« 年の瀬の風物詩~上野アメ横 | メイン | 山猫の森から »

January 8, 2016

桜と目黒川と個性的なお店の事

 あけましておめでとうございます。本年も美術趣味をご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。読者の皆様には、良きごエン(猿)に恵まれ、災いがサル(猿)年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

 さて、本年の第一回目のブログは、少々早いようですが春にまつわる花の絵から始めたいと存じます。新年早々何を浮かれているのかとご叱責を賜るかもしれませんが「冬来たりなば春遠からじ」と申します通り、今の寒さの先には春の喜びが待っております。

 東京の南側に世田谷区、目黒区、品川区を流れ、東京湾に注ぐ目黒川があります。目黒川沿いには個性的でオシャレなお店が並び、若者のデートスポットとしても有名です。また中目黒駅周辺の川沿いにはソメイヨシノが植えられており、春になると桜祭りが開催されるなど多くの人でにぎわいます。人が多いところが苦手な私は、まだ閑散としている冬の間にこの川を訪れる事にしました。

 中目黒駅から歩いてほど近い場所に、「郷(さと)さくら美術館 東京」がございます。この美術館は桜を描いた作品の常設展示室を設けて「いつでも桜が見られる美術館」として多くの方に親しまれています。また外観がとてもユニークな建物で(2012年グッドデザイン賞受賞)、ぱっと見は真っ黒な箱の様にに見えますが、近寄って良く見ると外壁のパネル一枚一枚が桜をモチーフにした模様にくり貫かれています。こちらの美術館では特別展「中島千波の世界」※が開催されています。中島千波画伯といえば、「桜の千波」と評されているほど桜の絵の大家です。

 まず美術館に入って驚くのは、一階のフロアにぐるりと並べられた大画面の桜の屏風です。まばゆい金の明るさの「素桜神社の神代櫻」や2015年に完成させたばかりの「石部の櫻」などの四曲一隻の屏風が5点、堂々と展示され日本各地の桜の巨樹を居ながらにして鑑賞できる様は、まさに桜花爛漫、春到来なのであります。個人的には薄暗い背景に、ほのかに桜の花が輝いている「樹霊淡墨櫻」がとても好きです。作品の解説には千波画伯の言葉と、描かれた花についてわかり易く書かれており、より作品を知る事が出来て楽しめます。この展覧会では1〜3階のフロアごとにテーマが分けられ、「おもちゃ」シリーズや「人物」など、中島画伯の幅広い画業に触れる事が出来ます。各階へはエレベータで移動でき、外光の差し込む明るいトイレ、適度な展示スペースなど、とても居心地が良く鑑賞疲れもありません。郷さくら美術館は福島県郡山市にもあり、そちらの方が先に開館いたしました。そちらの美術館へも是非、訪れてみたいものです。

20160108sato_sakura_museum.jpg
郷さくら美術館のアーティスティックな黒い外壁


 さて絵画鑑賞の後は、目黒川沿いを散策する事にします。個性的なショップが並ぶこの界隈でも特に楽しいお店がColobockle(コロボックル)さん。昔ながらの一軒家を改装した店内には、絵本作家の立本倫子さんのハンドメイド感たっぷりの絵本や文具が並びます。立本さんが作り出す、不思議で楽しいキャラクターが描かれた品々はどれも欲しくて迷います。目黒川沿いを池尻方向へ進んで行くと、西郷山公園近くの川沿いに昨年の11月に開店したばかりのチョコレートショップ「green bean to bar chocolate」(グリーン ビーン トゥ バー チョコレート)があります。ブルーの外壁にヨーロピアンな外装。ここはカカオ豆からチョコレートになるまでの全行程をお店に併設されたファクトリーで行っているこだわりのチョコレート専門店。カカオ豆と砂糖の2つの材料で作られるチョコレートバー。アニスの香りのガナッシュなどの各種ボンボンショコラ。マダガスカル産カカオ豆を材料にしたカカオティーといったちょっと変わったものも売っています。店内でチョコレートドリンクを飲む事も出来るので、散策に疲れたら一休みにももってこい。

20160108chocolate.jpg
カカオティーとボンボンショコラ



 最後にお勧めしたいのは、国道246の陸橋脇にある「一般財団法人 日本地図センター」。こちらのビルの1階には様々な地図が売っているので地図好きにはたまらない所である。私も以前「デジタル標高地形図 東京都区部」と「デジタル標高地形図用3Dメガネ(紙製103円税込)」を購入した事がある。帰宅したら早速、今日の行程を3Dメガネをかけて標高地図で見てみよう。西渋谷台地と目黒川との高低差約20mもの崖線がクキッリと浮かび上がってくる事であろう。

※ 郷さくら美術館 特別展「中島千波の世界」 開催中〜2月28日(日)まで。場所、休館日などは美術館の情報をご覧ください。



【中島千波画伯版画のご紹介】

当代随一の人気画家として知られる中島千波画伯が、京都・東山にある高台寺の桜樹を描いた作品です。
高台寺は豊臣秀吉の妻ねね(北政所)が秀吉の菩提を弔うために創建した名刹ですが、古くから桜の名所として知られています。独特の華やかで妖艶な世界をお楽しみください。




リトグラフ版画
中島千波 《春日和》
販売価格 320,000円+税


chinami_harubiyori400pix.jpg




<仕様体裁>
作者直筆サイン、落款印入り
限定:200部
技法:リトグラフ
用紙:ベランアルシュ
版・色数:32版32色
額縁:特製木製額金泥仕上げ・アクリル付き
画寸:41.0×53.0cm
額寸:64.0×75.5cm
重量:約3.8kg
発行:共同印刷株式会社

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1686

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る