« 港町、横浜の美術館のモネ展。 | メイン

August 10, 2018

注目、フェルメール展。


いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きありがとうございます。

先日、国立新美術館にて開催中の「ルーヴル美術館展 肖像芸術--人は人をどう表現してきたか」を観覧してきました。
本展覧会では、エジプトの彫像やナポレオンのデスマスクなど、様々な人物の「顔」、
人の似姿を描出する数々の肖像が並びました。
肖像画ジャンルの歴史には、理想像としての顔、あるいは酷似した顔を表現したものとがあり、
時代や国で人々が肖像に求めた美徳が変化していることがわかります。


さて、人の顔といえばあの有名な、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」についてはどうでしょうか。


今年秋には、上野で「フェルメール展」が予定されています。
作品が35点ほどしか現存していないともいわれるフェルメール作品うち、8点が来日するということで、
先日女優石原さとみさんの発表により、来日するすべての作品が明らかになりました。
「牛乳を注ぐ女」など、人気作品を東京で一度に観ることができますので今から期待が高まります。
フェルメール展は、完全時間予約制とのこと。
フェルメールのほとんどの絵はサイズが小ぶりですので、ゆったりと観覧できる予約制、ありがたいです。


フェルメールと言えば「真珠の耳飾りの少女」が大変有名ですが、この有名な人物画は肖像画ではなく「トロ―二―」といわれ、特定できないモデルを描いたもの、実在する人を描いていると推測されるとしても、架空の人物あるいは
性格のタイプの習作を意図するものとされています。
当時のオランダのものではないトルコ風ターバン、
大粒の真珠の耳飾りを身に着けた異国風の少女は、観る者に彼女がどんな人物なのかを想像させ、ひきつける魔力があります。
所蔵美術館のマウリッツハイス美術館では、「ガール(少女)」の愛称で呼ばれ、
モデルの正体は分かっていません。

注目のフェルメール展、今から楽しみです。


下記、商品のご紹介です。
ヨハネス・フェルメール
彩美版®《真珠の耳飾りの少女》
1_002001000315.jpg
®The Bridgeman Art Library/PPS


希望小売価格 90,000円(消費税は別途申し受けます)
[仕様体裁] 
技  法:彩美版®、シルクスクリーン手摺り、天然ラピスラズリ使用
画  面:キャンバス
画 寸 法:41.0cm×31.8cm(F6サイズ)
額 寸 法:54.4cm×45.2cm
額  縁:金箔仕上げ、アンティーク調特製木製額、アクリル付き
重  量:約1.8kg
解  説:谷岡清(美術評論家)
原画所蔵:マウリッツハイス美術館(オランダ)
発行:共同印刷株式会社
寸法・重量等は、天然材料を使用し、一点ずつ手作りのため、表記と異なる場合がございます。
作品の色彩等、画面と現品で多少異なる場合がありますが、ご了承願います。
彩美版(R)は共同印刷株式会社の登録商標です。


お問い合わせ
共同印刷株式会社 アート&カルチャー事業
TEL 03-3817-2290(土日祝は除く平日10:00~17:00)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2303

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   August 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページの先頭に戻る