« 梅雨に輝く花々 | メイン | 夏の到来 »

June 22, 2018

【商品紹介】クリムト《ヒマワリの咲く農家の庭》


向日葵20180620.jpeg
いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

 湿った空気が押し寄せる梅雨の時期ではありますが、梅雨の中休みでしょうか時折、雲の合間から射す陽射しが眩しく夏を感じました。路地に咲いている花や生い茂る木々を眺めて季節を感じるのが好きですが、少し元気をもらいたくてよく花を飾ります。先日、店先で一際鮮やかに咲いている向日葵が目に留まり、思わず手が伸びました。今年の6月21日、一年間でもっとも日が長くなる夏至を迎え、いよいよ夏本番の季節がやって参ります。


 今回は、没後100年を記念し、ウィーン世紀末を代表する画家であるグスタフ・クリムトの《ヒマワリの咲く農家の庭》をご紹介いたします。


 クリムトは後半生、毎年夏に都会の喧騒から解放され、ザルツブルクの東側にある避暑地ザルツカンマーグートで過ごし多くの風景画を描き続けました。特徴的である正方形の画面は、決して任意に選択されたものではなく、厚紙を切り抜き正方形のファインダーを作り、そこから覗いた風景を描いたものでした。それは密室的な落ち着き、安定性などの印象を強め、小さいながらも心地よい暖かさを感じさせてくれます。


 クリムトにとって風景というテーマは、自らを優しく迎え入れてくれる憩いであり、ウィーン大学天井画作品に対する批判を受けて都市ウィーンに疲弊していた心に、くつろぎと回復を与えてくれるものだったのではないでしょうか。


 本作は、クリムトが遺した多くの静謐なる風景作品の中でも、特に華麗でクリムトの装飾的美的センスを遺憾なく発揮した名作だといえます。画面いっぱいに花が満ち溢れ、瑞々しく咲き誇る自然につつみこまれているような感覚は、まさに極上のくつろぎといえるでしょう。


 煌めく生気を与えてくれる百花繚乱の「色彩のシンフォニー」。
 ぜひお手元でお楽しみください。





彩美版®
クリムト 《ヒマワリの咲く農家の庭》 
販売価格 115,000円+税
限定200部発行


クリムト「ヒマワリの咲く農家の庭」.jpg
©Belvedere, Vienna / coordinated by Uniphoto Press


<仕様体裁>
監修・解説 千足 伸行(美術史家/成城大学名誉教授・広島県立美術館館長)
原画所蔵 ベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)
技法 彩美版®、シルクスクリーン手摺り
用紙 キャンバス
額縁 特注木製額金箔貼りハンドメイド仕上げ、アクリル付(日本製)
画寸 天地49.0cm×左右49.0cm
額寸 天地62.5cm×左右62.5cm×厚さ3.0cm
重量 約3.3kg
証明 額裏にベルヴェデーレ宮殿(オーストリア絵画館)公式認定証を貼付
発行 共同印刷株式会社



※寸法・重量は天然材料を使用しており手作りのため、表記と若干異なる場合があります。
※「彩美版®」は共同印刷株式会社の登録商標です。
※本ブログ掲載記事及び画像等の無断転載を禁じます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2285

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   July 2018   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ページの先頭に戻る