« 晩春の光 | メイン | 由緒正しい銭湯とコンテンポラリーアートの関係及び、団子坂の飴細工の事。 »

May 9, 2014

花の寺・長谷寺


いつも「美術趣味」をご覧頂きましてありがとうございます。

新緑が芽吹き、爽やかな風が心地よい季節になってきました。ゴールデンウィーク絶好のお散歩日和に鎌倉、花の寺として親しまれる「長谷寺」に行って参りました。

「長谷寺」は特に6月頃の紫陽花が有名なお寺で、傾斜地を利用した眺望散策路があります。散策路の周辺には40種類以上約2500株の紫陽花が群生しており、梅雨の季節には多くの観光客が訪れます。鎌倉の紫陽花の名所としては、昔から北鎌倉の「明月院」が知られていますが、最近では明月院を鎌倉の「元祖あじさい寺」、長谷寺を「新あじさい寺」と呼ぶ向きもあるそうです。

hasedera_sanmon.jpg最寄駅の江ノ電長谷駅から徒歩5分「長谷観音」交差点を左折すると、すぐに「長谷寺」の山門が見えてきます。長谷寺の参道は門前町らしく、土産物を売る店や蕎麦屋などが軒をつらねており、大変賑わっていました。境内に入ると百花繚乱、「牡丹」「躑躅(ツツジ)」「藤」「石楠花(シャクナゲ)」など様々な花が庭園を彩り、素晴らしい景色が広がっていました。花の寺と言われる所以を感じさせます。

botan.jpg長谷寺の正式名称は、「海光山慈照院長谷寺」といいます。本尊の十一面観音像は、歴史のある木造の仏像としては日本最大級(9.18m)で、全身に金箔が施されており、まばゆいばかりです。目の前にするとその大きさに圧倒されます。


sea_kamakura.jpgまた、長谷寺は「海光山」の山号のとおり、境内からの海の眺望が素晴らしいお寺です。見晴台に立つと由比ヶ浜を中心に湘南の海岸線を一望することができます。近くには「高徳院(鎌倉大仏)」もあり見所はつきません。皆様も足を運ばれ、春の鎌倉を堪能されてはいかがでしょうか。


【海光山慈照院長谷寺】

 宗 派 浄土宗
 所在地 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
 電 話 0467-22-6300

 夏時間 3月~9月   8:00~17:00 ( 閉山17:30 )
 冬時間 10月~2月   8:00~16:30 ( 閉山17:00 )
 拝観料 大人300円 小人(小学生)100円
 アクセス 江ノ電「長谷駅」より徒歩5分



さて、今回は奥村土牛画伯の作品「紅白牡丹」を紹介させていただきます。庭園内でも見頃を迎え、訪れる人々の目をひときわ惹きつけていました。この作品はこちらの販売店でお求めになれます。

奥村土牛 《紅白牡丹》
販売価格 128,000円+税


 
togyu_kouhakubotan(F)_300x400pix.jpg

<仕様体裁>
原画 メナード美術館所蔵
監修 奥村正
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手刷り
用紙 和紙
額装 特製木製額金泥仕上げ(国産、ハンドメイド)
画寸 39.5×53.0cm
額寸 57.0×71.0cm
重量 約2.7kg

※この作品は同価格で軸装仕様もご用意しています。
※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1404

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ページの先頭に戻る