« 四季を感じる | メイン | 秋日和、名家伝来の禅画と「つばきやま」界隈 »

November 11, 2016

雲上の世界へ


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。


 先日、中央アルプスの千畳敷へ行ってきました。中央高速道路を走り、長野県駒ヶ根ICを降りて約10分、菅の台バスセンターが見えてきます。これより先、一般車両は通行禁止となっており、路線バスに乗り換えます。蛇行する山道をゆっくりと進み、徐々に標高が上がっていくと木々が紅葉に彩られてきます。そんな景色に見とれているうちに、「しらび平駅」に到着です。ここから日本一高い駅「千畳敷駅」まで、駒ヶ岳ロープウェイで一気に標高1,000m近く上がります。すると、そこはもう標高2,600m、雲上の世界。森林限界を超え、高い木は生えていません。そしてこの駅を出ると待っていたのは、眼前に広がる大迫力の岩の壁。氷河が山肌を削り取りできた千畳敷カールの眺めは圧倒的で、荒々しい岩山に抱かれているような感覚に陥ります。特に紅葉の時期は日本でも屈指の美しさと言われています。残念ながら、訪れた10月末頃の山の上は冬支度に入っていましたが、それでも晴天で最高の景色を満喫することができました。眼下に広がる雲海を見下ろしながら飲むコーヒーは大変美味でした。


日の出(宝剣岳山頂より)
日の出(宝剣岳山頂より)


 翌朝は日の出に合わせ、宝剣岳(2,931m)頂上を目指しました。明け方の頂上付近は、この時期としては少し暖かいかなと思いつつも、岩肌は凍っており慎重に歩みを進めます。頂上まで辿りつくと、他の登山客はおらず山頂からの眺めを独り占めすることができました。岩の影で風を避けながら少し待っていると、連なる南アルプスの向こう側から太陽がゆっくり昇ってきました。周りの山々が光で徐々に赤く染まり、富士山もはっきり確認できて、なんとも神秘的な光景です。西側には中央アルプスの主稜線がどこまでも見えて、その先に日本百名山のひとつ空木岳(うつぎだけ)を望むことができました。思わず一歩を踏み出しそうになりましたが、今回はそのまま千畳敷へと下山しました。


空木岳
空木岳(2,864m)


千畳敷カール
千畳敷カール 


 「千畳敷」は高山植物の宝庫としても知られており、小一時間で周遊できる遊歩道も整備されています。駒ヶ岳ロープェイは通年営業をしていますので、四季折々の大自然を気軽に楽しむことができます。
 かつてはアルピニストのみに許された雲上の別世界へ、足を運んでみませんか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1922

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
ページの先頭に戻る