« こころ健やかに | メイン | 北陸で巡る2つの個性的な美術館、 及び食と温泉も堪能した事。 »

May 8, 2015

世界一大きな加須の「ジャンボこいのぼり」


Carpstreamer1.JPG いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。私はゴールデン・ウィークに「加須市民平和祭」に行ってきました。「加須市」は埼玉県の市町村では唯一、北関東3県である群馬県・栃木県・茨城県と接する市で、鯉のぼりの生産量は全国1位を誇ります。ちなみに読み方は「かぞ」です。


 お目当てはこの平和祭で揚がる、世界一大きい「ジャンボこいのぼり」。なんと全長100メートル、重量330kg!建設用のクレーンで揚げるようですが、想像を超える大きさです。日本一の名産地をアピールしようと始まったのが、このジャンボこいのぼり遊泳だそうです。

Carpstreamer3.JPG 「ジャンボこいのぼり」は昭和63年、地元青年会議所の協力のもとに作られ、毎年5月3日の市民平和祭で、会場の利根川河川敷緑地公園で遊泳が行われます。平成18年5月には、サッカー・ワールドカップ・ドイツ大会の日本代表初戦の地、カイザースラウテルンの大空を雄大に泳ぎました。現在は平成25年に作られた「ジャンボこいのぼり4世」となります。

 天候に左右されるイベントでしたが、当日は晴天に恵まれ、絶好の鯉のぼり日和となりました。端午の節句に相応しく、早朝から家族連れを中心に多くの人で賑わい、観客席となる土手はあっという間に埋まっていきました。地元の方の出し物や露店、テレビ・新聞社など報道機関の取材もあり、会場は大変な盛り上がりでした。

Carpstreamer2.jpg そして、いよいよ巨大なクレーンが動き出し、口から伸びたロープが吊り上げられると、大きな歓声があがりました。この口の部分だけで直径10mもあり、人がとても小さく感じられます。口から徐々に空気が入って鯉のぼりの形になり、ゆっくりと風になびきます。



 下に見える鯉のぼりも、実際はかなり大きなサイズです。屋根よりはるか高く、怪獣のごとく泳ぐ「ジャンボこいのぼり」の様は圧巻でした。遊泳時間は30分。風をうけて大変気持ちよさそうでした。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1535

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る