« ささやかな癒しの場所 | メイン | 東の「運慶」、西の「国宝」展を見る。 »

October 27, 2017

【新作のご紹介】彩美版® 速水御舟「瓶梅図」

いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

秋涼爽快の候、木々の葉も鮮やかに色づいて参りました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
このたび当社より、日本画家・速水御舟「瓶梅図(へいばいず)」を彩美版®にて販売開始いたしました。

heibaizu.jpg

東京浅草生まれ、40歳で生涯を終えた速水御舟は、14歳のころより松本楓湖の画塾に入門。
すでに23歳で、横山大観らに激賞を受け日本美術院同人に推挙されます。
いわゆる天才です。


写実すぎるゆえに波紋を呼んだ、御舟代表作《京の舞妓》ほどの超絶写美はないものの、
赤絵壺の模様にみられる緻密さと、らせん状に描かれた枝ぶりの隙のない構図に、
御舟らしい凄みを感じる力作です。

梅を描いた日本画は数ありますが、その計算された構図と配色のせいか、
他にない何とも言い難いすっとした独特の佇まいがあります。
写真ではお伝えしきれないのが残念なほどです。
まったく古さを感じさせないフレッシュさがありますので、現物で観ていただきたい作品です!

本作が描かれたのは1932年(昭和7年)。
当時の東京は関東大震災復興事業を通じ、モダン都市へと変貌を遂げていた時代でもありました。
伝統とモダンが融合した《瓶梅図》を、ぜひお手元でお楽しみください。
また、本作には日本画家、田渕俊夫先生のインタビューを収録した特別付録冊子がついております。


速水 御舟 はやみ ぎょしゅう (1894~1935)
1894年、東京浅草に誕生。1908年、松本楓湖の安雅堂画塾に入門。1914年、俵屋宗達の《源氏物語関屋澪標図》に感激し、雅号を「禾湖(かこ)」から「御舟」に改める。再興第1回院展に《近郊(紙すき場)》を出品し院友推挙。1917年、再興第6回院展に《洛外六題》出品、横山大観らの激賞を受け同人推挙。1920年頃より静物画に集中的に取り組み、再興第7回院展に超絶写実の《京の舞妓》を出品し波紋を呼ぶ。1925年、軽井沢での取材をもとに《炎舞》(重要文化財)を制作。1929年、《名樹散椿》(重要文化財)制作。1930年、イタリア政府主催・ローマ日本美術院の美術使節として渡欧。1932年《瓶梅図》制作。1935年、腸チフスに罹患し、40歳で逝去。


本体価格 185,000円(税別)
技法 :彩美版®シルクスクリーン手刷り(パール、銀、本金一部使用)
限定 :200部
額寸 :天地75.0cm×左右65.6cm×厚み3.1cm
監修 :速水夏彦

【お問合せ先】 
共同印刷株式会社
アート&カルチャー部
03-3817-2290 =お気軽にお問合せください=

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2174

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   November 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
ページの先頭に戻る