September 14, 2018

【新商品紹介】フェルメール《牛乳を注ぐ女 THE MILKMAID》


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

 今年の夏は全国的に酷暑に見舞われ、9月を迎えても厳しい残暑が続きましたが、最近の朝夕の吹く風の涼しさにようやく秋の気配を感じられる季節になりました。まだまだ気候の変動が激しく、暑さや寒さがぶり返すなどして体調を崩しやすいこの頃ではあります。皆様どうぞご自愛くださいませ。




 今回は、17世紀オランダを代表する画家であるヨハネス・フェルメール《 牛乳を注ぐ女 THE MILKMAID 》をご紹介します。

 厨房の一角で息をひそめ、一心に牛乳を注ぐ女性。彼女の視線の向かう先、瓶から注がれる牛乳の部分に私たちの視線も注がれます。「光の画家」と呼ばれるフェルメールの絵画は、穏やかな光、巧妙な構図など、思わず見入ってしまう要素が絵の随所に散りばめられその魅力は尽きることがありません。まるで、そこから物語を想像することを私たちに求めているかのように、ひとつひとつが語り掛けてきます。

本作は17世紀オランダの時代背景や精神文化が感じられる貴重な作品であり、寡作であったフェルメール作品の中でも、特に称賛されている珠玉の作品であるとこは、もはやいうまでもありません。


 この度、アムステルダム国立美術館が提供する正式画像をもとに、当社独自の技法「彩美版®」で再現しました。また、天然ラピスラズリを一部使用するとともに、フェルメール絵画の質感や濃淡の深みを再現しました。静謐感にあふれた珠玉の名画を、ぜひお手元でお楽しみください。


彩美版®
フェルメール《 牛乳を注ぐ女 THE MILKMAID 》 
販売価格 98,000円+税


牛乳を注ぐ女 (1).jpg
© Rijksmuseum,Amsterdam/PPS通信社



<仕様体裁>
監修・解説 千足 伸行(美術史家/成城大学名誉教授・広島県立美術館館長)
原画所蔵 アムステルダム国立美術館
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り、天然ラピスラズリ使用
用紙 キャンバス
額縁 特注木製額金箔貼りハンドメイド仕上げ、アクリル付き(日本製)
画寸 天地41.0cm×左右36.6m
額寸 天地53.1cm×左右48.7cm×厚さ2.0cm
重量 約2.0kg
発行 共同印刷株式会社



※寸法・重量は天然材料を使用しており手作りのため、表記と若干異なる場合があります。
※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。
※本ブログ掲載記事及び画像等の無断転載を禁じます。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る