« 【新作】 小倉遊亀《爛漫(らんまん)》のご案内 | メイン | 桜と目黒川と個性的なお店の事 »

December 25, 2015

年の瀬の風物詩~上野アメ横


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。今年も残すところわずかとなってきました。皆様は年越しに向けての準備はいかがでしょうか。東京の年の瀬の風物詩と言えば、「アメ横」を思い浮かべる方は多いでしょう。何気に当社前のバス停から直通で、上野公園行きのバスに乗ればあっという間の所にあります。と言う訳で、私は年末の雰囲気を味わいにアメ横へ行って参りました。

 「アメ横」は戦後の闇市から始まった、長さ400mの商店街です。名称の由来として、当時から様々な物品が売られ、特に飴を売り捌く店が200軒以上あった。またアメリカ進駐軍の放出物資を売る店も多かったことから「アメヤ横丁」と呼ばれ、さらに「アメ横」と略称されることが多くなったと言われているそうです。


20151225ameyoko.JPG

 さて当日は入り口付近ではさほど混雑しておらず、拍子抜けしたのも束の間。奥に進むにつれて混雑具合が増し、生鮮売り場の並ぶたたき売りの声が飛び交う辺りは、かなり混雑していました。魚屋さんの威勢の良いダミ声を聞くと、アメ横にいることを実感します。そして今年は「爆買い」が流行語になるなど外国人観光客の買い物の様子がニュースになっていましたが、アメ横でも外国人の方々がたくさん買い物をしている姿が目につきました。また最近は中国韓国系のお店が増えて、よりアジア色が強くなったような気もします。


20151225ameyoko_marishiten.jpg

 買い物に夢中になっていると見落としがちですが、商店街の一角に「魔利支天 徳大寺」という 江戸時代から続いている歴史あるお寺があります。 活気ある商店街にいるとは思えないほど静かな場所です。ここのお寺は厄を除いて、運を開く守護神だそうです。買い物の合間のひと時、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。年末最後のお買い物はアメ横へ。活気ある雰囲気を楽しみに訪れてみて下さい。

 それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1680

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
ページの先頭に戻る