« 生誕200年を記念し東京・丸の内で開催中の「ミレー展」 | メイン | 初詣 »

December 26, 2014

巨大壁画・秋田の行事


 いつもブログ「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。
 いよいよ年の瀬も近づき、年内最後の更新です。

 さて、先日巨大壁画・藤田嗣治作「秋田の行事」が飾られている秋田県立美術館へ行って参りました。
 「たった一枚の絵を観に行く。旅に出る理由は簡単でいいと思います。」
たしかそんなフレーズで、数年前JR大人の休日倶楽部キャッチコピーで紹介され、女優の吉永小百合さんが一枚の絵画を観るために旅へ出るというものです。まさにその場所でしか観られない絵画の圧倒的な迫力を感じるために、思いきって観に行く。そんな姿を描いた広告でした。

20141226akita_museum_of_art.JPG 所蔵の秋田県立美術館は、藤田嗣治作品を中心とする秋田の資産家・平野政吉コレクションと、現代の芸術表現の場としての県立ギャラリーを持ち、秋田の文化を伝え、訪れる方々に芸術の感動と、芸術と共にいきることの喜びを届けることを目的に開設されました。現在の建屋は2012年にリニューアルオープンした新美術館で、世界的建築家の安藤忠雄氏設計のもと、コンクリート打ちっぱなしの斬新なデザインとなっています。カフェスペース眼前に広がる池から旧美術館も望むことができる造りになっています。

 藤田嗣治はフランスで最も有名な日本人画家と言われ、平野政吉の依頼によって描き上げたのが、制作当時、世界最大を誇った巨大壁画「秋田の行事」です。大きさはなんと縦3.65メートル、横20.5メートルの巨大な作品です。こんな大きな作品を藤田はなんとたったの15日で描き上げてしまったとのことです。秋田の自然、風俗、祭り、産業、歴史・・・時代の空気、人々の息遣いまで描き切った大作ですが、日本人であればどこか懐かしい感じさえします。

 そして、来年(2015年)秋には藤田を題材にした日本フランス合作映画「FOUJITA」(小栗康平監督・主演オダギリジョー)が公開予定となっており、なにかと話題になりそうな年です。

 それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1498

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
ページの先頭に戻る