« 新年のごあいさつ | メイン | 小さい春の訪れ »

January 24, 2019

新作≪唐獅子図≫のご案内

いつもブログ「美術趣味」をご覧いただき、誠にありがとうございます。
厳しい寒さが続きます。いかがお過ごしでしょうか。風邪など召されませぬよう、ご自愛ください。
さて今回は、まもなく販売を開始する葛飾北斎筆≪唐獅子図≫をご紹介します。
国際的に著名な浮世絵師・葛飾北斎は、版画「冨嶽三十六景」や版本「北斎漫画」などを残しました。また、肉筆画でもすぐれた作品を描いています。本作「唐獅子図」は、北斎最晩年の作品で、積み重ねた技法や経験が集約された作品です。
北斎は天保13年から翌年にかけて、魔を祓うために≪日新除魔≫と名付けた墨画の獅子図を描き、邪鬼を祓うことを日課としていました。≪唐獅子図≫は≪日新除魔≫を描き終えた翌年、85歳の時の作品です。
本作は北斎獅子図の集大成とも言うべき傑作で、雄渾な筆致で描かれた「百獣の王」として知られる獅子を、「百花の王」である色とりどりの牡丹が彩り、壮厳さと華やかさを漂わせています。
このたび、浮世絵の世界的権威・小林忠氏に監修をあおぎ、当社高品質の複製技術「彩美版®」にて、北斎の筆致を克明に再現しました。
魔を祓う神獣出現のめでたさに満ちた本作を、ご自宅にて心ゆくまでご賞玩ください。


【軸装】
karajishi_jiku.jpg
©2018 Museum of Fine Arts,Boston.


【額装】
karajishi_gaku.jpgのサムネイル画像
©2018 Museum of Fine Arts,Boston.


【仕様体裁】
技法-彩美版®
用紙-特殊絹本
画面寸法-天地41.0cm × 左右38.3cm
原画所蔵-ボストン美術館 ウィリアム・スタージス・ビゲローコレクション
監修・解説-小林 忠(学習院大学名誉教授、国際浮世絵学会会長、「国華」主幹、岡田美術館館長、日本美術アカデミー理事長)

【軸装仕様】
軸寸法-天地127.5cm × 左右55.5cm
表装-三段表装
材料-天地:利休色無地
    中廻:薄茶地小花飛紋緞子
    風帯:一文字・白地唐花唐草紋金爛
    軸先:牙使用
収納-桐箱・タトウ

【額装仕様】
額寸法-天地58.0cm × 左右60.7cm × 厚さ3.5cm
額縁-木製額金泥塗装仕上げ
    茶地小花飛紋緞子張マット
    アクリル付(国産)
重量-約2.6kg
本体価格-125,000円(税別)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3374

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   February 2019   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
ページの先頭に戻る