August 25, 2017

身近なもののけ伝説



 強い日差しとどんよりした雨雲が不規則に入れ替わる怪しい天候の続く中、桶川市にある、さいたま文学館で開催中の「さいたまの妖怪」という企画展を観に行きました。(7月22日(土)から9月10日(日)まで開催)

さいたま文学館.jpg


 展示会では、古くは平安時代の今昔物語の記載や鎌倉時代の絵巻物などに描かれた妖怪図をはじめ、江戸時代も葛飾北斎「北斎漫画」の鬼のスケッチや河鍋暁斎の百鬼夜行をモチーフにした「百鬼書談」、利根川図誌の生々しい「河童」の図などが紹介されています。 
 妖怪とは、古来、理解できない現象や病気、災難などに人々が遭遇した時、「神」「仏」のみならず、「妖怪」「鬼」「異形」などの仕業とし、畏怖、不安、恐怖を具象化したものと考えられます。それらはその地方の風土、郷土生活と密着し、民話や伝説として語り継がれてきました。
 会場で多くの原画が展示された埼玉県在住のイラストレーター、池原昭治氏の描く昔ばなしの世界は、埼玉に伝わる妖怪伝承を温かく、親しみを込めて、(時に怖ろしく)表現しています。それを観て、あらためて自分の住む地域の近隣に伝わる伝承に興味を持ちました。そこで私の身近に見聞きする伝説の地を確認してみました。




<見沼の竜神伝説>
 現在のさいたま市見沼田んぼは江戸時代中頃まで巨大な沼でした。そこには竜神が住んでいたと言われ、いくつもの伝説が残っています。代表的なのはその沼の干拓工事を行った井沢弥惣兵衛にまつわる以下のような伝承です。
 
 見沼に住む竜神は美女の姿で弥惣兵衛に干拓工事を延期するよう請うたが、聞き入れず工事を進めると、災難が続き、弥惣兵衛自身も病床につく。竜神の美女は願いを聞けば病を治すと言い、毎夜訪れる。弥惣兵衛は快方に向かったが、家臣が覗いてみると美女は大蛇の姿で弥惣兵衛の体をなめまわしていた。恐れた弥惣兵衛はこっそり居を移し、工事は順調に進み、竜神は沼を去った。

 現在の見沼は、水田や畑が雄大に広がる情景に代表される場所となっています。さいたま市のマスコットキャラクターも「つなが竜 ヌゥ」といいます。

見沼たんぼ(加田屋新田付近).jpg




<白幡沼の巨人伝説>
 白幡沼は、現在さいたま市南区のJR武蔵浦和駅の近く、高台にある白幡中学の麓にあります。ここは、雨の日に巨人が足を滑らせて転び、その時に拳をついたところに水が溜まってできた沼と言われ、かつては「拳が池」または「こぶし沼」と呼ばれたそうです。
 たくさんの葦が茂る静かで落ち着いた場所ですが、訪れた日は白鷺が優美な姿を見せ、カメラを向ける一団体がいらっしゃいました。
 なお、同じ南区に太田窪(だいたくぼ)という場所があり、この地名は日本各地に伝わる巨人伝説「大多(ダイタ)ぼっち(巨人)」~ダイダラボッチ~に由来すると言われています。

白幡沼.jpg




<志木の河童伝説>
 さいたま市のすぐ隣の志木市は、3本の川に囲まれ水との関わりが深く、河童にまつわる伝説がいくつもあります。市内の宝幢寺には柳瀬川の河童伝説があり、柳田国男の『山島民譚集』にも紹介されています。

 昔、柳瀬川に住む河童はたびたび馬や人を襲っていたが、ある日、寺に飼われていた馬を川に引きずり込もうとし、暴れた馬に踏まれて衰弱していた。村人達が、悪さをしてきたその河童を焼き殺そうとするが、寺の和尚は哀れに思い、人々に命乞いをして助け、河童も、今後は人や馬に危害を加えないと誓い泣きながら川に帰って行った。翌朝、和尚の寝ている枕元に大きな鮒が2匹置いてあり、それ以来人や馬が襲われることはなかった。

 なお、市内には愛称のついた20体以上の河童の像があり、志木市商工会では「カッピー」、(公財)志木市文化スポーツ振興公社は「カパル」というカッパキャラを立て、市全体で河童と親しんでいます。

柳瀬川で遊ぶ河童像「流ちゃん」.jpg




 足を伸ばせば、まだまだたくさんの伝承の地があります。そういう視点で各地を見ると何気ない場所にも浪漫が感じられ、空想が広がります。




■さいたま文学館
埼玉県桶川市若宮1-5-9   TEL 048-789-1515
展示室営業時間 10時~17時30分
定休日 月曜(祝日の場合開館)、館内整理日
展示室料金 一般210円、学生・生徒100円、(団体20人以上は割引あり)

August 16, 2017

「石の街」宇都宮の多彩な魅力。

 餃子で有名な宇都宮は、石の街としても知られている。その石とは宇都宮市大谷の付近から採掘される「大谷石」である。軽く、加工がしやすく、耐火性があるこの石は古くから建材として使われてきた。著名な建築家、フランク・ロイド・ライトが設計した「旧帝国ホテル ライト館」にもこの石が用いられている。この石を産出する石の里「大谷」に、大谷石資料館がある。ここの地下には巨大な採掘場跡があり、その大きさは2万平方メートル、深さは30mにもなる。暑い日差しから逃れるには打って付けの場所で、外気が30℃近くても、地下は10℃ぐらいしかなく、ひんやりと肌寒いぐらい。巨大な地下神殿のような幻想的な闇の世界が広がっていて、今までに体験していなかった別世界を堪能できる。ちなみに資料館に併設されているカフェのジェラードは大変美味しかった。また、この地域全体が大谷石の展示場のようで、高さ27mもの平和観音や奇岩の崖が連なる大谷景観公園など、楽しいスポットが集まっている。

utunomiyabijyutukan.jpg


やわらかい色合いの大谷石でできた宇都宮美術館のアプローチと緑の中庭

 この大谷石を建築に取り入れた美術館が、近くにある宇都宮美術館である。館内へと続くアプローチに大谷石を用いて、現代的な直線で構成されたデザインの中に、大谷石の持つざらついた手触りや、温かみのある色合いを生かしている。昨年、2016年に開館20周年を迎えたこの美術館は、緑豊かな森に囲まれた丘に建っている。この美術館はマグリットやシャガールなど20世紀の美術品を収集しているが、一方で19世紀〜20世紀のポスターやインテリアなどのデザイン作品も多く収集していることでも特徴がある。高い壁面に囲まれた展示会場の合間からは、大きなガラス窓を通して外の緑の樹々が見える。併設されたレストランも大きなガラス窓で囲まれた開放感あるスペースになっており、森に抱かれて過ごすランチは、美味しい食事と最高のリラックスタイムをもたらせてくれる。緑豊かな自然環境の中での憩いの場、そして芸術文化活動の拠点施設として、という理念を体現している、すばらしい美術館であった。
 なお、宇都宮はバーの街としても有名であり。日が暮れたらそちらの方にも訪れてみたい。かように宇都宮は様々な顔を持った魅力ある街である。 


August 3, 2017

世にも珍しい監獄ミュージアム



いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。



先日、北海道「網走」に行ってきました。網走と言って多くの方が思い浮かべるのは、そう「網走刑務所」ではないでしょうか。網走刑務所といえば、極寒の最果てにある刑務所というイメージがあります。実際、網走刑務所は日本最北端に位置する刑務所です。この網走刑務所は、1983年に全面改築工事が行われました。それにともない、正門や旧刑務所の教誨堂、獄舎などを移築、再現をして「博物館 網走監獄」として復元されました。現在は、網走刑務所を体感できる、世にも珍しい体験型監獄ミュージアムになっているということで、実際に足を運んできました。


「博物館 網走監獄」は、明治時代から実際に「網走刑務所」で使用されてきた建物を移築や再現をして公開している野外歴史博物館です。このうち8棟が明治期の貴重な木造行刑建築として、2016年に国の重要文化財に指定されました。また、哨舎や煉瓦造り独居房、裏門など6棟が登録有形文化財に登録されています。

IMG_8924.JPG
 立派な正門をくぐるとその広大な敷地に驚かされます。広さはなんと東京ドーム3.5個分。どこから見物したら良いものか、さっぱり分からない状態です。そんな時に助けとなってくれるのが、館内ガイドツアーです。この広大な敷地にたたずむ25の行刑建築物群を、ガイドさんがナビゲートしてくれます。大変わかりやすい説明で、効率よく回ることができます。独居房や教誨堂など多様な建築物がありますが、やはり一押しは「五翼放射状平屋舎房」です。5棟が放射線状に広がる舎房で、木造行刑建築物としては世界最古で最大の規模とのことです。

IMG_9264.PNG
舎房が両側に長く並んだ廊下が、見張り小屋を起点に放射状に五本分伸びています。凄いのは見張り小屋から5列に伸びている舎房の廊下を瞬時に見渡すことができます。 舎房のどこかで異常があったとしてもすぐ見つけられる造りとなっています。高い天窓からそそぐ光が印象的で、大変美しい建築物です。

IMG_9263.PNG
その他、この博物館には監獄食堂(網走刑務所の監獄食を再現した食堂)や、刑務所を題材にしたユニークなグッズを販売しているお土産屋など見所が沢山ありますので、まともに見学すると1日がかりになってしまうかもしれません。

IMG_8926.JPG
余談ですが、見学ツアーで独居房を案内された時、受刑者は陽の光が入らないこの場所を一番恐れたそうです。しかし、それ以上に極寒の最果てに立地している網走では寒さとの闘いであったと。なるほどと思いつつ、私が訪れた7月3連休の網走は、最高気温37℃近くの酷暑日で暑さとの闘いでした。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
ページの先頭に戻る