« 山奥の巨大要塞 | メイン | ささやかな癒しの場所 »

October 12, 2017

芸術の秋と、東山魁夷「行く秋」

いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

現在、千代田区北の丸公園にある東京国立近代美術館で所蔵作品展「MOMATコレクション」(~11月5日まで)が開催されています。この展覧会は同美術館の幅広い収蔵作品の魅力が一堂に集まり、とても見応えがあります。中でも見どころは、同館で多数所蔵している東山魁夷の作品17点を同時に展示している事です。人気の作家なので貸し出しが多く、まとめて展示される機会はなかなかないようです。風景画家として立つことを決意した「残照」、教科書などにも出てなじみ深い「道」など、素晴らしい作品が壁面を彩ります。秋の深まり行くこれからの季節、皇居の散策なども含め見に行かれてはいかがでしょうか。
さて秋と東山魁夷と言えば、当社にも素晴らしい作品がございます。東山魁夷 マスターピース コレクションTM「行く秋」です。画面全体、黄葉に彩られた輝くような秋の景色。東山魁夷はこの作品についてこう述べています。
「秋深い林の中を落葉を踏んで歩く。
楓の黄葉が地上に織り上げた金色のタペストリー。
行く秋は淋しいと誰が言ったのか。
私が見出したのは、荘重で華麗な自然の生命の燃焼である。」
魁夷の自然に対する気迫ある姿勢が感じ取れます。

残念ながら本作品は「MOMATコレクション」には展示されていませんので、当社の商品画像でお楽しみください。なお2018年1月2日からは、八王子にある東京富士美術館で「東京富士美術館開館35周年記念 東山魁夷展─長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による」が開催されます。同展覧会では、現在改修中の長野県信濃美術館 東山魁夷館の所蔵作品が多数展示されます。是非この機会に足をお運びになってはいかがでしょうか。


yukuaki.jpg
東山魁夷 マスターピース コレクションTM 「行く秋」
原画所蔵:長野県信濃美術館 東山魁夷館
監修:東山すみ
販売価格 500,000円+税
<仕様体裁>
技法:彩美版®プレミアム
限定部数:350部
額縁:特注銀泥プラチナカラー木製額・ハンドメイド浮き出し加工
画寸法:459×652mm
額寸法:636×832mm
重量:約5.3Kg
高精度プリントに高級アクリルガラスを貼合したモダンな仕様です。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
共同印刷株式会社 アート&カルチャー部
お電話03-3817-2290(土日祝は除く平日10:00~17:00)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2165

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   October 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
ページの先頭に戻る