« 紫陽花だより | メイン | 歴史のとけ込む不思議な街と、レトロフューチャーなタワーについて »

June 27, 2014

元祖あじさい寺 鎌倉・明月院


meigetsu_in.jpg
いつも美術趣味をご覧頂きましてありがとうございます。

先月掲載の当ブログにて紹介させていただいた、「元祖あじさい寺・明月院」に行って参りました。その名の通り、境内には青や水色で統一された約2500株のあじさいが一斉に咲き乱れ、まさに圧巻の一言。あじさいシーズン6月の開園時間は通常期の9時から8時30分となっており、全国各地から訪れる多くの観光客を迎えています。

「明月院」は平安後期、この地の武将山内俊道の供養の為に、嫡子経俊が創建した明月庵が始まりです。約百年後に北条時頼建立の最明寺を、時宗が開山に蘭渓道隆を迎え禅興寺として再興。更に百年後、室町には関東管領上憲方が庵を院に改め、禅興寺の塔頭に併せ支院の首位に置き、寺容を整えました。そして、明治初年に禅興寺が廃寺となると明月院だけが残り現在に至っています。

meigetsu_ajisai2.jpg当日は小雨が降る中、混雑を避けるために朝一番に出かけ北鎌倉の駅を降りました。円覚寺を左手に確認して、線路沿いを歩いていくと明月院へ続く道が左に分かれます。途中、葉祥明美術館の洋館を見ながら300メートルほど行くと、明月院に辿り着きます。朝一にも関わらず大変な混雑で、お目当ての写真撮影ポイントである山門前の階段は、人が多すぎてなかなかシャッターをきることができませんでした。しかし、至るところに咲いているあじさいは雨に濡れて輝きを増し、神秘的な光景となって眼前に広がっていました。

meigetsu_ajisai1.jpg明月院の境内に植えられている、あじさいのほとんどは「姫あじさい」という日本の古来種です。花が優美ということから名付けられたもので、小振りで可憐です。姫あじさいは色が変化しないのが特徴で、淡い青から日ごとに青さを増していきます。その見事な青色は「明月院ブルー」とも呼ばれるそうです。



【鎌倉・明月院のご案内】

 山 号  福源山
 宗 派  臨済宗建長寺派  
 所 在  神奈川県鎌倉市山ノ内189
 電 話  0467-24-3437
 拝観料  300円
 時 間  9:00~16:00(6月中 8:30~17:00)
 アクセス JR北鎌倉駅より徒歩10分

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1424

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る