« ギャラリー「都道府県の花」 ―皇居をめぐる花の輪 | メイン | 正統を極め、異端に戯れる »

March 31, 2017

迷路の町と朝倉彫塑館

 文化勲章を彫刻家として初めて受賞した朝倉文夫(1883〜1964年)。東京は台東区谷中にある朝倉文夫のアトリエ兼住まい(朝倉文夫自身の設計)は現在、朝倉彫塑館として彼の作品と建物の見学ができる。2008年には敷地全体が国の名勝に指定された人気のスポットである。彫塑館の入口から見る黒塗りの鉄筋コンクリートの壁は厳めしいが、館内は一変して竹や真綿を使った明るい色彩になる。室内には大きなガラス窓から注ぐ陽光と、モダンなデザインの照明、曲線を生かした有機的な壁面などで暖かく柔らかさを感じる。高さ8.5メートルの大きなアトリエには人物がメインに展示してあるが、中でも「墓守」は私の好きな作品である。朝倉は自作についてあまり語らなかったそうであるが、「墓守」については「家のものが将棋を指すのを見て無心に笑っているところをとらえた」と残している。朝倉がトルストイに例えた墓守の姿は、西洋美術であれば矍鑠(かくしゃく)と威厳に満ちた彫刻になろ。しかし、この老人像の髭の下から前歯が2本のぞいて笑った口や、足袋を履いた足、そして全体を包むぬとぬととした肌触りなどがいかにも日本的であり身近に感じる。

若葉の芽吹きもちらほら、朝倉彫塑館。
20170331asakura.jpg

 アトリエを通り抜け中庭に面した木造住居欄に入る。中庭にはそのほとんどを占める様に池がある。池には大きくて平たい石があり、何でも真鶴の海石と伝えられているらしい。寝転んで昼寝をしたら、さぞや気持ちよさそうである。各部屋はこの池をぐるりと巡る様に升形に配置されている。天井まで届く書棚が並んだ書斎、出窓に半円のソファーがある応接室などを巡り、階段を上がって2階、3階と進む。さらにオリーブの木が葉を茂らせている屋上に出る。屋上にはかつて大根やトマトなどを育てた園芸実習の場があったそうだ。この空中庭園からは、谷中、千駄木、根津が気持ちよく見渡せる。最後の部屋はもと東洋蘭の温室で、今はネコ達の彫刻の部屋になっている。朝倉はネコが良い、深い愛情がこもっている。朝倉は学費が払えないで美術をあきらめざるを得ない者たちを塾に向かえたそうである。その懐の深さが感じられる素敵な彫塑館であった。
 さて、この界隈は古くからの家々が軒を連ねる細い道が交差して、一歩路地に入るとほとんど迷路である。迷子になる不安を覚えながら道を進んでいくと、大きなガラス窓に囲まれたモダンなお店に出た。彫塑館の裏手にあるチョコレート専門店「ショコラティエ イナムラ ショウゾウ」である。シンプルな装飾の店内は明るく、喫茶コーナーは人でいっぱいの人気店である。素材にこだわったパウンドケーキのクラシックショコラを購入する。このチョコレートレートケーキは、しっとりとして濃厚な味わいであった。谷中の町は新旧が入り交じった楽しさがある。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2046

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページの先頭に戻る