« 新作・東山魁夷《緑響く》のご案内 | メイン | 梅雨の晴れ間に~北鎌倉・明月院(紫陽花寺)より »

June 10, 2016

小説家と挿絵画家

20160610cyoujagasaki_akiya.jpg
泉鏡花「草迷宮」の舞台、三浦半島の長者ヶ崎と秋谷の海岸

 歌集に用いられた華やかな料紙や《源氏物語絵巻》などの美しい絵巻に見るように、装幀や挿絵への強い拘りは日本文学の古くからの伝統であろう。出版文化が花開いた江戸期においては浮世絵師が挿画や装幀を手掛け、文学と絵画は極めて緊密な繋がりを保っていた。
 明治に入ってもこの伝統は受け継がれ、当初は浮世絵師の流れを汲む日本画家がこうした役割を担っていた。明治中期に黒田清輝(くろだせいき1866~1924)らの活躍で西洋画の人気が高まると、洋画家が小説や雑誌、新聞等の出版物の装幀を手掛ける例が増加してきた。小説家のなかには装幀に拘る者も少なくなかったから、この時代の小説の装幀は今では考えられないほど贅をこらし華やかに装飾されたものが多い。例えば明治28年(1895年)に創刊された博文館の『文芸倶楽部』は大衆向け文芸雑誌であったが、毎号木版や石版(リトグラフ)による美しい口絵が添えられていた。

 博文館編輯局の一員として『文芸倶楽部』誌上に作品を発表し、一躍新進作家として広く知られるようになったのが、泉鏡花(いずみきょうか1873~1939)である。
 泉鏡花は近世以来、独特の芸術文化が栄えた金沢の出身で、父親が加賀象嵌(ぞうがん)の彫金師、母親が加賀藩お抱えの能楽師の家柄という芸術的血筋を色濃く受け継いだ。尾崎紅葉(おざきこうよう1868~1903)に憧れ弟子入りし、小説家としての道を歩み始めた。明治28年(1895年)から明治30年(1897)にかけて、紅葉を中心とした文学者集団である硯友社(けんゆうしゃ)と深いつながりのあった博文館(当社の前身は博文館印刷工場)の書籍編輯に携わるとともに、同年発刊された同社の文芸雑誌『文芸倶楽部』誌上に作品を発表、「外科室」が評論家に絶賛され一躍新進作家として注目を集めることになった。

 この『文芸倶楽部』創刊号の口絵は浮世絵師の流れを汲む日本画の水野年方(みずのとしかた1866~1908)が描いたものであるが、年方の弟子としてその挿絵の仕事を継承したのが、後に美人画の大家として画壇に重きをなした鏑木清方(かぶらききよかた1878~1972)である。清方は東京神田の生まれ、父條野採菊(じょうのさいぎく1832~1902)は戯作者でジャーナリストを兼ね、東京日日新聞(現・毎日新聞)創立者の一人。鏑木は母方の姓。清方は、父の勧めで13歳で年方に入門したが、当時年方は、父採菊が創刊した『やまと新聞』の挿絵を手掛けていた。清方は入門数年後には、師の仕事を引き継ぎ、新聞、雑誌等の挿絵画家として活動を始めた。特に『文芸倶楽部』には明治36年(1903年)以後400点近い作品を提供している。このように鏡花と清方は共に『文芸倶楽部』誌を舞台に活躍し、後に終生にわたる深い絆で結ばれるが、この時はすれ違いで出会っていない。
 博文館を辞した鏡花は、明治33年(1900年)1月に春陽堂に入社する。この両社はライバル関係にあった。春陽堂が当時出版していた文芸雑誌『新小説』の編輯局に所属し2月に発行された同誌に発表したのが代表作のひとつ「高野聖(こうやひじり)」であり、この作品で一層評価を高め人気作家の仲間入りをした。
 二人が出会うのはその翌年8月のことである。切っ掛けは、春陽堂から出版された小説「三枚続」の挿絵を清方が依頼されたことだが、安田財閥の御曹司、安田善之助邸で二人は初めて面会、その翌月には鏡花が書き上げたばかりの原稿を持参し清方宅を訪ねている。意気投合した二人は生涯の友となった。爾来、鏡花文学には清方の口絵・挿絵が定番となり数々の傑作が世に送り出されることになる。
 出会う以前から鏡花文学に傾倒していた清方は、口絵・挿絵としてではなく、独立した自己の作品テーマとしても、鏡花文学を取り上げた。昭和2年(1927年)の作品《註文帳》である。鏡花の小説は、二人が出会う少し前の明治34年(1901年)4月に『新小説』に発表された作品であるが、清方は門下を集めた「郷土展」に墨画淡彩、全13図の作品を発表している。

 清方に遅れること6年後の明治40年(1907年)に初めて鏡花と出会い、以後鏡花文学には無くてはならない存在となった装幀者が小村雪岱(こむらせったい1887~1940)である。雪岱は川越出身、東京美術学校日本画科を卒業後、美術雑誌『國華(こっか)』の古画複製図版(当時は木版刷)の制作に携わっていた。雪岱自身が『鏡花先生のこと』という文章に書き記しているが、当時まだ21歳の若者で、鏡花文学の愛読者であった雪岱が、医学博士久保猪之吉(くぼいのきち1874~1939/京都帝大福岡医科大教授)に依頼された浮世絵師「豊国の描いた日本で最初に鼻茸を手術した人の肖像」の模写の仕事のために久保の宿泊していた宿屋に通っていたところ、たまたま久保夫人を訪ねてきた鏡花夫妻と出会ったのであった。「雪岱」の画号は鏡花が名づけてくれたものである。
 雪岱が初めて手掛けたのは、大正3年(1914年)に刊行された『日本橋』(千章館)である。雪岱の回想によると、「中々に註文の難しい方で、大体濃い色はお嫌いで、茶とか鼠の色は使え」なかった。また鏡花は、「自己というものを常にしっかり持った名人肌の芸術家」であり、世間常識では変人と言っていいほど神経質だった反面、「大変愛嬌のあった方で、その温かさが人間鏡花として掬(く)めども尽きぬ滋味を持っておられた」という。(引用部分は『鏡花先生のこと』より)

 人間的魅力に溢れた鏡花を慕い、多くの芸術家や文化人が鏡花のもとに集った。明治期の「鏡花会」や昭和3年(1928年)から始まった「九九九会(くうくうくうかい)」がそうした会の代表である。
 鏡花と言えば、幽霊や化物など超自然的存在を描いた幻想文学で知られる通り、怪奇、怪異譚の愛好者であったが、知人、友人を集めて、怪談を語る会合をしばしば主催していた。明治期には、欧米で流行した「スピリチュアリズム(心霊主義)」の影響もあり、江戸時代に流行ったいわゆる「百物語」が復活し大流行した。明治42年(1909年)に刊行された『怪談会』(柏舎書楼)は、前年に向島有馬温泉で開催された鏡花主催の「化物会」の内容を書籍化したものと推定されているが、鏡花が序文を記し、鏡花に加えて清方夫妻がそれぞれ怪談を寄稿している。
 この『怪談会』にはもう一組の著名な画家夫妻が寄稿しているのだが、それは洋画家の岡田三郎助(おかださぶろうすけ1869~1939)とその妻で小説家、劇作家の八千代(1883~1962)である。岡田もまた、鏡花と終生にわたる深い絆を持った画家であった。最初の出会いがいかなるものかは浅学にして不明であるが、明治41年(1908年)に春陽堂から刊行された『草迷宮』の口絵は岡田によるものであり、確かではないが二人の共作としては最も早い時期のものではないだろうか。
 大正14年(1925年)から刊行開始された『鏡花全集』(春陽堂刊)は、鏡花のたっての希望で岡田三郎助が装幀を手掛けた。美しいタイポグラフィは雪岱によるものである。編輯者には小山内薫(岡田八千代の実兄)、谷崎潤一郎、里見弴、水上瀧太郎、久保田万太郎、芥川龍之介ら錚々たるメンバーが名を連ねている。

 このように長く深い交流を続けた鏡花ら四人であったが、昭和14年(1939年)、岡田と鏡花が相次いでこの世を去り、雪岱も翌年、53歳の若さで亡くなってしまった。一人残された清方は、既に老境にあった昭和26年(1951年)、若き日の鏡花との出会いを懐かしみ《小説家と挿絵画家》という作品を描いている。




彩美版®
鏑木清方 《 朝涼(あさすず) 》
販売価格 180,000円+税


 鏑木清方は、大正12年当時帝展審査員として画壇に重きをなしていましたが、東京・本郷龍岡町の自宅で関東大震災に遭遇しました。この《朝涼》は翌々年(大正14年)、震災後初めて開催された第6回帝展に発表され、清方の画業の転機となる重要な作品といわれています。

 金沢八景の別荘でひと夏を過ごしたある日の早朝の空に、残月が淡くかかるのを見つけ、長女をモデルとして描いたものです。清らかな女性のすらりとした立ち姿、たおやかな手つき、背景に蓮の花を配す造形は、安らかに心を落ち着かせる風情を漂わせます。


朝涼


<仕様体裁>

原画 鎌倉市鏑木清方記念美術館 所蔵
限定 100部
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 特製絹本
装丁 三段表装
材料 天地 白茶無地
   中廻薄茶綿ムラ経
   一文字・風帯 牙地唐花唐草文金襴
   軸先 朱塗頭切
   箱  柾目桐箱、タトウ入り
画寸 天地100.0×左右38.5cm
軸寸 天地169.0×左右57.0cm


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1807

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
ページの先頭に戻る