で7.2km

September 20, 2013

この秋、必見!竹内栖鳳展


seihou_tenrankai.jpg漸く季節も秋らしくなってまいりました。
芸術の秋(それとも食欲の秋?)の到来です。

私は先日、東京・竹橋の東京国立近代美術館で「竹内栖鳳展」を鑑賞してまいりました。栖鳳といえば、当展覧会の副題-『近代日本画の巨人』が示す通り、〈東の大観、西の栖鳳〉と並び称せられた東西屈指の巨匠として知られております。

元治元年(1864年)京都生まれの栖鳳。その画風は古来の伝統絵画の手法に埋没することなく、因習を破る創意と技法で新しい日本画を常に創造しました。その功績を讃え、昭和12年には横山大観とともに第一回の文化勲章を受章しております。

代表作、重要作等100点あまりが出品された今回の展示作品の中で、特に私が魅かれたのは、生き物や人物の一瞬の動きを捉え、対象の本質をつかみ取った幾つかの作品-動物画の≪金獅≫≪斑猫≫、人物画の≪絵になる最初≫は熟練の筆致で正に永遠の美を表出しております。本展は、10月5日より横浜美術館にて開催の「横山大観展」ともども日本画のマスターピースに触れる絶好の機会と言えるでしょう。

来年には生誕150年の記念イヤーを迎える巨匠・栖鳳。当美術商品部では以下の複製作品を取り扱っております。


seihou_kinshuzu_S620pix.jpg


seihou_kinshuzu_F400pix.jpg


竹内栖鳳 《錦秋図》

販売価格 105,000円(税込)

<仕様体裁>

◆共通仕様
原画 石橋財団 石橋美術館 所蔵
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手摺り
用紙 和紙
限定 300部(軸装、額装の合計)
証明 所蔵先の検印書を貼付

◆軸装仕様
画寸 天地39.8cm×左右45.1cm
軸寸 天地135.5cm×左右64.4cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付
 
◆額装仕様
画寸 天地39.5cm×左右44.7cm
額寸 天地58.0cm×左右63.2cm
重量 約3.6kg
額縁 特製木製金泥仕上げ、アクリル付(国産、ハンドメイド)


seihou_kazekaoru_F400pix.jpg


竹内栖鳳 《風かおる》

販売価格 105,000円(税込)

<仕様体裁>

原画 山種美術館 所蔵
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手摺り
用紙 和紙
限定 300部(在庫のみ)
証明 所蔵先の検印書を貼付
画寸 天地38.2cm×左右44.7cm
額寸 天地58.0cm×左右63.2cm
重量 約3.6kg
額縁 特製木製金泥仕上げ、アクリル付(国産、ハンドメイド)


seihou_fuji600x450pix.jpg


竹内栖鳳 《富士》

販売価格 168,000円(税込)

<仕様体裁>

技法 コロタイプ
用紙 絵絹
証明 著作件者の承認印付証明書を貼付
画寸 天地29.9cm×左右68.0cm
額寸 天地130.0cm×左右79.5cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付


※複製画「風かおる」の軸装はおかげさまで完売いたしました。秋柄の「錦秋図」は軸装・額装とも作品ございます。栖鳳の描いた「富士」の絵はあまり知られておらずとても貴重な作品です。
※彩美版は共同印刷株式会社の登録商標です。

●「竹内栖鳳展 近代日本画の巨人」は10月14日まで東京国立近代美術館にて開催。10月22日からは京都市立美術館でも開催(会期12月1日まで)。

September 13, 2013

藤子・F・不二雄ミュージアム


いつも美術趣味をご覧頂きましてありがとうございます。
朝晩の涼しさに、秋の気配を感じるようになってきました。
さて、今回は川崎の郊外にある藤子・F・不二雄ミュージアムをご紹介させて頂きます。
こちらはオープン二周年を迎え、入場は完全予約制となりますが、早い時間帯のチケットは未だ入手しづらいと行った盛況ぶりです。
藤子先生は皆様もご存じの通り、「ドラえもん」を始め様々なキャラクターを描かれており、その内容に、読まれた方は勇気・希望・感動などをもらった方も多いのではないでしょうか。

場内は、作品原画の展示は勿論のこと、藤子先生の仕事部屋の再現、また至る所にキャラクターが配置され、訪れる人々を飽きさせることはありません。
人気のカフェは1時間以上の待ちは当たり前ですが、遊び心あるメニューが多数あり思わず微笑んでしまいます。
また、グッツ販売も非常に充実しておりミュージアム限定商品など購買意欲を掻き立てられます。
是非足を運んで頂き、忘れていた子ども心を取り戻すのも良いかもしれません。

ミュージアムまでは登戸駅から直通のバスも出ていますが、向ヶ丘遊園駅から徒歩で行くことがお薦めです。途中途中の道端にキャラクターのブロンズ像が設置してあり、入場前からテンションがあがること間違いなしです。


fujiko_F_fujio_museum.jpg


【藤子・F・不二雄ミュージアム】

所在地:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
開館時間:10:00~18:00
休館日:毎週火曜日、年末年始(12月30日~1月3日)
※臨時休館日は事前にホームページにて案内
※ゴールデンウィーク(4月29日~5月5日)及び夏休み期間(7月20日~8月31日)は開館

予約制:入館時間は1日4回。(入れ替え制ではありません。)
(1)入館指定時間 10:00 / 入館締切時間 10:30
(2)入館指定時間 12:00 / 入館締切時間 12:30
(3)入館指定時間 14:00 / 入館締切時間 14:30
(4)入館指定時間 16:00 / 入館締切時間 16:30

入館料:大人・大学生 1,000円
高校・中学生 700円
子ども(4歳以上) 500円
※3歳以下は無料です
※チケットはローソンチケットにて販売



September 5, 2013

秋めく街


いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
今年の夏は何時になく酷暑がつづき、9月に入ってからというもののスッキリしない気候でまばまだ暑く心身とも堪えました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

fujibakama.jpg耳をすますと朝夕と蝉の鳴き声から鈴虫の鳴き声に代わり、それだけでもようやく秋を感じられるようになりました。
足を止めると夏に咲いていた「ムラサキシキブ」が花を落し、美しい紫色の果実を実らせていました(写真上)。この果実、10月~11月頃まで楽しめるそうです。

nichinichisou.jpg夏から秋にかけて咲くニチニチソウ(写真下)は日本では耐寒性がなく、春播き一年草として花壇や鉢植えによく見られます。
花の色は桃、白、赤等あり、葉色との対比が美しく綺麗です。また夏の炎天下は公害に強い花と知られ、可愛らしい花を見るとなんと健気で逞しい!と感じます。


ところで「春の七草」は無病息災を願って「七草粥」として食べますが、「秋の七草」についてはご存じでしょうか。

「秋の七草」は、
 ①萩(ハギ) 
 ②尾花(オバナ)=ススキの事 
 ③葛(クズ) 
 ④撫子(ナデシコ)
 ⑤女郎花(オミナエシ) 
 ⑥藤袴(フジバカマ) 
 ⑦桔梗(キキョウ) 
と、観賞して楽しむ植物の事です。古く『万葉集』に収められた山上憶良(やまのうえのおくら)の歌に「萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな) なでしこ花 をみなえし また藤袴(ふぢはかま) 朝顔(あさがほ)が花」と詠まれたことに始まるそうです。ここでの「朝顔」はムクゲ説・ヒルガオ説・アサガオ説とあるそうですが、キキョウ説をとる場合が多いそうです。 これから秋の花を目にする機会がふえて来ますね。

さて今回は、尾花=ススキが背景に自然への情景が際立つ、酒井抱一「月に兎」の複製画をご紹介いたします。雅やかな風情、江戸の粋人が描く奥床しさと無垢なるものへの慈しみを感じさせます。


酒井抱一《月に兎》
販売価格 94,500円(税込)


<仕様体裁>
原画 松岡美術館所蔵
技法 彩美版(R)
用紙 特製絹本
証明 原画所蔵美術館検印入り証書を貼付
画寸 天地80cm×左右35cm
軸寸 天地172.9cm×左右51cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付


※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です

houitsu_tsukiniusagi620pix.jpg



【今日の谷根千+上野界隈】

上野・東京都美術館で「再興第98回 日本美術院展(再興院展)」東京展が開催中です。

■展覧会期: 平成25年9月1日(日)~9月16日(月・祝)

■開催時間: 9:30~17:30 (入場は16:30まで)
        ※ 最終日入場は13:30まで 閉会は14:30

■休館日: 平成25年9月2日(月)

■観覧料: 一般900円(700円)/大学生・高校生600円(400円) 
       ( )内は団体料金(10名以上)
       70歳以上の方700円
       中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名) 無料

August 29, 2013

アートインボックス(立体絵画)に魅せられて


有楽町の東京交通会館で開催されている、芳賀一洋(はがいちよう)先生の展覧会へ行ってきました。
皆さま、「アートインボックス(立体絵画)」をご存じでしょうか?
写真をご覧ください。なんとこれらは全て、手作りのミニチュアなのです。
今回の展覧会のテーマは「1940年代のパリの街角」だそうです。
ひとつひとつのモチーフに宿るノスタルジックな世界観が、見事なまでの精巧な技術で再現されていました。
作品の配置やライトアップにより、実に巧妙に展示されており、部屋の奥にある小さな家具までゆっくりと作品を楽しむことができました。
今後も、銀座伊東屋や渋谷パルコ等、様々な個展が開催されるとのこと。
芳賀一洋先生の作品、皆さまも是非一度ご覧になってください。


【はがいちよう展&渋谷クラフト倶楽部展のご紹介】

会期 8月25日(日)~8月31日(土)
      午前11時~午後8時 (25日は午後1時開場)

会場 東京交通会館 地下1階ゴールドサロン
   東京都千代田区有楽町2-10-1

交通 JR「有楽町駅」京橋口または東京メトロ「有楽町駅」D8出口徒歩1分

内容 ■1940年代のパリの街角"アートインボックス作品"
      (1/12スケール)25点展示
    ■昭和初期の日本の原風景"ストラクチャー作品
      (1/80スケール)10点展示
    ■はがいちようクラフト教室の現役生徒・OB氏らによる作品

入場料 無料



●以下の写真はすべて芳賀先生の作品です。


haga02.JPG


haga01.JPG


haga04.JPG

August 9, 2013

宝塚市立手塚治虫記念館訪問記


全国的に気象の変化が激しいようです。
夏風邪も流行っています。皆さまどうかお気を付け下さい。

takarazuka_gekijou.jpg私は先月、大阪から急行で30分あまり、兵庫県宝塚市にある手塚治虫記念館を訪問いたしました。宝塚といえばもちろんあの宝塚歌劇団の聖地です。東京育ちの私には宝塚といえば、日比谷シティにある東京の宝塚劇場の風景が真っ先に思い浮かびますが、本家の宝塚は川が流れ、山々の稜線が美しい温泉のある観光地の風情です。東京の宝塚とはあまりにも周りの環境が違い正直あれっという思いでした。

花のみちここで少し宝塚歌劇の歴史をお勉強いたしますと、今から100年程前に田舎の温泉地であった宝塚の地に観光誘致用に作った巨大室内プールがそもそもの発端だとか。せっかくのプールもお客さんが集まらず、苦肉の策でプールにフタをして客席を作り少女歌劇団を起こしたことが、今の華麗なる宝塚歌劇団のルーツなんだそうです。日本経済界先達の偉人、小林一三(いちぞう)翁のひらめきから、「清く、正しく、美しく」タカラヅカの舞台は産声を上げたのだそうです。
tezuka_kinenkan.jpg閑話休題。街の中心街、見どころ満載のお洒落な『花のみち』を抜けたところ、≪火の鳥≫の羽ばたく像がメルクマールの、洋風の瀟洒な建物が今回目的の手塚治虫記念館です。
手塚治虫先生が5才から24才までを過ごしたゆかりの地が宝塚であり、それを記念し
1994年に開館。館内には手塚マンガが全作品揃った「ライブラリー」や、映像作品を上映する「アトムビジョン」、アニメ製作のワークショップワークのコーナーもあり手塚ワールドが満喫できます。

shop1.jpg実はこちらの2階売店で弊社制作の「手塚治虫プレミアムピンズ」を販売していただいております。どれどれとガラスケースの中を覗いて見れば、光線の具合でシルバーピンズが燦然と輝き、タカラヅカ風(?)の素敵な陳列が目を引きます。係りの皆さまどうもありがとうございます!因みに、喫茶コーナーでいただいたアイスコーヒーはちょっと濃い目で、とても美味しかったです。記念館開館翌年(1995年)の阪神淡路大震災は宝塚市にも甚大な被害を及ぼしたそうで、現在の復興ぶりからはとても想像がつかないのですが、ゆくりなく往時のお話しもお伺い出来て、記憶に残る一日となりました。


※現在、手塚治虫記念館では企画展「MACROSS:THE MUSEUM」が10月28日(月)まで行われております。マクロスの世界がディープに堪能出来るファン垂涎の展示内容です。


宝塚市立手塚治虫記念館のご案内】

住 所 兵庫県宝塚市武庫川町7-65
電 話 0797-81-2970
休館日 毎週水曜日
     他に長期休館として年末休館、および2月のメンテナンス休館
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
入館料 大人700円、学生300円、小人100円(団体割引10名以上)
最寄駅 JR・阪急線「宝塚」」から徒歩8分
      阪急線「宝塚南口」から徒歩5分
ホームページ http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/information.html


<関連記事> ―手塚治虫プレミアム宝飾ピンズ販売開始のお知らせ―

July 19, 2013

横山大観記念館にて


「暑いですね...」という言葉が、全国的に挨拶代わりとなっています。
1876年の統計開始以来、7月としては初めての連続猛暑。熱中症にお気をつけください。

横山大観記念館正門そんな中、わたしは涼しげな上野・不忍池のほとりにある「横山大観記念館」を訪ねました。日本画の巨匠・横山大観画伯のお住まいがそのまま公開されています。風情ある正面玄関をくぐると、緑が溢れる日本庭園が広がり、訪れる人を静かに迎え入れてくれます。

中門
当社は現在、横山大観画伯の代表作である《霊峰飛鶴》の彩美版(R)複製画の制作に取り組んでおります。神々しい陽光に包まれた富士の迫力ある存在感。祝福するかのように穏やかな雲の間に間を飛翔する丹頂鶴の群。惹き込まれまること請け合いです。
世界文化遺産登録記念として、8月発売を予定しております。是非ご期待ください。

※「彩美版(R)」は共同印刷株式会社の登録商標です。


【横山大観記念館のご紹介】

住 所 東京都台東区池之端1-4-24
電 話 03-3821-1017

休館日 毎週月~水
長期休館 夏期休館、冬期休館あり
開館時間 10:00~16:00(入館は閉館30分前まで)
入館料 大人 550円
    団体割引(20名様以上)450円
    小学生 200円
    障がい者料金 大人450円、子人100円
    年間パスポート 1,500円

最寄駅 東京メトロ千代田線「湯島」から徒歩7分
     東京メトロ銀座線「上野広小路」、都営大江戸線「上野御徒町」から徒歩12分
     JR「上野」「御徒町駅」から徒歩15分
     京成線「京成上野」から徒歩15分

ホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/taikan/

June 13, 2013

優美な花鳥の館より(「京都花鳥館」訪問記)


京都花鳥館梅雨入りはしたものの、恵みの雨が待ち遠しい今日この頃ですね。
先日わたしは京都へ行く機会があり、いつもより少し遠方へ足を運んでみました。阪急電鉄嵐山線の松尾駅を下車、「松尾大社」を経由すると、ひっそりと上品に佇む「京都花鳥館」という美術館があります。その名の通り、花や鳥を題材とした作品を中心に、ドイツの名窯マイセンの磁器作品と、花鳥画の第一人者、上村淳之画伯の作品を展示している美術館です。

マイセン磁器小さく愛らしい花をモチーフにした器や、色とりどりの美しい鳥をモチーフにした飾り壺のマイセン、優しい色調の上村淳之画伯の花鳥画が数多く展示され、心安らぐ空間をゆっくりと楽しむことができました。わたしの拙い文章と写真ではなかなか伝わりづらいほどの素晴らしい作品の数々ですので、機会ありましたら、ぜひ一度足を運んでみてください。

※館内は特別に許可をいただき撮影させていただきました。


【財団法人 京都花鳥館のご紹介】

京都市西京区松室山添町26-24
TEL:075‐382‐1301
http://www.kachokan.jp/

最 寄 駅: 阪急電鉄「松尾」駅より徒歩約8分
開館時間: 午前10時~午後5時
休 館 日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、展示品入替期間
観 覧 料: 一般1,500円、中・高・大学生1,200円

May 17, 2013

身近な場所で始まりの「夏」を見つける


いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

立夏を迎え野山が新緑に彩られ、里では田植えも終わり蛙が鳴き始めました。だんだんと夏の気配が感じられるような季節になりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

当社のある東京小石川界隈では桜の季節から今はツツジが色鮮やかに咲き乱れ、季節の移り変わりを感じさせませす。ふと足を止めると紫陽花が咲きだしていました。まだ小さいつぼみが多い紫陽花でしたがこれから咲くのが楽しみでもあります。

tsutsuji.jpgajisai1.jpg






さて今回は、額紫陽花を描いた作品、中村岳陵「八仙花(はっせんか)」をご紹介いたします。
院展を経て日展で活躍した画伯は、線描を中心とした伝統的な日本画の技法に西洋画の近代的感覚を加え斬新な画風を築いた画家でもあります。これは昭和12年頃の作品で、卓抜した線描と清明な色彩で清々しい紫陽花を描いています。
葉の上では麦藁トンボが羽を休めていて、凛とした空気を感じさせます。

gakuryo_hassenka_gaku400pix.jpg


中村岳陵《八仙花》
販売価格 126,000円(税込)

<仕様体裁>
原画 華鴒大塚美術館所蔵
技法 彩美版(R)
画寸 天地42.6cm×左右52.6cm
額寸 天地60.7cm×左右70.8cm
重量 約3.6kg
用紙 特製絹本
額縁 特製木製額、アクリル付(国産、ハンドメイド)

※ この作品は軸装もございます。
※ 「彩美版」は共同印刷の登録商標です。


【今日の谷根千】
千駄木界隈では今こんな展覧会が開かれています。
谷根千(谷中・根津・千駄木)へお越しの際は是非お立ち寄りください。


【特別展 鴎外の見た風景~東京方眼図を歩く~】

ougai.jpg
会場 文京区立森鴎外記念館
   東京都文京区千駄木1-23-4
   電話 03-3824-5511
会期 2013年4月19日(金)~6月23日(日)
開館 10:00~18:00(最終入館は17:30)
会期中の休館日:5月28日(第4火曜日)
観覧料 一般500円、中学生以下無料
アクセス 東京メトロ千代田線「千駄木」駅1番出口徒歩5分

May 13, 2013

旧川合玉堂別邸《二松庵》に行ってきました


皆さま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。

わたしは、横浜市金沢区富岡にあり毎月1回(第一土曜日)のみ一般公開されている旧川合玉堂別邸《二松庵》に行ってきました。川合玉堂(1873-1957)は昭和15年に文化勲章を受章した日本画の巨匠ですが今年は生誕140周年にあたる記念すべき年だそうです。

IMG_0320.JPGIMG_0328.JPG

《二松庵》は、故川合玉堂が富岡に構えた別荘です。大正中期から昭和初期の富岡の別荘建築の雰囲気を遺す貴重な遺構として、平成7年11月、横浜市の有形物文化財に指定されています。自然の趣をふんだんに取り入れた造園を抜けると、主屋が佇んでいました。


IMG_0345.JPG


川合玉堂は、この別邸を夏冬の画室としてよく活用したとのことです。邸内に枝振りのいい2本の老松があったため《二松庵》と名づけられたといいます。そのため、画室から見える風景や周辺の人物や景色を描いた作品も多いそうです。





JR奥多摩線の「御嶽(みたけ)」駅前には玉堂を顕彰して建てられた《玉堂美術館》があります。玉堂は現在の新宿区若宮町にアトリエを構えていましたが戦争が激しさを増した昭和19年夏に御嶽へ疎開しそのまま終生の住処としたことからここに美術館が建てられました。

仕事柄訪問する機会が多いのですが美しい奥多摩の風景に抱かれた瀟洒な美術館で玉堂芸術を堪能するひとときの素晴らしさは格別です。皆様にも是非ご体験いただけることを願っています。

四季それぞれの味わいがありますが新緑の美しい今は特にお薦めです。


【旧川合玉堂邸(二松庵)のご案内】
 住 所 横浜市金沢区富岡東5-19-22
 電 話 080-1241-0910(開園時のみ)
 最寄駅 京浜急行「富岡」駅東口下車徒歩2分
 開園日 毎月第1土曜日
     ※第1土曜日が1日から4日にあたる場合は翌週(第2土曜日)開園


玉堂美術館のご案内】
 住 所 東京都青梅市御岳1-75
 電 話 0428-78-8335
 最寄駅 JR奥多摩線「御嶽」駅前
 休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、9月初旬、年末年始
 Web http://www.gyokudo.jp/

April 19, 2013

春の美術館廻り ━ 《エドワード・スタイケン写真展》


スタイケン展ポスター.jpg先日、駆け込みで写真展に行って来ました。砧の世田谷美術館で開催された《エドワード・スタイケン モダン・エイジの光と影 1923-1937》です。

ポスターのビジュアルをご覧下さい。モデルは誰あろうハリウッド・スターのグロリア・スワンソン(1899-1983)。ビリー・ワイルダー監督の名作「サンセット大通り」(1950年)で、晩年の大スターを地のままに演じきった名女優です。老醜をさらけ出したその凄絶な演技が今も強く印象に残りますが、若かりし頃のこのポートレートは実に可憐。でも、この眼差しの強度は只事ではありませんね。思わず魅かれてしまいました。

エドワード・スタイケン(1879-1973)は欧州ルクセンブルク出身でアメリカを代表する写真家として知られます。展覧会は若き日の写真芸術を志した時代から、20-30年代のゴールデン・エイジに商業写真に身を投じモードやセレブのポートレイト写真で隆盛を極めた時代、そして晩年、大戦後のニューヨーク近代美術館(MOMA)のディレクター就任時代までをクロニクルで紹介します。中でも本展の白眉は、「ヴォーグ」や「ヴァニティ・フェア」を飾ったスターの肖像写真。グレタ・ガルボ、リリアン・ギッシュ、フレッド・アステア、ジョーン・ベネット、ジョージ・ガーシュイン、ハロルド・ロイド、アーヴィング・タルバーグ(ラスト・タイクーン!)・・・煌めくようなハリウッド・セレブたちがスタイケンのアーティスティックな眼差しで銀塩フィルムに焼き付けられておりました。アート愛好家はもちろん、映画好きにはたまらない実に見応えのある展覧会でした。

世田谷美術館写真.jpg東京・砧の世田谷美術館は用賀駅よりプロムナードを抜け徒歩約15分。広大な砧公園の一角にあります。皆さんも春の日差しを浴びてぶらりお散歩なんていかがですか。アートと公園緑地でのんびり優雅な時間を過ごせます。




※世田谷美術館で開催の《エドワード・スタイケン写真展》は会期終了。4月20日(土)より《暮らしと美術と高島屋》展を開催―出品作の竹内栖鳳筆「アレ夕立に」(高島屋史料館所蔵の名品)は必見です。

February 15, 2013

春の兆し ― 梅花咲く小倉遊亀画伯の庭


入り口.jpg

先日北鎌倉の小倉遊亀画伯のお宅を訪問しご家族にお会いする機会がございました。
天気予報では「朝から雪が降るかもしれない」とのことでしたが、見事に晴れ上がりポカポカと暖かな陽気に恵まれとても気持ちの良い日和でした。


梅.jpg「今日は暖かくて、庭の梅が少し開きましたよ。」
と小倉様が教えてくださり、庭にお通し頂きましたので、記念に一枚写真を撮らせていただきました。梅の花はまだほとんどが蕾の状態ではありましたが春を告げる芳しい香りが漂う素敵な御庭でした。

さて、現在当社では小倉画伯のご家族にご監修いただき新作彩美版(R)の制作を進めております。
詳細は来月当ブログで発表する予定にしておりますので、どうぞご期待ください。



※「彩美版(R)」は共同印刷株式会社の登録商標です。

December 7, 2012

「水戸徳川家墓所」特別参拝記

私どものお得意先である、公益財団法人徳川ミュージアム様より、「国指定史跡水戸徳川家墓所」の特別参拝にご招待いただきました。

普段は一般公開されてはおりませんが、今回特別に現地のご担当者様から詳細な説明を受けながら参拝させて頂く機会を得ました。

...続きを読む »

August 24, 2009

今年もぱれたん!

ぱれたん(虎バージョン)企画のツネです。
 
社会人の夏休みは、残念ながら終わりを迎えましたが、子どもたち、学生さんたちの夏休みはまだまだこれから。うらやましいですね!
 
暑い日が続きますが、夏といえば、毎年恒例の楽しみな企画のひとつ―
ことしも、ぱれたんに会えます!
 
府中市美術館で開催中の 「夏休み子ども美術館 ぱれたん探検隊 絵の国のひみつに挑戦!」 に行ってきました。
(9月6日(日)まで。月休)
 
府中市美術館の所蔵品の数々を、テーマごとにぱれたんが案内してくれるという子どもたちのための展覧会です。

...続きを読む »

August 18, 2008

府中で大冒険!

絵の国の妖精・ぱれたん!こんにちは、営業のクロです。
太陽がまぶしい毎日、名実ともに黒くなってゆきます。
 
皆様は夏休みを利用して、どこかへお出掛けするのでしょうか?
普段と違う場所へ行くのは、新しい発見が楽しみでわくわくしますね。
 
夏と言えば海に山に・・・。しかし、大冒険が楽しめる美術館もあるのですよ!
案内役は、写真の"ぱれたん"です!

...続きを読む »

August 11, 2008

石山修武 自作を語る、を聴く。

世田谷美術館の案内(たぬき)企画のツネです。
驚くべきアーティスト・トークに参加してきました・・・
 
世田谷美術館で開催中の建築がみる夢 ― 石山修武と12の物語に合わせて開催された、石山さんご本人による自作解説を聴きに行ってきました。(8月3日)
 
驚かされたのは、そのお客さんの多さ!
世田谷美術館の展示室は、東京の数ある美術館の中でも広いほうだと思いますが、その展示室がひとで埋まるほどの大盛況。
ざっと300人は下らなかったでしょうか。
 
なにか特別なプロモーションをしたんですか、と学芸員の方に尋いたところ、そうでもないらしい。
いったい何が、これだけのひとを石山さんのもとに呼んだのでしょうか・・・

...続きを読む »

July 14, 2008

世田谷美術館、「建築がみる夢」展開催中!

ひろしまハウス(作業風景) 2002年撮影
 
企画のツネです。
 
現在、東京の世田谷美術館では、「建築がみる夢 ― 石山修武と12の物語」を開催中です。(8/17(日)まで。月休)
 
土地の固有性を大事にしたユニークな建築で知られる、石山修武(いしやま おさむ)さん。
彼の建築プロジェクトの模型やドローイング、写真を展示し、石山さんの着眼点や、大胆きわまりない発想の数々を紹介しています。

...続きを読む »

June 19, 2008

華鴒大塚美術館にいってきました。

華鴒大塚美術館企画のツネです。
 
きびだんご片手に、岡山県の華鴒大塚美術館(はなとりおおつかびじゅつかん)に行ってきました。
 
その名の通り、花鳥画のコレクションは日本有数を誇ります。
竹内栖鳳、金島桂華、徳岡神泉、中村岳陵ら、近代日本の名だたる画家の作品の数々。
素晴らしい作品に囲まれながら、ゆったりと時間を過ごすことができます。
 
現在はコレクション展、「名画にかくれた旅物語」を開催中です。
(6月29日まで。月休)
 
創作の背景に旅心を感じさせる様々な作品が展示されています。

必見は、金島桂華の《台湾の写生》連作!
旅先ならではの高揚感が感じられる一方で、落ち着いた的確な人物描写は見事なものです。
 
また、当社で複製画を制作させていただいた中村岳陵八仙花》も展示中!
複製画と併せて、ぜひ実物をご覧ください。

...続きを読む »

June 5, 2008

細川家のお姫さま

企画のツネです。
梅雨にも負ケズ、美術館を巡り回っています!
 
東京・目白の永青文庫では、特別展「細川のお姫さま 華やかなるプリンセス・ライフ」を開催中です。
(本年6/22(日)まで。月休)
 
細川家の代々の女性にまつわる豪奢な美術品、工芸品の数々が展示されています。
 
実はこの展覧会、昨年同館で開催された「細川家歴代の肖像画400年」展を観たお客様からの、「女性の肖像画をもっと見たい!」という意見がきっかけとなって企画されたそうです。
 
私は特別に、学芸員の三宅さんのお話をうかがいながら観覧しました。

...続きを読む »

February 8, 2008

向井潤吉アトリエ館 訪問

向井潤吉アトリエ館 外観企画のツネです。
 
先日、東京・世田谷の向井潤吉アトリエ館にお邪魔してきました。
 
洋画家・向井潤吉先生(1901-1995)とご家族が住居・アトリエとして使われていた建物を、ほぼそのまま、美術館として活用・公開しているのです。

...続きを読む »

January 23, 2008

今度は額縁。

こんにちは、雪だるま状態で出社のクロです。
 
デスクには伝票、見積り、毛布にホッカイロ・・・
なぜなら共同印刷はウォーム・ビズ!(宣伝)
 
前回は 掛軸 で頭を悩ませていた私、今度は額縁を勉強です。
 
業務課と営業課の先輩お二人が、額装品の相談等で
額縁工房へ赴くことに。
 
せっかくの現場訪問、という事で同行させて頂きました。
お初の利根川越え、そしていざ茨城へ。
 
車窓から拝観、牛久の大仏様

...続きを読む »

December 3, 2007

古川美術館 vol.3  “おもてなしの心”

古川美術館への訪問インタビュー、今回が最終回です。
数多く開催されるワークショップの成果と意義、そして美術館や学芸員のお二人の今後の目標についてお聞きしました。
 
 
―― 古川美術館ではワークショップをたくさん開催していますが、そうした企画の狙いと、これまで特に反響が大きかったものを教えてください。
 
浅野 今年の夏に大変好評を頂いたのが、子供向けの美術館探検、学芸員体験というワークショップです。普段は見ることはできない美術館の裏側を、私たちと一緒に探検してもらい、学芸員の仕事を実際に体験してもらうという企画です。(古川美術館のブログも参照:http://www.furukawa-museum.or.jp/photo/2007/07/
小学校の高学年を対象に、学芸員体験として展覧会チケットのもぎりをしてもらったり、爲三郎記念館でお出ししているお抹茶のサービス係を体験してもらい、美術館にはどのような人がいて、どのような仕事があるのかを知ってもらいました。
お客様のいる現場に出ることは貴重な体験になったと思います。「ごっこ遊び」をする時期を経て、実社会に出て人の役に立つという実感を得ることができたのではないでしょうか。
 
古川美術館 ミュージアムショップ  こうしたワークショップを開くときにまず考えなければいけないのは、学校現場では子どもに対して何が求められていて、何が実現されていて何が実現されていないのか。実現されていないことに関して美術館はどう働きかけることができるか、そこがまず重要だったんです。

...続きを読む »

November 30, 2007

古川美術館 vol.2 「茶の湯 インテリアデザイナー 内田繁の世界」

古川美術館へのインタビュー、第2回目。
美術館の分館・爲三郎記念館で開催されている企画展について、引き続き学芸員のお二人に話を聞きました。
現代的な茶室の展示。しかしここでも苦労が絶えなかったようで・・・
 
 
展示風景 1―― 現在、爲三郎記念館で開催されている「茶の湯 インテリアデザイナー内田繁の世界」(12月6日まで)も非常にユニークな企画ですね。
 
浅野 当初、爲三郎記念館が持つ数奇屋の空間を生かした企画を考えていたんです。爲三郎記念館は茶事を目的として建てられた建物ですので、茶の湯をキーワードに、空間を全体的に演出するような企画を検討しました。そこで、茶の湯を通してインテリアやデザインの可能性を追求されている内田繁先生に演出をお願いすることになりました。
内田先生は茶の湯に大変造詣が深い方なので、現代ならではの茶室の展示ができると思ったんです。
 
  展示は大掛かりになりました。伝統的な爲三郎記念館の設えとは全く違う演出が施されています。新しく生まれた空間と伝統的な空間が、きれいに融合されています。
 
浅野 爲三郎記念館の特徴は、大きな広間があることと伝統的な四畳半の小間(こま)の茶室があること。小間の茶室はそのまま伝統的な設えで活かしす一方、広間はがらっと建具を変えたり、スクリーンを使うことで大きく変える試みをしています。
内田先生の「仮設の茶室」をご存知でしょうか? 組み立て式の茶室で、どこへでも茶の湯の空間を作り出すことができるというものですが、そちらを記念館の前の庭園に展示し、記念館にある国宝の如庵(じょあん:16世紀、茶の湯の創世期に織田有楽斎(おだ うらくさい:織田信長の弟)が建てた茶室。愛知県犬山市の有楽苑)を写した茶室と併設することで新旧の茶室を対比を楽しんで頂く、というのが今回の内容です。

...続きを読む »

November 28, 2007

古川美術館 vol.1  「大観・玉堂・龍子 三巨匠展」

近・現代の日本画を中心に幅広いコレクションを誇る古川美術館。
「大観・玉堂・龍子 三巨匠展」を開催中(12月16日まで)の美術館にお邪魔して、学芸員の浅野さんと林さんのお二人にインタビューしてきました。(全3回)
初回のインタビューでは、美術館の特徴と開催中の展覧会の見所、また、学芸員ならではの苦労話を教えて頂きました。
 
 
―― まず、古川美術館の特徴を教えてください。
 
古川美術館 館内浅野 当館のコレクションは、近・現代の日本画など初代館長の古川爲三郎が蒐集したものが中心であるため、個人の趣向が強く出ているのが特徴です。
例えば爲三郎は富士山がすごく好きでしたので、富士の絵は画家を問わずたくさんあります。爲三郎は元々実業家でしたので、さらに上を目指す、常に自分に飽きたらずに前進していく姿勢を、日本一の高さを誇る富士山に重ねていたのだと思います。
また、爲三郎は地域の芸術の振興を大変推奨しておりまして、地元の若い画家の支援もしていました。その爲三郎の志を受け継ぎ、市野龍起先生をはじめ愛知県ゆかりの画家の作品を数多く所蔵し、現在も展覧会を開いております。
名古屋市内に美術館があることの意味も踏まえ、地元の画家を取り上げることには大きな意味があると考えております。
 
―― それでは、開催中の「大観・玉堂・龍子 三巨匠展」の見所を教えてください。
 
  大観と玉堂と龍子はそれぞれ全然違う道を歩んでいます。院展と、文展と、在野の青龍会。その彼らがある時期、合作を作ります。その合作が、調べたところ10作品もなく、しかも所蔵者がわかるものはさらに少ない。当館ではその内の3作品を所蔵し、今回展示しておりますので、それが一番の見所です。
また、三人の初期の作品から晩年に描いたものまで網羅でき、画家としての歩み始めから筆が立ってくる円熟の時期、そして三人の合作に到るまでの流れがおわかり頂けるかと思います。
あとは・・・川端龍子の作品が、東海地方であまり見られないんですよね。展覧会は東京での開催ばかりなんです。

...続きを読む »

October 24, 2007

山種美術館 3  「誰もが気楽に入れる美術館」へ

全三回の山種美術館インタビュー、最終回。
館長お気に入りの作品や、愛用のミュージアムグッズ、美術館の目指す方向性について、山崎館長と学芸員の櫛淵さんにお聞きしました。
 
 
―― コレクションのうち、館長が特に思い入れのある作品はありますか?
 
速水御舟 炎舞山崎 速水御舟の「炎舞」です。あの作品は何度見ても飽きません。以前、額のアクリルを外して見たことがあるんですが、背景の色がなんとも言えずきれいで・・・引き込まれるようでした。絹が染めてあるかのように、色が乗ってるんです。
炎と、それに群がる蛾というモチーフ自体も珍しいですね。御舟以前にも以降にも同じ画題はない。そういうものを選んだこと自体が御舟のすごいところだと思います。
私が御舟の奥様に伺ったお話では、軽井沢に家族で滞在中、毎晩たき火をして、そこに群がる蛾を観察したそうです。おもしろいことに、蛾のスケッチはたくさん残っていますが、炎のスケッチは一枚もない。炎は完全に御舟が作り上げたものなんです。観念的というか、実際に写生した炎ではないんですね。そこに写実的なものと装飾的なものが合わさっている。神秘的な絵です。
本当に何回見ても飽きません。閉館後にお客様がお帰りになってからライトを消すと、真っ暗な中に「炎舞」が浮かび上がるようで。そういうものを見られた時は学芸員冥利に尽きるなと・・・(笑)
 
―― さすがに御舟先生の話は盛り上がりますね。(笑)(注:山崎館長は御舟の研究で広く知られています。)他の作家の作品では?
 
山崎 奥村土牛さんの「醍醐」も好きです。綿臙脂(わたえんじ)という、今はなかなかないピンク色の絵具をふんだんに使っていて、すごくきれいな桜の絵です。土牛さんの人柄が出ているような気がします。
 
竹内栖鳳 班猫櫛淵 私は竹内栖鳳の「班猫」が大好きです。初めて見たときは鳥肌が立ちました。猫の目に射貫かれたみたいに、動けなくなってしまって・・・ぞくぞくしましたね。
それから猫の毛が、金で描かれているのですが、これもライトの当て方一つで違って見えました。展示のやり甲斐も大きい、そういうおもしろさもある作品です。

...続きを読む »

October 22, 2007

山種美術館 2  コレクション紹介

山種美術館インタビューの第二回。
今回は、山種コレクションの特徴や展覧会の裏話、子ども向けの企画について聞きました。
 
 
―― 山種コレクションの特徴を教えてください。
 
山崎 コレクションは1,800点余りで、近・現代の日本画を中心に蒐集しています。特に40年前の創立当時は近・現代の日本画だけを収集した美術館はなく、非常に珍しいと言われました。現在でも皆様に評価していただいています。
先日(9月14日)亡くなられた高山辰雄先生が平成3年から当館の理事を務めてくださいまして、あるとき、「山種さんほど近代日本画の蒐集の素晴らしいところはないんだから、作品を大切にしなきゃいかんよ」と仰っていただきました。その言葉を真摯に受け止めて、これからもずっと忘れずにいたいと思っております。
 
―― 「山種美術館」の文字を揮毫されたのは、安田靫彦先生ですよね。(注:美術館の看板の文字。写真参照)
 
山種美術館 揮毫山崎 ええ。あれは私の父(山崎富治さん、前館長)が何度も大磯の安田先生のお宅に伺って、お願いして、やっと書いていただいたものです。
安田先生は良寛さんを見出した事で有名で、良寛さんの書の鑑定などでご自身の制作以外にもお忙しかったと思うんです。なかなか一回では「うん」と言っていただけなくて、父は何回も伺ったらしいです。
あの書は本当に素晴らしいと皆さんに言っていただいています。これからも大切にしていきたいです。

...続きを読む »

October 19, 2007

山種美術館 1 「川合玉堂展」

美術館紹介の第一回は、近・現代の日本画を中心とした日本有数のコレクションを誇る山種美術館。
川合玉堂展を開催中(11/11(日)まで)の館内で、今年5月に新館長に就任された山崎妙子館長と、学芸員の櫛淵豊子さんにインタビューしました。(全3回)

「川合玉堂展」館内「川合玉堂展」館内


―― まずは、開催中の「川合玉堂展」の見どころを教えてください。
 
山崎 創立者の山崎種二が玉堂さんと大変親しく交際していたため、当館では70点の玉堂作品を所蔵しております。そのうちの約60点を今回一堂に会することができたので、非常に見応えのある展覧会になっていると思います。
 
―― 玉堂さんと種二さんの親交について、エピソードをお聞かせください。
 
山崎 戦時中、玉堂さんは青梅に疎開してらしたんですけど、種二がその疎開先に俵のままお米を運んでいっただとか、いつも支援していたと聞いております。
非常に親しくて、忙しい合間をぬって玉堂さんに会いに行っていたようです。玉堂さんは性格も温かい方で、先日お会いした(玉堂の)お孫さんが、「祖父は温和な人柄で、でも、芯には強いものを持っていた」と仰っていました。

...続きを読む »

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   June 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
ページの先頭に戻る