« 春間近、もうすぐひな祭り。「お雛あそび」のご紹介です。 | メイン | 六義園 -しだれ桜と乙女椿ー »

February 20, 2019

「新・北斎展」


いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。

2月に入り厳しい寒さが続いてまいりましたが、そろそろ春の足音も聞こえてきました。私のまわりでは花粉が気になりはじめたという方も見受けられます。皆さまも季節の変わり目には体調の変化に十分お気をつけ下さい。

さて私は六本木の森アーツセンターギャラリーで「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」を鑑賞してまいりました。この展覧会は、世界で一番有名かつ影響を与えた日本人画家として知られる葛飾北斎(1760-1849年)の画業を通覧・再検証します。国内外の名品や近年国内で発見された作品、海外からの初公開作品を取り揃え、北斎ワールドの全貌に迫ります。



森美術館.JPG


会場では北斎の70年の長きにわたる画業を、作風の移り変わりと用いた画号に基づき、系統立てて展示。総作品数は480点にも及ぶという見ごたえ十分の展示内容です。あの有名な冨嶽三十六景シリーズの『凱風快晴』『神奈川沖浪裏』はもちろん『北斎漫画』や晩年の肉筆画≪龍図≫や≪虎図≫などの名品も登場。中でも北斎の肉筆画としては最大級という西新井大師總持寺所蔵の「弘法大師修法図」はおどろおどろしくも躍動感があり壮観のひと言です。

保存の関係もあるのでしょうか、「新・北斎展」の見どころのひとつである永田コレクションの貴重な絵本や版画の数々は、今回が最後の東京展示となるとのことです。以後は島根県のみでの公開とのことですからこれも見逃せません。今年(2019年)は北斎没後170年の節目の年でもあります。カルチャーの先端をいく六本木ヒルズで、時代を超えて繰り広げられる北斎ワールドの一大絵巻に皆様もぜひ足をお運びください。



北斎展ポスター.JPG

【展覧会情報】
新・北斎展
HOKUSAI UPDATED
会場 六本木・森アーツセンターギャラリー
会期 3月24日(日)まで ※3月5日(火)休館
時間 10:00~20:00 (火曜日は17:00まで)





最後に弊社でお取り扱いのある北斎の複製画をご紹介いたします。本作は北斎が晩年に好んで描いた、「北斎獅子絵図」の集大成ともいうべき傑作です。


北齋_唐獅子図_軸.jpg
北齋_唐獅子図_額.jpg


葛飾北斎 『唐獅子図 』

販売価格 125,000円+税


■共通体裁
技 法 彩美版®
用 紙 特殊絹本
額 縁 木製額金泥塗装仕上げ、茶地小花紋緞子張りマット、アクリル付(国産)
画 寸 天地41.0×左右38.3㎝
原 画 肉筆袱紗絵
原画所蔵 ボストン美術館 ウイリアム・スタージス・ビゲローコレクション
監修・解説 小林忠
(学習院大学名誉教授、国際浮世絵学会会長、「国華」主幹、岡田美術館館長、日本美術アカデミー理事長)
発 行 共同印刷株式会社

※彩美版®とは、画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された、新時代の画期的な技法による複製画です。「唐獅子図」の制作においては、原画を所蔵するボストン美術館の正式許諾を受け、北斎研究の第一人者である小林忠先生の監修を受けました。「彩美版®は共同印刷株式会社の登録商標です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3388

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2019   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
 
 
ページの先頭に戻る