« 美しき七宝の世界へ | メイン | 鳥帰る春 -谷津干潟にて »

February 23, 2017

―水戸で東山魁夷を見る―



 いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。2月も残すところあとわずか。厳しい寒むさも温みはじめ、春の足音も近づいてきました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。私自身は、花粉も舞い始めたようで持病の花粉症の兆候が出はじめ、日々の体調管理を気にする今日この頃です。


 さて私は先日、茨城県水戸市の茨城県近代美術館で「東山魁夷 唐招提寺障壁画展」を鑑賞いたしました。千波湖沿いの自然の環境に恵まれた美術館は、吉村順三設計の格調あるモダニズム建築。因みに千葉県市川市の東山魁夷邸も吉村順三が手掛けたとのことで、何か不思議なご縁があるようです。その日はあいにく強風吹き荒ぶ日であったため外回りは閑散としていましたが、館内は平日にもかかわらず多数の来館者で賑わっており、東山魁夷の根強い人気を改めて認識しました。


 昨年の福岡・広島での巡回展の後を受け始まった展覧会は、東山芸術の頂点を示す大作「唐招提寺御影堂障壁画全68面」を特別展示するという貴重な催しです。画家が完成までに10年を費やしたという唐招提寺の障壁画は、日本絵画史に残る記念碑的作品として位置づけられていますが、その東山芸術の集大成がここ茨城で初めて公開され、地元の熱心な東山ファンを魅了しています。

 
 唐招提寺の障壁画は、ほぼ70メートルにも及ぶという長大なものであり、唐招提寺の開祖、鑑真和上の苦難の足跡になぞらえ中国や日本の壮大な自然を、抒情と幻想を内に秘めた静謐な風景として見事に描き切っています。地元奈良でも一年に数日間しか公開されないという記念碑的な作品群を、間近に鑑賞できるのはまことに貴重な機会といえましょう。水戸は東京からでも、急行電鉄を利用すれば1時間半程度の距離です。これを機会に皆さまも東山作品の持つ透き通った叙情美と、凛とした精神力に触れ、こころ豊かな気分に浸ってみてはいかがでしょうか。


 尚、この度の展覧会では共同印刷で制作した東山作品の複製絵画が、会場の特設コーナーで販売されています。人気の「緑響く」や「静映」などの彩美版®プレミアム作品や、定評ある岩絵具方式作品が販売スペースに飾られています。共同印刷が誇る彩美版®プレミアムとは、東山魁夷が描く美しい風景をさらに魅力的に再現する新感覚の美術工芸技法です。会場に足をお運びの際は、ぜひともお立ち寄り下さい。


最後に、水戸といえばもちろん、梅の名所は外せません。旧水戸藩の藩校であった弘道館でも早々に、幾種もの梅の木が芽吹いていました。春の魁(さきがけ)として清らかに咲く梅の花との幸福な出会いは、必ずや日々の喧騒を忘れさせる一服の清涼剤となることでしょう。




【展覧会情報】

「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」
会場 茨城県近代美術館
茨城県水戸市千波町東久保666-1
会期 2017年4月2日(日)まで。
時間 9:30~17:00


※巡回展:2017年4月22日(土)-6月11日(日)  愛知県豊田市美術館

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2012

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
 
 
 
 
ページの先頭に戻る