« 私たちはローリングストーン | メイン | 【新作】 クロード・モネ 《ヴェトゥイユのモネの庭》 »

April 8, 2016

満開の桜と四季の花々~小石川植物園より~


 いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。
 春麗らかに、弊社近隣の桜並木(播磨坂)では今年も「文京区さくらまつり」が開催され、多くの人で賑わっています。実は、文京区小石川の弊社近隣にはもう一つ大きな自然公園があることはご存知でしょうか。今回は『小石川植物園』をご紹介いたします。

20160408syokubutsuen1.JPG


 通称『小石川植物園』と呼ばれ親しまれているこの施設は、正式名称を『東京大学大学院理学系研究科付属植物園』、すなわち東京大学が植物学に関する様々な研究・教育を行っている教育学習施設です。この植物園は日本で最も古い植物園であるだけでなく、世界でも有数の歴史を持つ植物園のひとつです。

20160408syokubutsuen2.JPG


 面積は161,588㎡(48,880坪)で、台地、傾斜地、低地、泉水地などの地形を利用して様々な植物が配置されており、植物標本は約70万点、また植物学関連図書は約2万冊あり、内外から多くの植物研究者に活用されています。

20160408syokubutsuen3.JPG


 6年ほど前(2010年7月)、"世界最大の花"を咲かせるというサトイモ科の植物「ショクダイオオコンニャク」が開花したことも話題となりました。直径約1メートル×高さ1.5メートルのその花は子供が両手で抱えきれないほどの大きさで、インドネシア・スマトラ島で絶滅危惧種に指定されているほど貴重な植物。1993年に種をまいて17年目に開花するという素晴らしい成果が印象に残っています。

20160408syokubutsuen4.JPG


 長い歴史を物語る数多くの由緒ある植物たち。美しい四季の移ろいを感じ取ることができる小石川植物園へぜひ足をお運びください。



【小石川植物園

約320年前の貞享元年(1684年)に徳川幕府が設けた「小石川御薬園(こいしかわおやくえん)」がこの植物園の遠い前身で、明治10年、東京大学が設立された直後に付属植物園となり一般にも公開されてきました。

住 所  東京都文京区白山3丁目7番1号
開 園  10:30~16:30(入園は16:00まで)
料 金   一般:400円、小中学生:130円、その他、団体割引有。
休 園  年末年始、月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)   
交 通  都営三田線「白山駅」より徒歩約7分
     東京メトロ南北線「本駒込駅」より徒歩約13分
     東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」より徒歩約15分


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1755

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
ページの先頭に戻る