« 世界を魅了する伊藤若冲の新作、「白鶴図」をご紹介。 | メイン

October 4, 2019

ミュシャ作品の美しさに魅了されてきました

美術趣味をご覧いただきまして、ありがとうございます。
爽やかな秋風が感じられる好季節ですが、皆様はどのような秋をお過ごしでしょうか。
私は「芸術の秋」ということで、9月29日(日)まで渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されていた、「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術」に行ってまいりました。
私はずっとミュシャのファンで、美術系大学の学生時代には、作品を模写するほど夢中になっていました。今回の展覧会も、心躍りながら鑑賞しました。


20191004_panel.jpg
展示で特に印象的だったのは、最初の部分にあった、幼少期の作品や、手本としていた書物や工芸品、習作、有名なる前に手掛けた挿絵等です。
習作は、本番の作品になる前段階にも関わらず、精緻な筆致で描かれていました。


ミュシャの作品は時代を超えて、国内外の作家に影響を与えています。
ミュシャに感化された作家の作品が展示されていて、ここも本展覧会の画期的な点です。
日本の作品では、明治時代の雑誌の表紙絵やポスター、そして活躍中の漫画家のイラストが展示されていました。ミュシャの作品は多くの作家に影響を与えたことがよくわかります。


もちろん、出世作となった「ジスモンダ」をはじめ、パリで華やかな成功を収めていた時期の有名なポスターもずらりと並んでいました。
そして当社から販売している、複製画商品「スラヴィア」の構図の基になった、「スラヴィア:プラハ、スラヴィア保険相互銀行のためのポスター」も展示されています。


ミュシャの作品を改めて間近で鑑賞し、作品の華やかさと美しさに魅了されました。
本展覧会はあと全国5か所を巡回します。是非とも足をお運びいただき、ミュシャの美しい世界観をご覧くださいませ。


-------------------
今回は、当社複製画商品「スラヴィア」をご紹介させていただきます。
美しい装飾と象徴的な表現が調和した華やかな傑作を、ご愛蔵ください。


アルフォンス・ミュシャ「スラヴィア」
20191004_slavia.jpg
©Mucha TRUST 2019

仕様体裁
【技法】彩美版®シルクスクリーン手刷り
【限定】200部
【画面寸法】天地60.6×左右36.4㎝
【額寸法】天地70.5×左右46.2×厚さ2.5㎝
【用紙】キャンバス
【額縁】木製デコレーション金箔額(国産ハンドメイド)、アクリル付き
【重量】約2.7kg
【監修】内井 知子(株式会社ジーイーエム アルフォンス・ミュシャ日本総代理店 代表)
【解説】佐藤 智子(ミュシャ財団キュレーター)
【原画所蔵】プラハ国立美術館
【発行】TOMOWEL|共同印刷株式会社
【本体価格】128,000円(消費税は別途申し受けます)
・肩書き等は初版発行当時のものです。
・寸法・重量等は、天然材料を使用し、一点ずつ手作りのため、表記と異なる場合があります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3418

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   October 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
ページの先頭に戻る