« 下村観山展 | メイン | 金太郎 »

February 28, 2014

必見!特別展「世紀の日本画」


いつもブログ「美術趣味」をご覧いただき、まことにありがとうございます。
現在、上野の東京都美術館では「日本美術院再興100年 特別展「世紀の日本画」が開催されております。

2ヶ月の会期中、前期は2月25日(火)を以って終了いたしました。3月1日(土)よりいよいよ後期展の開始となります(会期4月1日まで)。

日本美術院の130年の歴史を、近代日本画の巨匠たちの代表作でたどる記念展は、前期と後期ですべての作品が入れ替わる趣向となっておりますので、前期をご覧になった方もぜひ通期でご覧になることをお薦めいたします。

日本美術院は明治31年(1898年)、岡倉天心の指導の下、橋本雅邦を主幹に、横山大観、菱田春草、下村観山らの若き弟子たちにより創設され、近代日本画の成立と発展に大きな役割を果たしました。その後、師の岡倉天心を失い、一時休眠状態となりましたが、大正3年(1914年)に師の意志を継ぎ、横山大観、下村観山らが中心となり日本美術院は再興されました。以後、多数の重要な作家を輩出し、再興日本美術院の歩みとともに日本美術の歴史が築き上げられてきました。

後期展には日本画の精華ともいうべき60点の多彩な作品が展示されます。
中でも重要文化財の2作、狩野芳崖『悲母観音』と橋本雅邦『龍虎図屏風』は見逃せません。また日本美術院で常に中心的役割を果たした横山大観の『無我』の展示にも注目です。新たな日本画の創造を目指した若き日の大観が、日本美術院創立の前年、明治30年(1897年)に描いた初期の傑作です。

近代日本画の巨匠たちが一堂に会する貴重な展覧会に、皆様ぜひ足をお運び下さい。
tobikan.jpg














■展覧会出口の2階売り場では出品作家の弊社謹製複製画が多数展示されております。作家や著作権者の方々に特別に監修していただいた作品は、どれも原画を忠実に再現した最高品質の工芸品として、高い評価をいただいております。
上記『無我』につきましても以下の通り、お取り扱いしております。


横山大観 《無我》 掛軸
販売価格 本体123,000円+税


<仕様体裁>
技法 特殊美術印刷
表装 三段表装(国産)
画寸 74×43センチ
額寸 184×63センチ
監修 横山大観記念館
原画 東京国立博物館蔵

taikan_muga680x400pix.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1378

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
 
ページの先頭に戻る