« 生誕140年 「菱田春草展」 | メイン | 秋の情景 »

September 26, 2014

江戸の奇才、北斎。


 雨が降るたびに少しずつ涼しさを肌で感じる今日この頃、わたしは上野の森美術館で開催されている『ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎』へ行って参りました。

 皆さんもよくご存じの作品「富嶽三十六景」シリーズが多数出品されているこの企画展は、2008年から数えて3回目であり今回はいよいよ最終回とのこと。小雨の中にもかかわらず大勢の来館者で賑わっていました。作品を前にしたとき、驚くべきはその色彩の鮮やかさ、そして淡い色彩の美しさでした。ボストン美術館の浮世絵作品は門外不出と言われ、近年までほとんど公開されたことがなかったために保存状態が極めて良好なのだそうです。それにしてもここまで美しいとは。

 大半が日本初公開ということで、様々な作品とその表現を楽しむことができます。たとえば「水」ひとつとってもその描き方は様々で、「大海原の荒々しい波の作品」があったと思えば「穏やかな波打ち際の作品」もあり、また「山の奥地に佇む滝の姿」と、同じ「水」でもここまで違うものかと、多岐に富んだ北斎を楽しむことができました。厳選された優品約450点。浮世絵ファンならずとも魅了するこの展示会、芸術の秋のひとときを堪能されてはいかがでしょう。



【展覧会情報】

ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎
201409hokusai_poster.JPG
会 場 上野の森美術館
    東京都台東区上野公園1−2
会 期 2014年9月13日(土)~11月9日(日)
時 間 午前10時―午後5時(金曜日は午後8時まで)
    *入館は閉館の30分前まで
休館日 9/16(火)、9/29(月)、10/6(月)、
    10/14(火)、10/20(月)、10/27(月)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1461

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
ページの先頭に戻る