« 生命力としてのアート | メイン | ルドン展 鑑賞記 »

March 2, 2018

鎌倉穴場良い所


美術趣味をご覧いただきましてありがとうございます。

春の気配が感じられる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
先日鎌倉にお仕事で行った際に、地元の方にお勧めしてもらった穴場名所ルート
と楽しみ方をご紹介致します。


まず、鎌倉駅からバスに乗る。
大塔宮(鎌倉宮)行に乗る。バスはいつも混んでいるので覚悟しよう。

15分くらいの終点、大塔宮で降りて、すぐの鎌倉宮へ。
楽しみ方:厄割り石...石に向かってお皿を勢いよく投げる。おもいきりぶつけて嫌なことはここで忘れる。しっかり厄を落とそう!

鎌倉宮を出て、左脇の小道をまっすぐ奥へ。
楽しみ方:左手にテニスコートを眺めながら、右手にある産地野菜や干し柿などを販売している露店で焼き芋を買う。

焼き芋を食べながら、10分ほど進むと二股の分かれ道があり、右へ。
さらに奥へ進み、軽い坂を上り瑞泉寺を目指す。
突然、迫力ある鬼瓦のあしらわれた門が出迎えてくれる。

受付で拝観料を払う。
開山は夢窓疎石。鎌倉御所初代公方、足利基氏が奉られている、瑞泉寺入場。
楽しみ方:、夢窓疎石作の庭園と地蔵菩薩立像をみたり、梅や水仙の写真を撮ったりして満喫しよう。

近くにある中国精進料理 鎌倉 凜林さんでランチを食べよう。

さらに体力があれば、天園ハイキングコースに入って5.5キロのハイクを楽しもう。

体力がない人は、大塔宮からバスで鎌倉へ戻る。
少し時間があれば小町通りの写真家・十文字美信さんのギャラリーへ。
(その日は受付にはご本人がいらっしゃいました。)


今の時期、梅や枝垂桜が5分咲きで、満開とはまた違ったワクワク感がありました!
春の気持ちよい季節、皆様もぜひお散歩にお出かけください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2230

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   June 2018   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ページの先頭に戻る