February 23, 2017

―水戸で東山魁夷を見る―



 いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。2月も残すところあとわずか。厳しい寒むさも温みはじめ、春の足音も近づいてきました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。私自身は、花粉も舞い始めたようで持病の花粉症の兆候が出はじめ、日々の体調管理を気にする今日この頃です。


 さて私は先日、茨城県水戸市の茨城県近代美術館で「東山魁夷 唐招提寺障壁画展」を鑑賞いたしました。千波湖沿いの自然の環境に恵まれた美術館は、吉村順三設計の格調あるモダニズム建築。因みに千葉県市川市の東山魁夷邸も吉村順三が手掛けたとのことで、何か不思議なご縁があるようです。その日はあいにく強風吹き荒ぶ日であったため外回りは閑散としていましたが、館内は平日にもかかわらず多数の来館者で賑わっており、東山魁夷の根強い人気を改めて認識しました。


 昨年の福岡・広島での巡回展の後を受け始まった展覧会は、東山芸術の頂点を示す大作「唐招提寺御影堂障壁画全68面」を特別展示するという貴重な催しです。画家が完成までに10年を費やしたという唐招提寺の障壁画は、日本絵画史に残る記念碑的作品として位置づけられていますが、その東山芸術の集大成がここ茨城で初めて公開され、地元の熱心な東山ファンを魅了しています。

 
 唐招提寺の障壁画は、ほぼ70メートルにも及ぶという長大なものであり、唐招提寺の開祖、鑑真和上の苦難の足跡になぞらえ中国や日本の壮大な自然を、抒情と幻想を内に秘めた静謐な風景として見事に描き切っています。地元奈良でも一年に数日間しか公開されないという記念碑的な作品群を、間近に鑑賞できるのはまことに貴重な機会といえましょう。水戸は東京からでも、急行電鉄を利用すれば1時間半程度の距離です。これを機会に皆さまも東山作品の持つ透き通った叙情美と、凛とした精神力に触れ、こころ豊かな気分に浸ってみてはいかがでしょうか。


 尚、この度の展覧会では共同印刷で制作した東山作品の複製絵画が、会場の特設コーナーで販売されています。人気の「緑響く」や「静映」などの彩美版®プレミアム作品や、定評ある岩絵具方式作品が販売スペースに飾られています。共同印刷が誇る彩美版®プレミアムとは、東山魁夷が描く美しい風景をさらに魅力的に再現する新感覚の美術工芸技法です。会場に足をお運びの際は、ぜひともお立ち寄り下さい。


最後に、水戸といえばもちろん、梅の名所は外せません。旧水戸藩の藩校であった弘道館でも早々に、幾種もの梅の木が芽吹いていました。春の魁(さきがけ)として清らかに咲く梅の花との幸福な出会いは、必ずや日々の喧騒を忘れさせる一服の清涼剤となることでしょう。




【展覧会情報】

「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」
会場 茨城県近代美術館
茨城県水戸市千波町東久保666-1
会期 2017年4月2日(日)まで。
時間 9:30~17:00


※巡回展:2017年4月22日(土)-6月11日(日)  愛知県豊田市美術館

February 17, 2017

美しき七宝の世界へ



お天気が良い日が続く東京です。
今週は、気になっていた東京都庭園美術館で開催中の「並河靖之 七宝 明治七宝の誘惑-透明な黒の感性 展」を見学してまいりました。


image.jpeg
現在は庭園美術館となっている旧朝香宮邸


明治時代に輸出用の美術工芸として人気を博した七宝(しっぽう)。今回の展覧会では、その中でも繊細な有線七宝により頂点を極めた並河靖之の作品を紹介しています。 正直なところ、一口に七宝というとブローチなどで使われる一昔前の工芸品・・・というイメージが漂い、その魅力をつかみかねていましたが、本展を見てその技術の高さ、美しさに魅了されました。


有線七宝、どのように制作されるかご存知ですか?有線七宝を制作するには、ざっと下記のような工程があります。


①あらかじめ下図を制作し、この絵柄を、主に銅を主体とする胎(たい)と呼ばれる素地に写す。
②銀を薄くリボン状に伸ばしたものを、下図の線に沿ってリボンの幅にあたる部分で壁を作るように乗せていく。
③これを一旦焼き付けた後、壁と壁の間を埋めるように釉薬を乗せていく。
④焼き付け、最後に研磨をして完成。


一言でいうと簡単ですが本展の作品をみると、その神経が行き届いた作業の細やかさ、色彩感覚の豊かさ、作品として完成させる技術の高さには驚くばかりのものがあります。
あまりの細かい作業に時計のような精密機械が作られる様子を思い出しました。
小さいものでは棗のようなものから大皿まで、美しく繊細な作品の数々は、展示室となる旧朝香宮邸のアールデコ調の部屋に置かれることで、より映えるように感じられました。


image (3).jpeg


お天気が良かったので見学後はお庭を散策しました。
梅の花が咲いて春を迎える良い匂いがしました。
庭園美術館はこれからの季節、お散歩と兼ねてのお出かけにもお勧めです!


2017年1月14日(土)~4月9日(日)
並河靖之 七宝 明治七宝の誘惑-透明な黒の感性-
東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
www.teien-art-museum.ne.jp

February 10, 2017

「全国カレンダー展」雑記


 今回はカレンダーのお話です。

 68回目を迎える「全国カレンダー展」が、1月14日(土)~1月18日(水)に、ゲートシティ大崎で開催されました。同時に「全国カタログ展」も同じ会場で開催、併せて見ごたえある展示会となっていました。(一社)日本印刷産業連合会とフジサンケイビジネスアイ主催の全国カレンダー展は、回数で分かる通り歴史あるコンテスト・展示会です。展示されているのは様々な会社や団体が発行する企業・販促カレンダーを中心に、個人購入の販売カレンダーも含め多様です。応募数の減少傾向は否めませんが、今回は600点程で、その中から選ばれた400点程が展示され、さらに選び抜かれた69点が入賞の栄誉を受けました。

20170210_68th_national_calender_exhibition.jpg


 印刷会社からの出品が多く、弊社も毎年いくつもの得意先企業のカレンダー製作に携わり、出品させていただいています。カレンダー展の長い伝統にも密接に関わってきました。現在企業カレンダーは、かつての異常な豪華さはないものの、依然企業の顔としての役割は担っており、特に近年はコーポレートコミュニケーション(企業の広報活動)ツールとして再認識されている側面があります。

 コンテスト入賞作品は当然こうした企業文化を伝える意義深いものが多く、グレードの高い仕様で製品化されていますが、受賞の脚光を浴びていなくても、企業としてのアイデンティティを表現する意図が伝わり、面白く見入ったものも多くありました。
 例えば自動車の修理・整備を行う某会社のカレンダーは、「武骨なカッコよさ」を表現すべく、コンクリート壁のようなセメントの板を地に、表紙はタイヤの跡のみが走り、本文各月は大胆にデフォルメされた欧州車のイラストが描かれたデザイン。個人的に気に入ったテイストでした。

 某ミシンメーカーのカレンダーは、そのミシンで作成したキルティングなどのソーイングアート作品を紹介。自社製品の可能性や楽しみを伝える役割を果たしています。
 また、自然風景写真はカレンダーとして最も人気の高いモチーフですが、それだけにたくさんの企業で作られており、その中でどう差別化し特徴を出せるかが問題です。某電気メーカーは「流れ」をコンセプトに川のシリーズを設定し、川の風景と動物を捉えた「川 と命」をテーマに写真選定。他社とは一味異なる統一感を持った構成に上がっていました。
 装飾品という形をとりながら、さり気なくお客様に長期にわたってメッセージを伝える・・・企業カレンダーにはそういう穏やかな訴求力があり、アート性と企業のアピールを如何にスマートに両立させるかがポイントです。

 他社製作のカレンダーにスペースを割きましたが、最後に弊社の入賞カレンダーもご紹介いたします。日本商工会議所会頭賞及び金賞を受賞した清水建設(株)は、グラフィックデザイナー・上條喬久氏に依頼して制作を続けている、WINDSCAPE MINDSCAPEシリーズ。絵柄は一貫して建設をイメージした窓から見る心象風景を表現。今回は平面分割でできたシンプルな形を質感ある色彩で描いたアート作品です。紙製のリングを使用したスケッチブック風のスタイルです。

20170210_shimizu_corporation_calender.jpg
清水建設株式会社

 
 銀賞に輝いた(株)資生堂の2017資生堂ビルカレンダーは、グラフィックデザイナー・仲條正義氏のタイポグラフィカレンダーで、仲條氏のオリジナル制作のタイプフェイスで構成。B1サイズ・1枚タイプのカレンダーで、好みで選べるように表裏異なる色で作られています。暦配列の既成概念を崩し、それを判読する楽しさがあり、数字だけでデザインされた洒落たインテリアポスターとして飾れます。資生堂の先鋭的な企業文化をイメージさせます。

20170210_shiseido_building_calender.jpg
株式会社 資生堂


 展示会場で、小さな男の子と彼を抱っこしたお父さんがカレンダーを1枚1枚めくりながら歓声を上げていました。見ていたのは筆者が担当した(公財)東日本鉄道文化財団の鉄道博物館カレンダー(奨励賞受賞)。同館所蔵の歴史を刻む数々の列車の模型を撮影して構成し、各写真に列車のもつ特色を暗示する落書きのような線画イラストを愛らしく絡めています。こうして感嘆を持って見てもらえるんだと、心が温まりうれしくなりました。

20170210_railway_museum_calender.jpg
公益財団法人東日本鉄道文化財団(鉄道博物館)

February 3, 2017

【新作のご紹介】彩美版® 前田青邨《 桃花(とうか) 》


――― 特別許可の原画撮りおろしによる制作。
日本美術院同人・今井珠泉画伯による監修のもと鮮やかに再現 ―――



桃花 (1).jpg


この度当社は、文化勲章受章日本画家・前田青邨による「桃花(とうか)」を彩美版®にて発売いたしました。(限定300部)


1961年に制作された本作《桃花》は、東京・名古屋・京都・大阪・金沢の美術倶楽部が主催した「五都展」への出品作、
金地に絢爛に咲き誇る紅白の桃の花が美しく、力強さあふれる重量感と上品なたたずまいを兼ね備えた大変にぎやかな作品です。

青邨画伯といえば、代表作《洞窟の頼朝》(重要文化財)など武者絵をイメージされる方も多いと思いますが、本作は画伯の特徴的な垂らし込みの表現を余すところなく堪能できる傑作です。
この度は特別な許可のもと原画を撮りおろし、制作が実現いたしました。


本作の監修者、青邨画伯の愛弟子でいらっしゃる今井珠泉画伯によりますと、
『前田先生の垂らし込みは琳派の垂らし込みをさらに突き進めた、宗達、光琳、の垂らし込みとは違う、「質を描き分ける」垂らし込み』
(特別付録・「今井珠泉先生が語る「桃花」の美しさの秘密とは」より一部抜粋)
だといいます。

垂らし込みの技法で枝、布、花瓶、花それぞれの質感を、これだけ描き分けているというのは驚きだ、とのことです。
このように《桃花》は、計算し尽され巧みに用いられた「垂らし込み」の表現を随所にみることができる稀有な作品です。


また解説を執筆された平塚市美術館館長・草薙奈津子氏は、
『この絵は桃を描いたもの。桃と言うとピンクを思い出しますが、これは紅白の桃花。しかも赤い桃が白い桃より多いので、強い印象を受けます。でもそれは花のせいばかりではないようです。
青邨独特の枝ぶりもそうですが、赤絵の花瓶、下に敷かれた絞り模様のクロス、共に中国のものでしょう。皆、花の強さを強調するのに格好の材なのです。画家はこの画面を生み出すために、ただ技術的なことだけでなく、そんなことにも心を配ったのです。そうやって堅牢な作品が生み出されてきたのです。』
(付録・解説書より一部抜粋)
と語ります。


前田青邨画伯の感性と技術が生み出した作品の凄みを、ぜひお手元でお楽しみください。


彩美版®「桃花」には、多彩な活躍をされる平塚市美術館館長・草薙奈津子氏執筆による解説書と、より本作の魅力についてお楽しみいただけるインタビュー冊子、特別付録「今井珠泉先生が語る「桃花」の美しさの秘密とは」が付属されています。



前田 青邨(まえだ せいそん 1885~1977)
1885年、岐阜県中津川市に誕生。1901年に上京、尾崎紅葉の紹介で日本画家・梶田半古に学ぶ。1914年、日本美術院同人に推挙。1920年、延暦寺より伝教大師絵伝「根本中堂落慶供養図」を委嘱される。1930年、「洞窟の頼朝」で第一回朝日賞受賞。1951年に東京藝術大学教授に就任、1955年に文化勲章を受章。1961年、「桃花」を制作。活躍は幅広く、法隆寺金堂壁画再現事業の総監修や高松塚古墳壁画模写の総監督も務めた。1974年、ローマ教皇庁の依頼で「細川ガラシャ夫人像」を完成、バチカン美術館に納める。



momo.jpg


【仕様体裁】

本体価格 200,000円+税
技法:彩美版®、シルクスクリーン手刷り、本金泥使用
限定:300部(額装)
画寸:天地53.0cm×左右41.2cm
額寸:天地77.8cm×左右66.0cm
用紙:版画用紙
額縁:国産特注木製額(アルダー天然無垢材ワックス仕上げ)、金モール織りマット、アクリル付き
重量:約4.85kg
証明:著作権者承認印、限定番号入証紙を貼付
発行:共同印刷株式会社

※彩美版は共同印刷株式会社の登録商標です。
※当社が独自に開発したセキュリティシールを証明書に貼付しています。スマートフォンなどで、作品が共同印刷(KP)の発行する真正な複製画であることが判定できます。


詳細につきましては、当社ホームページのお問合せより、またはお電話、FAXにてお問合せください。

お問合せ:
共同印刷株式会社 アート&カルチャー部 
TEL 03-3817-2290 FAX 03-3817-2288

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
 
 
 
 
ページの先頭に戻る