« 新作・モネ《睡蓮、水のエチュード-雲》のご案内 | メイン | 恵比寿の長い坂と前田青邨展 »

July 3, 2015

鎌倉の名所、竹の寺・報國寺


20150703houkokuji_sanmon.JPG いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

 今年も半年があっという間に過ぎ、7月に入りました。梅雨の合間を縫って、先日私は鎌倉の報國寺に参拝して参りました。観光地を格付けするミシュラン・グリーンガイドで三ツ星を獲得し、近年海外からの旅行客も増えている人気のお寺です。

 鎌倉駅から鶴岡八幡宮の前を通り過ぎて、さらに金沢街道をてくてく歩くこと30分。アクセスはあまり良くないのですが、それでも足を伸ばす方が多いようです。ちなみに鎌倉のお寺で三ツ星を獲得しているのは報國寺と東慶寺の二寺のみです。

 報國寺は足利、上杉両氏の菩提寺として栄えました。開山は五山文学を代表する天岸慧広(仏乗禅師)です。仏乗禅寺は、中国より招聘された円覚寺の開山・無学祖元に師事し、のちに中国へ渡って修行した高僧です。開山自筆と伝えられる「東帰集」や、自ら使用した「天岸」、「慧広」の木印は国の重要文化財で、鎌倉国宝館に保管されています。孟宗竹の竹林が有名で、「竹の寺」とも言われています。

20150703tikurin.JPG お寺はわりとこじんまりしており、門をくぐり少し進むと「竹の庭」入口があります。入るとすぐに竹林が現れ、そこはもう別世界です。目の前一面に緑の世界が広がり、まっすぐ空に向かって伸びる竹は日光を遮り、空気がひんやりと涼しい感じがします。

 竹はよく見ると一本一本太くて大変立派です。風が吹けば竹がざわめき、木々の合間を木漏れ日が揺れ幻想的です。そして竹を分ける一本道を進んで行くと、奥の方に建屋が見えてきます。庭には「休耕庵」という茶席が設けられており、お茶を頂くことができます。ここで美しい竹林をぼんやりと眺めているだけで、心が和み癒されます。なんとも贅沢な時間です。

 鎌倉のお寺の中でも独特な雰囲気を醸し出す竹の寺・報國寺。是非訪れて、その空気感を肌で感じてみて下さい。心も体もリフレッシュされること間違いなしです。




【報國寺のご案内】

山 号  功臣山
宗 派  臨済宗建長寺派
創 建  建武元年(1334年)
所 在  鎌倉市浄明寺2-7-4
電 話  0467-22-0762
拝観時間 9:00~16:00
拝観料  200円
アクセス JR「鎌倉駅」東口より
・タクシーで約7分
・バスで約12分※
 ※京浜急行バス(5番のりば)
 鎌23系統「鎌倉霊園正面大刀洗」行き
 鎌24系統「金沢八景駅」行き
 鎌36系統「ハイランド循環」行き
 のいずれかに乗車のこと
・徒歩で約30分


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1559

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページの先頭に戻る