« 森のイノセントワールド | メイン | 江戸の花見と上野の桜 »

April 3, 2015

四月―春到来


20150403sakura_matsuri.JPG いつもブログ≪美術趣味≫をご覧いただき、まことにありがとうございます。春本番を迎え、東京ではいよいよ桜も満開となりました。写真は当社の近傍、桜の名所・文京区播磨坂の桜並木です。この時期、普段は人気の少ない播磨坂も≪文京さくらまつり≫と銘打ち、たくさんの人が桜見物にいらっしゃいます。小石川植物園もすぐ目の前にありますし、近隣の素敵なレストランで美味しい食事を楽しめば、春の行楽を満喫できます。最寄駅は丸の内線の茗荷谷駅です。お近くにいらした時は是非足をお運び下さい。



20150403harimazaka.JPG そして一方、東京日本橋では今年も恒例の「第70回 春の院展」が開催されております。敗戦後の昭和20年の第一回展から、本年で70回目の記念イヤーを迎えます。院展(日本美術院展覧会)とは、公益財団法人日本美術院が主催運営する歴史ある公募展です。本年も理事長であられる松尾敏男画伯をはじめとした同人(どうにん)の先生方の作品と、厳しい審査を経て選ばれた300余りの入選作が一同に会する充実した展覧会をご覧いただけます。日本画の大家から若手作家までその最新作が一同に並び、日本画の最新トレンドをうかがい知ることもできます。



20140403haruno_inten.JPG おかげさまで弊社は毎年、院展作品集と絵葉書の制作を承っております。筆者も撮影からお手伝いさせていただき、例年のこの時期は大変充実した至福の時を過ごさせていただいております。

 下記に記しました通りこの展覧会は11月まで日本全国を巡回いたします。日本画壇を常にリードする美術展に皆様もぜひ足をお運び下さい。




【第70回春の院展(東京展)】
会場 日本橋三越本店本館・新館7階ギャラリー
会期 4月6日(月)まで
時間 10:00~19:00 (最終日は17時30分まで)
※以後全国巡回4~11月、名古屋、秋田、仙台、福井、倉敷、
福岡、広島、松江、神戸、さくら(栃木)




 なお、東京の会場では春の院展第70回の特別企画として、第35回以降の図録作品集の表紙絵35点が展示されております。中でも那波多目功一先生の「春日」(第60回春の院展作品集表紙絵)につきましては、弊社にて版画(リトグラフ)のお取り扱いがございます。今を盛りと咲き誇る桜の花が時節に相応しい優美な作品です。ご興味のあるお客さまには、カタログもご用意いたしましたので、どうぞご遠慮なくお申し付け下さい。



版画 那波多目功一 《春日(はるひ)》
販売価格 本体180,000円+税



nabatame_haruhi400pix.jpg


<仕様体裁>
版式 リトグラフ(画面に作家のサイン、落款入り)
制作 版画工房フジグラフィックス
限定 100部
用紙 ベランアルシェ紙
色数 18版×18色
画寸 天地24cm×左右28.4cm(3号大)
額寸 天地47.2cm×左右50.8cm
額縁 国産特注木製額金泥仕上げ、アクリル付き
重量 約2.4kg

発行 共同印刷株式会社


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1522

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
ページの先頭に戻る