« 艶やかで美しい金沢箔の工芸品「箔一」ご紹介 | メイン | 世界一大きな加須の「ジャンボこいのぼり」 »

April 24, 2015

こころ健やかに


 いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。春の穏やかな陽気に、草花もより一層芽吹いて新緑の季節を迎えようとしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 田畑の準備に春の雨...最近は雨の激しく夏の夕立のようですが、先日の局所的な雷雨(雹も降ってきました)の後、空に虹がかかってとても幻想的でした。さっきまで雷の音で怖がっていた近所の子供たちも、空を見上げては「虹だよ~!」と嬉しそうに声をあげていました。

 さて今回は端午の節句にちなみ、当社彩美版®ラインナップのなかから、日本美術院同人で文化勲章を受章された守屋多々志画伯の《金太郎》をご紹介いたします。右手に大きな鉞、左手で立派な兜を抱え込むようにしている小さな金太郎。その堂々とした態度と、元気でヤンチャ感じがうかがえる上目遣いの瞳。頼もしいような意地らしいような、凛々しい逞しい子供の姿に守屋画伯の温かな思いが伝わってきます。

守屋多々志画伯略歴

1912年 岐阜県大垣市に生れる。
1930年 上京し、同じ岐阜県出身の前田青邨に師事する。
1931年 東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科に入学。
    在学中に特待生となる。(1936年卒業)
1941年 再興第28回院展に《継信忠信》が初入選する。
1954年 総理府留学生としてイタリアに留学。(2年)
1960年 鎌倉円覚寺金堂の天井画《白龍》を完成させる。
1974年 日本美術院同人に推挙される。
1979年 第34回春の院展に《金太郎》を出品。
    高野山金剛峰寺別院の襖絵を3年かけて完成させる。
1981年 カトリック教会東京大司教区の依頼により屏風《ジェロニモ天草四郎》を制作。
    ヴァチカンでヨハネ・パウロ2世に謁見し献呈する。
1984年 在日ヴァチカン大使館にて聖シルベストロ教皇騎士団勲章の伝達を受ける。
1991年 神社本庁の依頼により《平成御大礼絵巻》の制作に着手し翌年完成。
1994年 モロッコの首都ラバトの王宮ギャラリーとパリのルーヴル美術館新館において
    「平成御大礼絵巻海外特別展」が開催される。
1996年 文化功労者の顕彰を受ける。
2001年 大垣市守屋多々志美術館が開館する。
    文化勲章を受章。
2003年 逝去。享年91。




moriya_kintarouS650x400pix.jpg


moriya_kintarouF350x400pix.jpg


守屋多々志 《金太郎》
販売価格
(軸・額共通) 90,000円+税

<仕様・体裁>
原画 第34回春の院展出品作品(1979制作)
解説 川瀬邦聡(大垣市守屋多々志美術館学芸員)
技法 彩美版®、シルクスクリーン手刷り
用紙 和紙

■軸装仕様
表装 三段表装
材料 天地 利久無地
   中廻 濃茶地横段文緞子
   風帯・一文字 牙地小花唐草文金襴
   軸先 新牙
   箱  柾目桐箱・タトウ付
画寸 天地36.5㎝×左右45.0㎝
軸寸 天地125.5㎝×左右63.0㎝

■額装仕様
額縁 木製金泥仕上げ、アクリル付
画寸 天地35.9㎝×左右44.5㎝
額寸 天地54.1㎝×左右62.8㎝
重量 約3.3kg




■今日の谷根千界

①第46回文京つつじまつり

期間 2015年4月11日(土)~5月6日(休・水)
・つつじ苑開苑:まつり期間中の9時~17時30分
・つつじ苑入苑:寄進料200円
会場 根津神社(03-3822-0753/文京区根津1-28-9)

②特別展 「谷根千"寄り道"文学散歩」

会期 2015年4月24日(金)~7月12日(日)
会場 文京区立森鴎外記念館 
開館 10:00~18:00(最終入館は17時30分)
※6月、7月の毎週金曜日は20時まで開館(最終入館は19時30分)
会期中の休館日:5月26日(火)、6月23日(火)
観覧料 一般500円(20名以上の団体:400円)中学生以下無料


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1534

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
ページの先頭に戻る