« 日曜の午後、東京湾を望む | メイン | 新作・モネ《睡蓮、水のエチュード-雲》のご案内 »

June 19, 2015

鎌倉の小町通りから。「鎌倉市鏑木清方記念美術館」


20150619kaburaki_artmuseum_entrance.jpg いつも美術趣味をご覧いただきありがとうございます。梅雨入りした今日この頃、鎌倉界隈では紫陽花が大変見頃の季節がやってまいりました。私は先日、常日頃より当部の商品企画に際してお世話になっている美術館、「鎌倉市鏑木清方記念美術館」へ行って参りました。鎌倉の小町通りから、ほんのすこし奥へ入った処にひっそりと趣きのある美術館。あらためて皆さまへご紹介いたします。

 「鎌倉市鏑木清方記念美術館」は、近代日本画の巨匠、鏑木清方(かぶらききよかた)画伯※のご遺族から鎌倉市へ「鎌倉市にその画業と創作の場を後世に伝えて欲しい」という趣旨のもと多くの美術作品や資料が寄贈され、画伯終焉の地である鎌倉雪ノ下の旧跡地をそのまま改装して平成10年4月に開館しました。

20150619masking_tape.JPG また、館内では『紫陽花マスキングテープ』や『ねこ・あじさい(陶ボタン)』など素敵なお土産の品々が並んでいたり、子ども参加プログラム『天然岩絵具で描いてみよう』を開催するなど、「来館者へほっこりした時間を過ごして頂きたい。」という美術館の想いが優しく出迎えてくれます。 現在は特別展『美の伝承-清方と弟子たち-』が開催中(5月23日~6月28日)。今から100年前の大正4年、鏑木清方と門人たちによって組織された「郷土会」を紹介するこの展示会は、「巣立った後もふるさと(清方)を忘れまい」という弟子たちの温かな雰囲気が伝わってくる素敵な展示会となっています。

20150619neko_ajisai.jpg 館内の丁寧にお手入れされた中庭には可愛らしい紫陽花が咲いています。鏑木清方はとくに紫陽花を好み、「紫陽花舎(あじさいのや)」という雅号も使っていたそうです。鎌倉に来た際は、古都鎌倉の風情溢れるこの美術館に、ぜひ足を運んでみてください。

※鏑木清方は明治11年生まれ。昭和29年に文化勲章を受章した年よりこの鎌倉に画室を設け、昭和47年に亡くなるまでの間を過ごされました。享年93。



20150619kaburaki_artmuseum_maingate.jpg【鎌倉市鏑木清方記念美術館】
住所  〒248-0005 鎌倉市雪ノ下1-5-25
電話  0467-23-6405
開館  9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館  月曜日(ただし祝日は開館)
入館料 一般200円~300円
    小・中学生100~150円
    ※時期によって異なります。
アクセス 鎌倉駅東口から徒歩7分(小町通りを鶴岡八幡宮方面へ)
公式HP http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/


【関連商品のご紹介】

彩美版®
鏑木清方 《 朝涼(あさすず) 》
販売価格 180,000円+税



 鏑木清方は、大正12年当時帝展審査員として画壇に重きをなしていましたが、東京・本郷龍岡町の自宅で関東大震災に遭遇しました。この《朝涼》は翌々年(大正14年)、震災後初めて開催された第6回帝展に発表され、清方の画業の転機となる重要な作品といわれています。

 金沢八景の別荘でひと夏を過ごしたある日の早朝の空に、残月が淡くかかるのを見つけ、長女をモデルとして描いたものです。清らかな女性のすらりとした立ち姿、たおやかな手つき、背景に蓮の花を配す造形は、安らかに心を落ち着かせる風情を漂わせます。


朝涼


<仕様体裁>

原画 鎌倉市鏑木清方記念美術館 所蔵
限定 100部
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 特製絹本
装丁 三段表装
材料 天地 白茶無地
   中廻薄茶綿ムラ経
   一文字・風帯 牙地唐花唐草文金襴
   軸先 朱塗頭切
   箱  柾目桐箱、タトウ入り
画寸 天地100.0×左右38.5cm
軸寸 天地169.0×左右57.0cm

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1552

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
ページの先頭に戻る