« 上野の春、意を決して大型展覧会へ足を運ぶ | メイン | 小説家と挿絵画家 »

June 3, 2016

新作・東山魁夷《緑響く》のご案内


 いつもブログ「美術趣味」をご覧いただきまことにありがとうございます。

 弊社は、東山魁夷 マスターピース コレクション™として東山画伯の代表作《緑響く》を制作し、この度発売いたしました。本コレクションは、作品にアクリルガラスを直接圧着することで画面に透明感と奥行きを与える、新感覚の美術工芸絵画です。

 《緑響く》は長野県茅野市八ヶ岳中信高原国定公園にある御射鹿池を題材に描かれました。魁夷の心の祈りを表すかのように一頭の白馬が静かに歩みを進める森閑とした幻想的な光景と、それを鏡のように映す神秘的な水面の美。オーケストラとピアノの旋律が木霊する安らぎの絵画は、魁夷芸術の頂点『唐招提寺壁画』完成の2年後に描かれた円熟期の作品です。画家は自ら「もし長い年月を共に歩み、喜びと悲しみを共にする好伴侶に巡り合えたとすれば、その仕合せは計り知れないものがあるだろう。」と語り、「その大きな喜びの一つはモーツァルトの音楽との邂逅」にあったと述べています。

 本作は魁夷と言えば白馬、白馬といえば魁夷と言われるほどに永年愛され続け、近年某社のコマーシャルで更に人気に火がついた、これぞ正しくファン待望の作品です。今回の複製にあたっては、原画の繊細な色合いを巧みに表現する最新の技法「彩美版®プレミアム」を採用することで、特に森と湖の深緑の美しさを引き出し、深い森の奥行き感、透き通った水面をより魅力的に再現することを可能としました。

 画面は空間を格調高く引き立たせ、和洋を問わず空間に映える15号ワイドサイズで制作(原画の約70%大)、モダンな国産木製額で装丁。額装はハンドメイドの浮き出し加工、枠は高級シルバー仕上げ、前面を梨地メタリックグレーに仕上げ魁夷の世界観を十全に表現しています。東山家の正式な監修と許諾を得て、エディションは500部限定(額裏の奥付に承認印とシリアル番号入り)で、皆さまのご注文をお待ちしています。

 魁夷が愛した奥蓼科の神秘的な風景を、皆さまも是非お手元でお楽しみ下さい。



東山魁夷 マスターピース コレクション™
東山魁夷 《緑響く》
販売価格 500,000円+税


kaii_higashiyama_midorihibiku2.jpg

midorihibiku2.jpg


<仕様体裁>
原画 長野県信濃美術館 東山魁夷館所蔵
監修 東山すみ
解説 松本猛(美術評論家、前・長野県信濃美術館 東山魁夷館館長)
技法 彩美版®プレミアム
限定 500部
画寸 47.0×62.5㎝
額寸 62.5×83.0㎝
額縁 特注木製額ハンドメイド浮き出し加工
重量 約5.3㎏

■当社ニュースリリース(2016年5月25日付)へのリンク
「東山魁夷 マスターピース コレクション™第3弾 《 緑響く 》を限定500部で発売」



※本作品についてのお問合わせは、以下までお願いいたします。
共同印刷株式会社 アート&カルチャー部
電話 03-3817-2290(平日・月~金の10:00から17:00まで)
FAX 03-3817-2288

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1801

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
ページの先頭に戻る