« 監督 小津安二郎 | メイン | 青と黄金のコントラスト »

December 6, 2013

「冬晴」の青空


皆様いつも「美術趣味」をご覧いただきありがとうございます。

本日12月6日は二十四節気の「大雪(たいせつ)」にあたります。
「大雪」の頃には雪が激しく降り始め、鰤(ぶり)など冬魚の漁が盛んとなり、熊が冬眠に入るといわれています。
本格的な冬が到来する時期ということですね。
天気予報によれば今週末から北日本に寒波が訪れるそうです。


nastuzora.JPG田舎道を自転車で走る楽しみのひとつに空の変化があります。
季節やその日の天候、時刻によって千変万化する空は見ていて飽きることがありません。

空の色、雲の形、光が刻々と変化して行きます。

kumo.JPG

先週末は雲ひとつない青空がひろがりました。
瞳の奥底に染み入るような、ラピスラズリにも似た美しく透明感のある青が印象的でした。

akizora.JPG

俳句に「冬晴(ふゆばれ)」という季語があります。
冬の空といえば鈍い灰色の雲が垂れ込めた曇天をイメージするように晴れ間が少ないことから、冬には珍しく心浮き立たせるほど晴れ渡った美しい青空を表現したものです。

satoyama.jpg
先週の空はまさしく「冬晴」の青空でした。





彩美版
金島桂華 《冬晴》 軸装・額装
販売価格 軸装・額装(各)120,000円+税


晴れた青空と清らかな冷気。
ブナの林に響き渡る澄んだ小鳥の鳴き声。
透明な「冬晴」の美しさ。


【金島桂華(かなしまけいか)略歴】
1892年 広島県福山市に生まれる。
1906年 大阪の西家桂州に師事し「桂華」の雅号をもらう。
1911年 後に竹内栖鳳の画塾「竹杖会」に入会し研鑽を積む。
1925年 第6回帝展で特選受賞。
1935年 大阪高島屋で初の個展開催。
1959年 日本芸術院会員となる。
1960年 日展理事となる。
1961年 錦紅会展に本作「冬晴」を出品
1962年 高野山奥之院襖絵制作に着手。
1969年 京都文化功労賞を受賞。
1974年 逝去。享年82。


keika_fuyubare(S)620x400pix.jpg


keika_fuyubare(F)400pix.jpg


《冬晴》はこちらの販売店でお求めになれます。


<仕様体裁>

■軸・額共通仕様
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手刷り
原画 華鴒大塚美術館(岡山)
限定 200部
用紙 和紙
証明 著作権者及び作品所蔵者の承認印入り証紙を貼付
解説 平野重光(美術評論家)

■軸装仕様
画寸 天地38.5×左右52.5cm
軸寸 天地133.5×左右72cm
表装 三段表装(国産、ハンドメイド)
箱  柾目桐箱、タトウ入り

■額装仕様
画寸 天地38.5×左右52.5cm
額寸 天地58.5×左右72.5cm
重量 約4.0kg
額縁 特製木製額、アクリル付(国産、ハンドメイド)

※「彩美版(R)」は共同印刷株式会社の登録商標です。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1329

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
ページの先頭に戻る