« 早春を迎えて | メイン | 長野県、善光寺のそばの名所 »

March 13, 2015

絵になる風景 - 私の富士三景


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。冬晴れの日、富士山のビュースポットを巡ってきました。

20150313_fuji_view_spot1.jpg 一か所目。写真を見てお分かりだと思いますが、「三保の松原」へ。世界遺産にも登録され、寒い中大勢の人で賑わっていました。海岸線の松林の向こうに、富士山の裾野までが視野に入る眺めは、古くは平安時代から景勝地として庶民に愛されてきました。そして、数多くの作家の画題にも取り上げられています。文化勲章作家である川合玉堂画伯が描いた「三保富嶽之図」は弊社商品としてもご用意させていただいております。


20150313_fuji_view_spot2.jpg 二か所目。こちらはライブカメラからの映像をご覧になったことがある方も多いでしょう。富士山と駿河湾の景色は安藤広重の東海道五十三次にも描かれ、東海道由比宿と興津宿の間に位置する「サッタ(薩埵)峠」。古くから旅人が行き交うこの峠は、その急峻な地形から東の箱根峠越え、西の鈴鹿峠越えと並ぶ道中の難所でした。今もなおサッタ峠は、東名高速道路、国道1号、東海道本線が1箇所に集中し、日本の東西交通の要衝となっています。





20150313_fuji_view_spot3.jpg 三か所目。先の二か所から富士山の眺めを存分に楽しんだ後、箱根へ向かう途中に見つけました。国道138号線の神奈川県と静岡県の県境にある「乙女峠」からの眺めです。全くのノーマークでしたが、富士山を間近に感じることができるポイントです。ここからの富士山は、左右がほぼ均等な美しい形で、まるで絵に描いたようです。曲がりくねった道が続く中、木々が途切れる非常に短い間から見ることができます。目印は「ふじみ茶屋」というお茶屋さんがある目の前です。



 富士山のビュースポットは、数えきれないほどたくさんあります。有名どころは抑えつつ、自分だけのお気に入りスポットを見つけるのも楽しいかもしれません。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1519

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
ページの先頭に戻る